Pietro Riario

ピエトロ・リアリオ

生没:1446年4月21日~1474年1月5日
在位:枢機卿 1471年12月16日~1474年
       任命した教皇:シクストゥス4世
   フィレンツェ大司教 1471年~1474年
    次代:リナルド・ディ・ヤコポ・オルシーニ
父:パオロ・リアリオ
母:ビアンカ・デッラ・ローヴェレ

概要

 ピエトロ・リアリオは、15世紀のイタリアの男性、聖職者、枢機卿。

性格

 枢機卿に任命されてから程なくして、放埓な享楽主義者と化し、当時最も退廃的な枢機卿として知られるようになる。そのふてぶてしい態度と贅沢な嗜好に警戒心を抱いた廷臣たちから、かの悪名高きローマ皇帝にちなんでカリグラという渾名を密かにつけられていた。

年表

1471年12月6日
教皇シクストゥス4世、甥ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレ(1443年~1513年:枢機卿在位1471年~1503年)と、ピエトロ・リアリオとを枢機卿に叙任。
さらに、間もなくピエトロ・リアリオをフィレンツェ大司教にも叙任(在位~1474年)。
1472年8月14日
ローマロレンツォ・イル・マニーフィコ宛書簡をしたためる。兄ジローラモ・リアリオが初めて公式訪問したフィレンツェでの歓待ぶりに感謝。
1473年7月3日
ナポリからの途上ローマシクストゥス4世やその甥、枢機卿ピエトロ・リアリオ、ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレらの大歓迎を受けたフェッランテ・ダラゴーナの娘エレオノーラ・ダラゴーナ、この日、フェッラーラに到着。大祝賀行事の中でエルコーレ1世・デステと結婚。シクストゥス4世フェッランテ・ダラゴーナエルコーレ1世・デステの友好関係、明白化し、ヴェネツィアなど諸国はこれを警戒。
1474年1月5日
ピエトロ・リアリオ急死。
シクストゥス4世、反メディチ派のフランチェスコ・サルヴィアーティフィレンツェ大司教に任命。しかしロレンツォ・イル・マニーフィコの妨害にあいフランチェスコ・サルヴィアーティは着任できず。やむなく後にシクストゥス4世ロレンツォ・イル・マニーフィコの義兄弟リナルド・ディ・ヤコポ・オルシーニを任命。

別表記

 ピエートロ・リアーリオ

外部リンク

 GCatholic.com
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『メディチ家の人びと』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ルネサンスの女たち』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』
 『The Life of Cesare Borgia

記載日

 2005年5月29日以前