Pius V

ピウス5世

生没:1504年1月17日~1572年5月1日
在位:第225代教皇 1566年1月7日~1572年5月1日
    先代:ピウス4世
    次代:グレゴリウス13世

概要

 アントーニオ・ギスリエーリは、16世紀の男性、聖職者。第225代教皇ピウス5世。

年表

1566年6月19日
クレメンス7世の書記官を務めた(1533年)が後に改革派(Valdés派)に傾斜したためパウルス4世の下で再三、異端審問に晒され、一旦は有罪判決を受け(1558年)ながらも、パウルス4世の死後ピウス4世の下でコジモ1世・デ・メディチの仲介により判決を取り消され(1560年)、この頃コジモ1世・デ・メディチの客としてフィレンツェに招かれていたPietro Carnesecchi(1508年~1567年)について、新教皇ピウス5世の下のローマ異端審問所、その身柄を引き渡すようコジモ1世・デ・メディチに要求。
1566年6月26日
トスカーナの「王」となるためにピウス5世の支援を得たいコジモ1世・デ・メディチPietro Carnesecchiの期待に反し、要求を拒まず彼の身柄を教皇庁の特使に引き渡す。
1566年末
この頃?、教皇ピウス5世、故ピウス4世がトレント公会議の決議に基づきその甥・枢機卿カルロ・ボッロメオの監修下で4名の神学者に執筆させた主任司祭用の教理問答書を、最終的に校閲させラテン・イタリア両語で、ローマで刊行させる(Catechismus Romanusローマ公教要理)。
1567年4月11日
ピウス5世、イタリアの神学者・哲学者・ドミニコ会修道士トマス・アクイナス(1266年頃~1274年:未完のSumma theologiae(神学大全:1266年頃~1273年)などの著者)にDoctor ecclesiae(教会博士)(Doctor communis(公道的博士)、Doctor angelicus(天使的博士))の称号を与える勅書を発する。
1569年4月中旬
1569年1月22日フランス・カトリック陣営への援軍を結成し、1569年3月13日その指揮官としてサンタ・フィオーラ伯Sforza Sforza(1520年~1575年:在位1564年~1575年)を任命していたピウス5世、この軍に出陣を命ずる。
1569年5月14日
教皇軍とフィレンツェ軍、トスカーナで合流し、フランスに向かう。
1566年8月16日
1566年7月上旬からPietro Carnesecchiに対して異端審問を行ってきたローマ異端審問所、この日、「恐るべき異端者」・「邪悪な人間」として斬首・火刑に処するとの判決を下す。
1569年8月27日
ピウス5世Santo Stefano騎士団の創設(1562年)、Pietro Carnesecchiの身柄引き渡し(1566年)、フランス・カトリック陣営への支援、など教皇・教会への協力姿勢の顕著なコジモ1世・デ・メディチを「カトリック信仰擁護の貢献者」などと評価し、この多大な貢献にGran Duca di Toscana(トスカーナ大公)の位をもって報いるとの勅書を発する。
この勅書に、フィレンツェシエナも神聖ローマ帝国の封土と考えるマクシミリアン2世及びイタリア諸侯、こぞって反発。
1569年
この頃までにコジモ1世・デ・メディチピウス5世の要請を受け入れフランス・カトリック陣営への援軍を整備。
1569年8月
教皇軍とフィレンツェ軍、トゥール近郊でアンリ3世指揮のフランス王軍(カトリック軍)と合流。間もなくポワティエ防衛戦に参加。
1570年2月25日
ピウス5世、真実の教会の危機を救い背信の徒を罰する義務を負う教皇として、異端者エリザベス1世を破門し「自称」イングランド王の位に関わる権限を失わしめる、との勅書を発し、イングランドのカトリック教徒をエリザベス1世への忠誠義務から解放。
1570年3月5日
ピウス5世、この日のために1570年2月18日ローマに入ったコジモ1世・デ・メディチに、システィーナ礼拝堂でトスカーナ大公の冠を授与。
これに対し、当初は静観していたフェリペ2世が教皇の世俗権力への介入・干渉とコジモ1世・デ・メディチの権力の増大を懸念してナポリ王・ミラノ公の名で反対に回ったのを初め、1570年3月29日マクシミリアン2世も重ねて反対の意を表明。
1570年9月9日
オスマン・トルコ軍、首都ニコシアを占領しキプロス島を制圧。
1571年5月20日
対トルコ十字軍の理念を唱えるピウス5世を中心に、ヴェネツィアフェリペ2世の三者、対オスマン・トルコ神聖同盟をローマで秘密裏に締結。
この神聖同盟とトスカーナ大公コジモ1世・デ・メディチ、サヴォイア公エマヌエレ・フィリベルト・ディ・サヴォイアパルマ・ピアチェンツァ公オッタヴィオ・ファルネーゼウルビーノグイドバルド2世・デッラ・ローヴェレジェノヴァ、マルタ騎士団とが提携し、直ちに共に同盟軍の編成に着手。
1572年5月1日
ピウス5世死(1504年~:在位1566年~)。
1572年
1571年からこの頃までに(?)コジモ1世・デ・メディチ、自身のトスカーナ大公位をなお承認しないフェリペ2世マクシミリアン2世への反発を根にし、ピウス5世の支持を背にして使者をフランスに送り、まずLa RochelleLodewijkに、トスカーナ大公である自分とシャルル9世による反フェリペ2世マクシミリアン2世同盟を提示。次いでこの同盟案をG. de Colignyを介してシャルル9世に提示して同意を得るが、カトリーヌ・ド・メディシスの同意を得られる見込みがないとみて、最終的に撤回。

本名

 アントーニオ・ギスリエーリ、Antonio Ghislieri

外部リンク

 ウィキペディア
 GCatholic.com

参考文献

 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』

記載日

 2011年4月25日