Prospero Colonna

プロスペロ・ディ・ロレンツォ・コロンナ

生没:1410年頃~1463年5月24日
在位:パリアーノの君主 1423年~1463年
    先代:ロレンツォ・オノフリオ・コロンナ
    次代:オドアルド・コロンナ
       アントーニオ・コロンナ
   枢機卿 1426年5月24日 ~1463年
       任命した教皇:マルティヌス5世
父:ロレンツォ・オノフリオ・コロンナ
母:スヴェヴァ・カエターニ

概要

 プロスペロ・コロンナは、15世紀のイタリアの男性。

年表

1431年3月3日
エウゲニウス4世が教皇に即位。
エウゲニウス4世は即位後直ちに、反ミラノ、反ヴィスコンティの姿勢を示すと共に、自身の即位を推進したオルシーニ一族の意を体し、そのライヴァルで前教皇マルティヌス5世の出自コロンナ一族の掃討に着手。マルティヌス5世の甥であるプロスペロ・コロンナ枢機卿はローマから逃亡。
1431年4月23日
コロンナ一族は、軍を率いてローマを襲うが市内に同調の動き出ず、退散。教皇エウゲニウス4世はナポリ女王ジョヴァンナ2世・ダンジオに援軍の派遣を要請。ジョヴァンナ2世・ダンジオは間もなく援軍を派遣。
1431年9月22日
プロスペロ・コロンナらコロンナ一族は、エウゲニウス4世に譲歩して一応、和を取り結ぶ。

外部リンク

 GCatholic.com
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia

参考文献

 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

記載日

 2005年5月29日以前