Selim I

セリム1世

生没:1467/70年~1520年
在位:スルタン 1512年~1520年
    先代:バヤジット2世
    次代:スレイマン1世
父:バヤジット2世
子:スレイマン1世

概要

 セリム1世は、15世紀~16世紀のオスマン・トルコの男性、スルタン。

年表

1512年4月
オスマン・トルコのスルタンバヤジット2世は、子セリム1世(1470年~1520年:在位1512年~1520年)にその位を奪われ、さらにそのセリム1世に1512年5月26日殺害される。
1517年1月27日
オスマン・トルコ軍、マムルーク朝軍を破ってその首都カイロを制圧し、エジプトを支配。これによりスルタン・セリム1世は、アラブ世界の大半を支配下に置き、以後、自らカリフとも名乗る。
1518年3月6日
オスマン・トルコのスルタンセリム1世の目覚しい軍備強化の動きを知ってそのキリスト教世界への侵攻を恐れるレオ10世フランソワ1世マクシミリアン1世カルロス1世ヘンリー8世などキリスト教諸国、諸権力者に勅書を送り、相互の一切の対立、紛争を5年間急死し、共に対トルコ防衛体制をとるよう訴える。
しかしヴェネツィアを初めとする諸国、諸権力者は、教皇の狙いはメディチ家の権勢拡大だとの不信と各自の権勢、権益の維持、拡大の野心とから、教皇の訴えを聞きながらそれぞれの策を進める。
1520年9月22日
セリム1世死。——スレイマン(1494/1495年~1566年)、スルタン・スレイマン1世となり(在位1520年~66年)、セリム1世がイスラム世界で得た威信を基にオスマン・トルコの最盛期を招来。同時にカール5世支配の神聖ローマ帝国との対立を激化させる。

外部リンク

 ウィキペディア

参考文献

 『君主論』
 『世界大百科事典』
 『メディチ家の人びと』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

記載日

 2005年5月29日以前