Sigismund von Luxemburg

ジギスムント・フォン・ルクセンブルク

生没:1368年2月15日~1437年12月9日
出身:プラハ
没地:ズナイム、ボヘミア
在位:ルクセンブルク公 1378年~1388年
   ブランデンブルク選帝侯 1378年~1388年、1411年~1415年
   神聖ローマ皇帝 1410年~1437年(1411年までヨープストと並立)
    先代:ループレヒト
    次代:アルブレヒト2世
   ボヘミア王 1419年~1437年
   ハンガリー王 1387年~1437年

概要

 ジギスムント・フォン・ルクセンブルクは、14世紀~15世紀の男性、神聖ローマ帝国皇帝。

年表

1430年
ボヘミアでの争乱を収拾。
1431年11月25日
ミラノのサンタンブロージオ聖堂で大司教Bartolomeo della Capraより王の冠を受け、間もなくローマに向かう。
1432年春
ローマで教皇から直接戴冠されることを望みローマに向かおうとするが、彼がコロンナ一族のローマ襲撃に加担している上フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティとも結んでいると信じる教皇エウゲニウス4世に、自身がローマに入らずパルマに滞在するなどして、そのローマ入りを巧みに妨害される。
ローマ入りをひとまず断念し、ミラノからピアツェンツァ、パルマを経て、フィレンツェ軍とシエナ、ルッカ及びフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ軍とが戦闘中のトスカーナに入る。
1432年5月31日
ルッカに入り、さらにシエナに向かう態勢を取る。
これに対しフィレンツェ共和国は、使節をルッカに送って表面上は敬意を表しながらも、そのシエナ入りを阻止すべく密かに画策。
1432年7月11日
フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ軍・シエナ軍に守られてシエナに入る。この地に逗留し(~1433年5月)、ローマ入りとその地での戴冠を実現すべく引き続き画策。
1432年
ジャンフランチェスコ1世・ゴンザーガにマントヴァ候位を約束。
1433年5月21日
ローマに入る。ローマで教皇の手から戴冠することを希願し続けてエウゲニウス4世と裏面で折衝を重ねる。
1433年5月31日
ヴァティカン宮殿エウゲニウス4世より戴冠。これにより神聖ローマ皇帝の称号を用いる正統性をようやく得る。
1433年9月9日
ローマからの帰途上マントヴァに入る。
1433年9月22日
マントヴァの大聖堂でジャンフランチェスコ1世・ゴンザーガにマントヴァ候位を受け、盛大な祝賀行事が繰り広げられる。
1434年5月30日
ボヘミアのフス派急進派、カトリックと連合したフス派穏健派に殲滅される。
1434年10月
エウゲニウス4世の逃亡後、無秩序状態が続き教皇帰還を求める動きが活発化したローマに、エウゲニウス4世の使節ジョヴァンニ・ヴィテレスキが到着し、市民に歓呼をもって迎えられる。以後ジョヴァンニ・ヴィテレスキは、教会支配の復活を準備。
1434年夏以降敗戦の続くフィレンツェ、大金を払ってフランチェスコ1世・スフォルツァと傭兵契約を交わし、彼とその軍をヴェネツィア・フィレンツェ同盟軍に加える。
ジギスムント・フォン・ルクセンブルク、16か条からなる帝国改革計画を公表して帝国諸身分の意見を求めると共に、次の帝国議会で帝国改革について議決するよう提案。
しかし、諸侯も都市の意見が対立し、帝国改革計画は実行を挙げ得ずに終わる。
1436年7月5日
ジギスムント・フォン・ルクセンブルク出席の下で開かれたイフラヴァの帝国議会で、ジギスムント・フォン・ルクセンブルク、フス派穏健派、バーゼル分離公会議の代表者の3者、協定を締結(イフラヴァ協約)。フス戦争、ようやく終結し(1419年~)、フス派はジギスムント・フォン・ルクセンブルクをボヘミア王として承認。
1437年12月9日
神聖ローマ皇帝ジギスムント・フォン・ルクセンブルク死(1368年~:皇帝在位1411年~:ハンガリー王在位1387年~:ボヘミア王在位1419年~)。

別表記

 シギスムント1世

外部リンク

 ウィキペディア

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『戦闘技術の歴史2 中世編』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの歴史』

記載日

 2005年5月29日以前