ヴィテロッツォ・ヴィテッリ

Vitellozzo Vitelli

ヴィテロッツォ・ヴィテッリ

生没:1458年頃~1502年12月31日
出身:チッタ・ディ・カステッロ
没地:セニガッリア
父:ニッコロ・ヴィテッリ
母:ペンテジーレア・アッボッカテッリ
妻:ポルツィア・オルシーニ
子:ニコラ・ヴィテッリ

概要

 ヴィテロッツォ・ヴィテッリはチッタ・ディ・カステッロ出身の傭兵隊長。チェーザレ・ボルジアに仕えるが、反乱を企てたためセニガッリアで処刑される。

年表

1498年5月
フィレンツェ共和国、ルドヴィーコ・イル・モーロの勧めに従い、かつルイ12世の同意を得、フランスに滞在中のパオロ・ヴィテッリ、ヴィテロッツォ・ヴィテッリ兄弟を傭兵隊長として雇うことを決定。
1499年9月
フィレンツェ共和国、パオロ・ヴィテッリ及びヴィテロッツォ・ヴィテッリ兄弟を裏切りの廉で逮捕しようとするがヴィテロッツォ・ヴィテッリは逃亡。
1499年9月28日
フィレンツェ共和国、パオロ・ヴィテッリのみを逮捕。フィレンツェに護送。
1499年9月30日
フィレンツェ共和国、パオロ・ヴィテッリを拷問にかける。何の自白も得ず。
1499年10月1日
フィレンツェ共和国、パオロ・ヴィテッリを処刑。
1500年4月末
チェーザレ・ボルジアと傭兵契約。
1500年11月7日
ラモーネ川の流れる谷を下り、ブリジゲッラ占領。
1501年4月
カステル・サン・ピエトロ・テルメ、カザルフィウマネーゼ、カステル・グエルフォ・ディ・ボローニャ、メディチーナ占領。メディチーナにて、きょうだいパオロ・ヴィテッリの復讐のためピエトロ・ダ・マルチアーノを殺害。
1501年
アレクサンデル6世が小勅書を発して、チェーザレ・ボルジアに、ローマに帰還するよう命令。ルイ12世の思惑を懸念するアレクサンデル6世は、トスカーナに入らず直接ローマに帰還するよう指示。
ヴィテロッツォ・ヴィテッリとパオロ・オルシーニは、チェーザレ・ボルジアフィレンツェ領を通過するよう嘆願。ヴィテロッツォ・ヴィテッリは、故パオロ・ヴィテッリの書記官チェルボーネ・ダ・カステッロの解放だけを要求し、メディチ家事情に関与せず、武力は用いないとして、嘆願。
1501年5月
チェーザレ・ボルジアの尽力により、チェルボーネ・ダ・カステッロが釈放される。
1501年5月
大勢の騎兵を従えてピサに行き、ピオンビーノ攻略のための大砲を要求。名誉をもって迎えられ、了承される。
1501年6月末
ヴィテロッツォ・ヴィテッリとジャンパオロ・バリオーニは、ピオンビーノを完全に包囲。
1501年9月3日
ヴィテロッツォ・ヴィテッリとジャンパオロ・バリオーニは、ピオンビーノを占領。君主ヤコポ4世・ダッピアーノはフランスへ逃亡。
1502年5月
アレッツォで暴動を扇動。
1502年6月4日
アレッツォで、「マルツォッコ」「メディチ」を叫び、フィレンツェ共和国に対する暴動、反乱発生。
1502年6月7日
アレッツォの求めに呼応して、歩兵を率いて到着。そのすぐ後、きょうだいジューリオ・ヴィテッリも大砲の部隊を率いて到着。アレッツォを占領。
1502年6月
アレッツォに入ってから、ウルビーノグイドバルド・ダ・モンテフェルトロに歩兵1千を求めるが、教会の代官として教皇の許可なしにはできないとして拒絶される。
1502年6月14日
ジャンパオロ・バリオーニもこれに参画。
1502年6月
数日の内にヴァル・ディ・キアーナ全域を制圧。
1502年6月17日
アレッツォの要塞を得る。
1502年7月15日
この日までにチェーザレ・ボルジア、ヴィテロッツォ・ヴィテッリらに対しアレッツォから撤退するよう指示。ヴィテロッツォ・ヴィテッリらはこの指示に異議を唱えて撤兵せず。
チェーザレ・ボルジア、ヴィテロッツォ・ヴィテッリらに対し、アレッツォを撤退しなければ彼の領国チッタ・ディ・カステッロを占拠すると脅迫。
1502年7月29日
ヴィテロッツォ・ヴィテッリとジャンパオロ・バリオーニは、アレッツォをルイ12世軍に手渡して撤退。
1502年9月末
マジョーネの会合に出席。
1502年10月9日
マジョーネの会合、反ボルジア一族で共同行動を取ることなどを約定、攻守同盟を締結(1502年10月8日)。
1502年10月
チェーザレ・ボルジアに自分が忠実であるが、確実な安全を求めることを伝える。
1502年10月11日
槍騎兵を指揮し、カステル・デュランテに進軍。
1502年10月
グイドバルド・ダ・モンテフェルトロのフォッソンブローネ、ペルゴーラ、カーリ奪還のため、歩兵と大砲を貸す。
1502年11月初め
騎乗して、「フェルトロ、ヴィテッリ」の叫びの中、グイドバルド・ダ・モンテフェルトロと共にウルビーノ入城。
1502年11月
パオロ・オルシーニが講和条約を持参してウルビーノ到着。しかし、チェーザレ・ボルジアとの和睦の署名を拒否。
奪還したばかりのモンテフェルトロ派、和解の不確かなベンティヴォーリオを見捨てることは恥ずべき行為である。ロマーニャ攻撃が困難であればウルビーノ公国だけでも自ら単独で守れるものと信じており、ヴィテロッツォ・ヴィテッリの隊長ジョヴァンニとヤコポ・デル・ロッセットは「全世界が敵となろうとも」冬が味方するだろうと言う。再び配下となるのに、安全保障は信頼だけである。チェーザレ・ボルジアフィレンツェ共和国と友好関係を築いたため、故パオロ・ヴィテッリの復讐、ボルゴ・サン・セポルクロ獲得は絶望的である。以上が署名拒絶の理由。
1502年12月8日
グイドバルド・ダ・モンテフェルトロウルビーノ出発。
しかし、サン・レオとマイウオーロとモンテクッコロとサン・マリーノの城にヴィテロッツォ・ヴィテッリの兵が依然占拠。自分の家に滞在しているグイドバルド・ダ・モンテフェルトロの安全のため、もしくはチェーザレ・ボルジアとの交渉材料にするつもりと言われる。
1502年12月
オリヴェロット・エウッフレドゥッチが、チェーザレ・ボルジアの名においてセニガッリアに入る。
ヴィテロッツォ・ヴィテッリと甥、パオロ・オルシーニと息子ファビオ・オルシーニフランチェスコ2世・オルシーニもそれぞれの軍を率いてセニガッリアに集結。ジャンパオロ・バリオーニは病気を理由にチェーザレ・ボルジアの招集を拒絶。
1502年12月30日
セニガッリア到着。チェーザレ・ボルジアの命令により、オルシーニとヴィテッリは周辺の城に軍を撤退。
1502年12月31日(土)
セニガッリアの罠:ベルナルディーノ・クアルターリ邸に入ったところを、チェーザレ・ボルジアに拘束される。
1503年1月1日(日)
夜10刻(現2時52分)、セニガッリアにて、ヴィテロッツォ・ヴィテッリとオリヴェロット・エウッフレドゥッチは、チェーザレ・ボルジアにより死刑に処される。

肖像

 ヴィテロッツォ・ヴィテッリの肖像

チェーザレ・ボルジア数

 妻ポルツィア・オルシーニ→父パオロ・オルシーニ→父ラティーノ・オルシーニ→きょうだいエレーナ・オルシーニ→子ルドヴィーコ・ミリオラーティ→妻アドリアーナ・デル・ミラ→父ペレ・デル・ミラ→母カテリーナ・デ・ボルハ→きょうだいイザベッラ・デ・ボルハ→子アレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

別表記

 ヴィテッロッツォ・ヴィテッリ、ヴィッテロッツォ・ヴィッテッリ、Vittelozzo Vittelli

外部リンク

 ウィキペディア
 Find A Grave
 Condottieri di ventura
 Google Books
 Treccani.it
 Wikipedia - Strage di Senigallia

参考文献

 『イタリア史』
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『君主論』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『フィレンツェ史』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia

記載日

 2005年5月29日以前
ヴィテッリ家
歴史人物辞典
そこそこアレな感じで