Vittorino da Feltre

ヴィットリーノ・ダ・フェルトレ

生没:1378年頃~1446年2月2日
出身:フェルトレ
没地:マントヴァ

概要

 ヴィットリーノ・ダ・フェルトレは、14世紀~15世紀の男性、イタリアの教育家。ヴェネツィア近郊フェルトレ生まれの人文主義者マントヴァゴンザーガ家の子女の人文主義に基づく全人教育のための学園喜びの家の創設者。

喜びの家(カ・ゾイオーザ、Ca' ZoiosaCa' GioiosaLa Giocosa

 1427年(1423年)、マントヴァの郊外に創設され、19世紀に至るまで人文主義的教育のモデルとなった学校。ギリシア語とラテン語の作文、文法、修辞学、論理学が主体となり、数学や哲学、倫理教育、社交儀礼の他、本格的な軍隊訓練及び運動訓練も行われていた。体操は、軍事教練からも単なる遊戯からも解放されて、おそらくこの学校によって初めて教えられたが、その後、高等教育には欠かせないものとなった。
 ここで学んだ人物には、ウルビーノフェデリーコ・ダ・モンテフェルトロマントヴァルドヴィーコ3世・ゴンザーガマントヴァ大使ザッカーリア・サッジがいる。

本名

 Vittorino dei Rambaldoni

外部リンク

 Treccani.it
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンス百科事典』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

記載日

 2005年5月29日以前