Cattedrale di Santa Maria del Fiore

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

所在地
イタリア共和国トスカーナフィレンツェ県フィレンツェ
設計
フィリッポ・ブルネッレスキ
施工
フィリッポ・ブルネッレスキ
概要

 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂は、フィレンツェにある建物。ジョットーの鐘楼サン・ジョヴァンニ洗礼堂サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂付属美術館が付属している。
 1296年、人口の増加で手狭になったサンタ・レパラータ聖堂に変わる大聖堂として、アルノルフォ・ディ・カンビオにより設計された。1302年、アルノルフォ・ディ・カンビオの死により工事は一時中断するが、1334年、ジョットーを総監督に迎えて工事が再開される。白い稜線が美しいクーポラは、フィリッポ・ブルネッレスキの設計によるもので1436年に様々な難事を乗り越えて完成。フィレンツェの経済的繁栄と、芸術的、技術的水準の高さを象徴する建築物となった。

正面

天蓋

配置図

平面図

内部空間

最後の審判

フィリッポ・ブルネッレスキの墓 Tomba di Filippo Brunelleschi

銘:CORPVS MAGNI INGENII VIRI PHILIPPI S. BRUNELLESCHI FLORENTINI

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂所蔵品

ジョットーの鐘楼 Campanile di Giotto

寸法
高さ81.75 m
概要

 1334年、サンタ・マリア・デル・フィオーレ教会の工事の総監督に就任したジョットーが設計し、教会の工事と同時に建設を始めた。

別表記

 ジオットーの鐘楼

サン・ジョヴァンニ洗礼堂 Battistero di San Giovanni

概要

 古代ローマ時代に建立された神殿が、5世紀頃にキリスト教の聖堂に変わり、1059年、教皇ニコラウス2世の奉献よって美しいロマネスク様式の建築物になった。1128年、サンタ・レパラータ聖堂が完成すると同時に聖堂の役割を終え、洗礼堂となる。八角形の建物で、三面の扉の完成は1452年。


別表記

 サン・ジョバンニ洗礼堂

所蔵品

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂付属美術館所蔵品

被葬者

 ヴィエーリ・デ・メディチ

別表記

 花の聖母寺、フィレンツェ大寺院、Florence Cathedral

外部リンク

 ウィキペディア
 Google Maps

記載日

 2006年10月27日以前