——そこそこアレな感じで——
開設日:2003年11月24日
更新日:2017年3月21日
管理人:クラゲ・テイスト
メールアドレス:cesareあっとまーくy5.dion.ne.jp

■はじめに
 ここはチェーザレ・ボルジア中心とした、主にイタリア・ルネサンスの人物について扱っております。なにぶん独学のため間違いも多々あるかと思いますので、疑いの目で見て下さい。無断転載は禁じます。


歴史人物辞典
出来事
用語
その他
参考文献
リンク


■どうでもいいつぶやき
 最近、実はウーゴ・デ・モンカーダチェーザレ・ボルジアの親戚だということを発見。フアナ・デ・モンカーダの甥っ子だったんだ。フアナ・デ・モンカーダの夫ホフレ・ランソルの母がアレクサンデル6世の妹フアナ・デ・ボルハ。うん、マニアックすぎるね。調べていくと貴族は大体みんなどこかで接点があるようで、当サイトのリンクを辿っていくとぐるぐるどこまでも回れる感じ。
 ついでに書くと、アレクサンデル6世ボルハ家本家出身。ウィキペディアにいつまでも書かれている、本名はロデリク・ランソルであるが母方の苗字であるボルハに変えた、云々というはとんでもない間違い。英語版にもその記述が見られるので参照したんだろうけど、おそらくホフレ・ランソルホフレ・デ・ボルハを混同しているものと思います。これ、ずーっと修正される気配がないんだけど、まあウィキペディアなんてそんなものだしね。
 新企画、チェーザレ・ボルジア数をつけることにしました。チェーザレ・ボルジアとの血縁・親族関係を分かり易くします。

 チェーザレ・ボルジアの年表がストーカー並みに詳しすぎて誰にも読んでもらえない気がする。ジューリア・デリ・アルビッツィも徹底的に調べて書いた記事だけど、普通に人にはどうでもいい情報だろうし。自己満足以外の何物でもないサイトですね。
 ちょw、ジューリア・デリ・アルビッツィが『まんがグリム童話 性に汚された花嫁』とかいうレディースコミックになっているらしい。こうやってまたでたらめが広められていくのか。

 なあんだ、バッチファイル作っとけばサイトのアップロード簡単じゃん。って今頃か、自分。

 svgファイルがローカルでは画像サイズを変更できるのに、サーバー上では変更できていないことに気が付き、丸1日くらい悩んだ結果、svgファイル自体の画像サイズを変更することで解決しました。旧サーバーではできているんですが、引っ越し先サーバー上ではimgタグだと表示されていなかったためobjectを使ったんですが、widthを指定しても表示範囲しか指定できず、画像そのものの大きさの指定にはならないようなんです。これもローカルではできているんですけどね。svgファイルでのサイズ指定なので、他のページなどに他の大きさで使用したい場合には別にファイルを作成する必要が出てくるんで、何とかならないものか。

 ページの読み込みが遅い原因はGoogle Adsenseか。10秒前後かかって、ほんとにいらいらする。hostsファイルで広告をブロックすると、画像を上げるために使っていたPicasaが正常に機能しなくなっていたけど、Googleフォトに変わってからは大丈夫な様子。いくつかのサイトの読み込みが改善されました。
 この方法を使うとAdobe Flash Playerを全画面にした時に、webページ上の広告の部分が白くなって動画に映るようになってしまいます。対策としてはページスクロールで広告部分を避け、それから全画面表示ボタンを押せば動画に白い四角が映らなくなるんですが、そもそも何でこんな風になるのか分からない。この症状になることを書いてあるサイトも見つからない。

 なぜサイトを閉鎖する必要があるのか分からない。有用な情報は残しておいてもらいたい。更新し続けなければならない義務などありませんよ。そのまま放置でいいじゃないか。掲示板が荒れるなら、掲示板だけを止めればよいのです。コメントの荒らしが鬱陶しいなら、コメント不可にすればいいんです。後から恥ずかしくなったなら、その部分だけを削除、修正すればいいんです。個人サイトなんて100%自己満足なんですから、訪問者が増えようが減ろうがどうでもいいことです。腐心して作られていたサイトが次々閉鎖されるのはどういうことでしょうか。もう一度書きます。放置でいいじゃないか。