人物2

フィリッポ・デ・ネルリ Filippo de' Nerli

生没
1486年3月4日~1557年6月17日
出身
フィレンツェ
ベネデット・デ・ネルリ
カッサンドラ・マルテッリ
カテリーナ・サルヴィアーティ
レオーネ・デ・ネルリ
概要

 フィリッポ・デ・ネルリは歴史家、ニッコロ・マキアヴェッリの友人。

年表

1486年3月4日
フィレンツェにて、生(1485年3月)。
1552年
この年頃、Commentari de' fatti civili occorsi dentro la città di Firenze dall' anno 1215 al 1537(1215年から1537年に至るフィレンツェの市民的事件の論評)を稿了。
1557年6月17日
死(1566年)。
1728年
Commentari de' fatti civili occorsi dentro la città di Firenze dall' anno 1215 al 1537、刊。

外部リンク

 Geneanet
 Treccani
 Treccani

参考文献

 『マキァヴェッリ 忘恩、運命、野心、好機』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ディアノーラ・デ・ネルリ Dianora de' Nerli

生没
~1535年4月19日
タナイ・デ・ネルリ
ジョヴァンナ・カッポーニ
ジョヴァンニ・ヴェットーリオ・ソデリーニ
トンマーゾ・ソデリーニ
マルゲリータ・ソデリーニ
ジョヴァンナ・ソデリーニ
カテリーナ・ソデリーニ
概要

 ディアノーラ・デ・ネルリは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。

年表

1486年

ベネデット・デ・ネルリ Benedetto de' Nerli

タナイ・デ・ネルリ
ジョヴァンナ・カッポーニ
カッサンドラ・マルテッリ
フィリッポ・デ・ネルリ
概要

 ベネデット・デ・ネルリは、フィレンツェの男性、反ジローラモ・サヴォナローラ派。

年表

1501年10月
この頃、マクシミリアン1世と協定を結んでミラノに帰ったジョルジュ・ダンボワーズのもとにアントーニオ・マレゴンネッレと共にを派遣され、フィレンツェの防衛、保護を要請するが、何らの言質も与えられずに終わる。
1513年3月
ジョヴァンニ・デ・メディチの教皇即位の祝賀行事がフィレンツェ市を挙げて盛大かつ華麗に繰り広げられる。
新教皇レオ10世に祝意と恭順の意を表する使節として派遣されることになり、教皇の弟ジュリアーノ・デ・メディチ、大司教コジモ・デ・パッツィGiovanni Tornabuoniジョヴァンニ・バッティスタ・リドルフィベルナルド・ルチェッライフィリッポ・ブォンデルモンティピエロ・グィッチャルディーニロレンツォ・モレッリネリ・カッポーニ、ルカ・ダントーニオ・デリ・アルビッツィ、ルイジ・デッラ・ストゥファと共に、計12名が選出される。

別表記

 ベネデット・ディ・タナイ・デ・ネルリ

外部リンク

 Geneanet

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ヤコポ・デ・ネルリ Jacopo de' Nerli

生没
1461年10月13日~1505年7月1日
タナイ・デ・ネルリ
ジョヴァンナ・カッポーニ
エリザベッタ・サッセッティ
概要

 ヤコポ・デ・ネルリは、15世紀頃のイタリアの男性。

年表

1501年
シニョーリアにより、急ぎ使節として、ピエロ・ソデリーニアラマンノ・サルヴィアーティと共にSieveの近くのチェーザレ・ボルジアのもとに派遣され、彼の要求を聞く。
チェーザレ・ボルジアは、フィレンツェ領内自由通行の承認、自らをフィレンツェの傭兵隊長に雇う契約の締結、フィレンツェの政体の変更を要求。

別表記

 ヤコポ・ディ・タナイ・デ・ネルリ、Iacopo de' Nerli

外部リンク

 Treccani

参考文献

 『イタリア史』
 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

バルトロメオ・ジューニ Bartolomeo Giugni

参考文献

 『フィレンツェ史』

アントーニオ・ジューニ Antonio Giugni

参考文献

 『メディチ家の人びと』

フィアンメッタ・ジューニ Fiammetta Giugni

ベルナルド・ジューニ
ピエロ・デ・パッツィ
ニッコロ・デ・パッツィ
オレッタ・デ・パッツィ
アンドレア・デ・パッツィ
カテリーナ・デ・パッツィ
アレッサンドラ・デ・パッツィ
マリエッタ・デ・パッツィ
レナート・デ・パッツィ
レオナルド・デ・パッツィ
コスタンツァ・デ・パッツィ
ジネヴラ・デ・パッツィ
リーザ・デ・パッツィ
アントーニオ・デ・パッツィ
レーナ・デ・パッツィ
ジョヴァンニ・デ・パッツィ
ガレオット・デ・パッツィ
イッポーリタ・デ・パッツィ
ニッコロ・デ・パッツィ
ルクレツィア・デ・パッツィ
年表

1435

別表記

 コドシナ・フィアメッタ・デ・グイーニ

参考文献

 『メディチ家の人びと』

ウーゴ・デ・モンカーダ Hugo de Moncada

生没
1476年頃~1528年5月28日
ペドロ・ラモン・デ・モンカーダ
概要

 ウーゴ・デ・モンカーダは、15世紀~16世紀の男性。

年表

1526年8月20日
クレメンス7世と、ローマにおけるその最後の強敵でカール5世と結んだコロンナ一族との抗争について、クレメンス7世ヴェスパシアーノ・コロンナ及びカール5世のナポリ総督代理ウーゴ・デ・モンカーダとの間で、クレメンス7世コロンナ家領を侵攻しないこと、コロンナ家はその軍をローマ近郊からナポリに撤退させることなどについて協定。
1526年9月20~21日
コロンナ一族は、ウーゴ・デ・モンカーダ指揮の軍と共にローマを急襲しヴァティカン宮殿を略奪。クレメンス7世サンタンジェロ城に逃亡。かねてからクレメンス7世に敵対していた枢機卿ポンペーオ・コロンナクレメンス7世を廃して教皇位を襲うための行動と広く信じられる。
1526年9月21日
やむなくウーゴ・デ・モンカーダと、4ヶ月間の休戦、ロンバルディアにある教皇軍のポー河以南への撤退、コロンナ家の赦免、カール5世軍、コロンナ家軍のローマ及び教会領からナポリへの撤退などを協定。
この後、クレメンス7世、直ちに密かに軍を集め、コロンナ家領及びナポリへの侵攻態勢を整えると共にコロンナ一族を教会に対する反逆者と宣言し、ポンペーオ・コロンナの枢機卿位を剥奪。
他方でクレメンス7世、ロンバルディアの同盟軍に書簡を送り、4ヶ月の休戦期間終了後はこれまで以上にカール5世と戦うと告げる。
1527年9月24日
Charles de Lannoyが、ペストによりガエタで死。代わってウーゴ・デ・モンカーダがカール5世によりナポリ総督に任じられると共に全イタリアにおける総督的地位を占める。
1527年10月30日
カール5世の総督ウーゴ・デ・モンカーダは、ローマクレメンス7世と、クレメンス7世カール5世に、ナポリ及びミラノ問題に関して敵対しないこと、ナポリ及びカール5世の全領地における十分の一税を与えること、巨額の軍資金を与えること、人質としてイッポーリト・デ・メディチアレッサンドロ・デ・メディチを渡すことなどと共にクレメンス7世を1527年12月9日に釈放することを協定。
1527年12月7/8日
クレメンス7世、ウーゴ・デ・モンカーダとの身柄釈放協定(1527年10月30日)を信じず、商人に変装して単身サンタンジェロ城を脱出。Luigi Gonzagaに伴われてMontefiascoへ、さらにオルヴィエートへ逃亡。
1528年3月下旬~4月
オデ・ド・フォワ指揮のフランソワ1世軍は、分隊を派遣して各地を占領するなど目覚しい進撃を続け、Puglia及びカラブリアの大部分を制圧。ウーゴ・デ・モンカーダ指揮のカール5世軍はナポリ城下まで撤退し、ナポリ防衛を図らざるを得なくなる。
1528年4月下旬
オデ・ド・フォワ配下のアンドレア・ドーリア及びその甥Filippo (Filippino) Doria指揮のジェノヴァ艦隊は、海からナポリを包囲すると共にスペインからの補給物資輸送船のナポリ入港を阻止。これに対してウーゴ・デ・モンカーダ指揮のナポリ守備軍が出撃し激戦を交わすが、1528年4月28日、Capo d'Orsoの戦に敗れ、ウーゴ・デ・モンカーダ自身は戦死。輸送船はアンドレア・ドーリアに捕獲される。

チェーザレ・ボルジア数

 父ペドロ・ラモン・デ・モンカーダ→きょうだいフアナ・デ・モンカーダ→夫ホフレ・ランソル→母フアナ・デ・ボルハ・イ・ボルハ→きょうだいアレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

別表記

 ウーゴ・モンカーダ、Ugo di Moncada

外部リンク

 GeneaNet
 Wikipedia

参考文献

 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

フアナ・デ・モンカーダ Juana de Moncada

生没
~1522年
フアン・デ・モンカーダ
Marquesa de Vilaragut
ホフレ・ランソル
フアン・ランソル・イ・モンカーダ
ペドロ・ルイス・ランソル
アンジェラ・ランソル
ジローラマ・ランソル
概要

 フアナ・デ・モンカーダは、15世紀~16世紀の女性。

チェーザレ・ボルジア数

 夫ホフレ・ランソル→母フアナ・デ・ボルハ・イ・ボルハ→きょうだいアレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Famille de Carné
 Fundación Casa Ducal de Medinaceli
 GeneaNet
 Geni.com
 Tabla de Parentescos de don Fernando de Castilla

参考文献

 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』

フアン・デ・モンカーダ Juan de Moncada

生没
~1461年
オートン・デ・モンカーダ
エルフェ・デ・ルナ
Marquesa de Vilaragut
ペドロ・ラモン・デ・モンカーダ
フアナ・デ・モンカーダ
概要

 フアン・デ・モンカーダは、15世紀頃の男性。

年表

1461年
死(1489年)。

チェーザレ・ボルジア数

 子フアナ・デ・モンカーダ→夫ホフレ・ランソル→母フアナ・デ・ボルハ・イ・ボルハ→きょうだいアレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Famille de Carné
 Fundación Casa Ducal de Medinaceli
 GeneaNet
 Geni.com
 Tabla de Parentescos de don Fernando de Castilla

ペドロ・ラモン・デ・モンカーダ Pedro Ramón de Moncada

生没
1435年頃~1510年
フアン・デ・モンカーダ
Marquesa de Vilaragut
ベアトリース・フォルク・デ・カルドーナ
フアン11世・デ・モンカーダ
ガストン・デ・モンカーダ
ギーエン・ラモン・デ・モンカーダ
ウーゴ・デ・モンカーダ
ブランカ・デ・モンカーダ
アナ・デ・モンカーダ
概要

 ペドロ・ラモン・デ・モンカーダは、15世紀~16世紀の男性。

年表

1467年
ベアトリース・フォルク・デ・カルドーナと結婚。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいフアナ・デ・モンカーダ→夫ホフレ・ランソル→母フアナ・デ・ボルハ・イ・ボルハ→きょうだいアレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Famille de Carné
 Fundación Casa Ducal de Medinaceli
 GeneaNet
 Geni.com
 Google Books
 Tabla de Parentescos de don Fernando de Castilla

イザベッラ・サッケッティ Isabella Sacchetti

生没
1480年~1559年
ニッコロ・サッケッティ
ルイジ・グィッチャルディーニ
概要

 イザベッラ・サッケッティは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。

外部リンク

 Google Books - Di villa: lettere di Isabella Guicciardini al marito Luigi

参考文献

 『Lost Girls

ニッコロ・サッケッティ Niccolò Sacchetti

アンドレオーロ・サッケッティ
別表記

 Niccolò di Andreolo Sacchetti

参考文献

 『フィレンツェ史』

フランコ・サッケッティ Franco Sacchetti

生没
1330~35年~1400年頃
出身
ドゥブロヴニク
没地
サン・ミニアート
ベンチ・サッケッティ
マリーア・フェリーチェ・ストロッツィ
ニッコロ・サッケッティ
フィリッポ・サッケッティ
概要

 フランコ・サッケッティは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

別表記

 サケッティ

外部リンク

 Wikipedia

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『君主論』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『メディチ家』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネッサンス巷談集』
 『ルネッサンス夜話』

ヘンリー・スタフォード Henry Stafford

生没
1454年9月4日~1483年11月2日
エドワード・スタフォード
エリザベス・スタフォード
ヘンリー・スタフォード
アン・スタフォード
概要

 ヘンリー・スタフォードは、15世紀の男性。

在位

 第2代バッキンガム公
  次代:エドワード・スタフォード

外部リンク

 Famille de Carné
 Find A Grave

エドワード・スタフォード Edward Stafford

生没
1478年2月3日~1521年5月17日
ヘンリー・スタフォード
エリザベス・スタフォード
概要

 エドワード・スタフォードは、15世紀~16世紀の男性。

在位

 第3代バッキンガム公

外部リンク

 Famille de Carné
 Find A Grave
 The Tudors On Showtime
 Wikipedia

アン・スタフォード Anne Stafford

生没
1483年頃~1544年
ヘンリー・スタフォード
概要

 アン・スタフォードは、15世紀~16世紀の女性。

外部リンク

 Famille de Carné
 Wikipedia

エリザベス・スタフォード Elizabeth Stafford

生没
1497年頃~1558年11月30日
エドワード・スタフォード
トマス・ハワード
概要

 エリザベス・スタフォードは、15世紀~16世紀の女性。

外部リンク

 Famille de Carné
 Find A Grave
 Wikipedia

ジャンフランチェスコ・マリーノ・ダ・マルツァーノ Gianfrancesco Marino da Marzano

生没
~1494年
没地
イスキア
父;ジョヴァンニ・アントーニオ・ダ・マルツァーノ
エレオノーラ・ディアーナ・ダラゴーナ
ルイーザ・ダ・マルツァーノ
ジョヴァンニ・バッティスタ・ダ・マルツァーノ
フランチェスカ・マルゲリータ・ダ・マルツァーノ
カテリーナ・ダ・マルツァーノ
カミッラ・ダ・マルツァーノ
マリーア・ダ・マルツァーノ
概要

 ジャンフランチェスコ・マリーノ・ダ・マルツァーノは、15世紀頃のイタリアの男性。

在位

 第3代セッサ公 ~1464年6月10日
  先代;ジョヴァンニ・アントーニオ・ダ・マルツァーノ
  次代:ナポリ領→フアン・ボルジア
 アリーフェ・モンタルト伯 ~1464年6月10日
 スクイッラーチェ伯 ~1464年6月10日
 ロッサーノの君主 ~1464年6月10日

年表

1444年5月3日
1464年6月8日
1464年6月10日
全封土が没収される。

別表記

 Giovanni Francesco Mariano

外部リンク

 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 Treccani
 Wikipedia
 Wikipedia
 Wikipedia

マリーア・ダ・マルツァーノ Maria da Marzano

生没
~1440年頃
ヤコポ・ダ・マルツァーノ
カテリーナ・サンセヴェリーノ
ニコラ・デ・ベラルディ
ムッツォ・アッテンドロ・スフォルツァ
ニコラ・オルシーニ
概要

 マリーア・ダ・マルツァーノは、15世紀頃のイタリアの女性。

在位

 チェラーノ伯
  先代:ニコラ・デ・ベラルディ

年表

1419年

外部リンク

 Genealogy.EU
 kleio.org

ヤコポ・ダ・マルツァーノ Jacopo da Marzano

ロベルト・ダ・マルツァーノ
カテリーナ・サンセヴェリーノ
ジョヴァンニ・アントーニオ・ダ・マルツァーノ
マリーア・ダ・マルツァーノ
アンジェラ・ダ・マルツァーノ
マルゲリータ・ダ・マルツァーノ
イザベッラ・ダ・マルツァーノ
在位

 第1代セッサ公
  次代:ジョヴァンニ・アントーニオ・ダ・マルツァーノ
 第4代スクイッラーチェ伯
  次代:ジョヴァンニ・アントーニオ・ダ・マルツァーノ

別表記

 Giacomo

外部リンク

 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree

マリーア・ダ・マルツァーノ Maria da Marzano

ジャンフランチェスコ・マリーノ・ダ・マルツァーノ
エレオノーラ・ディアーナ・ダラゴーナ
アントーニオ・トデスキーニ
アルフォンソ・トデスキーニ
ディアノーラ・トデスキーニ
フェッランテ・トデスキーニ
ジャン・バッティスタ・トデスキーニ
フランチェスコ・トデスキーニ
ジョヴァンナ・トデスキーニ
年表

1461年

外部リンク

 Famille de Carné
 Genealogy.EU

カミッラ・ダ・マルツァーノ Camilla da Marzano

ジャンフランチェスコ・マリーノ・ダ・マルツァーノ
エレオノーラ・ディアーナ・ダラゴーナ
コスタンツォ1世・スフォルツァ
概要

 カミッラ・ダ・マルツァーノは、イタリアの女性。

年表

1475年
1483年
1483年~1489年11月

別表記

 Camilla Marzana d'AragonaCamilla Covella da MarzanoMadonna Camilla Sforza of Pesaro

外部リンク

 Genealogy.EU
 Wikipedia

参考文献

 『ルネサンス宮廷大全』
 『Lucretia Borgia

ジョヴァンニ・アントーニオ・ダ・マルツァーノ Giovanni Antonio da Marzano

生没
1400年頃~1453年
ヤコポ・ダ・マルツァーノ
カテリーナ・サンセヴェリーノ
コヴェッラ・ルッフォ
マリーア・フランチェスカ・オルシーニ
ジャンフランチェスコ・マリーノ・ダ・マルツァーノ
概要

 ジョヴァンニ・アントーニオ・ダ・マルツァーノは、15世紀のイタリアの男性。

在位

 第2代セッサ公 1445年~
  先代:ヤコポ・ダ・マルツァーノ
  次代:ジャンフランチェスコ・マリーノ・ダ・マルツァーノ
 第5代スクイッラーチェ伯 1445年~
  先代:ヤコポ・ダ・マルツァーノ
  次代:ジャンフランチェスコ・マリーノ・ダ・マルツァーノ
 モンタルト、コリリャーノ伯 1445年~
  次代:ジャンフランチェスコ・マリーノ・ダ・マルツァーノ

年表

1445年以降

外部リンク

 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree

エリザベッタ・スピネッリ Elisabetta Spinelli

生没
~1476年
トンマーゾ・スピネッリ
パオラントーニオ・ソデリーニ
フランチェスコ・ソデリーニ
トンマーゾ・ソデリーニ
アレッサンドロ・ソデリーニ
ディアノーラ・ソデリーニ
概要

 エリザベッタ・スピネッリは、15世紀のイタリアの女性。

年表

1469年

外部リンク

 JDA's Family Tree

トンマーゾ・スピネッリ Tommaso Spinelli

生没
1398年~1472年
レオナルド・スピネッリ
ミリア・ペルッツィ
エリザベッタ・マガロッティ
ジュリアーナ・スピネッリ
ピエロ・スピネッリ
エリザベッタ・スピネッリ
ビーチェ・スピネッリ
概要

 トンマーゾ・スピネッリは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

年表

1445年
ミリア・ペルッツィと結婚。
1456年
エリザベッタ・マガロッティと結婚。
1460年
シニョーレ。

外部リンク

 Google Books - The Spinelli of Florence fortunes

ジュリアーナ・スピネッリ Giuliana Spinelli

トンマーゾ・スピネッリ
ニッコロ・リドルフィ
年表

1464年2月3日

ビーチェ・スピネッリ Bice Spinelli

トンマーゾ・スピネッリ
ヤコポ・ピッティ
年表

1470年

レオナルド・マネッリ Leonardo Mannelli

アレッサンドロ・マネッリ
フランチェスコ・マネッリ

フランチェスコ・マネッリ Francesco Mannelli

レオナルド・マネッリ
参考文献

 『フィレンツェ史』

グイド・マネッリ Guido Mannelli

参考文献

 『フィレンツェ史』

アレッサンドロ・マネッリ Alessandro Mannelli

レオナルド・マネッリ
マルゲリータ・デ・メディチ
参考文献

 『フィレンツェ史』

コッラード・フォリアーニ Corrado Fogliani

生没
1420年頃~1470年12月23日
出身
レッジョ・エミリア
没地
ミラノ
マルコ・フォリアーニ
ルチア・テルツィアーニ
ガブリエッラ・ゴンザーガ
ルドヴィーコ・フォリアーニ
コスタンツァ・フォリアーニ
概要

 コッラード・フォリアーニは、15世紀のイタリアの男性。

年表

1466年
アラゴン王フアン2世・デ・アラゴンによるアラゴンの紋章の使用許可が発行される。
1469年
アラゴンの紋章の使用許可が更新される。

外部リンク

 Google Books
 Treccani
 Wikipedia

コスタンツァ・フォリアーニ Costanza Fogliani

生没
1461年~
コッラード・フォリアーニ
ガブリエッラ・ゴンザーガ
概要

 コスタンツァ・フォリアーニは、15世紀頃のイタリアの女性。

ルドヴィーコ・フォリアーニ Ludovico Fogliani

生没
1460年~1510年
コッラード・フォリアーニ
ガブリエッラ・ゴンザーガ
ルドヴィーカ・パッラヴィチーニ
フランチェスコ・フォリアーニ
バッティスティーナ・フォリアーニ
パッラヴィチーノ・フォリアーニ
コスタンツァ・フォリアーニ
概要

 ルドヴィーコ・フォリアーニは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。

別表記

 Lodovico Fogliani

外部リンク

 Geneanet

ジョヴァンニ・フォリアーニ Giovanni Fogliani

生没
~1502年1月8日
モンターニア・デリ・オットーニ
ニコローザ・フォリアーニ
ジェンナーロ・フォリアーニ
概要

 ジョヴァンニ・フォリアーニは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、金羊毛騎士団騎士、フェルモの最有力市民。

年表

14??年
きょうだいカテリーナ・フォリアーニの夫ジョヴァンニ・エウッフレドゥッチ、死。
甥トンマーゾ・エウッフレドゥッチ、バッティスタ・エウッフレドゥッチ、オリヴェロット・エウッフレドゥッチを引き取る。
1499年

別表記

 Giovanni Fogliano

外部リンク

 Tiscali Webspace
 Treccani

参考文献

 『君主論』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『The Life of Cesare Borgia

ニコローザ・フォリアーニ Nicolosa Fogliani

ジョヴァンニ・フォリアーニ
ラッファエーレ・デッラ・ローヴェレ
外部リンク

 Tiscali Webspace

アントーニオ・デ・サンテーリャス Antonio de Centelles

アントーニオ・デ・サンテーリャス
エンリチェッタ・ルッフォ
マルゲリータ・オルシーニ・デル・バルツォ
ポリッセーナ・ルッフォ?
グリエルモ・デ・サンテーリャス
在位

 コトローネ
  先代:アントーニオ・デ・サンテーリャス
  次代;グリエルモ・デ・サンテーリャス

ポリッセーナ・デ・サンテーリャス Polissena de Centelles

アントーニオ・デ・サンテーリャス
エンリチェッタ・ルッフォ
エンリコ・ダラゴーナ
カテリーナ・ダラゴーナ
ルドヴィーコ・ダラゴーナ
イッポーリタ・ダラゴーナ
ジョヴァンナ・ダラゴーナ
カルロ・ダラゴーナ
備考

 アントーニオ・デ・サンテーリャスの従兄弟Antonio Ventimigliaの娘?

別表記

 Polixena

外部リンク

 JDA's Family Tree

グリエルモ・デ・サンテーリャス Guglielmo de Centelles

アントーニオ・デ・サンテーリャス
ポリッセーナ・ルッフォ
エレオノーラ・オルシーニ・デル・バルツォ
在位

 コトローネ侯
  先代:アントーニオ・デ・サンテーリャス

別表記

 Guglielmo de Pittavia

外部リンク

 Google Books
 Internet Archive - Le Rime

ケルビ・フアン・デ・サンテーリャス Querubí Juan de Centelles

生没
~1522年
フランセスク・ジラベルト・デ・サンテーリャス
フアナ・ヴィオランテ・フェルナンデス・デ・エレディア
マルガリーダ・ケルビーナ・デ・サンテーリャス
フランセスク・ジラベルト・ヒメネス・デ・サンテーリャス
概要

 ケルビ・フアン・デ・サンテーリャスは、16世紀頃の男性。

在位

 アイオラの君主

別表記

 ケルビーノ・ホアン・デ・センテレス、Cherubino Juan de CentellesJoan

外部リンク

 Viquipèdia

参考文献

 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

アントーニオ・デ・サンテーリャス Antonio de Centelles

生没
1400年頃~
ジルベルト・デ・サンテーリャス
エンリチェッタ・ルッフォ
コスタンツァ・モラーノ
アントーニオ・デ・サンテーリャス
ジョヴァンナ・デ・サンテーリャス
ポリッセーナ・デ・サンテーリャス
概要

 アントーニオ・デ・サンテーリャスは、15世紀頃の男性。

在位

 コトローネ侯 1462年~
  先代:エンリチェッタ・ルッフォ
  次代:アントーニオ・デ・サンテーリャス

別表記

 Antonio di Centiglia

外部リンク

 Comune di Collesano
 Treccani.it
 Treccani.it
 Wikipedia

マグダレーナ・デ・サンテーリャス Magdalena de Centelles

生没
~1596年頃
アンヘル・デ・サンテーリャス
ペレ・マカ・デ・リカーナ
カルロス・デ・ボルハ
概要

 マグダレーナ・デ・サンテーリャスは、16世紀の女性。

チェーザレ・ボルジア数

 夫カルロス・デ・ボルハ→父フランシスコ・デ・ボルハ→父フアン・デ・ボルハ・イ・エンリケス→父フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Famille de Carné
 Viquipèdia

参考文献

 『Lucretia Borgia

ネローネ・ネローニ Nerone Neroni

生没
1371年頃~1445年頃
ニーギ・ネローニ
レオナルダ・クレーシ
ディエティサルヴィ・ネローニ
フランチェスコ・ネローニ
ロッティエーリ・ネローニ
ニーギ・ネローニ
ジョヴァンニ・ネローニ ロレンツォ・ネローニ
アニョーロ・ネローニ
フィリッポ・ネローニ
アントーニオ・ネローニ
バルトロメオ・ネローニ
ルイジ・ネローニ
概要

 ネローネ・ネローニは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

外部リンク

 Genealogy

バルトロメオ・ネローニ Bartolomeo Neroni

ネローネ・ネローニ
レオナルダ・クレーシ
ネローネ・ネローニ
概要

 バルトロメオ・ネローニは、15世紀頃のイタリアの男性。

外部リンク

 Genealogy

ネローネ・ネローニ Nerone Neroni

バルトロメオ・ネローニ
フランチェスカ・ベッラッチ
マッダレーナ・ネローニ
概要

 ネローネ・ネローニは、15世紀頃のイタリアの男性。

外部リンク

 Genealogy

マッダレーナ・ネローニ Maddalena Neroni

生没
14??年~1517年3月7日
ネローネ・ネローニ
フランチェスカ・ベッラッチ
ビアージオ・ブオナッコルシ
アレッサンドラ・ブオナッコルシ
アニョーラ・マリーア・ブオナッコルシ
概要

 マッダレーナ・ネローニは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。

年表

1512年
アレッサンドラ・ブオナッコルシを出産。
1517年2月12日
アニョーラ・マリーア・ブオナッコルシを出産。
1517年3月7日
死。

トンマーゾ3世・デル・ヴァスト Tommaso III del Vasto

生没
1356年~1416年
出身
サルッツォ
没地
サルッツォ
フェデリーコ2世・デル・ヴァスト
ベアトリーチェ・ディ・ジネヴラ
マルグリット・デ・ピエポン
ヴァレラーノ・デル・ヴァスト
ジョヴァンナ・デル・ヴァスト
リッチャルダ・デル・ヴァスト
ルドヴィーコ1世・デル・ヴァスト
イザベッラ・デル・ヴァスト
概要

 トンマーゾ3世・デル・ヴァストは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

在位

 サルッツォ侯 1396年~1416年

別表記

 Tommaso III di Saluzzo

外部リンク

 Wikipedia

ルドヴィーコ1世・デル・ヴァスト Ludovico I del Vasto

生没
1405年~1475年4月15日
出身
サルッツォ
没地
サルッツォ
トンマーゾ3世・デル・ヴァスト
マルグリット・デ・ピエポン
イザベッラ・パレオロガ
ルドヴィーコ2世・デル・ヴァスト
フェデリーコ・デル・ヴァスト
マルゲリータ・デル・ヴァスト
ジャン・ヤコポ・デル・ヴァスト
アントーニオ・デル・ヴァスト
カルロ・ドメニコ・デル・ヴァスト
ビアンカ・デル・ヴァスト
アメーデア・デル・ヴァスト
ルイジア・デル・ヴァスト
トンマーゾ・デル・ヴァスト
ピエトロ・デル・ヴァスト
概要

 ルドヴィーコ1世・デル・ヴァストは、15世紀のイタリアの男性。

在位

 サルッツォ侯 1416年~1475年

別表記

 Ludovico I di Saluzzo

外部リンク

 Wikipedia

ルドヴィーコ2世・デル・ヴァスト Ludovico II del Vasto

生没
1438年3月23日~1504年1月27日
出身
サルッツォ
没地
ジェノヴァ
ルドヴィーコ1世・デル・ヴァスト
イザベッラ・パレオロガ
ジョヴァンナ・パレオロガ
マグリット・ド・フォワ
マルゲリータ・デル・ヴァスト
ミケーレ・アントーニオ・デル・ヴァスト
ジョヴァンニ・ルドヴィーコ・デル・ヴァスト
フランチェスコ・デル・ヴァスト
アドリアーノ・デル・ヴァスト
ガブリエーレ・デル・ヴァスト
概要

 ルドヴィーコ2世・デル・ヴァストは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。

在位

 サルッツォ侯 1475年~1504年

別表記

 Ludovico II di Saluzzo

外部リンク

 Wikipedia

リッチャルダ・デル・ヴァスト Ricciarda del Vasto

生没
1410年~1474年8月16日
トンマーゾ3世・デル・ヴァスト
マルグリット・デ・ピエポン
ニッコロ3世・デステ
エルコーレ1世・デステ
シジスモンド・デステ
概要

 リッチャルダ・デル・ヴァストは、15世紀のイタリアの女性。

埋葬地

 コルプス・ドミニ修道院

別表記

 リッチャルダ・ダ・サルッツォ、Ricciarda da Saluzzo

外部リンク

 Famille de Carné
 JDA's Family Tree
 Wikipedia

参考文献

 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンス宮廷大全』

シモーネ・デ・バルディ Simone de' Bardi

生没
12??年~13??年
ゲーリ・デ・バルディ
ベアトリーチェ・ポルティナーリ
シビッラ・デチャイオリ
フランチェスカ・デ・バルディ
バルトロ・デ・バルディ
ジェンマ・デ・バルディ
概要

 シモーネ・デ・バルディは、13世紀~14世紀のイタリアの男性。父親はおそらくゲーリ・デ・バルディ。シモーネ・ディ・ゲーリ・デ・バルディの記録を全て集めるとかなり長寿になってしまうため、同時代に同姓同名の人物が2人いた可能性が高い。

年表

1280年
土地を妻ベアトリーチェ・ポルティナーリも許可して兄弟チェッキーノ・デ・バルディに売却。
1288年
1290年
1308年
アレッツォに対する軍事行動に参加。
1310年
アレッツォに対する軍事行動に参加。
1329年12月18日
サン・ミニアートの平民長官に任命される。
1330年2月10日~1330年8月
サン・ミニアートの平民長官に在職。

埋葬地

別表記

 Mone

外部リンク

 Genealogy
 Treccani

コンテッシーナ・デ・バルディ Contessina de' Bardi

生没
1390年~1473年
出身
フィレンツェ
没地
フィレンツェ
アレッサンドロ・デ・バルディ
エミーリア・パンノッキエスキ
コジモ・イル・ヴェッキオ
ピエロ・イル・ゴットーソ
ジョヴァンニ・デ・メディチ
概要

 コンテッシーナ・デ・バルディは、14世紀~15世紀のフィレンツェの女性、コジモ・イル・ヴェッキオの妻。

別表記

 コンテシーナ・デ・バルディ

外部リンク

 世界帝王事典
 Wikipedia

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ジェンマ・デ・バルディ Gemma de' Bardi

生没
12??年~
シモーネ・デ・バルディ
アルディンゴ・デ・メディチ
概要

 ジェンマ・デ・バルディは、13世紀頃のイタリアの女性。

トンマーゾ・ポルティナーリ Tommaso Portinari

生没
1424年?~1501年
マリーア・バンディーニ・バロンチェリ
概要

 トンマーゾ・ポルティナーリは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。

別表記

 トンマソ、トマーゾ

外部リンク

 Wikipedia

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『メディチ家』
 『ルネッサンス夜話』

フォルコ・ポルティナーリ Folco Portinari

生没
~1289年12月31日
出身
ポルティコ・エ・サン・ベネデット
ラヴィニャーナ・ポルティナーリ
ベアトリーチェ・ポルティナーリ
概要

 フォルコ・ポルティナーリは、13世紀頃のイタリアの男性。

年表

1288年1月15日
遺言書を作成。故ラヴィニャーナ・ポルティナーリの子供の記載はあるが、ベアトリーチェ・ポルティナーリの子供の記載はない。

埋葬地

 サンタ・マルゲリータ・デイ・チェルキ教会

外部リンク

 Wikipedia

参考文献

 『サロメの乳母の話』
 『メディチ家』

ベアトリーチェ・ポルティナーリ Beatrice Portinari

生没
1266年頃~1290年6月19日
出身
フィレンツェ
没地
フィレンツェ
フォルコ・ポルティナーリ
シモーネ・デ・バルディ
概要

 ベアトリーチェ・ポルティナーリは、13世紀のイタリアの女性。ダンテ・アリギエーリに詩作の霊感を与えた女性として有名。

年表

1290年6月19日
死(1290年6月8日)。

慰霊碑

埋葬地

外部リンク

 Wikipedia

参考文献

 『イコノロジー研究
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『サロメの乳母の話』
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』

スピネッタ・マラスピーナ Spinetta Malaspina

生没
~1478年2月9日
バルトロメオ・マラスピーナ
マルゲリータ・アングィッソラ
ルドヴィーカ・コントラーリ
アントーニア・マラスピーナ
ヤコパ・マラスピーナ
概要

 スピネッタ・マラスピーナは、15世紀頃のイタリアの男性。

外部リンク

 OAPEN Library

参考文献

 『フィレンツェ史』

リッチャルダ・マラスピーナ Ricciarda Malaspina

生没
1497年~1553年6月15日
出身
マッサ
没地
バーニ・ディ・ルッカ
アントーニオ・アルベリーコ2世・マラスピーナ
ルクレツィア・デステ
スキピオーネ・フィエスキ
ロレンツォ・チーボ
アルベリーコ・チーボ
エレオノーラ・チーボ
ジューリオ・チーボ
チェーザレ・チーボ
概要

 リッチャルダ・マラスピーナは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。

年表

1517年
スキピオーネ・フィエスキと結婚。
1519年
父アントーニオ・アルベリーコ2世・マラスピーナ、死。
1520年

外部リンク

 Famille de Carné
 JDA's Family Tree
 Wikipedia

カルロ・ダ・バルビアーノ Carlo da Barbiano

生没
1458年~
ルドヴィーコ・ダ・バルビアーノ
エレオノーラ・マンデッリ
カテリーナ・ヴィスコンティ
アントーニア・フィオルベッリーナ・ダ・バルビアーノ
ルクレツィア・ダ・バルビアーノ
ルドヴィーコ・ダ・バルビアーノ
ピエルフランチェスコ・ダ・バルビアーノ
バルバーラ・マルゲリータ・ダ・バルビアーノ
アルベリーコ・ダ・バルビアーノ
概要

 カルロ・ダ・バルビアーノは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。

年表

1458年
生(1459年)。
1492年2月24日
1493年5月23日
サンリスにて、シャルル8世マクシミリアン1世が協定を締結。
1493年5月
サンリス出発。
1493年6月4日
パルマのトルギアーラにて、ルドヴィーコ・イル・モーロと合流。
1514年7月14日
ベルジョイオーゾにて、遺言書を作成。

別表記

 Count Carlo Belgiojoso

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Project Gutenberg - Beatrice d'Este, Duchess of Milan, 1475-1497 by Julia Cartwright
 Treccani

ルドヴィーコ・ダ・バルビアーノ Ludovico da Barbiano

生没
1409年~1471年以降
アルベリーコ・ノヴェッロ・ダ・バルビアーノ
アントーニア・マンフレディ
アニェーゼ・ウバルディーニ
エレオノーラ・マンデッリ
フィオルベッリーナ・カザーティ
カルロ・ダ・バルビアーノ
アルベリーコ・ダ・バルビアーノ
ガレオット・ダ・バルビアーノ
ビアンカ・ダ・バルビアーノ
ジョヴァンナ・ダ・バルビアーノ
概要

 ルドヴィーコ・ダ・バルビアーノは、15世紀のイタリアの男性。

年表

1409年
生(1413年)。

別表記

 Ludovico da Zagonara

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

ジョヴァンナ・ダ・バルビアーノ Giovanna da Barbiano

ルドヴィーコ・ダ・バルビアーノ
イザベッラ・マンフレディ
アストッレ2世・マンフレディ
カルロ2世・マンフレディ
ガレオット・マンフレディ
フェデリーコ・マンフレディ
エリザベッタ・マンフレディ
ランチッロット・マンフレディ
バルバーラ・マンフレディ
年表

1468年
遺言書を作成。

別表記

 AntoniaGiovanna Vestri

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

トマス・ハワード Thomas Howard

生没
1473年~1554年8月25日
トマス・ハワード
エリザベス・チルニー
アン・オブ・ヨーク
エリザベス・スタフォード
ヘンリー・ハワード
概要

 トマス・ハワードは、15世紀~16世紀の男性。

在位

 第3代ノーフォーク公
  先代:トマス・ハワード
  次代:トマス・ハワード

年表

1540年6月10日
Thomas Cromwell、保守派政敵で恩寵の巡礼(1536年)の鎮圧に貢献したノーフォーク公トマス・ハワード(1473年~1554年:在位1524年~)などの讒言も手伝い、反逆のかどによりヘンリー8世の名で逮捕され、ロンドン塔に投獄される。
1540年7月28日
Thomas Cromwellヘンリー8世に対する反逆・王権簒奪の陰謀と異端により反逆法に照らして有罪と宣告され、ヘンリー8世の名で斬首される(1485年頃~)。
この日、ヘンリー8世トマス・ハワードの姪Catherine Howard(1520年頃~)と秘密裏に結婚し、1540年8月8日これを正式に告知。
1542年2月13日
ヘンリー8世、5番目の妻(1540年~)Catherine Howardを、結婚前の情事が露見したとして、2日前に議会を通過させたばかりの、不貞の婦人が王と結婚することを反逆罪とするBill of Attainder(私権剥奪法)により斬首させる(1522年頃~)。
これにより、Catherine Howardの父・ノーフォーク公トマス・ハワードは急速に威勢を失う。

外部リンク

 ウィキペディア
 Famille de Carné
 Find A Grave
 The Tudors On Showtime

参考文献

 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

トマス・ハワード Thomas Howard

生没
1443年~1524年3月21日
ジョン・ハワード
トマス・ハワード
エリザベス・ハワード
概要

 トマス・ハワードは、15世紀~16世紀の男性。

在位

 第2代ノーフォーク公

外部リンク

 ウィキペディア
 Find A Grave

エリザベス・ハワード Elizabeth Howard

生没
1480年頃~1538年4月3日
トマス・ハワード
トマス・ブーリン
メアリー・ブーリン
アン・ブーリン
概要

 エリザベス・ハワードは、15世紀~16世紀のイングランドの女性。

別表記

 エリザベスハワード

外部リンク

 Find A Grave
 Wikipedia

ヤコポ・ピッティ Jacopo Pitti

ルカ・ピッティ
ビーチェ・スピネッリ
年表

1470年

別表記

 ジャーコポ

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『フィレンツェ史』

ピエロ・ピッティ Piero Pitti

フランチェスコ・ピッティ
参考文献

 『フィレンツェ史』

ルイジ・ピッティ Luigi Pitti

概要

 ルイジ・ピッティはルカ・ピッティの弟。

参考文献

 『フィレンツェ史』

フランチェスコ・ピッティ Francesco Pitti

ピエロ・ピッティ
参考文献

 『フィレンツェ史』

フランチェスカ・ピッティ Francesca Pitti

ルカ・ピッティ
ジョヴァンニ・トルナブオーニ

ブオナッコルソ・ピッティ Buonaccorso Pitti

生没
1354年4月25日~1432年
ネリ・ピッティ
フランチェスカ・デリ・アルビッツィ
ルカ・ピッティ
概要

 ブオナッコルソ・ピッティは、14世紀~15世紀のイタリア出身の男性、年代記作者。

年表

1391年11月12日

別表記

 ブォナッコルソ

外部リンク

 Google Books
 Treccani
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

ジャンノッツォ・ピッティ Giannozzo Pitti

年表

1466年5月27日
ルカ・ピッティを指導者とし、ジャンノッツォ・ピッティ、Manno Temperaniアニョーロ・アッチャイウオリディエティサルヴィ・ネローニらメディチ支配下で指導的地位を占めてきた有力者を中心とする約400名の市民、共和政の再建、維持に全力を尽くして当たるとの誓約を行う。但しこの誓約、未だピエロ・イル・ゴットーソの追放などは唱えず。

別表記

 ジャノッツォ・ピッティ、Giovannozzo Pitti

外部リンク

 Treccani

参考文献

 『メディチ家の人びと』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ベアトリーチェ・ボッロメオ Beatrice Borromeo

生没
~1478年以降
ジョヴァンニ・ボッロメオ
ジョヴァンニ・デ・パッツィ
概要

 ベアトリーチェ・ボッロメオは、15世紀頃のイタリアの女性。

年表

1480年
ジョヴァンニ・デ・パッツィの脱獄を企てた罪で投獄される。

別表記

 ベアトリーチェ・ブォンロメオ

外部リンク

 GENEALOGIE DELLE FAMIGLIE NOBILI ITALIANE

参考文献

 『メディチ家の人びと』

ジョヴァンニ・ボッロメオ Giovanni Borromeo

生没
~1472年
ボッロメオ・ボッロメオ
アントーニア
ベアトリーチェ・ボッロメオ
概要

 ジョヴァンニ・ボッロメオはフィレンツェの富裕な商人。

別表記

 ジョヴァンニ・ブォンロメオ、Giovanni Borromei

外部リンク

 GENEALOGIE DELLE FAMIGLIE NOBILI ITALIANE

参考文献

 『メディチ家の人びと』

カルロ・ボッロメオ Carlo Borromeo

別表記

 カルロ・ブォンロメオ

参考文献

 『メディチ家の人びと』

ジュスティーナ・ボッロメオ Giustina Borromeo

生没
1471年11月25日~1509年7月3日
ジョヴァンニ・ボッロメオ
マリーア・クレオファ・ピオ
マルケジーノ・スタンガ
ルドヴィーコ・スタンガ
マッシミリアーノ・スタンガ
ジョヴァンニ・スタンガ
ベアトリーチェ・スタンガ
バルバーラ・スタンガ
外部リンク

 Geneanet

ジョヴァンニ・ボッロメオ 
Giovanni Borromeo

生没
1439年5月12日~1495年11月14日
フィリッポ・ボッロメオ
フランチェスキーナ・ヴィスコンティ
マリーア・クレオファ・ピオ
ジャン・ヤコポ・ボッロメオ
フランチェスコ・ボッロメオ
ジベルト・ボッロメオ
イッポーリタ・ボッロメオ
イザベッラ・ボッロメオ
ルクレツィア・ボッロメオ
ルドヴィーコ・ボッロメオ
フィリッポ・ボッロメオ
フランチェスキーナ・ボッロメオ
ジュスティーナ・ボッロメオ
ランチェッロット・ボッロメオ
ビアンカ・ボッロメオ
ガレアッツォ・ボッロメオ
概要

 ジョヴァンニ・ボッロメオは、15世紀のイタリアの男性。

年表

1458年
マリーア・クレオファ・ピオと結婚。

外部リンク

 Geneanet
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Treccani

バッティスティーナ・ウソディマーレ Battistina Usodimare

生没
1477年~1523年
出身
ローマ
没地
ジェノヴァ
アントーニオ・ウソディマーレ
テオドリーナ・チーボ
ルドヴィーコ・ダラゴーナ
概要

 バッティスティーナ・ウソディマーレは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。

年表

1477年
ローマで生。
1489年
1493年6月12日
1523年

別表記

 バッティスティーナ・ダラゴーナ

参考文献

 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia

ペレッタ・ウソディマーレ Peretta Usodimare

生没
1478年~1550年12月3日
出身
ローマ
没地
ジェノヴァ
アントーニオ・ウソディマーレ
テオドリーナ・チーボ
アルフォンソ1世・デル・カッレット
アンドレア・ドーリア
概要

 ペレッタ・ウソディマーレは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。

参考文献

 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia

ガスパーレ・スタンガ Gaspare Stanga

生没
~1518年
クリストフォロ・スタンガ
ビアンカ・ルチア・マンデッリ
概要

 ガスパーレ・スタンガは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。

年表

1491年2月27日

クリストフォロ・スタンガ Cristoforo Stanga

アントーニオ・スタンガ
ラウラ・スタンガ
サラ・スタンガ
ガスパーレ・スタンガ
マルケジーノ・スタンガ
概要

 クリストフォロ・スタンガは、15世紀頃のイタリアの男性。

マルケジーノ・スタンガ Marchesino Stanga

生没
1470年代頃~1500年8月26日
出身
クレモナ
没地
ミラノ
クリストフォロ・スタンガ
バルバーラ・トレッキ
ジュスティーナ・ボッロメオ
ルドヴィーコ・スタンガ
マッシミリアーノ・スタンガ
ジョヴァンニ・スタンガ
ベアトリーチェ・スタンガ
バルバーラ・スタンガ
ジューリオ・スタンガ
概要

 マルケジーノ・スタンガは、15世紀のイタリアの男性。

年表

1491年6月
1491年10月18日
イザベッラ・デステ宛てに手紙をしたためる。ジャン・クリストフォロ・ロマーノパヴィア修道院の建設の必要があることと、ベアトリーチェ・デステに随行してジェノヴァに向かわなければならず、マントヴァにまだ行かせられないことを謝罪。
1496年春
ルドヴィーコ・イル・モーロにより、イタリアへ招待するため、マクシミリアン1世のもとに派遣される。
1500年4月10日(金)
フランス軍の捕虜にされる。
1500年
ミラノスフォルツァ城に幽閉される。
1500年8月26日

埋葬地

 サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

外部リンク

 Geneanet
 Project Gutenberg - Beatrice d'Este, Duchess of Milan, 1475-1497 by Julia Cartwright
 Treccani
 Wikimedia Commons

ルカ・コルシーニ Luca Corsini

生没
1462年10月18日~1511年12月3日
ベルトルド・コルシーニ
概要

 ルカ・コルシーニは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。

別表記

 ルーカ・コルシニ

外部リンク

 Internet Archive - Genealogia e storia della famiglia Corsini descritta da Luigi Passerini

参考文献

 『フィレンツェ史』

マリエッタ・コルシーニ Marietta Corsini

生没
?~1553年
ルイジ・コルシーニ
ニッコロ・マキアヴェッリ
プリメラーナ・マキアヴェッリ
ベルナルド・マキアヴェッリ
ルドヴィーコ・マキアヴェッリ
グイド・マキアヴェッリ
ピエロ・マキアヴェッリ
バルトロメア・マキアヴェッリ
トット・マキアヴェッリ
概要

 マリエッタ・コルシーニは、16世紀頃のフィレンツェの女性。ニッコロ・マキアヴェッリの妻。

年表

1501年8月
この頃、ニッコロ・マキアヴェッリと結婚。
1502年末
この頃までに?、長女プリメラーナ・マキアヴェッリを出産。
1503年11月初旬
長男で長女に次ぐ第2子ベルナルド・マキアヴェッリを出産。
1504年10月初旬
次男ルドヴィーコ・マキアヴェッリを出産。フランチェスコ・ソデリーニ枢機卿が代父となる。
1507年頃
この頃?、四男グイド・マキアヴェッリ生まれる。
1514年
この年、男児ピエロ・マキアヴェッリを出産。
1524年頃
この年頃までに女児バルトロメア・マキアヴェッリ(la Baccina)を出産。
1525年末~1526年初旬
この頃?、男児トット・マキアヴェッリ生まれる。
1553年
おそらくこの年、没す。

別表記

 Marietta di Ludovico Corsini

参考文献

 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ネラ・コルシ Nera Corsi

生没
1444年頃~
ピエロ・コルシ
フランチェスコ・サッセッティ
テオドーロ・サッセッティ
ガレアッツォ・サッセッティ
コジモ・サッセッティ
フェデリーコ・サッセッティ
テオドーロ・サッセッティ
ヴェントゥーラ・サッセッティ
ヴィオランテ・サッセッティ
シビッラ・サッセッティ
エリザベッタ・サッセッティ
概要

 ネラ・コルシは、15世紀頃のイタリアの女性。

年表

1459年

別表記

 Nera di Piero Corsi

外部リンク

 Google Books - Florentine Villas in the Fifteenth Century

バルド・コルシ Bardo Corsi

生没
14??年~
フランチェスカ・テバルディ
ジョヴァンニ・コルシ
概要

 バルド・コルシは、15世紀頃のイタリアの男性。

参考文献

 『フィレンツェ史』

アメリゴ・コルシ Amerigo Corsi

別表記

 アメリゴ・デ・コルシ

参考文献

 『メディチ家の人びと』
 『ルネサンス宮廷大全』

フランチェスコ・デッラ・トッレ Francesco della Torre

生没
~1281年
パガーノ・デッラ・トッレ
グイド・デッラ・トッレ
概要

 フランチェスコ・デッラ・トッレは、13世紀頃のイタリアの男性。

外部リンク

 Foundation for Medieval Genealogy

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

マルティーノ・デッラ・トッレ Martino della Torre

生没
~1264年1月18日
没地
ローディ
ヤコポ・デッラ・トッレ
概要

 マルティーノ・デッラ・トッレは、13世紀頃のイタリアの男性。

年表

1264年1月18日
死(1263年)。

外部リンク

 Foundation for Medieval Genealogy
 Wikipedia

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

グイド・デッラ・トッレ Guido della Torre

生没
1259年9月27日~1312年夏
没地
クレモーナ
フランチェスコ・デッラ・トッレ
ベアトリーチェ
シモーネ・デッラ・トッレ
概要

 グイド・デッラ・トッレは、13世紀~14世紀のイタリアの男性。

在位

 ミラノ領主 1302年~1311年

年表

1259年9月27日
生。
1312年夏
クレモーナで死(1311年11月27日以降)。

外部リンク

 Foundation for Medieval Genealogy
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『ルネサンスの歴史』

フィリッポ・デッラ・トッレ Filippo della Torre

生没
~1265年9月24日
出身
ミラノ
没地
ミラノ
ヤコポ・デッラ・トッレ
サルヴィーノ・デッラ・トッレ
概要

 フィリッポ・デッラ・トッレは、13世紀頃のイタリアの男性。

在位

 ミラノ領主 1263年~1265年

外部リンク

 Foundation for Medieval Genealogy
 Wikipedia

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

ナポ・デッラ・トッレ Napo della Torre

生没
~1278年8月16日
没地
コモ
パガーノ1世・デッラ・トッレ
カッソーノ・デッラ・トッレ
ムスカ・デッラ・トッレ
概要

 ナポ・デッラ・トッレは、13世紀頃のイタリアの男性。

在位

 ミラノ領主 1265年~1277年

年表

1260年
ピアチェンツァのポデスタ
1265年
アンツィアーノ・デル・ポーポロ。コモ、ノヴァーラ、ベルガモ、ローディのポデスタ
1274年
神聖ローマ皇帝ルドルフ1世により、ミラノ皇帝総代理に任命される。
1277年1月21日
デジオの戦いで捕らえられる。コモのバラデッロ城に投獄される。
1278年8月16日
コモのバラデッロ城にて、死。

外部リンク

 Foundation for Medieval Genealogy
 Wikipedia

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

ニッコロ1世・ダ・コッレッジョ Niccolò I da Correggio

生没
~1449年7月11日
ゲラルド6世・ダ・コッレッジョ
ベアトリーチェ・デステ
ニッコロ・ダ・コッレッジョ
概要

 ニッコロ1世・ダ・コッレッジョは、15世紀頃のイタリアの男性。

年表

1448年10月7日

外部リンク

 Geneanet
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

ゲラルド6世・ダ・コッレッジョ Gherardo VI da Correggio

生没
13??年~1430年
ジベルト4世・ダ・コッレッジョ
オルソリーナ・ピオ
ジベルト6世・ダ・コッレッジョ
マンフレド1世・ダ・コッレッジョ
アントーニオ1世・ダ・コッレッジョ
ニッコロ1世・ダ・コッレッジョ
ジョヴァンニ・ダ・コッレッジョ
ドロテア・ダ・コッレッジョ
グイドゥッチア・ダ・コッレッジョ
ロムーレア・ダ・コッレッジョ
イレーネア・ダ・コッレッジョ
ブルーノロ・ダ・コッレッジョ
概要

 ゲラルド6世・ダ・コッレッジョは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

外部リンク

 Geneanet
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

マンフレド1世・ダ・コッレッジョ Manfredo I da Correggio

生没
1410年~1474年2月
出身
コッレッジョ
没地
コッレッジョ
ゲラルド6世・ダ・コッレッジョ
アニェーゼ・ピオ
ジベルト7世・ダ・コッレッジョ
ボルソ・ダ・コッレッジョ
ガラッソ・ダ・コッレッジョ
マッダレーナ・ダ・コッレッジョ
ヴェロニカ・ダ・コッレッジョ
エリザベッタ・ダ・コッレッジョ
外部リンク

 Geneanet
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

ジョヴァンニ・ダ・コッレッジョ Giovanni da Correggio

ゲラルド6世・ダ・コッレッジョ
エリザベッタ・ゴンザーガ
ジョヴァンナ・ダ・コッレッジョ
外部リンク

 Geneanet
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

ジョヴァンナ・ダ・コッレッジョ Giovanna da Correggio

生没
~1467年
ジョヴァンニ・ダ・コッレッジョ
エリザベッタ・ゴンザーガ
ロベルト・サンセヴェリーノ
ジャンフランチェスコ・サンセヴェリーノ
ガスパーレ・サンセヴェリーノ
ガレアッツォ・サンセヴェリーノ
アントーニオ・マリーア・サンセヴェリーノ
ジネヴラ・サンセヴェリーノ
外部リンク

 Geneanet
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

エレオノーラ・ダ・コッレッジオ Eleonora da Correggio

ニッコロ・ダ・コッレッジョ
カッサンドラ・コッレオーニ
エレウテーリオ・ルースカ
概要

 エレオノーラ・ダ・コッレッジオは、15世紀~16世紀頃のイタリアの女性。

別表記

 Leonora

外部リンク

 Geneanet
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Project Gutenberg - Beatrice d'Este, Duchess of Milan, 1475-1497 by Julia Cartwright

ゴッツォリーナ・ルッフォ Gozzolina Ruffo

生没
1412年頃~
ニコラ・ルッフォ
ルカ・サンセヴェリーノ
概要

 ゴッツォリーナ・ルッフォは、15世紀頃のイタリアの女性。

年表

1445年頃

外部リンク

 JDA's Family Tree
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

ジョヴァンナ・ルッフォ Giovanna Ruffo

フルコーネ・ルッフォ
バッティスタ・カラッチオーロ
年表

1403年6月24日
バッティスタ・カラッチオーロとの結婚契約調印。持参金3百ドゥカート

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

カルロ・ルッフォ Carlo Ruffo

生没
1390年~1464年頃
グリエルモ・ルッフォ
ルクレツィア・カラッチオーロ
グリエルマ・カテリーナ・グリマルディ
マリーア・サンテーリャス
コヴェッラ・ルッフォ
ジョヴァンニ・ルッフォ
フィラレテ・ルッフォ
フェーボ・ルッフォ
スコーナ・ルッフォ
概要

 カルロ・ルッフォは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

在位

 第4代シノーポリ伯

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

参考文献

 『ルネサンス宮廷大全』

ジョヴァンネッラ・ルッフォ Giovannella Ruffo

生没
~1435年
ニコラ・ルッフォ
ジョヴァンナ・ディ・トッコ
アントーニオ・コロンナ
概要

 ジョヴァンネッラ・ルッフォは、14世紀~15世紀のイタリアの女性。

在位

 第2代コトローネ侯
  先代:ニコラ・ルッフォ
  次代:アントーニオ・コロンナ
 第5代カンタンツァーロ伯
  先代:ニコラ・ルッフォ
 ミスラーカ、シマーリ、トッレ・デッラ・マリーナ領主
  先代:ニコラ・ルッフォ

年表

1435年
殺害。

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

コヴェッラ・ルッフォ Covella Ruffo

生没
~1445年10月
カルロ・ルッフォ
チェッカレッラ・サンセヴェリーノ
ジョヴァンニ・アントーニオ・ダ・マルツァーノ
シャルル・ド・ヴァロワ
概要

 コヴェッラ・ルッフォは、15世紀頃のイタリアの女性。

年表

1425年頃
1434年
ナポリにて、シャルル・ド・ヴァロワと結婚。

外部リンク

 Famille de Carné
 JDA's Family Tree
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

エンリチェッタ・ルッフォ Enrichetta Ruffo

生没
~1462年6月24日より少し後
ニコラ・ルッフォ
マルグリット・ド・ポワティエ
アントーニオ・デ・サンテーリャス
アントーニオ・デ・サンテーリャス
ポリッセーナ・デ・サンテーリャス
概要

 エンリチェッタ・ルッフォは、イタリアの女性。

在位

 第3代コトローネ侯
  先代:アントーニオ・コロンナ
  次代:アントーニオ・デ・サンテーリャス
 第7代カンタンツァーロ伯
 ミスラーカ、シマーリ、トッレ・デッラ・マリーナ領主

年表

1437年9月1日
この日ニコラ・デッラレーナとの結婚を教会より許可されているが、取り消される。
1439年
1462年6月24日
この日より少し後クレパコーレ城にて、死。

外部リンク

 Archivio Storico Crotone
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

ニコラ・ルッフォ Nicola Ruffo

生没
1359年~1434年
没地
カラブリア
アントネッロ・ルッフォ
ジョヴァンナ・ブォンデルモンティ
ジョヴァンナ・ディ・トッコ
マルグリット・ド・ポワティエ
ポリッセーナ・ルッフォ
ジョヴァンネッラ・ルッフォ
エンリチェッタ・ルッフォ
ゴッツォリーナ・ルッフォ
概要

 ニコラ・ルッフォは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

在位

 第4代カンタンツァーロ伯
 第1代コトローネ侯 1390年10月18日~
  次代:ジョヴァンネッラ・ルッフォ
 ルビアーコ、ミスラーカ、シマーリ、トッレ・デッラ・マリーナ、ロッカ・ベルナルダ、
  ブリアーティコ、カルヴェッロ、アルタヴィッラ、ストロンゴリ、マルトラーノ、
  シッローネ、サン・ルチド、モッタ・グリマルダ、サトリアーノ領主
 カラブリア総督 1383年
 バルバーロ、クロパーノ、ツァガリッソ男爵 1429年~

年表

1359年
生(1362年)。
1395年頃
ジョヴァンナ・ディ・トッコと結婚。
1414年
サンバリエにて、マルグリット・ド・ポワティエと結婚。
1429年
パッパコーダから、バルバーロ、クロパーノ、ツァガリッソの封土を購入。

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 JDA's Family Tree
 JDA's Family Tree

ポリッセーナ・ルッフォ Polissena Ruffo

生没
1400年頃~1420年7月17日
没地
カリアーティ
カルロ・ルッフォ
ジャック・マイィ
フランチェスコ1世・スフォルツァ
概要

 ポリッセーナ・ルッフォは、15世紀頃のイタリアの女性。

在位

 第6代モンタルト伯
 第4代コリリアーノ伯
 ルーヴォ、パオラ、アチェレンツァ、フスカルド、コルレート、セミナーラ、ラポーネ、
  アリアーノ、カルヴェート、クロジア、ボヴァリーノ、カンポラ、スカーラ、
  ヴェルティーニ、ロヴォーニオ、ロッカステーティ、クオゾブオーネ、カリアーティ、
  ロッサーノ、サン・マウレッロ、ミジアーノ、ブリアーティコ、
  モッタ・ディ・フィロカージ領主 1400年~

年表

1415年
ジャック・マイィと結婚。
1418年10月19日

外部リンク

 世界帝王事典
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

ピエロ・ヴェットーリ Piero Vettori

生没
1443年~
カテリーナ・ルチェッライ
フランチェスコ・ヴェットーリ
概要

 ピエロ・ヴェットーリは、ピエロ・カッポーニの友人。

年表

148?年
ヤコポ・グィッチャルディーニと共に、サルザーナのコッミッサーリオに任命される。

参考文献

 『フィレンツェ史』

パオロ・ヴェットーリ Paolo Vettori

生没
?~1526年
概要

 パオロ・ヴェットーリは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。

年表

1512年8月31日
パオロ・ヴェットーリ(?~1526年)、アントンフランチェスコ・デリ・アルビッツィバルトロメオ・ヴァローリらメディチ派の有力者が、少数の兵を率いて政庁宮に入り、ピエロ・ソデリーニを脅迫して辞任を強制。夜ピエロ・ソデリーニは、シエナへ逃亡。後ラグーサへ逃れる。
1512年9月3日
ライモンド・ディ・カルドーナのもとへBaldassarre Carducci(1456年~)、Ormannozzo Deti(1464年~1531年以降)、Niccolò del Neroニッコロ・ヴァローリコジモ・デ・パッツィヤコポ・サルヴィアーティパオロ・ヴェットーリを送り、メディチ家とその郎党の私人としての市内復帰、神聖同盟への加入、フェルナンド2世・デ・アラゴン及びライモンド・ディ・カルドーナへの献金、ライモンド・ディ・カルドーナの占領したフィレンツェ領の返還と彼の軍の撤退について合意すると共に、フェルナンド2世・デ・アラゴンとの相互防衛協定を結んで彼の傭兵200名分の賃金の支払いを引き受ける。

参考文献

 『君主論』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ジョヴァンニ・ボイアルド Giovanni Boiardo

フェルトリーノ・ボイアルド
ルチア・ストロッツィ

ジューリオ・アスカーニオ・ボイアルド Giulio Ascanio Boiardo

生没
~1460年
フェルトリーノ・ボイアルド
ジュドゥッチア・ダ・コレッジョ
コルネーリア・タッデア・ピオ
アルバ・ボイアルド
ベルナルディーナ・ボイアルド
ジョヴァンニ・ボイアルド
ラウラ・ボイアルド
概要

 ジューリオ・アスカーニオ・ボイアルドは、15世紀のイタリアの男性。

在位

 スカンディアーノ伯

外部リンク

 Wikipedia

ジューリア・ボイアルド Giulia Boiardo

フェルトリーノ・ボイアルド
ジュドゥッチア・ダ・コレッジョ
ジャンフランチェスコ1世・ピコ
ガレオット・ピコ
アントーニオ・マリーア・ピコ
カテリーナ・ピコ
ルクレツィア・ピコ
ジョヴァンニ・ピコ
外部リンク

 Famille de Carné
 JDA's Family Tree
 Wikipedia

参考文献

 『ルネサンスの華』

フェルトリーノ・ボイアルド Feltrino Boiardo

生没
1395年頃~1455年
マッテオ・ボイアルド
ベルナルディーナ・ランベルティーニ
ジュドゥッチア・ダ・コレッジョ
エミーリア・ボイアルド
ジョヴァンニ・ボイアルド
ジューリオ・アスカーニオ・ボイアルド
ジューリア・ボイアルド
ジョヴァンナ・ボイアルド
概要

 フェルトリーノ・ボイアルドは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

外部リンク

 Famille de Carné
 Geneanet
 JDA's Family Tree
 Treccani
 trionfi
 Wikipedia

ジョヴァンナ・ボイアルド Giovanna Boiardo

フェルトリーノ・ボイアルド
ジュドゥッチア・ダ・コレッジョ
グイド・ランゴーニ
ニッコロ・ランゴーニ
ベアトリーチェ・ランゴーニ
ドミティッラ・ランゴーニ
エミリア・ランゴーニ
別表記

 Giovanna Bojardo

外部リンク

 Geneanet

フィリッポ・マチンギ Filippo Macinghi

生没
~1420年
ニッコロ・マチンギ
カテリーナ・デリ・アルベルティ
ジネヴラ・リカソーリ
ベルト・マチンギ
アレッサンドラ・マチンギ
ツァーノビ・マチンギ
カテリーナ・マチンギ
アントーニオ・マチンギ
ジネヴラ・マチンギ
概要

 フィリッポ・マチンギは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

ジネヴラ・マチンギ Ginevra Macinghi

生没
14??年~
フィリッポ・マチンギ
ジネヴラ・リカソーリ
ニッコロ・ソデリーニ
概要

 ジネヴラ・マチンギは、15世紀頃のイタリアの女性。

1437年4月14日

外部リンク

 Google Books - Selected Letters of Alessandra Strozzi

ヤコポ・ボスケッティ Jacopo Boschetti

生没
1471年~1509年頃
出身
モデナ
アルベルティーノ・ボスケッティ
ディアマンテ・カスタルディ
ポリッセーナ・カスティリオーネ
アンナ・ボスケッティ
イザベッラ・ボスケッティ
フランチェスコ・ボスケッティ
概要

 ヤコポ・ボスケッティは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。

年表

1498年

別表記

 Giacomo Boschetti

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 SAN CESARIO.NET
 Wikipedia

イザベッラ・ボスケッティ Isabella Boschetti

生没
1500年頃~1560年
ヤコポ・ボスケッティ
ポリッセーナ・カスティリオーネ
フランチェスコ・カウッツィ・ゴンザーガ
フィリッポ・トルニエッリ
フェデリーコ2世・ゴンザーガ
アレッサンドロ・ゴンザーガ
エミーリア・カウッツィ・ゴンザーガ
概要

 イザベッラ・ボスケッティは、16世紀頃のイタリアの女性。

年表

1542年
フィリッポ・トルニエッリと結婚。

別表記

 ラ・ボスケッタ、イザベッラ・ボスケッタ

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 SAN CESARIO.NET
 Wikipedia

参考文献

 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』

クリストフォロ・マルズッピーニ Cristoforo Marsuppini

外部リンク

 Treccani

参考文献

 『ルネサンス精神の深層』

カルロ・マルズッピーニ Carlo Marsuppini

生没
1398年~1453年4月24日
出身
アレッツォ
没地
フィレンツェ
グレゴーリオ・マルズッピーニ
クリストフォロ・マルズッピーニ
カルロ・マルズッピーニ
概要

 カルロ・マルズッピーニは、アレッツォの貴族出身の人文主義者
 レオナルド・ブルーニの同郷の友人で、彼の死後はフィレンツェ政庁書記官となる。

在職

 フィレンツェ共和国書記官長
  先代:レオナルド・ブルーニ

埋葬地

別表記

 マルツッピーニ、Calro d'Arezzo

外部リンク

 Wikipedia

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス精神の深層』
 『ルネッサンス夜話』

フィリッポ・デッラ・アンテッラ Filippo della Antella

参考文献

 『フィレンツェ史』

ランベルト・デッラ・アンテッラ Lamberto della Antella

外部リンク

 Treccani

参考文献

 『フィレンツェ史』

セバスティアーノ・アンティノーリ Sebastiano Antinori

ベルナルディーノ・アンティノーリ
フィリッポ・アンティノーリ
別表記

 セバスティアーノ・デッランティノーリ

参考文献

 『メディチ家の人びと』

フィリッポ・アンティノーリ Filippo Antinori

セバスティアーノ・アンティノーリ
別表記

 フィリッポ・デッランティノーリ

参考文献

 『メディチ家の人びと』

ベルナルディーノ・アンティノーリ Bernardino Antinori

生没
~1576年6月10日
セバスティアーノ・アンティノーリ
概要

 ベルナルディーノ・アンティノーリは、16世紀頃の男性。

年表

1576年6月10日
処刑。

別表記

 ベルナルディーノ・デッランティノーリ

参考文献

 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』

アンドレア・カッペッロ Andrea Cappello

概要

 アンドレア・カッペッロはビアンカ・カッペッロの従兄。

参考文献

 『メディチ家の人びと』

ヴィンチェンツォ・カッペッロ Vincenzo Cappello

生没
1469年~1541年8月19日
出身
ヴェネツィア
没地
ヴェネツィア
ニッコロ・カッペッロ
フランチェスカ・ロレダン
概要

 ヴィンチェンツォ・カッペッロは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、ヴェネツィア共和国の海将。

外部リンク

 Treccani
 Wikipedia

バルトロメオ・カッペッロ Bartolomeo Cappello

生没
1519年8月24日~1594年10月
ジローラモ・カッペッロ
マリーア・ピサーニ
ペッレグリーナ・モロジーニ
ルクレツィア・グリマーニ
ビアンカ・カッペッロ
ヴィットーリオ・カッペッロ
概要

 バルトロメオ・カッペッロは、16世紀のイタリアの男性。

年表

1544年
ペッレグリーナ・モロジーニと結婚。
1559年

外部リンク

 The Medici Archive Project
 Treccani
 Wikipedia

参考文献

 『愛の年代記』
 『メディチ家の人びと』

ヴィットーリオ・カッペッロ Vittorio Cappello

生没
1547年8月13日~
バルトロメオ・カッペッロ
ペッレグリーナ・モロジーニ
別表記

 ヴェットリ、Vettore

外部リンク

 The Medici Archive Project

参考文献

 『メディチ家の人びと』
 『愛の年代記』

ビアンカ・カッペッロ Bianca Cappello

生没
1548年~1587年10月20日
出身
ヴェネツィア
没地
ポッジョ・ア・カイアーノ
バルトロメオ・カッペッロ
ペッレグリーナ・モロジーニ
ピエトロ・ボナヴェンチュリ
フランチェスコ1世・デ・メディチ
ペレグリーナ・ボナヴェンチュリ
アントーニオ・デ・メディチ
概要

 ビアンカ・カッペッロは、16世紀のイタリアの女性。

年表

1548年
ヴェネツィアにて、生(1546年)。

別表記

 ビアンカ・カペッロ

外部リンク

 ウィキペディア
 Famille de Carné
 The Medici Archive Project

参考文献

 『愛の年代記』
 『世界悪女大全』
 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンス舞踊紀行』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『Bibliotechina Grassoccia
 『Lost Girls

エリザベッタ・コルナーロ Elisabetta Cornaro

マルコ・コルナーロ
ポーロ・カッペッロ
年表

1479年

外部リンク

 Foundation for Medieval Genealogy

マルコ・コルナーロ Marco Cornaro

生没
1406年12月~1479年8月1日
出身
ヴェネツィア
没地
ヴェネツィア
ジョルジョ・コルナーロ
カテリーナ・ジュスティニアン・ディ・ジュスティアーノ
フィオレンツァ・クレスポ
ヴィオランテ・コルナーロ
ジョルジョ・コルナーロ
カテリーナ・コルナーロ
コルネリア・コルナーロ
エリザベッタ・コルナーロ
ビアンカ・コルナーロ
アニェーゼ・コルナーロ
概要

 マルコ・コルナーロは、15世紀のイタリアの男性。

年表

1444年
フィオレンツァ・クレスポと結婚。

外部リンク

 Foundation for Medieval Genealogy
 Treccani

カテリーナ・コルナーロ Caterina Cornaro

生没
1454年11月25日~1510年7月10日
マルコ・コルナーロ
フィオレンツァ・クレスポ
ジャック2世・ド・リュジニャン
ジャック3世・ド・リュジニャン
概要

 カテリーナ・コルナーロは、ヴェネツィアの貴族。

在位

 キプロス王 1474年8月26日~1489年2月26日

年表

1468年7月30日
ヴェネツィア・キプロス同盟策の一環として、キプロス王ジャック2世・ド・リュジニャンと結婚。
1473年7月10日
1474年
子ジャック3世・ド・リュジニャン、死。自らキプロス王位に就く。
1489年3月19日
王国内のさまざまの権謀を乗り切るために支援を受けてきたヴェネツィアの要求により、この日、退位。
ヴェネツィアはキプロスを併合してその一地方区とする。
1489年6月20日
トレヴィーゾ近郊アーゾロに隠遁。
1497年8月末
アーゾロを出発。
1497年
バッサーノ・デル・グラッパ、ヴィチェンツァ、ヴェローナを通り、それぞれの街で歓迎される。
1497年9月4日(月)
兄弟を訪問するためブレシア到着。
1497年9月6日(水)
饗宴が開かれる。
1497年9月10日(日)
カテリーナ・コルナーロに敬意を表して、馬上槍試合が行われる。

別表記

 コルネール

外部リンク

 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 Treccani
 Wikipedia

参考文献

 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの女たち』

ピエロ・ナージ Piero Nasi

ルトッツォ・ナージ
別表記

 Piero di Lutozzo Nasi

参考文献

 『フィレンツェ史』

アレッサンドロ・ナージ Alessandro Nasi

参考文献

 『フィレンツェ史』

バルトロメア・ナージ Bartolomea Nasi

ドナート・ベンチ
概要

 バルトロメア・ナージは、ロレンツォ・イル・マニーフィコの愛人。

外部リンク

 Google Books
 Google Books

参考文献

 『フィレンツェ史』

ベルナルド・ナージ Bernardo Nasi

参考文献

 『フィレンツェ史』

ジェンマ・ドナーティ Gemma Donati

生没
1265年3月3日頃~1329年
出身
フィレンツェ
没地
フィレンツェ
マネット・ドナーティ
ダンテ・アリギエーリ
ジョヴァンニ・アリギエリ
ヤコポ・アリギエリ
ピエトロ・アリギエリ
アントーニア・アリギエリ
概要

 ジェンマ・ドナーティは、13世紀~14世紀のフィレンツェの女性、ダンテ・アリギエーリの妻。コルソ・ドナーティのいとこ。

年表

1265年3月3日頃
フィレンツェにて、生。
1277年1月9日
公証人オルベルト・バルドヴィーニにより、ダンテ・アリギエーリとの婚約書を作成される。
1285年頃
ダンテ・アリギエーリと結婚。三男一女をもうける。
12??年
長男ジョヴァンニ・アリギエリを出産。
12??年
フィレンツェにて、ヤコポ・アリギエリを出産。
1300年
フィレンツェにて、ピエトロ・アリギエリを出産。
1???年
フィレンツェにて、アントーニア・アリギエリを出産。
1321年
1329年
押収されたダンテ・アリギエーリの財産の持参金分を、フィレンツェ政府に請求。
1329~1342年
フィレンツェにて、死。1343年1月9日にはすでに亡くなっている記録がある。

外部リンク

 Wikipedia

参考文献

 『サロメの乳母の話』
 『ルネサンスの歴史』

リーサ・ドナーティ Lisa Donati

生没
1310年頃~
シニバルド・ドナーティ
サルヴェストロ・デ・メディチ
アヴェラルド・デット・ビッチ
外部リンク

 Famille de Carné
 Geneanet
 RootsWeb.com

参考文献

 『メディチ家の人びと』

コルソ・ドナーティ Corso Donati

生没
1250年頃~1308年10月6日
出身
フィレンツェ
没地
フィレンツェ
シモーネ・ドナーティ
コンテッサ
概要

 コルソ・ドナーティは、イタリアの政治家、中世のフィレンツェの主要な歴史的人物の1人。

外部リンク

 Treccani
 Wikipedia

参考文献

 『ルネサンスの歴史』

ルクレツィア・ドナーティ Lucrezia Donati

生没
1447年以前~1501年
出身
フィレンツェ
没地
フィレンツェ
マンノ・ドナーティ
カテリーナ・デ・バルディ
ニッコロ・アルディンゲッリ
概要

 ルクレツィア・ドナーティは、15世紀のフィレンツェの女性。ロレンツォ・イル・マニーフィコに愛される。

容姿

 美しい顔立ち。見事な金髪。

年表

1447年
この年以前に、フィレンツェにて、生。
1469年2月7日
サンタ・クローチェ広場で行われた馬上槍試合で、女王に選ばれる。勝利者は愛人のロレンツォ・イル・マニーフィコ
14??年
フィレンツェ商人ニッコロ・アルディンゲッリと結婚。
1486年頃
ロレンツォ・イル・マニーフィコが詩集『コリント』で、ルクレツィア・ドナーティを謳う。
1501年
フィレンツェにて、死。

外部リンク

 Treccani.it
 Wikipedia

参考文献

 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』

ジャン・ヤコポ・シモネッタ Gian Jacopo Simonetta

生没
1452年9月29日~
出身
クレモーナ
チッコ・シモネッタ
エリザベッタ・ヴィスコンティ
概要

 ジャン・ヤコポ・シモネッタは、15世紀頃のイタリアの男性。ミラノ公国の秘密評議会の書記を務めていた。秘密評議会とは、通常はミラノの貴族のみによって構成される廷臣による助言機関。

年表

1452年9月29日
クレモーナにて、生(1453年)。
1476年12月26日(木)
サント・ステファノの日。ミラノガレアッツォ・マリーア・スフォルツァが暗殺される。
1476年
チッコ・シモネッタは秘密評議会の即時改組を実施し、自身とジョヴァンニ・シモネッタ及び軍事顧問オルフェオ・ダ・リカーヴォを最も影響力のあるメンバーとする。ジャン・ヤコポ・シモネッタが書記に選ばれる。
1476年12月30日
評議会に統治の全権を与える発足文書をしたためる。
1479年1月9日
ミラノロレンツォ・イル・マニーフィコ宛書簡をしたためる。教皇シクストゥス4世とナポリフェッランテ・ダラゴーナはスイス傭兵を雇い、軍勢はアルプスを越えてミラノ公国に侵入し、山地の農場を襲撃。トルコ軍よりも恐ろしかったという。
1479年1月22日
ミラノロレンツォ・イル・マニーフィコ宛書簡をしたためる。ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァが死んで以来、ミラノ公国は安全保障と戦争のために百60万ドゥカートをすでに費やしたという。

別表記

 ジャン・ジャーコモ、Gian Giacomo SimonettaGiovanni Giacomo

参考文献

 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

アントーニオ・シモネッタ Antonio Simonetta

生没
~1460年
没地
ミラノ
ジェンティーレ・シモネッタ
チッコ・シモネッタ
ジョヴァンニ・シモネッタ
概要

 アントーニオ・シモネッタは、15世紀のイタリアの男性。

アンジェロ・シモネッタ Angelo Simonetta

生没
~1472年4月20日
没地
ミラノ
ジェンティーレ・シモネッタ
概要

 アンジェロ・シモネッタは、15世紀頃のイタリアの男性。

参考文献

 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

ジェンティーレ・シモネッタ Gentile Simonetta

アンジェロ・シモネッタ
アントーニオ・シモネッタ

チェチーリア・シモネッタ Cecilia Simonetta

生没
1464年~
出身
ミラノ
チッコ・シモネッタ
エリザベッタ・ヴィスコンティ
ガスパーレ・アンブロージョ・ヴィスコンティ
カミッロ・ヴィスコンティ
ガレアッツォ・ヴィスコンティ
ヤコポ・ヴィスコンティ
パオロ・ヴィスコンティ
アルカンジェラ・ガブリエッラ・ヴィスコンティ
ルチア・ヴィスコンティ
ジローラモ・ヴィスコンティ
ジャンガスパーレ・ヴィスコンティ
概要

 チェチーリア・シモネッタは、15世紀頃のイタリアの女性。

外部リンク

 Geneanet

ピエロ・リドルフィ Piero Ridolfi

ジュリアーノ・リドルフィ
概要

 ピエロ・リドルフィはニッコロ・リドルフィの近親者。

年表

1494年
サルザーナとピエトラサンタの要塞は、ピエロ・トルナブオーニとピエロ・ディ・ジュリアーノ・リドルフィによって、シャルル8世に引き渡される。

参考文献

 『フィレンツェ史』

アントーニオ・リドルフィ Antonio Ridolfi

生没
1454年~1499年
ヤコポ・リドルフィ
概要

 アントーニオ・リドルフィは、15世紀のイタリアの男性。

別表記

 Antonio di Jacopo Ridolfi

外部リンク

 Google Books

参考文献

 『メディチ家の人びと』
 『逆光のメディチ』
 『フィレンツェ史』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

ルイジ・リドルフィ Luigi Ridolfi

ロレンツォ・リドルフィ
ニッコロ・リドルフィ
ジョヴァンニ・バッティスタ・リドルフィ
別表記

 Luigi di messer Lorenzo Ridolfi

ベルナルド・リドルフィ Bernardo Ridolfi

インギレーゼ・リドルフィ
別表記

 Bernardo di Inghilese RidolfiBernardo d'Inglese Ridolfi

参考文献

 『フィレンツェ史』

リドルフォ・リドルフィ Ridolfo di Pagnozzo Ridolfi

パニョッツォ・リドルフィ
参考文献

 『フィレンツェ史』

ロッソ・リドルフィ Rosso Ridolfi

参考文献

 『メディチ家の人びと』
 『カトリーヌ・ド・メディシス』

ピエトロ・リドルフィ Pietro Ridolfi

参考文献

 『メディチ家の人びと』

トンマーゾ・リドルフィ Tommaso Ridolfi

ジョヴァンニ・リドルフィ

マッダレーナ・リドルフィ Maddalena Ridolfi

生没
~1549年10月15日
ジョヴァンニ・バッティスタ・リドルフィ
アントンフランチェスコ・デリ・アルビッツィ
ルカ・デリ・アルビッツィ
ロレンツォ・デリ・アルビッツィ
コスタンツァ・デリ・アルビッツィ
ジョヴァンニ・バッティスタ・デリ・アルビッツィ
マリーア・デリ・アルビッツィ
コルネリア・デリ・アルビッツィ
概要

 マッダレーナ・リドルフィは、16世紀頃のイタリアの女性。

外部リンク

 Google Books

ピエロ・リドルフィ Piero Ridolfi

生没
1467年~1525年
ニッコロ・リドルフィ
コンテッシナ・デ・メディチ
ルイジ・リドルフィ
エミリア・リドルフィ
クラリーチェ・リドルフィ
ニッコロ・リドルフィ
ロレンツォ・リドルフィ
概要

 ピエロ・リドルフィは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。

別表記

 Pietro Ridolfi

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ジョヴァンニ・リドルフィ Giovanni Ridolfi

トンマーゾ・リドルフィ
年表

1532年4月4日
クレメンス7世の命に従ったバーリアにより、フランチェスコ・グィッチャルディーニフランチェスコ・ヴェットーリロベルト・アッチャイウオリ、マッテオ・ストロッツィ、バッチオ・ヴァローリMatteo NiccoliniRobert Pucciパッラ・ルチェッライヤコポ・ジャンフィリアッツィAgostino DiniGiuliano Capponiと共にRiformatori(改革者)に選出され、政体変改の権限を与えられる。この12名と現正義の旗手Gianfrancesco de' Nobili、新政体について協議を開始。

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ロレンツォ・リドルフィ Lorenzo Ridolfi

生没
1503年9月6日~1576年
出身
フィレンツェ
ピエロ・リドルフィ
コンテッシナ・デ・メディチ
マリーア・ストロッツィ
フィリッポ・リドルフィ
コンテッシーナ・リドルフィ
コジモ・リドルフィ
ロレンツォ・リドルフィ
ピエトロ・リドルフィ
概要

 ロレンツォ・リドルフィは、16世紀のイタリアの男性。

年表

1535年3~5月半ば
亡命者たち(貴族・枢機卿と共和政派)、アレッサンドロ・デ・メディチに代えてイッポーリト・デ・メディチを擁立することで一致し、使者を次々とバルセロナのカール5世のもとに派遣。アレッサンドロ・デ・メディチは「降伏協定」(1530年)を遵守せず、パルラメントを悪用して「自由」を抑圧し専横を欲しいままにしている。このような「暴政」は支持するに値しないとそれぞれカール5世ないしその側近に訴える。
1534年バルバロッサに奪われたチュニスの攻略問題に専心しているカール5世は、フィレンツェ問題については亡命者たちの訴えを聞きおくに留める一方、アレッサンドロ・デ・メディチに後日ナポリに来て亡命者たちの主張について自分に直接、弁明せよとの指示を送る。
アレッサンドロ・デ・メディチは、亡命貴族(ストロッツィ家サルヴィアーティ家)やロレンツォ・リドルフィ(1503年~1576年)などを次々に反逆者と宣告しその財産の没収を宣言。

別表記

 Lorenzo di Piero RIdolfi

参考文献

 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『Lost Girls

マリーア・エンリケス María Enríquez

生没
1474年~1539年
エンリケ・エンリケス
マリーア・デ・ルナ
フアン・ボルジア
フアン・デ・ボルハ・イ・エンリケス
イサベル・デ・ボルハ・イ・エンリケス
概要

 マリーア・エンリケスは、15世紀~16世紀の女性。

年表

1493年6月末
フェッランテ・ダラゴーナ、次男フェデリーコ・ダラゴーナ(1451年~1504年)をローマに送り、シャルル8世の側からのアレクサンデル6世への工作を阻みつつアレクサンデル6世を自分の側に引き寄せるべく硬軟両様の工作を始める。その一環として子アルフォンソ2世・ダラゴーナの庶出の娘サンチャ・ダラゴーナ(1478年~?)とアレクサンデル6世の末子ホフレ・ボルジア(1481年頃~1516/1517年)との結婚をも提案。
この頃フェルナンド2世・デ・アラゴン、自分の叔父の娘、寡婦マリーア・エンリケスアレクサンデル6世の子、ガンディア公フアン・ボルジア(1476年~1497年:在位1488年~1497年)との結婚を提案。
1493年8月24日
1497年9月27日
法廷に出廷し、ヴァレンシア総督ルイス・デ・カバイネレスの前で、故フアン・ボルジアの領土であるガンディア、ナポリ王国のセッサ、テアーノ、カリーノラ、モンテフォスコリの正統な相続者として子フアン・デ・ボルハ・イ・エンリケスが認可されるよう願い出、受容される。
1498年12月19日
フアン・ボルジアローマの家の財産も要求していたが、この日、アレクサンデル6世により、甥のために管理するとしてチェーザレ・ボルジアに委譲されるという公文書がカミッロ・ベネイムベネの手で作成される。

チェーザレ・ボルジア数

 夫フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記

 Maria d'Aragona

外部リンク

 世界帝王事典
 そらのお城
 Apellido Bermúdez de Castro
 JDA's Family Tree
 THE BORGIAS wiki
 Viquipèdia

参考文献

 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

エンリケ・エンリケス Henrique Enríquez

ファドリケ・エンリケス
マリーア・エンリケス
チェーザレ・ボルジア数

 子マリーア・エンリケス→夫フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記

 Enrigo Enriquez

外部リンク

 JDA's Family Tree

参考文献

 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia

ファドリケ・エンリケス Fadrique Enríquez

フアナ・エンリケス
エンリケ・エンリケス
チェーザレ・ボルジア数

 子エンリケ・エンリケス→子マリーア・エンリケス→夫フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 JDA's Family Tree
 Wikipedia

フアナ・エンリケス Juana Enríquez

生没
1425年~1468年2月13日
ファドリケ・エンリケス
マリアナ・デ・コルドバ
フアン2世・デ・アラゴン
フェルナンド2世・デ・アラゴン
フアナ・ダラゴーナ
概要

 フアナ・エンリケスは、15世紀の女性。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいエンリケ・エンリケス→子マリーア・エンリケス→夫フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 ウィキペディア
 JDA's Family Tree

マッダレーナ・トリヴルツィオ Maddalena Trivulzio

ジャン・フェルモ・トリヴルツィオ
マルゲリータ・ヴァルペルガ
アントーニオ・ヴィスコンティ
バッティスタ・ヴィスコンティ
外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

ジャン・フェルモ・トリヴルツィオ Gian Fermo Trivulzio

生没
~1491年1月27日
アントーニオ・トリヴルツィオ
フランチェスカ・アイカルディ
マルゲリータ・ヴァルペルガ
アントーニオ・トリヴルツィオ
ジョルジョ・トリヴルツィオ
パオラ・トリヴルツィオ
スカラムッチア・トリヴルツィオ
アレッサンドロ・トリヴルツィオ
ジローラモ・テオドーロ・トリヴルツィオ
マッダレーナ・トリヴルツィオ
概要

 ジャン・フェルモ・トリヴルツィオは、15世紀頃のイタリアの男性。

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

アントーニオ・トリヴルツィオ Antonio Trivulzio

生没
~1454年6月5日
ジャン・ヤコポ・トリヴルツィオ
アントーニア・ファニャーニ
フランチェスカ・アイカルディ
ジャン・ヤコポ・トリヴルツィオ
ジャン・フェルモ・トリヴルツィオ
ラミエーリ・トリヴルツィオ
概要

 アントーニオ・トリヴルツィオは、15世紀頃のイタリアの男性。

年表

1447年8月14日
ミラノの反ヴィスコンティ派有力貴族・市民、自由を叫んで反乱。ジョルジョ・ランプニャーニ、アントーニオ・トリヴルツィオ、Innocenzo CottaTeodoro Bassiらを中心に臨時政府を樹立。

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

参考文献

 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

フランチェスカ・トリヴルツィオ Francesca Trivulzio

生没
~1560年11月
没地
ミランドラ
ジャン・ヤコポ・トリヴルツィオ
ルドヴィーコ1世・ピコ
ガレオット2世・ピコ
概要

 フランチェスカ・トリヴルツィオは、16世紀頃のイタリアの女性。

年表

1516年
平民と秘密裏に結婚。
1518年
平民の夫、絞首刑。

外部リンク

 Famille de Carné
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

ペレグリーナ・ボナヴェンチュリ Pellegrina Bonaventuri

ピエトロ・ボナヴェンチュリ
ビアンカ・カッペッロ
ウリッセ・ベンティヴォーリオ
アントーニオ・リアリオ
外部リンク

 The Medici Archive Project

参考文献

 『メディチ家の人びと』

ピエトロ・ボナヴェンチュリ Pietro Bonaventuri

生没
~1572年
ゼノービオ・ボナヴェンチュリ
コスタンツァ
ビアンカ・カッペッロ
ペレグリーナ・ボナヴェンチュリ
概要

 ピエトロ・ボナヴェンチュリは、16世紀頃のイタリアの男性。

年表

1572年
暗殺。

別表記

 ピエトロ・デ・ブオナヴェンチュリ

外部リンク

 The Medici Archive Project
 Wikipedia

参考文献

 『愛の年代記』
 『世界悪女大全』
 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』

ジョヴァンニ・バッティスタ・ボナヴェンチュリ Giovanni Battista Bonaventuri

別表記

 ブオナヴェンチュリ

参考文献

 『メディチ家の人びと』

シルヴィオ・ピッコローミニ Silvio Piccolomini

生没
~1420年
ヴィットーリア・フォルテグエッリ
ラウドミア・ピッコローミニ
ピウス2世
コスタンツァ・ピッコローミニ
概要

 シルヴィオ・ピッコローミニは、イタリアの男性。

外部リンク

 JDA's Family Tree
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

ラウドミア・ピッコローミニ Laudomia Piccolomini

シルヴィオ・ピッコローミニ
ヴィットーリア・フォルテグエッリ
ナンニ・トデスキーニ
アントーニオ・トデスキーニ
ピウス3世
ヤコポ・トデスキーニ
アンドレア・トデスキーニ
モンタニーナ・トデスキーニ
外部リンク

 JDA's Family Tree
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

イザベッラ・トデスキーニ Isabella Todeschini

生没
1503年~
アルフォンソ・トデスキーニ
ジョヴァンナ・ダラゴーナ
フランチェスコ・ボルジア
ジョヴァンニ・バッティスタ・ボルジア
アントーニア・ボルジア
概要

 イザベッラ・トデスキーニは、16世紀のイタリアの女性。

チェーザレ・ボルジア数

 夫フランチェスコ・ボルジア→父ホフレ・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

ナンニ・トデスキーニ Nanni Todeschini

生没
~1460年以降
出身
サルテアーノ
ピエトロ・トデスキーニ
ラウドミア・ピッコローミニ
アントーニオ・トデスキーニ
ピウス3世
ヤコポ・トデスキーニ
アンドレア・トデスキーニ
モンタニーナ・トデスキーニ
概要

 ナンニ・トデスキーニは、15世紀頃のイタリアの男性。

外部リンク

 JDA's Family Tree

マリーア・トデスキーニ Maria Todeschini

生没
1460年頃~
アントーニオ・トデスキーニ
マリーア・ダラゴーナ
フランチェスコ2世・オルシーニ
フェルディナンド1世・オルシーニ
カテリーナ・オルシーニ
ジョヴァンニ・オルシーニ
ジャン・アントーニオ・オルシーニ
概要

 マリーア・トデスキーニは、15世紀頃のイタリアの女性。

外部リンク

 JDA's Family Tree
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

ヴィットーリア・トデスキーニ Vittoria Todeschini

生没
1494年10月9日~1570年頃
出身
シエナ
没地
サルテアーノ
アンドレア・トデスキーニ
アニェーゼ・ファルネーゼ
ボルゲーゼ・ペトルッチ
概要

 ヴィットーリア・トデスキーニは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。

年表

1511年2月25日

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

ヴィットーリア・トデスキーニ Vittoria Todeschini

アントーニオ・トデスキーニ
マリーア・ダラゴーナ
ヤコポ4世・ダッピアーノ
ヤコポ5世・ダッピアーノ
ベアトリーチェ・ダッピアーノ
概要

 ヴィットーリア・トデスキーニは、15世紀頃のイタリアの女性。

年表

1478年

外部リンク

 JDA's Family Tree
 Geneanet
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

アンドレア・トデスキーニ Andrea Todeschini

生没
1445年頃~1505年12月
出身
シエナ
没地
シエナ
ナンニ・トデスキーニ
ラウドミア・ピッコローミニ
アニェーゼ・ファルネーゼ
ジョヴァンニ・トデスキーニ
モンタニーナ・トデスキーニ
ピエル・フランチェスコ・トデスキーニ
アレッサンドロ・トデスキーニ
アレッサンドロ・トデスキーニ
カテリーナ・トデスキーニ
ヴィットーリア・トデスキーニ
概要

 アンドレア・トデスキーニは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。

チェーザレ・ボルジア数

 妻アニェーゼ・ファルネーゼ→母イザベッラ・オルシーニ→きょうだいアルドブランディーノ2世・オルシーニ→妻バルトロメア・オルシーニ→きょうだいエレーナ・オルシーニ→子ルドヴィーコ・ミリオラーティ→妻アドリアーナ・デル・ミラ→父ペレ・デル・ミラ→母カテリーナ・デ・ボルハ→きょうだいイサベル・デ・ボルハ・イ・マルティ→子アレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

アントーニオ・トデスキーニ Antonio Todeschini

生没
1437年~1493年
出身
サルテアーノ
没地
ナポリ
ナンニ・トデスキーニ
ラウドミア・ピッコローミニ
マリーア・ダラゴーナ
マリーア・ダ・マルツァーノ
イザベッラ・トデスキーニ
ヴィットーリア・トデスキーニ
マリーア・トデスキーニ
アルフォンソ・トデスキーニ
ディアノーラ・トデスキーニ
ジャン・バッティスタ・トデスキーニ
ジョヴァンナ・トデスキーニ
フェッランテ・トデスキーニ
フランチェスコ・トデスキーニ
概要

 アントーニオ・トデスキーニは、15世紀のイタリアの男性。

在位

 第1代アマルフィ公 1461年~1493年
  先代:ライモンド2世・オルシーニ・デル・バルツォ
  次代:アルフォンソ・トデスキーニ
 セニガッリア領主 1462年~1474年

年表

1458年

外部リンク

 Famille de Carné
 JDA's Family Tree
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

アルフォンソ・トデスキーニ Alfonso Todeschini

生没
~1503年頃
アントーニオ・トデスキーニ
マリーア・ダ・マルツァーノ
ジョヴァンナ・ダラゴーナ
アルフォンソ2世・トデスキーニ
イザベッラ・トデスキーニ
概要

 アルフォンソ・トデスキーニは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。

在位

 第2代アマルフィ公 1493年~1498年
  先代:アントーニオ・トデスキーニ
  次代:アルフォンソ2世・トデスキーニ

外部リンク

 JDA's Family Tree
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

ガレアッツォ・サッセッティ Galeazzo Sassetti

生没
1462年~1513年
フランチェスコ・サッセッティ
ネラ・コルシ
概要

 ガレアッツォ・サッセッティは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。

別表記

 ガレアッツォ・サセッティ

参考文献

 『フィレンツェ史』

エリザベッタ・サッセッティ Elisabetta Sassetti

フランチェスコ・サッセッティ
ネラ・コルシ
ヤコポ・デ・ネルリ
概要

 エリザベッタ・サッセッティは、15世紀頃のイタリアの女性。

ヴィオランテ・サッセッティ Violante Sassetti

生没
~1484年以前
フランチェスコ・サッセッティ
ネラ・コルシ
ネリ・カッポーニ
概要

 ヴィオランテ・サッセッティは、15世紀のイタリアの女性。

年表

1474年
1484年以前
死。

外部リンク

 Google Books

シビッラ・サッセッティ Sibilla Sassetti

フランチェスコ・サッセッティ
ネラ・コルシ
アレッサンドロ・プッチ
概要

 シビッラ・サッセッティは、15~16世紀頃のイタリアの女性。

年表

1481年

ステッラ・フォルテブラッチ Stella Fortebracci

オッド・フォルテブラッチ
ヤコパ・モンテメリーニ
ニッコロ・フォルテブラッチョ
外部リンク

 Geneanet

カストーラ・フォルテブラッチ Castora Fortebracci

アンドレア・フォルテブラッチ
ドメニコ・マルテッリ
ブラッチョ・マルテッリ
概要

 カストーラ・フォルテブラッチは、15世紀頃のイタリアの女性。

年表

1440年

外部リンク

 Geneanet
 Google Books

カルロッタ・フォルテブラッチ Carlotta Fortebracci

生没
~1427年以前
アンドレア・フォルテブラッチ
ガレオット・ロベルト・マラテスタ
概要

 カルロッタ・フォルテブラッチは、15世紀頃のイタリアの女性。

年表

1423年
1427年以前
死。

別表記

 Carlotta Fortebraccio

オッド・フォルテブラッチ Oddo Fortebracci

生没
~1380年
グイド・フォルテブラッチ
ヤコパ・モンテメリーニ
カルロ・フォルテブラッチ
ジョヴァンニ・フォルテブラッチ
アンドレア・フォルテブラッチ
ステッラ・フォルテブラッチ
モナルドゥッチア・フォルテブラッチ
ジョヴァンナ・フォルテブラッチ
概要

 オッド・フォルテブラッチは、14世紀頃のイタリアの男性。

年表

1372年~1373年
フィレンツェのカピターノ・デル・ポーポロ。

外部リンク

 Geneanet
 Treccani

アントーニオ・カヴァルカンティ Antonio Cavalcanti

参考文献

 『メディチ家の人びと』

ジネヴラ・カヴァルカンティ Ginevra Cavalcanti

生没
~1464年以降
ジョヴァンニ・カヴァルカンティ
コスタンツァ・マラスピーナ
ロレンツォ・イル・ヴェッキオ
ピエルフランチェスコ・デ・メディチ
フランチェスコ・デ・メディチ
概要

 ジネヴラ・カヴァルカンティは、イタリアの女性。

外部リンク

 Famille de Carné
 RootsWeb.com

参考文献

 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ジョヴァンニ・カヴァルカンティ Giovanni Cavalcanti

生没
1444年~1509年
概要

 ジョヴァンニ・カヴァルカンティは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。

外部リンク

 Wikipedia

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『フィレンツェ史』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス精神の深層』

グイド・カヴァルカンティ Guido Cavalcanti

生没
1258年~1300年8月29日
出身
フィレンツェ
没地
フィレンツェ
カヴァルカンテ・カヴァルカンティ
概要

 グイド・カヴァルカンティは、13世紀~14世紀のイタリアの男性、詩人。

年表

1258年
フィレンツェにて、生(1255年)。

別表記

 グイード、グイド・デ・カヴァルカンティ

外部リンク

 Find A Grave
 Wikipedia

参考文献

 『イコノロジー研究
 『サロメの乳母の話』
 『ルネサンスの歴史』
 『ルネッサンス巷談集』

ピエトロ・ランプニャーニ Pietro Lampugnani

生没
13??年~14??年
ウベルト・ランプニャーニ
ジョヴァンナ・オモデイ
オルシーナ・ヴィスタリーニ
ベルナルド・ランプニャーニ
プリンチヴァッレ・ランプニャーニ
ジョヴァンニ・アンドレア・ランプニャーニ
バッティスタ・ランプニャーニ
概要

 ピエトロ・ランプニャーニは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

外部リンク

 Treccani - LAMPUGNANI, Uberto

プリンチヴァッレ・ランプニャーニ Princivalle Lampugnani

生没
14??年~1487年
ピエトロ・ランプニャーニ
カテリーナ・スピノーラ
概要

 プリンチヴァッレ・ランプニャーニは、15世紀のイタリアの男性。

年表

1454年
ミラノ造幣局員。
1466年~1472年
ピアチェンツァのコッミッサーリオ
1472年~1474年
ラ・スペツィア長官。

外部リンク

 Treccani - LAMPUGNANI, Uberto

参考文献

 『April Blood

オビエット・フィエスキ Obietto Fieschi

生没
1435年~1497年
出身
ジェノヴァ
没地
ヴェルチェッリ
ジャン・ルイジ・フィエスキ
ルイゼッタ・フレゴーソ
オルランド・フィエスキ
ロレンツォ・フィエスキ
ルカ・フィエスキ
アントーニオ・マリーア・フィエスキ
エットーリノ・フィエスキ
概要

 オビエット・フィエスキは、15世紀のイタリアの男性。

教養

 シエナ大学にて学ぶ。

別表記

 ウビエット・デ・フィエスキ、IbletoIbletto

外部リンク

 Treccani

参考文献

 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』

イザベッラ・フィエスキ Isabella Fieschi

ルキノ・ヴィスコンティ
概要

 イザベッラ・フィエスキは、14世紀頃のイタリアの女性。

外部リンク

 Wikipedia

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

オットー・ニッコリーニ Otto Niccolini

関連項目

 リーミニ攻囲戦

参考文献

 『逆光のメディチ』
 『フィレンツェ史』

アニョーロ・ニッコリーニ Agnolo Niccolini

別表記

 アニョロ・ニッコリーニ

参考文献

 『メディチ家の人びと』
 『フィレンツェ史』

フランチェスコ・ニッコリーニ Francesco Niccolini

参考文献

 『フィレンツェ史』

トンマーゾ・ミネルベッティ Tommaso Minerbetti

生没
14??年~
フランチェスコ・ミネルベッティ
アンドレア・ミネルベッティ
概要

 トンマーゾ・ミネルベッティは、15世紀頃のイタリアの男性。

参考文献

 『フィレンツェ史』

ピエロ・ミネルベッティ Piero Minerbetti

参考文献

 『フィレンツェ史』

イッポーリタ・トレッリ Ippolita Torelli

生没
~1520年8月25日
没地
マントヴァ
グイド2世・トレッリ
フランチェスカ・ベンティヴォーリオ
バルダッサーレ・カスティリオーネ
概要

 イッポーリタ・トレッリは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。

年表

1516年
1520年8月25日
マントヴァにて出産時、死。

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Italian Women Writers

参考文献

 『ルネサンスの華』

アントーニア・トレッリ Antonia Torelli

生没
~1468年
グイド1世・トレッリ
オルシーナ・ヴィスコンティ
ピエル・マリーア2世・デ・ロッシ
概要

 アントーニア・トレッリは、14世紀~15世紀のイタリアの女性。

年表

1428年

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

参考文献

 『ルネサンス宮廷大全』

クリストフォロ2世・トレッリ Cristoforo II Torelli

生没
~1543年
没地
コエンツォ
マルシリオ・トレッリ
パオラ・セッコ
イッポーリタ・サンセヴェリーノ
マルシリオ・トレッリ
フェデリーコ・トレッリ
カテリーナ・トレッリ
ルクレツィア・トレッリ
ファブリツィオ・トレッリ
概要

 クリストフォロ2世・トレッリは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

ベルナルディーナ・トレッリ Bernardina Torelli

生没
~1513年
クリストフォロ1世・トレッリ
タッデア・ピオ
バッティスタ2世・フレゴーソ
概要

 ベルナルディーナ・トレッリは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。

年表

1475年頃

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

カテリーナ・トレッリ Caterina Torelli

生没
~1530年
クリストフォロ1世・トレッリ
タッデア・ピオ
ジョヴァンニ・アングィッソーラ
ジャンピエトロ1世・ゴンザーガ
概要

 カテリーナ・トレッリは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。

年表

1496年
ジョヴァンニ・アングィッソーラと結婚。

外部リンク

 Famille de Carné
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

アキッレ・トレッリ Achille Torelli

生没
14??年~1522年11月11日
出身
グアスタッラ
没地
ノヴェッラーラ
フランチェスコ・マリーア・トレッリ
ヴェロニカ・パッラヴィチーニ
ルドヴィーカ・トレッリ
フランチェスコ・トレッリ
概要

 アキッレ・トレッリは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。

在位

 グアスタッラ伯 1460年~1486年

外部リンク

 Wikipedia

グイド1世・トレッリ Guido I Torelli

生没
1379年~1449年7月8日
没地
ミラノ
マルシリオ・トレッリ
エレーナ・ダルコ
オルシーナ・ヴィスコンティ
ピエトロ・トレッリ
クリストフォロ1世・トレッリ
ピエトロ・グイド1世・トレッリ
アントーニア・トレッリ
概要

 グイド1世・トレッリは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

埋葬地

 サン・フランチェスコ教会

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

参考文献

 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

クリストフォロ1世・トレッリ Cristoforo I Torelli

生没
~1460年3月6日
出身
グアスタッラ
没地
モンテキアルーゴロ
グイド1世・トレッリ
オルシーナ・ヴィスコンティ
タッデア・ピオ
マルカントーニオ・トレッリ
マルシリオ・トレッリ
グイド2世・トレッリ
フランチェスコ・トレッリ
ジョヴァンニ・アントーニオ・トレッリ
ヤコポ・トレッリ
アムーラト・トレッリ
ジャン・バッティスタ・トレッリ
マッテオ・トレッリ
アルダ・トレッリ
ベルナルディーナ・トレッリ
アナスタシア・トレッリ
エレオノーラ・トレッリ
ビアンカ・トレッリ
カテリーナ・トレッリ
概要

 クリストフォロ1世・トレッリは、15世紀頃のイタリアの男性。

年表

1428年
タッデア・ピオと結婚(1439年)。

埋葬地

 サン・フランチェスコ教会

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

バルバラ・トレッリ Barbara Torelli

生没
1475年頃~1533年11月7日
出身
モンテキアルーゴロ
没地
ボローニャ
マルシリオ・トレッリ
パオラ・セッコ
エルコーレ・ベンティヴォーリオ
エルコーレ・ストロッツィ
ジネヴラ・ベンティヴォーリオ
コスタンツァ・ベンティヴォーリオ
ジューリア・ストロッツィ
概要

 バルバラ・トレッリは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

参考文献

 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia

ディアノーラ・カッチーニ Dianora Caccini

生没
1599年11月27日~
ジューリオ・カッチーニ
マルゲリータ・ベネヴォリ・デッラ・スカラ
概要

 ディアノーラ・カッチーニは、16世紀頃のイタリアの女性。

ポンペーオ・カッチーニ Pompeo Caccini

ジューリオ・カッチーニ
ジネヴラ
概要

 ポンペーオ・カッチーニは、16世紀~17世紀のイタリアの男性。

外部リンク

 Journal Publishing Services - Pompeo Caccini and Euridice
 The Medici Archive Project
 Treccani
 Wikipedia

参考文献

 『Lost Girls
 『Pompeo Caccini and Euridice

セッティミーア・カッチーニ Settimia Caccini

生没
1591年9月27日~1660年
出身
フィレンツェ
没地
フィレンツェ
ジューリオ・カッチーニ
ルチア・ガニョランティ
概要

 セッティミーア・カッチーニは、16世紀~17世紀のイタリアの女性、作曲家、声楽家。

年表

1591年9月27日
フィレンツェにて、生(1591年10月6日)。

別表記

 La Flora

外部リンク

 ウィキペディア
 Find A Grave
 Journal Publishing Services - Pompeo Caccini and Euridice
 The Medici Archive Project

参考文献

 『Pompeo Caccini and Euridice

ジューリオ・カッチーニ Giulio Caccini

生没
1551年10月8日~1618年12月10日
ルチア・ガニョランティ
マルゲリータ・ベネヴォリ・デッラ・スカラ
ポンペーオ・カッチーニ
フランチェスカ・カッチーニ
セッティミーア・カッチーニ
ディアノーラ・カッチーニ
概要

 ジューリオ・カッチーニは、16世紀~17世紀のイタリアの男性、作曲家。

年表

1584年
ルチア・ガニョランティと結婚。フランチェスコ1世・デ・メディチから持参金として千スクードが支払われている。
1593年
妻ルチア・ガニョランティが死去。

備考

 月16スクードの給与を受け取っていた。

別表記

 Giulio Romano

外部リンク

 ウィキペディア
 Find A Grave
 Journal Publishing Services - Pompeo Caccini and Euridice
 Music Academy Online
 The Medici Archive Project

参考文献

 『メディチ家の人びと』
 『Pompeo Caccini and Euridice

フランチェスカ・カッチーニ Francesca Caccini

生没
1587年9月18日~
ジューリオ・カッチーニ
ルチア・ガニョランティ
概要

 フランチェスカ・カッチーニは、16世紀頃のイタリアの女性、作曲家、声楽家、リュート奏者、音楽教師。

別表記

 La Cecchina

外部リンク

 ウィキペディア
 Find A Grave
 Journal Publishing Services - Pompeo Caccini and Euridice
 Magnificat
 The Medici Archive Project

参考文献

 『Pompeo Caccini and Euridice

ジャン・ジョルジョ・チェザリーニ Gian Giorgio Cesarini

ガブリエーレ・チェザリーニ
マルツィア・スフォルツァ
ペンテシレア・チェザリーニ
チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいジャナンドレア・チェザリーニ→妻ジローラマ・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記

 Giangiorgio

ガブリエーレ・チェザリーニ Gabriele Cesarini

オルソ・チェザリーニ
セミデア・ブランカレオーニ
ゴディーナ・コロンナ
ジャナンドレア・チェザリーニ
ジュリアーノ・チェザリーニ
ジャン・ジョルジョ・チェザリーニ
チェーザレ・ボルジア数

 子ジャナンドレア・チェザリーニ→妻ジローラマ・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記

 ガブリエッロ

参考文献

 『Casa Cesarini. Ricerche e documenti
 『Lucretia Borgia

ジャナンドレア・チェザリーニ Gianandrea Cesarini

生没
~1483年
ガブリエーレ・チェザリーニ
ゴディーナ・コロンナ
ジローラマ・ボルジア
概要

 ジャナンドレア・チェザリーニは、15世紀のイタリアの男性。

年表

1482年1月
辛うじて成人という年齢の時、ジローラマ・ボルジアと結婚。式には、父ロドリゴ・ボルジア枢機卿、ステファノ・ナルディーニ枢機卿、ジョヴァンニ・バッティスタ・サヴェッリ枢機卿、ヴィルジーニオ・オルシーニジュリアーノ・チェザリーニ、アントーニオ・ポルカロが出席。

チェーザレ・ボルジア数

 妻ジローラマ・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記

 ジェナンドレア、Giovanni Andrea Cesarini

外部リンク

 世界帝王事典

参考文献

 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『Casa Cesarini. Ricerche e documenti
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

ルチア・チェザリーニ Lucia Cesarini

生没
14??年~
ガブリエーレ・チェザリーニ
ゴディーナ・コロンナ
ピエトロ・ルドヴィーコ・カピズッキ
エミリオ・カピズッキ
ブルート・カピズッキ
概要

 ルチア・チェザリーニは、15世紀頃のイタリアの女性、ローマの貴族。

外部リンク

 Google Books
 Geni.com

アメリゴ・ヴェスプッチ Amerigo Vespucci

生没
1454年3月9日~1512年2月22日
出身
フィレンツェ
没地
セビリア
ナスタージオ・ヴェスプッチ
エリザベッタ・ミーニ
概要

 アメリゴ・ヴェスプッチは、15世紀~16世紀のイタリア人の男性、商人、航海者。

年表

1454年3月9日
フィレンツェに生(1451年頃)。
1497年
(自身の記録によれば)第1回航海に出発(1497年~1498年)。以後1499年~1500年、1501年~1502年、1503年~1504年と新大陸への航海を続行。但し確証なし。
1503年
この年頃自身の大航海に関する第5の書簡(ロレンツォ・イル・ポポラーノ宛)、通称Mundaus Novus(新世界)を刊行。
この中で新大陸をアジアではなく新世界と呼ぶ。
1505年
この頃、自身の大航海に関する第6の書簡(フィレンツェの終身正義の旗手ピエロ・ソデリーニ宛)を刊行。
1512年2月22日
セビリアで死。

別表記

 アメリゴベスプッチ

外部リンク

 ウィキペディア
 世界史の窓
 Chronicles of America
 Treccani

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

マルコ・ヴェスプッチ Marco Vespucci

ピエロ・ヴェスプッチ
シモネッタ・カッターネオ
概要

 マルコ・ヴェスプッチはアメリゴ・ヴェスプッチのいとこ。

参考文献

 『メディチ家の人びと』

ピエロ・ヴェスプッチ Piero Vespucci

マルコ・ヴェスプッチ
参考文献

 『メディチ家の人びと』

ジョルジョ・アントーニオ・ヴェスプッチ
Giorgio Antonio Vespucci

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『メディチ家』
 『ルネサンス精神の深層』

ジョヴァンニ・ヴェスプッチ Giovanni Vespucci

グイダントーニオ・ヴェスプッチ

アゴスティーノ・ヴェスプッチ Agostino Vespucci

生没
1462年~1515年
出身
テッリッチョーラ
没地
テッラヌオーヴァ
概要

 アゴスティーノ・ヴェスプッチは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、ニッコロ・マキアヴェッリの秘書兼助手、アメリゴ・ヴェスプッチの従兄弟。

外部リンク

 Wikipedia

参考文献

 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

グイダントーニオ・ヴェスプッチ Guidantonio Vespucci

ジョヴァンニ・ヴェスプッチ
年表

1482年3月9日
ローマにて、ロレンツォ・イル・マニーフィコ宛に手紙を書く。フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロの計画及び占星術に関する懸念について。
1484年8月14日
ローマにて、十人委員会宛てに手紙を書く。教皇シクストゥス4世の死後ジローラモ・リアリオの宮殿が略奪された様子などについて。
1484年8月15日
1484年8月18日
ローマにて、十人委員会宛てに手紙を書く。ジローラモ・リアリオが提案を受け入れ、敵対する枢機卿の選出を阻止するだろうこと。
1484年8月18日
ローマにて、ロレンツォ・イル・マニーフィコ宛に手紙を書く。カテリーナ・スフォルツァの大胆な返答について。「知力で戦いを挑もうというわけね。私がガレアッツォ・マリーア・スフォルツァ公の頭脳を持ち、同じく秀でているということをお分かりでないわ」と発言したことを聞いたと報告。
1484年8月21日
ロレンツォ・イル・マニーフィコ宛に手紙を書く。ジローラモ・リアリオの慎重な行動を称賛。
1484年8月23日
ローマにて、十人委員会宛てに手紙を書く。枢機卿団とジローラモ・リアリオは合意に達した。
1484年8月24日
ローマにて、十人委員会宛てに手紙を書く。ジローラモ・リアリオが出発。
1484年8月29日
ローマにて、ロレンツォ・イル・マニーフィコ宛に手紙を書く。枢機卿時代はジローラモ・リアリオと敵対していた新教皇インノケンティウス8世の人となりについて。「枢機卿時代はジローラモ・リアリオ伯と全く仲がよろしくなかった」
1498年8月6日
フィレンツェ共和国はピサ問題についてヴェネツィアと協定を結んでピサを孤立させようと目論み、2名の使節グイダントーニオ・ヴェスプッチ、ベルナルド・ルチェッライをヴェネツィアに派遣。しかし協定を結ぶに至らずに終わる。

別表記

 グイダントニオ

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

オルシーノ・ランフレディーニ Orsino Lanfredini

ランフレディーノ・ランフレディーニ
ジネヴラ・カッポーニ
ヤコポ・ランフレディーニ
ランフレディーノ・ランフレディーニ
ジョヴァンニ・ランフレディーニ
別表記

 Orsino di Lanfredino

ジョヴァンニ・ランフレディーニ Giovanni Lanfredini

生没
1437年11月9日~1490年1月5日
出身
フィレンツェ
没地
ローマ
オルシーノ・ランフレディーニ
ジネヴラ・カッポーニ
アレッサンドラ・リドルフィ
ジネヴラ・ランフレディーニ
オルシーノ・ランフレディーニ
ルクレツィア・ランフレディーニ
フランチェスカ・ランフレディーニ
ベルナルド・ランフレディーニ
ヤコポ・ランフレディーニ
ロレンツォ・ランフレディーニ
概要

 ジョヴァンニ・ランフレディーニは、15世紀のイタリアの男性。

年表

1437年11月9日
フィレンツェにて、生。
1478年1月3日
ヴェネツィアでロレンツォ・イル・マニーフィコ宛書簡をしたためる。
1485年9月28日
フォッジャで十人委員会宛書簡。
1487年5月
教皇庁駐在大使に任命される。
1488年4月20日
手紙を書く。オルシの陰謀についてとカテリーナ・スフォルツァに対する意向についての教皇インノケンティウス8世の言動を報告。
1488年5月3日
手紙を書く。ミラノ使節の到着は、教皇インノケンティウス8世は不快感を隠していたにもかかわらず、ローマで強い反発があった。フォルリルドヴィーコ・イル・モーロに与えることをすでに提案している。
1488年6月4日
ローマにて、ロレンツォ・イル・マニーフィコ宛に手紙を書く。同時期に起こったジローラモ・リアリオガレオット・マンフレディの暗殺事件について、「戦のこのやり方、これら貴紳たちの死は、イタリアに新しく導入されたのです」。
1490年1月5日
ローマにて、死。

外部リンク

 Geni.com
 Treccani
 Wikipedia

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

ピエルジョヴァンニ・サヴェッリ Piergiovanni Savelli

生没
1442年~
フランチェスコ・サヴェッリ
シルヴィオ・サヴェッリ
ポルツィア・サヴェッリ
アナスタージア・サヴェッリ
概要

 ピエルジョヴァンニ・サヴェッリは、15世紀頃のイタリアの男性。

外部リンク

 Geneanet

ポルツィア・サヴェッリ Porzia Savelli

生没
1470年~1504年4月11日以降
ピエルジョヴァンニ・サヴェッリ
カルロ・オルシーニ
ジェンティーレ・ヴィルジーニオ・オルシーニ
概要

 ポルツィア・サヴェッリは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。

外部リンク

 Geneanet

トロイロ・サヴェッリ Troilo Savelli

生没
1465年~1517年12月
マリアーノ・サヴェッリ
セルヴァンツィア・デル・バルツォ
パオラ・オルシーニ
フラミニア・サヴェッリ
概要

 トロイロ・サヴェッリは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。

外部リンク

 Geneanet

アウレリア・サヴェッリ Aurelia Savelli

生没
1464年~1515年9月27日
パオロ・サヴェッリ
アニェーゼ・ファルネーゼ
ジョルジョ・サンタクローチェ
オノフリオ・サンタクローチェ
パオロ・サンタクローチェ
概要

 アウレリア・サヴェッリは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。

外部リンク

 Geneanet

パンドルフォ・サヴェッリ Pandolfo Savelli

生没
~1471年
ジャンバッティスタ・サヴェッリ
ジローラマ・ダ・ヴァラーノ
ジョヴァンニ・サヴェッリ
ベルナルディーノ・サヴェッリ
ルカ・サヴェッリ
フィリッポ・サヴェッリ
ピエルフランチェスコ・サヴェッリ
概要

 パンドルフォ・サヴェッリは、15世紀頃のイタリアの男性。

在位

 第4代リニャーノ領主

外部リンク

 Genealogy
 Geneanet

ベルナルディーノ・サヴェッリ Bernardino Savelli

生没
14??年~1490年
没地
ローマ
パンドルフォ・サヴェッリ
概要

 ベルナルディーノ・サヴェッリは、15世紀のイタリアの男性、聖職者。

年表

1484年~1486年4月
インノケンティウス8世により、ファーノ知事に任命される。
148?年
チェゼーナ知事に任命される。
1488年4月15日(火)
オルシの陰謀:40人評議会とアンツィアーニ評議会から呼ばれ、フォルリ到着。40人評議会を解散させ、8人評議会を再設立。要塞を引き渡させるため、カテリーナ・スフォルツァラヴァルディーノ城とロッケッタ・ディ・スキアヴォーニアに連れて行かせる。
1488年4月21日
ベルナルディーノ・サヴェッリは、フォルリは現在教皇領に帰属し、教皇への上納を怠っているリアリオ家は反乱が生じていないイーモラに移ればよいと主張。
1488年4月23日
ジョヴァンニ2世・ベンティヴォーリオの使者が進軍を開始すると通告。市内に恐怖が広がる。
アンドレア・ベルナルディによれば、ベルナルディーノ・サヴェッリの従兄弟がフォルリ支援を約束するインノケンティウス8世の勅書を偽造し、教皇の使者として携えてきたという。
教皇の援軍の到着を確信したフォルリ人はミラノの使節に暴行を働き、カテリーナ・スフォルツァミラノ軍到着を知らせようとしたボローニャの使者2名の首を吊る。

別表記

 Giacomo Savelli

外部リンク

 Academia.edu - Skirting the Issue: Machiavelli's Caterina Sforza by Julia L. Hairston
 Google Books
 Treccani

ベルナルド・カスティリオーネ Bernardo Castiglione

参考文献

 『カトリーヌ・ド・メディシス』
 『メディチ家の人びと』

ポリッセーナ・カスティリオーネ Polissena Castiglione

クリストフォロ・カスティリオーネ
アロイジア・ゴンザーガ
ヤコポ・ボスケッティ
アンナ・ボスケッティ
イザベッラ・ボスケッティ
フランチェスコ・ボスケッティ
年表

1498年2月26日

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

クリストフォロ・カスティリオーネ Cristoforo Castiglione

生没
1459年~1499年
出身
カザーティコ
バルダッサーレ・カスティリオーネ
ポリッセーナ・リスカ
アロイジア・ゴンザーガ
バルダッサーレ・カスティリオーネ
ジローラモ・カスティリオーネ
フランチェスカ・カスティリオーネ
ポリッセーナ・カスティリオーネ
アンナ・カスティリオーネ
概要

 クリストフォロ・カスティリオーネは、15世紀のイタリアの男性。

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

ブランダ・カスティリオーネ Branda Castiglione

生没
14??年~1499年
ヤコピーノ・カスティリオーネ
ドロテア・クザーニ
ジローラモ・カスティリオーネ
ジャンヤコポ・カスティリオーネ
フィリッポ・カスティリオーネ
概要

 ブランダ・カスティリオーネは、15世紀のイタリアの男性。ミラノ公に仕えた。

在位

 ペッサーノ領主 1496年~1499年

年表

1481年
ローマ駐在大使を務める。
1482年
ナポリ駐在大使を務める。
1485年春
ナポリ駐在大使を務める。
1485年夏
ローマ駐在大使を務める。
1487年
ナポリ駐在大使を務める。
1487年11月8日
ミラノに帰還し、枢密院の顧問官に任命される。
1488年5月13日
フォルリに派遣され、カテリーナ・スフォルツァに助力する。
1496年12月24日
ミラノルドヴィーコ・イル・モーロにより、封土ペッサーノを与えられる。

別表記

 Branda da CastiglioneBranda Castiglioni

外部リンク

 Google Books - Caterina Sforza Volume III
 Google Books - The Tigress of Forlì
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Treccani

アルテミシア・マリーア・ドーリア Artemisia Maria Doria

生没
1604年~1654年頃
出身
ジェノヴァ
アンドレア2世・ドーリア
ジョヴァンナ・コロンナ
フランシスコ・ディエゴ・パスクアル・デ・ボルハ
フランシスコ・カルロス・デ・ボルハ
概要

 アルテミシア・マリーア・ドーリアは、17世紀のイタリア出身の女性。

年表

1604年6月25日
洗礼。
1618年2月3日

外部リンク

 Geneanet
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

ルクレツィア・カラッチオーロ Lucrezia Caracciolo

アントーニオ・カラッチオーロ
マリーア・ブォンデルモンティ
グリエルモ・ルッフォ
カルロ・ルッフォ
年表

1381年
グリエルモ・ルッフォと結婚。持参金9百オンス。

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

バッティスタ・カラッチオーロ Battista Caracciolo

生没
~1443年2月28日以降
アントーニオ・カラッチオーロ
マリーア・ブォンデルモンティ
ジョヴァンナ・ルッフォ
イザベッラ・ルッフォ
イザベッラ・カラッチオーロ
トンマーゾ・カラッチオーロ
アルフォンソ・カラッチオーロ
マリーア・カラッチオーロ
概要

 バッティスタ・カラッチオーロは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

在位

 第4代ジェラーチェ

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

エンリコ・カラッチオーロ Enrico Caracciolo

生没
~1349年4月25日
ジョヴァンニ・カラッチオーロ
アンティツィア・トマチェッリ
フレディーナ・デル・トゥーフォ
ジョヴァンネッラ・カラッチオーロ
マッダレーナ・カラッチオーロ
アントーニオ・カラッチオーロ
アントネッラ・カラッチオーロ
カンテルマ・カラッチオーロ
マリーノ・カラッチオーロ
ジョヴァンニ・カラッチオーロ
アンティツィア・カラッチオーロ
概要

 エンリコ・カラッチオーロは、14世紀頃のイタリアの男性。

在位

 第1代ジェラーチェ伯 1348年7月26日~1349年4月25日

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

アントーニオ・カラッチオーロ Antonio Caracciolo

生没
~1389年頃
エンリコ・カラッチオーロ
フレディーナ・デル・トゥーフォ
マリーア・ブォンデルモンティ
ルクレツィア・カラッチオーロ
エレオノーラ・カラッチオーロ
ジョヴァンニ・カラッチオーロ
バッティスタ・カラッチオーロ
マッダレーナ・カラッチオーロ
マルゲリータ・カラッチオーロ
ジョルジョ・カラッチオーロ
リッカルド・カラッチオーロ
ルドヴィーコ・カラッチオーロ
概要

 アントーニオ・カラッチオーロは、14世紀頃のイタリアの男性。

在位

 第2代ジェラーチェ伯 1349年4月25日~1381年、1389年

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

マリーノ・カラッチオーロ Marino Caracciolo

生没
~1382年8月18日以降
エンリコ・カラッチオーロ
フレディーナ・デル・トゥーフォ
キアレッラ・モッラ
ペトリッロ・カラッチオーロ
概要

 マリーノ・カラッチオーロは、14世紀頃のイタリアの男性。

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

ペトリッロ・カラッチオーロ Petrillo Caracciolo

生没
13??年~
マリーノ・カラッチオーロ
キアレッラ・モッラ
ビアンケッラ・カラッチオーロ
フランチェスコ・カラッチオーロ
マリーノ・カラッチオーロ
ジョヴァンニ・カラッチオーロ
概要

 ペトリッロ・カラッチオーロは、14世紀頃のイタリアの男性。

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

マリーノ・カラッチオーロ Marino Caracciolo

生没
~1424年以降
ペトリッロ・カラッチオーロ
ビアンケッラ・カラッチオーロ
エレーナ・カラッチオーロ
ジョヴァンナ・ディ・コスタンツォ
パオロ・カラッチオーロ
フランチェスカ・カラッチオーロ
ジョヴァンネッラ・カラッチオーロ
コルネーリオ・カラッチオーロ
概要

 マリーノ・カラッチオーロは、15世紀頃のイタリアの男性。

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

パオロ・カラッチオーロ Paolo Caracciolo

マリーノ・カラッチオーロ
ジャンルーポ・カラッチオーロ
マリーア・カラッチオーロ
概要

 パオロ・カラッチオーロは、15世紀頃のイタリアの男性。

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

マリーア・カラッチオーロ Maria Caracciolo

生没
14??年~1457年
パオロ・カラッチオーロ
ディオメーデ・カラーファ
ジャントンマーゾ・カラーファ
ジャナントーニオ・カラーファ
概要

 マリーア・カラッチオーロは、15世紀のイタリアの女性。

年表

1446年
14??年
14??年
ジャナントーニオ・カラーファを出産。
1457年4月29日~1457年8月1日
死。

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

トンマーゾ・カラッチオーロ Tommaso Caracciolo

生没
~1498年頃
バッティスタ・カラッチオーロ
ベルナルディーノ・カラッチオーロ
ジゾッタ・カラッチオーロ
エリザベッタ・カラッチオーロ
シモネッタ・カラッチオーロ
概要

 トンマーゾ・カラッチオーロは、15世紀頃のイタリアの男性。

在位

 第5代ジェラーチェ伯 ~1457年12月13日
 第1代テッラノヴァ伯 ~1457年12月13日
 グロッテリーア、モッタ・サン・ジョヴァンニ、サン・ジョルジョ、チンクエフロンディ、フィウメ・フレッド、ガーラトロ、アノージア、サン・ルーチド、ロッカ・アウジトラ領主 ~1457年12月13日

年表

1457年12月13日
投獄され、封土没収。
1494年
釈放され、ローマへ逃亡。
1498年頃
死。

備考

 ジェラーチェ候と名乗っているが、アルフォンソ5世・デ・アラゴンに承認されていない。

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

参考文献

 『ルネサンス宮廷大全』

フランチェスコ3世・オルデラッフィ Francesco III Ordelaffi

生没
1349年~1405年9月8日
カテリーナ・ゴンザーガ
アントーニオ・オルデラッフィ
タッデア・オルデラッフィ
ルクレツィア・オルデラッフィ
概要

 フランチェスコ3世・オルデラッフィは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

外部リンク

 Wikipedia

アントーニオ・オルデラッフィ Antonio Ordelaffi

生没
1388年頃~1448年8月4日
出身
フォルリ
没地
フォルリ
フランチェスコ3世・オルデラッフィ
カテリーナ・ランゴーニ
シニバルド・オルデラッフィ
フランチェスコ4世・オルデラッフィ
ルクレツィア・オルデラッフィ
ピーノ3世・オルデラッフィ
カテリーナ・オルデラッフィ
概要

 アントーニオ・オルデラッフィは、14世紀~15世紀のイタリアの男性、庶子。

在位

 フォルリ領主 1433年~1436年、1438年~1448年

外部リンク

 Treccani
 Wikipedia

ルクレツィア・オルデラッフィ Lucrezia Ordelaffi

生没
1389年9月20日~1404年10月19日
出身
フォルリ
没地
フォルリ
フランチェスコ3世・オルデラッフィ
カテリーナ・ゴンザーガ
アンドレア・マラテスタ
パリジーナ・マラテスタ
概要

 ルクレツィア・オルデラッフィは、14世紀~15世紀のイタリアの女性。

年表

1403年

外部リンク

 Wikipedia

フランチェスコ4世・オルデラッフィ Francesco IV Ordelaffi

生没
1435年3月29日~1466年4月22日
没地
フォルリ
アントーニオ・オルデラッフィ
カテリーナ・ランゴーニ
エリザベッタ・マンフレディ
チア・オルデラッフィ
アントーニオ・マリーア・オルデラッフィ
フランチェスコ・オルデラッフィ
ジューリア・オルデラッフィ
ジョヴァンナ・オルデラッフィ
カテリーナ・オルデラッフィ
ルドヴィーコ・オルデラッフィ
概要

 フランチェスコ4世・オルデラッフィは、15世紀のイタリアの男性。

年表

1466年1月4日
ピーノ3世・オルデラッフィにより、妻エリザベッタ・マンフレディと4人の子供たちと共にフォルリ市の塔に投獄される。
1466年4月22日
何者かにより刺殺される。

外部リンク

 Wikipedia

ジューリア・オルデラッフィ Giulia Ordelaffi

生没
1462年~
フランチェスコ4世・オルデラッフィ
エリザベッタ・マンフレディ
ニッコロ・デリ・アレッサンドリ
概要

 ジューリア・オルデラッフィは、15世紀頃のイタリアの女性。

ピーノ3世・オルデラッフィ Pino III Ordelaffi

生没
1436年3月11日~1480年2月10日
出身
フォルリ
没地
フォルリ
アントーニオ・オルデラッフィ
カテリーナ・ランゴーニ
バルバーラ・マンフレディ
ツァッフィーラ・マンフレディ
ルクレツィア・ピコ
シニバルド2世・オルデラッフィ
カテリーナ・オルデラッフィ
ルクレツィア・オルデラッフィ
概要

 ピーノ3世・オルデラッフィは、15世紀のイタリアの男性。

在位

 フォルリ領主 1466年~1480年

年表

1460年5月6日
タッデオ・マンフレディファエンツァを攻撃し、暴動も勃発。
結婚予定のバルバーラ・マンフレディの父アストッレ2世・マンフレディを支援するため軍を送る。
1463年3月24日
ヴェネツィア共和国軍総司令官バルトロメオ・コッレオーニと傭兵契約を結ぶ。
1466年1月4日
1466年4月22日
1470年
1472年12月25日
日没から、ミラノスフォルツァ城にて、降誕祭を祝う。
1480年
致命的な病にかかる。
1480年2月10日
フォルリ市民が反乱を起こし、ピーノ3世・オルデラッフィを彼の邸宅の階段から中央広場へ引きずり落とし、撲殺。
1480年
サン・ビアージオ教会に埋葬される。

外部リンク

 Condottieri di ventura
 Facebook - Storia e storie di Forlì
 Google Books - The Tigress of Forlì
 Treccani
 Wikipedia

記載日

 2005年5月29日以前

更新日

 2021年5月4日