人物3

ジョヴァンニ2世・ダ・ヴァラーノ Giovanni II da Varano

父:リドルフォ3世・ダ・ヴァラーノ
母:コスタンツァ・スメドゥッチ
妻:バルトロメア・スメドゥッチ
子:ジューリオ・チェーザレ・ダ・ヴァラーノ
外部リンク
 Geneanet
 Wikipedia

ビアンカ・マリーア・デステ Bianca Maria d'Este

生没:1440年12月18日~1506年1月12日
出身:フェッラーラ
没地:ミランドラ
父:ニッコロ3世・デステ
母:アンナ・デ・ロベルティ
夫:ガレオット・ピコ
子:ジューリア・ピコ
  ジャンフランチェスコ2世・ピコ
  マリーア・マッダレーナ・ピコ
  フェデリーコ1世・ピコ
  ルドヴィーコ・ピコ
  エレオノーラ・ピコ
概要
 ビアンカ・マリーア・デステは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。
年表
1440年12月18日
フェッラーラにて、生。
14??年
フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロの長男と婚約していたが、早世。
1468年
ガレオット・ピコと結婚。
1506年1月12日
ミランドラにて、死(1506年1月11日)。
外部リンク
 Project Gutenberg - Beatrice d'Este, Duchess of Milan, 1475-1497 by Julia Cartwright
 JDA's Family Tree
 Treccani
 Wikipedia

ヴィエーリ・デ・メディチ Vieri de' Medici

生没:1323年~1395年9月14日
出身:フィレンツェ
没地:フィレンツェ
在位:正義の旗手 1392年5月~6月
父:カンビオ・デ・メディチ
妻:ヴァレンツァ
  ビーチェ・ストロッツィ
子:ヴァレンツァ・デ・メディチ
  ニッコロ・ディ・ヴィエーリ・デ・メディチ
  ビーチェ・デ・メディチ
  カンビオ・ディ・ヴィエーリ・デ・メディチ
概要
 ヴィエーリ・デ・メディチは、14世紀のイタリアの男性。
年表
1323年
フィレンツェにて、生。
1364年以前
ヴァレンツァと結婚。
1378年9月
妻ヴァレンツァ、死。子なし。
13??年
ビーチェ・ストロッツィと結婚。
1395年8月12日
遺言書を作成。娘たちに1千2百フィオリーノずつ、残りの財産を息子たちが受け継ぐこと。
1395年9月14日
フィレンツェにて、死(1395年9月13日)。
1395年9月
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂に埋葬される。
外部リンク
 Treccani
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家』

ポルツィア・デ・メディチ Porzia de' Medici

生没:1538年~1565年
父:アレッサンドロ・デ・メディチ
母:アンナ・ダ・マッサ
概要
 ポルツィア・デ・メディチは、16世紀のイタリアの女性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家の人びと』

ジョヴァンニ・アルノルフィニ Giovanni Arnolfini

外部リンク
 Wikipedia

アゴスティーノ・ヴェスプッチ Agostino Vespucci

概要
 アゴスティーノ・ヴェスプッチは、15~16世紀頃のフィレンツェの男性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ジョヴァンニ・カヴァルカンティ Giovanni Cavalcanti

生没:1444年~1509年
概要
 ジョヴァンニ・カヴァルカンティは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『フィレンツェ史』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス精神の深層』

グイド・カヴァルカンティ Guido Cavalcanti

生没:1255年~1300年
概要
 グイド・カヴァルカンティは、13世紀~14世紀のイタリアの男性。
別表記
 グイード、グイド・デ・カヴァルカンティ
外部リンク
 Find A Grave
 Wikipedia
参考文献
 『イコノロジー研究
 『サロメの乳母の話』
 『ルネサンスの歴史』
 『ルネッサンス巷談集』

アロイジオ・ゴンザーガ Aloisio Gonzaga

生没:1494年4月20日~1549年7月19日
出身:ルッツァーラ
没地:カステル・ゴッフレード
父:リドルフォ・ゴンザーガ
母:カテリーナ・ピコ
妻:カテリーナ・アングィッソーラ
概要
 アロイジオ・ゴンザーガは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
別表記
 ルイジ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』

ガブリエッラ・ゴンザーガ Gabriella Gonzaga

生没:14??年~
父:ルドヴィーコ3世・ゴンザーガ
夫:ジベルト・ダ・コッレッジオ
  コッラード・フォリアーニ
子:コスタンツァ・フォリアーニ
  ルドヴィーコ・フォリアーニ
概要
 ガブリエッラ・ゴンザーガは、15世紀頃のイタリアの女性、庶子。
外部リンク
 Wikipedia

カテリーナ・ゴンザーガ Caterina Gonzaga

生没:1434年頃~1495年頃
出身:マントヴァ
父:ルドヴィーコ3世・ゴンザーガ
夫:フランチェスコ・セッコ
子:パオラ・セッコ
外部リンク
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

ガレアッツォ・ゴンザーガ Galeazzo Gonzaga

参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』

イザベッラ・フィエスキ Isabella Fieschi

夫:ルキノ・ディ・マッテオ・ヴィスコンティ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

ハインリヒ5世 Heinrich V

生没:1086年8月11日~1125年5月23日
在位:神聖ローマ皇帝 1111年~1125年
別表記
 ハインリッヒ5世
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『修道院』

ヤコポ・フィリッポ・フォレスティ Jacopo Filippo Foresti

別表記
 Jacopo da Bergamo
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『Lucretia Borgia

ヤーノシュ・シジスムンド János Zsigmond

外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『メディチ家の人びと』

ジャウフレ・リュデル Jaufré Rudel

外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』

ペドロ・デ・アランダ Pedro de Aranda

外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『イタリア史』

ループレヒト Ruprecht

生没:1352年5月5日~1410年5月18日
在位:神聖ローマ皇帝 1400年~1410年
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『フィレンツェ史』

バルバラ Santa Barbara

別表記
 聖バルバラ
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』

セクストゥス・アウレリウス・プロペルティウス
Sextus Aurelius Propertius

外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『イコノロジー研究

ブオナッコルソ・ピッティ Buonaccorso Pitti

生没:~1432年
子:ルカ・ピッティ
概要
 ブオナッコルソ・ピッティは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。
別表記
 ブォナッコルソ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

ジョヴァンニ・シモネッタ Giovanni Simonetta

生没:1420年~1490年
父:アントーニオ・シモネッタ
概要
 ジョヴァンニ・シモネッタは、15世紀のイタリアの男性。
著作
 『フランチェスコ・スフォルツァの生涯』
外部リンク
 Treccani
 Wikipedia
参考文献
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

ジューリオ・アスカーニオ・ボイアルド Giulio Ascanio Boiardo

生没:~1460年
在位:スカンディアーノ伯
父:フェルトリーノ・ボイアルド
母:ジュドゥッチア・ダ・コレッジョ
妻:コルネーリア・タッデア・ピオ
子:アルバ・ボイアルド
  ベルナルディーナ・ボイアルド
  ジョヴァンニ・ボイアルド
  ラウラ・ボイアルド
概要
 ジューリオ・アスカーニオ・ボイアルドは、15世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Wikipedia

アントーニオ・トゥッチ・マネッティ Antonio Tucci Manetti

生没:1423年頃~1497年頃
出身:フィレンツェ
概要
 アントーニオ・トゥッチ・マネッティは、イタリア人文主義者、建築家、数学者。
別表記
 アントーニオ・ディ・トゥッチョ・マネッティ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンス精神の深層』

エリザベス・ブラント Elizabeth Blount

生没:1502年頃~1540年
父:ジョン・ブラント
概要
 エリザベス・ブラントは、16世紀の女性。
外部リンク
 Wikipedia

エンリコ・スクロヴェニ Enrico Scrovegni

父:レジナルド・スクロヴェニ
母:カペッリーナ・マラカペッリ
妻:ヤコピーナ・デステ
外部リンク
 Wikipedia

フランチェスコ・ディ・フィリッポ・デル・プリエーゼ Francesco del Pugliese

生没:1458年5月30日~1519年頃
出身:フィレンツェ
父:フィリッポ・デル・プリエーゼ
概要
 フランチェスコ・デル・プリエーゼは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
別表記
 フランチェスコ・ディ・フィリッポ・ディ・フランチェスコ・デル・プリエーゼ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イコノロジー研究

ピエロ・デル・プリエーゼ Piero del Pugliese

生没:1430年~1498年
出身:フィレンツェ
父:フランチェスコ・デル・プリエーゼ
概要
 ピエロ・デル・プリエーゼは、15世紀の男性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イコノロジー研究

スタティウス Statius

概要
 スタティウスは、1世紀のローマの男性、詩人。
外部リンク
 Wikipedia

トマス・タリス Thomas Tallis

生没:1505年頃~1585年11月23日
概要
 トマス・タリスは、16世紀のイングランド王国の男性、作曲家、オルガン奏者。
外部リンク
 ウィキペディア

ジョン・スチュアート John Stewart

生没:~1482年
概要
 ジョン・スチュアートは、15世紀頃の男性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『カトリーヌ・ド・メディシス』

ラヨシュ1世 Lajos I

在位:ハンガリー王 1342-1382
妻:マリーア(ハプスブルク)
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『世界大百科事典』
 『血の伯爵夫人エリザベート・バートリ』

オッピアヌス ὀππιανός

生没:2世紀
概要
 オッピアヌスは、2世紀の男性。
著書
 『狩猟法
別表記
 Oppianus
外部リンク
 Wikipedia

リチャード・サックヴィル Richard Sackville

生没:1507年頃~1566年4月21日
概要
 リチャード・サックヴィルは、16世紀頃の男性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『オーランドー』

コジモ・バルトリ Cosimo Bartoli

生没:1503年12月20日~1572年10月25日
概要
 コジモ・バルトリは、16世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『フィレンツェ史』
 『メディチ家』

グリエルモ2世 Guglielmo II

生没:1153年~1189年
在位:シチリア王 1166年~1189年
概要
 グリエルモ2世は、12世紀の男性。
外部リンク
 ウィキペディア
 世界帝王事典
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』

オルソルヤ・カニッツァイ Kanizsai Orsolya

夫:トマ・ナダスディ
子:フェレンツ・ナダスディ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『血の伯爵夫人エリザベート・バートリ』

ペドロ・デ・アタレス Pedro de Atarés

生没:1083年頃~1151年
出身:ボルハ
父:ガルシア・サンチェス・デ・アタレス
母:テレサ・カハル
概要
 ペドロ・デ・アタレスは、11世紀~12世紀のスペインの男性。
外部リンク
 Wikipedia

リチャード・ペイス Richard Pace

生没:1482頃~1536年6月28日
概要
 リチャード・ペイスは、15世紀~16世紀の男性、イングランドの外交官。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンスの華』

トマ・ナダスディ Tamás Nádasdy

妻:オルソルヤ・カニッツァイ
子:フェレンツ・ナダスディ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『血の伯爵夫人エリザベート・バートリ』

フランシスコ・デリカード Francisco Delicado

生没:1480年頃~1535年頃
概要
 フランシスコ・デリカードは、15世紀~16世紀の男性。
外部リンク
 摂南大学
 Wikipedia

フランソワ・ヴィヨン François Villon

生没:1431年?~1463年以降
概要
 フランソワ・ヴィヨンは、15世紀の男性。
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『ルネッサンスの光と闇』

ジェフリー・チョーサー Geoffrey Chaucer

生没:1343年頃~1400年10月25日
概要
 ジェフリー・チョーサーは、14世紀~15世紀の男性。
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『イコノロジー研究

ジャン・ダルマニャック Jean V d'Armagnac

生没:1420年~1473年
概要
 ジャン・ダルマニャックは、15世紀の男性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

ジョン・フレッチャー John Fletcher

生没:1579年~1625年
概要
 ジョン・フレッチャーは、16世紀~17世紀の男性。
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『オーランドー』

ラウラ・ド・サド Laura de Sade

生没:~1347年4月3日
概要
 ラウラ・ド・サドは、14世紀頃の女性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イコノロジー研究
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『ローマ教皇検死録』

ルクレツィア・ダラーニョ Lucrezia d'Alagno

男:アルフォンソ5世・デ・アラゴン
別表記
 ルクレツィア・ダラーニャ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』

タキトゥス Publies Cornelius Tacitus

生没:55年?~120年?
概要
 タキトゥスは、1世紀~2世紀の男性。
著書
 『ゲルマニア』
別表記
 Publius
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』

ロバート・バートン Robert Burton

生没:1577年~1640年
概要
 ロバート・バートンは、16世紀~17世紀の男性。
別表記
 ロバートバートン
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『オーランドー』

エミリオ・プッチ Emilio Pucci

生没:1914年11月20日~1992年11月29日
子:ラウドミア・プッチ
概要
 エミリオ・プッチは、20世紀の男性。
外部リンク
 ウィキペディア
 Emilio Pucci

エティエンヌ・ド・ヴェスク Étienne de Vesc

生没:1445年頃~1501年10月6日
概要
 エティエンヌ・ド・ヴェスクは、15世紀~16世紀の男性。
別表記
 エチエンヌ、ヴェクス
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』

フェレンツ・ナダスディ Ferenc Nádasdy

父:トマ・ナダスディ
母:オルソルヤ・カニッツァイ
妻:エリザベート・バートリ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『血の伯爵夫人エリザベート・バートリ』

ジャン・クリストフォロ・ロマーノ Gian Cristoforo Romano

生没:1456年5月11日~1512年4月24日
出身:ローマ
没地:ロレート
概要
 ジャン・クリストフォロ・ロマーノは、彫刻家、メダル作家。
作品

ベアトリーチェ・デステの胸像
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』

ピエール・ド・ロンサール Pierre de Ronsard

生没:1524年9月11日~1585年12月27日
概要
 ピエール・ド・ロンサールは、16世紀の男性。
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』

ヴィンチェンツォ・ダンティ Vincenzo Danti

生没:1530年~1576年5月26日
概要
 ヴィンチェンツォ・ダンティは、イタリアの彫刻家。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イコノロジー研究

アグネス・フライ Agnes Frey

生没:1475年~1539年
夫:デューラー
概要
 アグネス・フライは、15世紀~16世紀の女性。
外部リンク
 kleio.org
 Wikipedia
参考文献
 『ルネッサンス夜話』

アン・スタフォード Anne Stafford

生没:1483年頃~1544年
父:ヘンリー・スタフォード
概要
 アン・スタフォードは、15世紀~16世紀の女性。
外部リンク
 Famille de Carné
 Wikipedia

ボナヴェントゥーラ Bonaventura

生没:1221年?~1274年7月15日
概要
 ボナヴェントゥーラは、13世紀の男性。
本名
 ジョヴァンニ・デ・フィデンツァ
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『イコノロジー研究
 『イタリア・ルネサンスの文化』

フアン・ロドリゲス・デ・フォンセカ
Juan Rodríguez de Fonseca

生没:1451年~1524年3月4日
概要
 フアン・ロドリゲス・デ・フォンセカは、15世紀~16世紀の男性。
関連項目
 The Borgias: 108
外部リンク
 Wikipedia

ロバート・グリーン Robert Greene

生没:1558年6月11日~1592年9月3日
概要
 ロバート・グリーンは、16世紀の男性。
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『オーランドー』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』

トンマーゾ・デ・カヴァリエリ Tommaso de' Cavalieri

生没:1509年~1587年
出身:ローマ
没地:ローマ
概要
 トンマーゾ・デ・カヴァリエリは、16世紀の男性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イコノロジー研究

バヤジット1世 Bayazit I

生没:1360年~1403年
在位:1389年~1402年
父:ムラト1世
概要
 バヤジット1世は、14世紀~15世紀の男性。
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『西洋拷問刑罰史』
 『世界大百科事典』
 『戦闘技術の歴史2 中世編』

クリストファー・マーロー Christopher Marlowe

生没:1564年~1593年
概要
 クリストファー・マーローは、劇作家、詩人、翻訳家。
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『オーランドー』
 『中世の食卓から』

ディエゴ・ロペス・デ・エストゥニーガ Diego López de Estúñiga

生没:1350年頃~1417年
概要
 ディエゴ・ロペス・デ・エストゥニーガは、14世紀~15世紀の男性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』

フォルコ・ポルティナーリ Folco Portinari

生没:~1289年
出身:フィレンツェ
子:ベアトリーチェ・ポルティナーリ
概要
 フォルコ・ポルティナーリは、13世紀頃のイタリアの男性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『サロメの乳母の話』
 『メディチ家』

フランチェスコ・ダ・ブーティ Francesco da Buti

生没:1324年?~1406年7月25日
出身:ピサ
没地:ピサ
概要
 フランチェスコ・ダ・ブーティは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イコノロジー研究

フランチェスコ・ダ・サンガッロ Francesco da Sangallo

生没:1494年~1576年
父:ジュリアーノ・ダ・サンガッロ
概要
 フランチェスコ・ダ・サンガッロは、イタリアの彫刻家。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンスの華』

パーリデ・ダ・チェレザーラ Paride da Ceresara

生没:1466年2月10日~1532年
出身:チェレザーラ
没地:マントヴァ
概要
 パーリデ・ダ・チェレザーラは、15世紀~16世紀の男性、人文主義者、詩人、占星術師。
別表記
 パリデ・ダ・チェレサラ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンスの華』

コッラード・フォリアーニ Corrado Fogliani

生没:~1470年12月23日
出身:レッジョ・エミリア
没地:ミラノ
父:マルコ・フォリアーニ
母:ルチア・テルツィアーニ
妻:ガブリエッラ・ゴンザーガ
子:コスタンツァ・フォリアーニ
  ルドヴィーコ・フォリアーニ
外部リンク
 Google Books
 Wikipedia

エリザベス・ハワード Elizabeth Howard

生没:1480年頃~1538年4月3日
父:トマス・ハワード
夫:トマス・ブーリン
子:メアリー・ブーリン
  アン・ブーリン
概要
 エリザベス・ハワードは、15世紀~16世紀のイングランドの女性。
別表記
 エリザベスハワード
外部リンク
 Find A Grave
 Wikipedia

フランチェスコ・セッコ Francesco Secco

生没:1423年~1496年
出身:カラヴァッジオ
没地:ヴィコピザーノ
妻:カテリーナ・ゴンザーガ
子:パオラ・セッコ
概要
 フランチェスコ・セッコはジローラモ・リアリオの傭兵隊長。
外部リンク
 Condottieri di ventura
 Wikipedia
参考文献
 『フィレンツェ史』
 『イタリア史』

ジョヴァンニ・コルシ Giovanni Corsi

生没:1472年~1547年
在位:正義の旗手 1522年1月~2月
父:バルド・コルシ
概要
 ジョヴァンニ・コルシは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。
外部リンク
 The Life of Marsilio Ficino by Giovanni Corsi
 Wikipedia
参考文献
 『フィレンツェ史』
 『メディチ家』

アンリ・ド・ギーズ Henri de Guise

生没:1550年1月31日?~1588年12月23日
父:フランソワ・ド・ギーズ
母:アンナ・デステ
概要
 アンリ・ド・ギーズは、16世紀の男性。
チェーザレ・ボルジア数
 母アンナ・デステ→父エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『世界悪女大全』
 『メディチ家』

ヒエロニムス Hieronymus

生没:340年頃~420年9月30日
概要
 ヒエロニムスは、4世紀~5世紀の男性。
肖像画
 聖ヒエロニムスのいる聖母
別表記
 Sophronius Eusebius HieronymusJerome
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia

マルチェッロ・ヴィルジーリオ・アドリアーニ Marcello Virgilio Adriani

生没:1464年~1521年
出身:フィレンツェ
没地:フィレンツェ
在位:フィレンツェ第一書記局首席書記官
    前任:バルトロメオ・スカラ
概要
 マルチェッロ・ヴィルジーリオ・アドリアーニは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『君主論』
 『フィレンツェ史』
 『マキアヴェリ』

マリーア・パレオロガ Maria Paleologa

生没:1508年9月19日~1530年9月15日
出身・没地:カザーレ
父:グリエルモ9世・パレオロゴ
母:アンヌ・ド・ヴァロワ
概要
 マリーア・パレオロガは、16世紀の女性。
別表記
 マリア・パレオロゴ
外部リンク
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』

ペッレグリーノ・プリシアーノ Pellegrino Prisciano

生没:1435年頃~1518年
出身・没地:フェッラーラ
概要
 ペッレグリーノ・プリシアーノは、15世紀~16世紀の男性。
別表記
 プリッシャーノ、プリシャーニ
外部リンク
 Treccani
 Wikipedia
参考文献
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンス宮廷大全』

フィリップ・ド・サヴォワ Philippe de Savoie

生没:1490年~1533年11月25日
在位:ヌムール公 1528年~1533年
    次代:ジャック・ド・サヴォワ
父:フィリッポ2世・ディ・サヴォイア
子:ジャック・ド・サヴォワ
概要
 フィリップ・ド・サヴォワは、15世紀~16世紀の男性。
外部リンク
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

アンブロジウス Ambrosius

生没:340年?~397年4月4日
記念日:12月7日
守護聖人:ミラノ
概要
 アンブロジウスは、4世紀の男性。
肖像
 アンブロジウスの肖像
別表記
 アンブロジュウス、アンブロジオ
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』
 『Lucretia Borgia

カングランデ・デッラ・スカーラ Cangrande I della Scala

生没:1291年3月9日~1329年7月22日
在位:ヴェローナの君主 1308年~1329年
   ヴィチェンツァの君主 1312年~1329年
   パドヴァの君主 1328年~1329年
概要
 カングランデ・デッラ・スカーラは、13世紀~14世紀のイタリアの男性。
別表記
 カン・グランデ、デラ・スカラ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『サロメの乳母の話』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

ジアーノ・デッラ・ベッラ Giano della Bella

生没:13世紀後半~1306年4月19日以前
出身:フィレンツェ
没地:フランス
概要
 ジアーノ・デッラ・ベッラは、13世紀~14世紀のイタリアの男性、政治家。13世紀後半のフィレンツェ共和国の重要人物。
外部リンク
 Treccani
 Wikipedia
別表記
 ジャーノ
参考文献
 『フィレンツェ史』
 『メディチ家』

イニーゴ2世・ダヴァーロス Iñigo II d'Avalos

生没:1467年~1504年
父:イニーゴ1世・ダヴァーロス
子:アルフォンソ3世・ダヴァーロス
概要
 イニーゴ2世・ダヴァーロスは、15世紀~16世紀の男性。
外部リンク
 Famille de Carné
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア史』

スオール・コロンバ Suor Colomba

生没:1467年2月2日~1501年5月20日
出身:リエーティ
没地:ペルージア
概要
 スオール・コロンバは、15世紀~16世紀の女性。
年表
1488年
ペルージア到着。
別表記
 Colomba da Rieti
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『The Life of Cesare Borgia

ヨランド・ド・ヴァロワ Yolande de Valois

生没:1434年9月23日~1478年8月23日
父:シャルル7世
夫:アメーデオ9世・ディ・サヴォイア
概要
 ヨランド・ド・ヴァロワは、15世紀の女性。
外部リンク
 Genealogy.EU
 Treccani.it
 Wikipedia

シャルル・ド・ヴァロワ Charles de Valois

生没:1270年3月12日~1325年12月16日
父:フィリップ3世
母:イザベッラ・ダラゴーナ
概要
 シャルル・ド・ヴァロワは、13世紀~14世紀の男性。
年表
1301年11月1日
フィレンツェに入る。
外部リンク
 歴史データベース
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家』

ヤコポ・マラテスタ Jacopo Malatesta

生没:1530年~1600年
父:レオニーダ・マラテスタ
母:カッサンドラ・チーニ
概要
 ヤコポ・マラテスタは、16世紀~17世紀のイタリアの女性。
別表記
 Giacomo Malatesta
外部リンク
 Terre del Rubicone
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家の人びと』

クレオファ・マラテスタ Cleofa Malatesta

生没:1400年頃~1433年4月18日
出身:ペーザロ
父:マラテスタ4世・マラテスタ
母:エリザベッタ・ヴァラーノ・キアヴェッリ
夫:テオドロス2世・パレオロゴス
子:トマソ・エマヌエーレ・パレオロゴス
  ヘレナ・パレオロギナ
概要
 クレオファ・マラテスタは、15世紀の女性。
別表記
 クレオパ・マラテスタ、Cleopa Malatesta
外部リンク
 Wikipedia

ガルシラーソ・デ・ラ・ベーガ Garcilaso de la Vega

生没:1503年頃~1536年10月13日
出身:トレード
没地:ニース
概要
 ガルシラーソ・デ・ラ・ベーガは、16世紀の男性、詩人。
年表
1503年
この年頃、スペイン、マドリード近郊トレードに生。
1536年10月13日
ニースで死(1536年10月14日)。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ファドリケ・エンリケス Fadrique Enríquez

子:フアナ・エンリケス
  エンリケ・エンリケス
チェーザレ・ボルジア数
 子エンリケ・エンリケス→子マリーア・エンリケス→夫フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
外部リンク
 JDA's Family Tree
 Wikipedia

ジャン・ド・リュジニャン Jean II de Lusignan

生没:1418年5月16日~1458年7月28日
出身・没地:ニコシア
妻:ヘレナ・パレオロギナ
子:ジャック2世・ド・リュジニャン
  シャルロット・ド・リュジニャン
  クレオファ・ド・リュジニャン
概要
 ジャン・ド・リュジニャンは、15世紀の男性。
外部リンク
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンスの女たち』

オットー1世 Otto I

生没:912年11月23日~973年5月7日
在位:神聖ローマ帝国初代皇帝 962年~973年
   東フランク王 936年~962年
概要
 オットー1世は、10世紀の男性。
別表記
 オットー大帝、オットーネ・イル・グランデ
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『Lucretia Borgia 生没:1291年頃~1338年4月21日
父:アンドロニコス2世・パレオロゴス
母:ヴィオランテ・ディ・モンフェッラート
妻:アルジェンティーナ・スピノーラ
子:ヴィオランテ・パレオロガ
  ジョヴァンニ1世・パレオロゴ
概要
 テオドーロ1世・パレオロゴは、13世紀~14世紀の男性。
外部リンク
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』

アントーニオ・デリ・アーリ Antonio degli Agli

生没:1400年~1477年
出身:フィレンツェ
概要
 アントーニオ・デリ・アーリは、15世紀のイタリアの男性。
別表記
 ディ・ベリンチョーネ、di Bellincione
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンス精神の深層』

アントーニオ・ロッセリーノ Antonio Rossellino

生没:1427年~1479年
出身:セッティニャーノ
没地:フィレンツェ
概要
 アントーニオ・ロッセリーノは彫刻家。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

チェリオ・カルカニーニ Celio Calcagnini

生没:1479年9月17日~1541年
概要
 チェリオ・カルカニーニは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia

ジャンパオロ1世・スフォルツァ Giampaolo I Sforza

生没:1497年3月~1535年12月13日
出身:ミラノ
没地:ナポリ
在位:カラヴァッジョ侯 1532年~1535年
父:ルドヴィーコ・イル・モーロ
母:ルクレツィア・クリヴェッリ
概要
 ジャンパオロ1世・スフォルツァは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Wikipedia

マルティーノ・デッラ・トッレ Martino della Torre

生没:~1264年1月18日
没地:ローディ
父:ヤコポ・デッラ・トッレ
概要
 マルティーノ・デッラ・トッレは、13世紀頃のイタリアの男性。
年表
1264年1月18日
死(1263年)。
外部リンク
 Foundation for Medieval Genealogy
 Wikipedia
参考文献
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

イシドルス Isidro

生没:560年~636年4月4日
出身:カルタヘナ
没地:セビリャ
概要
 イシドルスは、6世紀~7世紀の男性。
別表記
 イシドール
関連項目
 The Borgias: 103
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『イコノロジー研究

フィリベール・ドランジュ Philibert de Chalon

生没:1502年3月18日~1530年8月3日
概要
 フィリベール・ドランジュは、16世紀の男性。
別表記
 オラニエ公フィリベルト、オレンジ公フィリベルト
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『カトリーヌ・ド・メディシス』
 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』
 『ルネサンスの華』

トンマーゾ・ポルティナーリ Tommaso Portinari

生没:1424年?~1501年
妻:マリーア・バンディーニ・バロンチェリ
概要
 トンマーゾ・ポルティナーリは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
別表記
 トンマソ、トマーゾ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『フィレンツェ史』
 『メディチ家』
 『ルネッサンス夜話』

ヴィンチェンツォ・フェッレーリ Vincenzo Ferreri

生没:1350年1月23日~1419年4月5日
出身:ヴァレンシア
概要
 ヴィンチェンツォ・フェッレーリは、14世紀~15世紀の男性、ドミニコ会修道士。
別表記
 フェルレーリ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』

ファーツィオ・デリ・ウベルティ Fazio degli Uberti

生没:1305/1309年~1367年以降
出身:ピサ
没地:ヴェローナ
概要
 ファーツィオ・デリ・ウベルティは、14世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

フーゴー・フォン・トリンベルク Hugo von Trimberg

生没:1230年頃~1313年以降
出身:Ober又はNiederwerrn
没地:バンベルク、Theuerstadt
概要
 フーゴー・フォン・トリンベルクは、13世紀~14世紀の男性。
著書
 『走者
外部リンク
 Wikipedia

マリアーノ・ダ・ジェナッツァーノ Mariano da Genazzano

生没:1412年~1498年
出身:ジェナッツァーノ
没地:セッサ
概要
 マリアーノ・ダ・ジェナッツァーノは、15世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』

ヴィットーリア・アッコランボーニ Vittoria Accoramboni

生没:1557年2月15日~1585年12月22日
夫:フランチェスコ・ペレッティ
概要
 ヴィットーリア・アッコランボーニは、16世紀のイタリアの女性。
別表記
 ヴィットリア・アッコランボーニ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』

バロンチェリ Baroncelli

生没:~1453年
出身:フィレンツェ
没地:フェッラーラ
師:フィリッポ・ブルネレスキ
概要
 バロンチェリは、イタリアの彫刻家。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『傭兵の二千年史』
 『ルネサンス宮廷大全』

カテリーナ・アングィッソーラ Caterina Anguissola

生没:1508年頃~1550年12月13日
出身:ピアチェンツァ
没地:カステル・ゴッフレード
父:ジャン・ヤコポ・アングィッソーラ
母:アンジェラ・テデスキ
夫:アロイジオ・ゴンザーガ
概要
 カテリーナ・アングィッソーラは、16世紀のイタリアの女性。
外部リンク
 Wikipedia

ガイウス・ウァレリウス・カトゥルス Gaius Valerius Catullus

生没:紀元前84年頃~紀元前54年頃
概要
 ガイウス・ウァレリウス・カトゥルスは、紀元前1世紀の男性。
別表記
 カトゥッルス
外部リンク
 ウィキペディア
 Catullus Translations

ジョヴァンニ・アングィッソーラ Giovanni Anguissola

生没:1514年~1578年6月28日
出身:ピアチェンツァ
没地:コモ
父:ジャン・ヤコポ・アングィッソーラ
概要
 ジョヴァンニ・アングィッソーラは、16世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』

イゾッタ・デリ・アッティ Isotta degli Atti

生没:1432年頃~1474年7月9日
父:フランチェスコ・デリ・アッティ
夫:シギスモンド・マラテスタ
概要
 イゾッタ・デリ・アッティは、15世紀のイタリアの女性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』
 『Lucretia Borgia 生没:1424年6月13日~1494年1月31日
父:ジャン・ヤコポ・パレオロゴ
子:グリエルモ9世・パレオロゴ
概要
 ボニファチオ3世・パレオロゴは、15世紀の男性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』

ジョヴァンナ・ダラゴーナ Giovanna d'Aragona

生没:1455年~1475年
父:フェッランテ・ダラゴーナ
母:ディアーナ・グアルダート
夫:レオナルド・ディ・バルトロメオ・デッラ・ローヴェレ
年表
1472年
レオナルド・ディ・バルトロメオ・デッラ・ローヴェレと結婚。
1475年
死(1501年)。
外部リンク
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

フアナ・デ・アブスブルゴ Juana de Habsburgo

生没:1535年6月24日~1573年9月7日
父:カール5世
母:イサベル・デ・アヴィシュ
概要
 フアナ・デ・アブスブルゴは、16世紀の女性。
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』

マッテオ・ガッタポーニ Matteo Gattaponi

生没:1300年頃~1383年
出身:グッビオ
没地:グッビオ
概要
 マッテオ・ガッタポーニは、14世紀頃のイタリアの建築家。
別表記
 マッテオ・ガッタポーネ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』

ウゴリーノ・ヴェリーノ Ugolino Verino

生没:1438年~1516年5月10日
出身:フィレンツェ
没地:フィレンツェ
概要
 ウゴリーノ・ヴェリーノは、15世紀~16世紀の男性、イタリアの詩人。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家』
 『ルネサンス精神の深層』

フランチェスコ・ダティーニ Francesco Datini

生没:1335年頃~1410年8月16日
出身・没地:プラート
父:マルコ・ダティーニ
母:モンナ・ヴェルミーニャ
概要
 フランチェスコ・ダティーニは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『メディチ家』

ガイウス・サッルスティウス・クリスプス Gaius Sallustius Crispus

生没:紀元前86年~紀元前34年?
概要
 ガイウス・サッルスティウス・クリスプスは、紀元前1世紀の男性。
別表記
 サルスティウス、Sallust
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』

レオナルド・ロレダン Leonardo Loredan

生没:1436年11月16日~1521年6月21日
在位:ヴェネツィア共和国ドージェ 1501年~1521年
概要
 レオナルド・ロレダンは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『ルネサンスの華』

ルイ1世・ダンジュー Louis I d'Anjou

生没:1339年7月23日~1384年9月20日
出身:ヴァンセンヌ
没地:バーリ近郊のビゼグリア城
父:ジャン2世
概要
 ルイ1世・ダンジューは、14世紀の男性。
外部リンク
 ウィキペディア
 Genealogy.EU

マンフレディ Manfredi di Hohenstaufen

生没:1232年~1266年2月26日
在位:シチリア王 1258年~1266年
    次代:カルロ1世・ダンジオ
父:フリードリヒ2世
概要
 マンフレディは、13世紀の男性。
別表記
 マンフレーディ、マンフレド、Manfredo
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ルネサンス宮廷大全』

ピエール・アベラール Pierre Abélard

生没:1079年~1142年4月21日
妻:エロイーズ
概要
 ピエール・アベラールは、11世紀~12世紀の男性。
関連項目
 The Borgias: 103, 106
外部リンク
 THE BORGIAS wiki
 ウィキペディア

アゴスティーノ・キージ Agostino Chigi

生没:1465年~1520年
女:インペリア
概要
 アゴスティーノ・キージはシエナの銀行家。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『世界悪女大全』
 『メディチ家』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの華』
 『ルネサンス百科事典』
 『Lucretia Borgia

アウラ・ダ・モンテフェルトロ Aura da Montefeltro

生没:1415年頃~1475年
父:グイダントーニオ・ダ・モンテフェルトロ
夫:ベルナルディーノ・ウバルディーニ
子:オッタヴィアーノ・ウバルディーニ
概要
 アウラ・ダ・モンテフェルトロは庶子。
外部リンク
 Genealogy.EU
 Wikipedia

カテリーナ・ダ・シエナ Caterina da Siena

生没:1347年~1380年
概要
 カテリーナ・ダ・シエナは、14世紀のイタリアの女性。
別表記
 聖女カテリーナ、St. Catherine of Siena
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『快楽の中世史』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ルネサンスの歴史』
 『Lucretia Borgia

コルソ・ドナーティ Corso Donati

生没:13世紀~1308年10月6日
出身:フィレンツェ
没地:フィレンツェ
父:シモーネ・ドナーティ
概要
 コルソ・ドナーティは、イタリアの政治家、中世のフィレンツェの主要な歴史的人物の1人。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンスの歴史』

フェリペ3世 Felipe III

生没:1578年4月14日~1621年3月31日
父:フェリペ2世
概要
 フェリペ3世は、16世紀~17世紀の男性。
別表記
 フィリップ3世
外部リンク
 ウィキペディア
 Genealogy.EU
参考文献
 『ハプスブルク家』
 『ルネサンス宮廷大全』

フアン・デ・トラスタマラ・イ・グレア Juan de Trastámara

生没:1498年~1530年11月25日
在位:サラゴサ大司教 1520年3月28日~1530年11月25日
父:アロンソ・デ・トラスタマラ
母:アナ・デ・グレア
概要
 フアン・デ・トラスタマラは、15世紀~16世紀の男性、聖職者。
別表記
 ホアン・デ・アラゴン、フアン・ダラゴーナ、Juan d'AragonaJuan de Aragón
外部リンク
 GCatholic.com
 Wikipedia
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』

マリア・デ・トラスタマラ Maria di Castiglia

夫:アルフォンソ5世・デ・アラゴン
別表記
 マリア・ディ・カスティーリャ、マリーア・ディ・カスティーリア
外部リンク
 ウィキペディア
 Genealogy.EU
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ルネサンスの歴史』

ドメニコ・マリピエーロ Domenico Malipiero

生没:1428年~1515年
概要
 ドメニコ・マリピエーロは年代記作者。
年表
1497年6月17日
手紙を書く。ルクレツィア・ボルジアフアン・ボルジアと近親相姦を犯しているとの噂について。
別表記
 マリピエロ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『Lucretia Borgia

ファチーノ・カーネ Facino Cane

妻:ベアトリーチェ・バルボ・ラスカリス
概要
 ファチーノ・カーネはイタリアの傭兵隊長。
外部リンク
 Condottieri di ventura
 Treccani.it
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

フランチェスコ・マタラッツォ Francesco Matarazzo

生没:1443年~1518年8月21日
概要
 フランチェスコ・マタラッツォは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

リーリオ・グレゴーリオ・ジラルディ Giglio Gregorio Giraldi

生没:1479年6月14日~1552年2月
出身・没地:フェッラーラ
概要
 リーリオ・グレゴーリオ・ジラルディは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『君主論』
 『Lucretia Borgia

ホラティウス Horatius

生没: 紀元前65年12月8日~紀元前8年11月27日
概要
 ホラティウスは、古代ローマ時代の南イタリアの詩人。
正式名
 クィントゥス・ホラティウス・フラックス、Quintus Horatius Flaccus
別表記
 ホラチウス、Horace
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『ルネサンス精神の深層』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』

ジョン・モートン John Morton

生没:1420年頃~1500年9月15日
没地:イギリス
在位:枢機卿 1493年9月20日~
       任命した教皇:アレクサンデル6世
概要
 ジョン・モートンは、15世紀~16世紀の男性、聖職者、枢機卿。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『The Life of Cesare Borgia

ルカ・ディ・シモーネ・デッラ・ロッビア Luca della Robbia

生没:1484年~1519年
出身:フィレンツェ
没地:フィレンツェ
父:シモーネ・デッラ・ロッビア
母:フィアンメッタ・デル・ネンテ
概要
 ルカ・デッラ・ロッビアは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『メディチ家の人びと』

ステファノ・バニョーネ Stefano da Bagnone

生没:1418年~1479年
父:ニッコロ・ピオヴァーノ・ダ・バニョーネ
概要
 ステファノ・バニョーネは、15世紀のイタリアの男性。
別表記
 ステーファノ・ダ・バリョーネ
外部リンク
 The Assassin's Creed Wiki
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家の人びと』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

ステファノ・インフェスーラ Stefano Infessura

概要
 ステファノ・インフェスーラは、年代記作者。
別表記
 インフェッスラ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

テオドロス1世・パレオロゴス Θεόδωρος Α Παλαιολόγος

生没:1355年頃~1407年6月24日
父:ヨハネス5世・パレオロゴス
母:ヘレネー・カンタクゼネ
概要
 テオドロス1世・パレオロゴスは、14世紀~15世紀の男性。
外部リンク
 ウィキペディア
 Genealogy.EU

アントーニオ・マッフェイ Antonio Maffei

生没:1450年~1478年
父:ゲラルド・マッフェイ
概要
 アントーニオ・マッフェイは、15世紀のイタリアの男性。
別表記
 フラーテ・アントーニオ、アントーニオ・デ・マックェイ
外部リンク
 The Assassin's Creed Wiki
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家の人びと』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

クリストフォロ・ダ・トレンティーノ Cristoforo da Tolentino

生没:~1462年7月
在位:トレンティーノ領主 1434年~1439年
父:ニッコロ・ダ・トレンティーノ
概要
 クリストフォロ・ダ・トレンティーノはイタリアの傭兵隊長。
外部リンク
 Condottieri di ventura
 Wikipedia
参考文献
 『ルネッサンス夜話』

フィリッポ・ヴィッラーニ Filippo Villani

生没:1325年~1407年
出身:フィレンツェ
父:マッテオ・ヴィッラーニ
概要
 フィリッポ・ヴィッラーニは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』

ジョージ・ゴードン・バイロン George Gordon Byron

生没:1788年1月22日~1824年4月19日
在位:第6代バイロン男爵
子:エイダ・ラブレス
概要
 ジョージ・ゴードン・バイロンは、18世紀~19世紀の男性、詩人。
 ルクレツィア・ボルジアの髪を1本盗んだことがあるという。
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia

パスクアーレ・ヴィッラーリ Pasquale Villari

生没:1827年10月3日~1917年12月11日
概要
 パスクアーレ・ヴィッラーリは、19世紀~20世紀の男性。
別表記
 パスクアーレ・ヴィラーリ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家の人びと』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

ソフィア・パレオロガ Sofia Paleologa

生没:1396年~1437年12月10日
出身:カザーレ
没地:トリノ
父:テオドーロ2世・パレオロゴ
母:ジャンヌ・ド・バル
夫:ヨハネス8世・パレオロゴス
概要
 ソフィア・パレオロガは、14世紀~15世紀の女性。
外部リンク
 Genealogy.EU
 Wikipedia

アントーニオ・グリマーニ Antonio Grimani

生没:1434年12月28日~1523年5月7日
在位:ヴェネツィア共和国ドージェ 1521年~1523年
子:ドメニコ・グリマーニ
概要
 アントーニオ・グリマーニは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
別表記
 グリマンノ(Grimanno)
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『イタリア史』

エッツェリーノ・ダ・ロマーノ Ezzelino da Romano

生没:1194年~1259年
概要
 エッツェリーノ・ダ・ロマーノは、12世紀~13世紀のイタリアの男性、皇帝派の闘将。
年表
1236年
マントヴァを占領。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『世界大百科事典』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『メディチ家の人びと』
 『ルネサンス宮廷大全』

フランチェスコ・カッターニ・ダ・ディアッチェート Francesco Cattani da Diacceto

生没:1466年11月16日~1522年4月10日
出身:フィレンツェ
没地:フィレンツェ
概要
 フランチェスコ・カッターニ・ダ・ディアッチェートは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
別表記
 ディ・ディアッチェート
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンス精神の深層』

ヴェロニカ・ガンバラ Veronica Gambara

生没:1485年6月30日~1550年
出身:プラルボイーノ
概要
 ヴェロニカ・ガンバラは、詩人。
年表
1485年6月30日
ブレッシャ近郊プラルボイーノに生。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia

シギスモンド・デ・コンティ Sigismondo de' Conti

生没:1432年~1512年2月23日
出身:フォリーニョ
没地:ローマ
概要
 シギスモンド・デ・コンティは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Treccani.it
 Wikipedia
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

アンドレア・ベルナルディ Andrea Bernardi

生没:1450年~1522年
出身:サン・ジョヴァンニ・イン・ペルシチェート
没地:フォルリ
概要
 アンドレア・ベルナルディは、イタリアの歴史家、年代記作者。
外部リンク
 Google Books
 Treccani
 Wikipedia
参考文献
 『The Life of Cesare Borgia

アンナ・マリーア・ルイーザ・デ・メディチ Anna Maria Luisa de' Medici

生没:1667年8月11日~1743年2月18日
父:コジモ3世・デ・メディチ
母:マルゲリータ・ルイーザ・ディ・ボルボーネ=オルレアンス
概要
 アンナ・マリーア・ルイーザ・デ・メディチは、17世紀~18世紀の女性。
別表記
 アンナ・マリーア・ルドヴィーカ
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『メディチ家』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

ベアトリーチェ・ポルティナーリ Beatrice Portinari

生没:1266年頃~1290年6月8日
出身:フィレンツェ
没地:フィレンツェ
父:フォルコ・ポルティナーリ
夫:シモーネ・デ・バルディ
概要
 ベアトリーチェ・ポルティナーリは、13世紀のイタリアの女性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イコノロジー研究
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『サロメの乳母の話』
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』

カストルッチョ・カストラカーニ Castruccio Castracani

生没:1281年~1328年
概要
 カストルッチョ・カストラカーニはイタリアの傭兵隊長。
別表記
 カストラッチョ・カストラカーネ
外部リンク
 Condottieri di ventura
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『マキァヴェッリ 忘恩、運命、野心、好機』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

クリスティーヌ・ド・ロレーヌ Christine de Lorraine

生没:1565年8月16日~1637年12月19日
父:シャルル2世・ド・ロレーヌ
母:クロード・ド・ヴァロワ
夫:フェルディナンド1世・デ・メディチ
概要
 クリスティーヌ・ド・ロレーヌは、16世紀~17世紀の女性。
別表記
 マリア・クリスティーナ
外部リンク
 ウィキペディア
 kleio.org
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』

フランチェスコ・フェルッチ Francesco Ferrucci

生没:1437年~1493年3月24日
出身:フィエーゾレ
没地:フィレンツェ
父:シモーネ・フェルッチ
概要
 フランチェスコ・フェルッチは、15世紀のイタリアの男性、彫刻家。デジデリオ・ダ・セッティニャーノヴェロッキオに影響を受けている。
舞台
 宝塚歌劇団宙組『異人たちのルネサンス―ダ・ヴィンチが描いた記憶』
別表記
 Francesco di Simone Ferrucci
外部リンク
 Wikipedia

フランチェスコ・スクァルチョーネ Francesco Squarcione

生没:1397年頃~1468年
出身:パドヴァ
弟子:コズメ・トゥーラ
   アンドレア・マンテーニャ
   カルロ・クリヴェッリ
概要
 フランチェスコ・スクァルチョーネはイタリアの画家。
外部リンク
 ウィキペディア
 Treccani.it
参考文献
 『世界大百科事典』

ジューリア・デ・メディチ Giulia de' Medici

父:アレッサンドロ・デ・メディチ
母:アンナ・ダ・マッサ
夫:フランチェスコ・カンテルモ
  ベルナルド・デ・メディチ
年表
 1559年 ベルナルド・デ・メディチと結婚。
外部リンク
 Public Broadcasting Service
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家の人びと』

カール4世 Karl IV

生没:1316年~1378年
在位:神聖ローマ皇帝 1347年~1378年
父:ヨハン
概要
 カール4世は、14世紀の男性、神聖ローマ帝国皇帝。
年表
1356年
金印勅書。
別表記
 カルル4世
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『君主論』
 『世界大百科事典』
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

マルティアヌス・カペラ Martianus Capella

概要
 マルティアヌス・カペラはアフリカ生まれのローマ人文筆家で、西暦410年のヴァンダル人のローマ略奪の後に『文献学とメルクリウスの結婚』を書いた。
著作
 『文献学とメルクリウスの結婚』
別表記
 マルティアーヌス・カペッラ
関連項目
 マルティアヌス・カペラについての注解
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イコノロジー研究
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

ピエロ・ディ・ルイジ・ディ・ピエロ・グィッチャルディーニ Piero Guicciardini

生没:1370年~1441年
妻:アニョーラ・ブォンデルモンティ
子:ヤコポ・ディ・ピエロ・ディ・ルイジ・グィッチャルディーニ
  ルイジ・ディ・ピエロ・ディ・ルイジ・グィッチャルディーニ
概要
 ピエロ・グィッチャルディーニは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『フィレンツェ史』

ウーゴ・デステ Ugo d'Este

生没:1405年~1425年5月21日
父:ニッコロ3世・デステ
母:ステッラ・トロメイ
概要
 ウーゴ・デステは、15世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 ウィキペディア
 trionfi
参考文献
 『愛の年代記』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『Lucretia Borgia

アントーニア・トレッリ Antonia Torelli

生没:~1468年
父:グイド1世・トレッリ
母:オルシーナ・ヴィスコンティ
夫:ピエル・マリーア2世・デ・ロッシ
概要
 アントーニア・トレッリは、14世紀~15世紀のイタリアの女性。
年表
1428年
ピエル・マリーア2世・デ・ロッシと結婚。
外部リンク
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』

アントーニオ・テバルデオ Antonio Tebaldeo

生没:1463年~1537年
出身:フェッラーラ
没地:ローマ
概要
 アントーニオ・テバルデオは、詩人、人文主義者、医師、文学者、ルクレツィア・ボルジアの秘書。
別表記
 テヴァルデオ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia

ビアンカ・パレオロガ Bianca Paleologa

生没:1472年~1519年3月30日
出身:カザーレ・モンフェッラート
没地:トリノ
父:グリエルモ8世・パレオロゴ
夫:カルロ1世・ディ・サヴォイア
子:カルロ2世・ディ・サヴォイア
概要
 ビアンカ・パレオロガは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。
外部リンク
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』

フリデリク・ヤギェロンチク Fryderyk Jagiellończyk

生没:1468年4月27日~1503年3月14日
出身・没地:クラクフ
在位:枢機卿 1493年9月20日~
       任命した教皇:アレクサンデル6世
概要
 フリデリク・ヤギェロンチクは、15世紀~16世紀の男性、聖職者、枢機卿。
別表記
 カシミーロ
外部リンク
 ウィキペディア
 Catholic-Hierarchy
参考文献
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』

ジョヴァンナ・マラテスタ Giovanna Malatesta

生没:1444年~1511年
父:シギスモンド・マラテスタ
母:ポリッセーナ・スフォルツァ
夫:ジューリオ・チェーザレ・ダ・ヴァラーノ
子:ヴェナンツィオ・ダ・ヴァラーノ
  ジョヴァンニ・マリーア・ダ・ヴァラーノ
概要
 ジョヴァンナ・マラテスタは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。
年表
1451年
ジューリオ・チェーザレ・ダ・ヴァラーノと結婚。
外部リンク
 Wikipedia

グイド・ダ・モンテフェルトロ Guido da Montefeltro

生没:1220年~1298年
在位:ウルビーノ伯 1253年~1296年
父:モンテフェルトラーノ・ダ・モンテフェルトロ
概要
 グイド・ダ・モンテフェルトロは、13世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 世界帝王事典
 Wikipedia
参考文献
 『君主論』
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

イザベッラ・ゴンザーガ Isabella Gonzaga

生没:1565年1月12日~1637年2月10日
出身:サッビオネータ
没地:ナポリ
父:ヴェスパシアーノ1世・ゴンザーガ
概要
 イザベッラ・ゴンザーガは、16世紀~17世紀のイタリアの女性。
外部リンク
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』

レオニーダ・マラテスタ Leonida Malatesta

生没:1500年~1557年11月7日
父:マラテスタ6世・マラテスタ
妻:カッサンドラ・チーニ
子:ヤコポ・マラテスタ
  ランベルト・マラテスタ
  マラテスタ8世・マラテスタ
概要
 レオニーダ・マラテスタはイタリアの傭兵隊長。
外部リンク
 Condottieri di ventura
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家の人びと』

ローレンツ・ベーハイム Lorenz Beheim

生没:1457年頃~1521年4月11日
出身:ニュルンベルク
没地:バンベルク
父:ローレンツ・ベーハイム
概要
 ローレンツ・ベーハイムは、15世紀~16世紀のドイツ人の男性、人文主義者、占星術師、医師、錬金術師。ジューリオ・ポンポーニオ・レトのローマ学院の一員。
別表記
 Behaim
外部リンク
 elsBorja
 Wikipedia
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『Lucretia Borgia

ルイ14世 Louis XIV

生没:1638年9月5日~1715年9月1日
在位:ブルボン朝第3代フランス王 1643年5月14日~1715年9月1日
父:ルイ13世
概要
 ルイ14世は、17世紀~18世紀の男性。
外部リンク
 ウィキペディア
 Genealogy.EU
参考文献
 『メディチ家』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの女たち』
 『Lucretia Borgia

ルイジ・ダンジオ Luigi d'Angiò

生没:1324年~1362年7月22日
父:ジョヴァンニ・ダンジオ
子:カルロ3世・ダンジオ
概要
 ルイジ・ダンジオは、14世紀の男性。
別表記
 ルイ・ダンジュー(Louis d'Anjou)
外部リンク
 世界帝王事典
 Genealogy.EU
 Wikipedia

マスッチォ・サレルニターノ Masuccio Salernitano

生没:1420年頃?~1475年
出身:サレルノ
没地:サレルノ
概要
 マスッチォ・サレルニターノはサレルノ生まれの著作家、小説家。
年表
1475年
サレルノで死。
1476年
マスッチォ・サレルニターノの遺作Novellino(小話集)、ナポリで刊。
本名
 Tommaso Guardati
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

アニェーゼ・デル・マイーノ Agnese del Maino

生没:1401年頃~1465年12月13日
男:フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ
子:ビアンカ・マリーア・ヴィスコンティ
概要
 アニェーゼ・デル・マイーノは、15世紀のイタリアの女性。
別表記
 アネーゼ
外部リンク
 kleio.org
 RootsWeb.com
 Wikipedia
参考文献
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

バルトロメオ・カッペッロ Bartolomeo Cappello

生没:1519年8月24日~1594年10月
妻:Pellegrina di Filippo Morosini
  ルクレツィア・デ・グリマーニ・コントラーリ
子:ビアンカ・カッペッロ
  ヴィットーリオ・カッペッロ
概要
 バルトロメオ・カッペッロは、16世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 The Medici Archive Project
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家の人びと』
 『愛の年代記』

ベネデット・ダ・マイアーノ Benedetto da Maiano

生没:1442年~1497年5月24日
父:レオナルド・ディ・アントーニオ
出身:マイアーノ
没地:フィレンツェ
概要
 ベネデット・ダ・マイアーノは建築家、彫刻家。
外部リンク
 ウィキペディア
 Art cyclopedia
参考文献
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』

カッサンドラ・フェデーレ Cassandra Fedele

生没:1465年頃~1558年
出身:ヴェネツィア
没地:ヴェネツィア
父:アンジェロ・フェデーレ
母:バルバラ・レオーニ
概要
 カッサンドラ・フェデーレは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。

別表記
 Fedeli
参考文献
 『Lucretia Borgia
外部リンク
 Italian Women Writers
 Wikipedia

フェデリーコ・フレゴーソ Federico Fregoso

生没:1480年頃~1541年7月22日
出身:ジェノヴァ
没地:グッビオ
父:アゴスティーノ・フレゴーソ
母:ジェンティーレ・ダ・モンテフェルトロ
概要
 フェデリーコ・フレゴーソは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
別表記
 フェデリゴ、Federigo
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの歴史』
 『ルネッサンス夜話』

ジリオラ・ダ・カラーラ Gigliora da Carrara

生没:1379年~1416年
父:フランチェスコ・ノヴェッロ・ダ・カラーラ
夫:ニッコロ3世・デステ
概要
 ジリオラ・ダ・カラーラは、14世紀~15世紀の女性。
年表
1397年
ニッコロ3世・デステと結婚。
別表記
 ジリオーラ・ダ・カッラーラ
外部リンク
 Famille de Carné
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』

グレゴリウス1世 Gregorius I

生没:540年?~604年3月12日
在位:第64代教皇 590年9月3日~604年3月12日
概要
 グレゴリウス1世は、第64代教皇
別表記
 大聖グレゴリウス、Gregory
外部リンク
 ウィキペディア
 Find A Grave
参考文献
 『メディチ家』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』
 『Lucretia Borgia

マヌエル・クリュソロラス Μανουὴλ Χρυσολωρᾶς

生没:1355年頃~1415年4月
出身:コンスタンティノープル
没地:コンスタンツ
概要
 マヌエル・クリュソロラスは、14世紀~15世紀の男性。ギリシア古典を西ヨーロッパに広めた。
別表記
 Manuel ChrysolorasChrysolerasEmanuele Crisolora
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『メディチ家』
 『Lucretia Borgia

メリアドゥーセ・ディ・ニッコロ・デステ Meliaduse d'Este

生没:1406年~1452年
出身:フェッラーラ
父:ニッコロ3世・デステ
母:カテリーナ・デ・タッデオ
子:スキピオーネ・デステ
  ニッコロ・デステ
  ポリドーロ・デステ
概要
 ポンポーザ修道院長、後に還俗。
別表記
 メリアドゥーチェ
関連項目
 The Borgias: 103
外部リンク
 trionfi
 Wikipedia

ミケランジェロ・カエターニ Michelangelo Caetani

生没:1804年3月20日~1882年12月12日
出身:ローマ
没地:ローマ
父:エンリコ・カエターニ
母:テレーザ・デ・ロッシ
概要
 ミケランジェロ・カエターニは、19世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『Lucretia Borgia

ミシェル・ド・モンテーニュ Michel de Montaigne

生没:1533年2月28日~1592年9月13日
概要
 ミシェル・ド・モンテーニュは、16世紀の男性。
正式名
 ミシェル・エケム・ド・モンテーニュ(Michel Eyquem de Montaigne
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『情報エネルギー化社会』
 『フィレンツェ史』
 『メディチ家』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネッサンスの光と闇』
 『Eros the Bittersweet

ニッコロ・ミケロッツィ Niccolò Michelozzi

生没:1447年~1527年
父:ミケロッツォ
概要
 ニッコロ・ミケロッツィは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
年表
1474年8月8日
フィレンツェジェンティーレ・ベッキ宛書簡をしたためる。1474年7月29日付のフェデリーコ・ダ・モンテフェルトロの書簡について批評。
外部リンク
 Wikipédia
参考文献
 『君主論』
 『逆光のメディチ』
 『メディチ家』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

プビリウス・テレンティウス・アフェル Publius Terentius Afer

生没:紀元前195/紀元前185年~紀元前159年
概要
 プビリウス・テレンティウス・アフェルは、紀元前2世紀の男性。
関連項目
 The Borgias: 104
英語
 Terence
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『Lucretia Borgia

ルネ2世・ド・ロレーヌ René II de Lorraine

生没:1451年5月2日~1508年12月10日
在位:ヴォーデモン伯 1470年~1508年
   ロレーヌ公 1473年~1508年
    先代:ヨランド・ダンジュー
   バル公 1483年~1508年
父:フェリー2世・ド・ヴォーデモン
母:ヨランド・ダンジュー
概要
 ルネ2世・ド・ロレーヌは、15世紀~16世紀の男性。
別表記
 レネ
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『フィレンツェ史』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』

テオドロス2世・パレオロゴス Θεόδωρος Β' Παλαιολόγος

生没:1399年頃~1448年6月27日
父:マヌエル2世・パレオロゴス
母:ヘレネ・ドラガシュ
妻:クレオファ・マラテスタ
子:トマソ・エマヌエーレ・パレオロゴス
  ヘレナ・パレオロギナ
概要
 テオドロス2世・パレオロゴスは、14世紀~15世紀の男性。
外部リンク
 ウィキペディア
 Genealogy.EU

カルロ・ダンジオ Carlo d'Angiò

生没:1298年~1328年11月9日
在位:カラブリア公 1309年~
父:ロベルト・ダンジオ
母:ヨランダ・ダラゴーナ
妻:カテリーナ
  マリー・ド・ヴァロワ
子:ジョヴァンナ1世・ダンジオ
概要
 カルロ・ダンジオは、13世紀~14世紀の男性。
別表記
 シャルル・ダンジュー
外部リンク
 ウィキペディア
 Genealogy.EU
参考文献
 『メディチ家』

クリストフォロ2世・トレッリ Cristoforo II Torelli

生没:~1543年
没地:コエンツォ
父:マルシリオ・トレッリ
母:パオラ・セッコ
妻:イッポーリタ・サンセヴェリーノ
子:マルシリオ・トレッリ
  フェデリーコ・トレッリ
  カテリーナ・トレッリ
  ルクレツィア・トレッリ
  ファブリツィオ・トレッリ
概要
 クリストフォロ2世・トレッリは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

エリザベート・バートリ Báthory Erzsébet

生没:1561年~1614年8月21日
母:アンナ・バートリ
夫:フェレンツ・ナダスディ
概要
 エリザベート・バートリは、16世紀~17世紀の女性。ハンガリーで1、2の大貴族の娘。自らの美と若さを守るためと信じて、600人余の娘たちを虐殺する。
別表記
 エルジェーベト・バートリ、チェイテの夫人、血の伯爵夫人、Elizabeth Bathori
外部リンク
 ウィキペディア
 IMDb
参考文献
 『世界悪女大全』
 『血の伯爵夫人エリザベート・バートリ』

エヴェルソ・デッラングィッラーラ Everso dell'Anguillara

生没:1398年頃~1464年9月4日
父:ドルチェ1世・デッラングィッラーラ
母:バッティスタ・オルシーニ
妻:フランチェスカ・オルシーニ
子:デイフォーボ・デッラングィッラーラ
  フランチェスコ・デッラングィッラーラ
  バッティスタ・デッラングィッラーラ
概要
 エヴェルソ・デッラングィッラーラはイタリアの傭兵隊長。
別表記
 アングイララ
外部リンク
 Condottieri di ventura
 Wikipedia
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』

フランソワ1世・ド・ロレーヌ François I de Lorraine

生没:1519年2月17日~1563年2月24日
出身:バル=ル=デュック
父:クロード1世・ド・ロレーヌ
母:アントワネット・ド・ブルボン
妻:アンナ・デステ
概要
 フランソワ1世・ド・ロレーヌは、16世紀の男性。
チェーザレ・ボルジア数
 妻アンナ・デステ→父エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
別表記
 ド・ギーズ
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『Lucretia Borgia

グレゴリウス12世 Gregorius XII

生没:1326年~1417年10月18日
在位:第205代教皇 1406年11月30日~1415年7月4日
概要
 アンジェロ・コッレールは、14世紀~15世紀の男性、聖職者。第205代教皇グレゴリウス12世。
本名
 アンジェロ・コレル、Angelo CorrerAngelo Coraria
関連項目
 The Borgias: 108
外部リンク
 ウィキペディア
 GCatholic.com
参考文献
 『メディチ家』

ハドリアヌス4世 Hadrianus IV

生没:1100年~1159年9月1日
在位:第169代教皇 1154年~1159年
概要
 ニコラス・ブレイクスピアは、12世紀の男性、聖職者。第169代教皇ハドリアヌス4世。
本名
 ニコラス・ブレイクスピア、Nicholas BreakspearBreakspeare
外部リンク
 ウィキペディア
 Find A Grave
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『戦闘技術の歴史2 中世編』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』

ヤコポ・ベッリーニ Jacopo Bellini

生没:1400年~1470/71年
出身:ヴェネツィア
師:ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ
子:ニコロジア・ベッリーニ
  ジェンティーレ・ベッリーニ
  ジョヴァンニ・ベッリーニ
概要
 ヤコポ・ベッリーニは、イタリアの画家。
外部リンク
 Treccani.it
 Wikipedia
参考文献
 『世界大百科事典』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの歴史』

ヤコポ・テバルディ Jacopo Tebaldi

生没:~1466年9月4日
出身:ローマ
没地:ローマ
在位:枢機卿 1456年12月17日~
       任命した教皇:カリストゥス3世
概要
 ヤコポ・テバルディは、15世紀頃のイタリアの男性、聖職者、枢機卿。
外部リンク
 GCatholic.com
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』

マグリット・ド・ヴァロワ Marguerite de Valois

生没:1553年5月14日~1615年5月27日
父:アンリ2世
母:カトリーヌ・ド・メディシス
夫:アンリ4世
概要
 マグリット・ド・ヴァロワは、16世紀~17世紀の女性。
外部リンク
 ウィキペディア
 Genealogy.EU
参考文献
 『世界悪女大全』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

マッテオ・ヴィッラーニ Matteo Villani

生没:~1363年
出身:フィレンツェ
父:ヴィッラーノ・ヴィッラーニ
子:フィリッポ・ヴィッラーニ
概要
 マッテオ・ヴィッラーニは、14世紀頃のイタリアの男性。
別表記
 マテオ、マッテーオ
外部リンク
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『快楽の中世史』
 『君主論』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

ペドロ3世 Pedro III

生没:1239年~1285年11月11日
父:ハイメ1世
母:ヴィオランテ・デ・ウングリア
子:アルフォンソ3世
  ハイメ2世
  イサベル・デ・アラゴン・イ・シシリア
  フェデリーコ2世
  ヨランダ・ダラゴーナ
  ペドロ・デ・アラゴン
概要
 ペドロ3世は、13世紀の男性。
外部リンク
 ウィキペディア
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』

ピエル・マリーア2世・デ・ロッシ Pier Maria II de' Rossi

生没:1413年3月25日~1482年9月1日
出身:ベルチェート
没地:トッレキアーラ
父:ピエル・マリーア1世・デ・ロッシ
妻:アントーニア・トレッリ
概要
 ピエル・マリーア2世・デ・ロッシは、15世紀のイタリアの男性。
別表記
 ピエル・マリーア・ロッシ、Pietro Maria II
外部リンク
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ルネサンス宮廷大全』

シルヴィオ・サヴェッリ Silvio Savelli

生没:~1515年
父:ピエルジョヴァンニ・サヴェッリ
妻:エレーナ・デッラングィッラーラ
子:カミッロ・サヴェッリ
  ジローラマ・サヴェッリ
概要
 シルヴィオ・サヴェッリは、イタリアの傭兵隊長。
外部リンク
 Condottieri di ventura
 Geneanet
 Wikipedia
参考文献
 『The Life of Cesare Borgia

アンヌ・ド・ヴァロワ Anne de Valois

生没:1464年~1491年
父:シャルル1世・ド・ヴァロワ
母:マリー・ド・クレーヴ
概要
 アンヌ・ド・ヴァロワは、15世紀の女性。
チェーザレ・ボルジア数
 きょうだいルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
外部リンク
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』

アントネッロ・ダ・メッシーナ Antonello da Messina

生没:1430年頃~1479年2月14日
出身:メッシーナ
没地:メッシーナ
概要
 アントネッロ・ダ・メッシーナは画家。
年表
1430年
この年頃、シチリアのメッシーナに生。
1479年2月14日
シチリアのメッシーナで死(1479年2月15日)。
別表記
 アントネッロ・ダ・メッシナ、アントネロ・ダ・メッシーナ
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『世界大百科事典』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス百科事典』

ビアンカ・デ・メディチ Bianca de' Medici

生没:1445年9月10日~1488年4月
父:ピエロ・イル・ゴットーソ
母:ルクレツィア・トルナブオーニ
夫:グリエルモ・デ・パッツィ
子:アレッサンドロ・デ・パッツィ
概要
 ビアンカ・デ・メディチは、15世紀のイタリアの女性。
肖像
 東方三博士の旅
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『フィレンツェ史』
 『マキアヴェリ』
 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

クロード・ド・ヴァロワ Claude de Valois

生没:1547年11月12日~1575年2月21日
父:アンリ2世
母:カトリーヌ・ド・メディシス
夫:シャルル2世・ド・ロレーヌ
子:アンリ・ド・ロレーヌ
  クリスティーヌ・ド・ロレーヌ
  シャルル・ド・ロレーヌ
  アントワネット・ド・ロレーヌ
  アンヌ・ド・ロレーヌ
  フランソワ・ド・ロレーヌ
  カトリーヌ・ド・ロレーヌ
  エリザベート・ド・ロレーヌ
  クロード・ド・ロレーヌ
概要
 クロード・ド・ヴァロワは、16世紀のフランスの女性。
外部リンク
 ウィキペディア

フランチェスコ・サンソヴィーノ Francesco Sansovino

生没:1521年~1586年
出身:ローマ
父:ヤコポ・サンソヴィーノ
概要
 フランチェスコ・サンソヴィーノは、16世紀のイタリアの男性、著作家。
年表
1521年
ローマに生(~1586年)。
1561年
Del governo dei regni e del le repubbiche cosi antiche come moderne(古今の諸王国・共和国の統治について)をヴェネツィアで刊行。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

フランソワ・ギヨーム・ド・カステルノウ François Guillaume de Castelnau

生没:1480年~1541年
在位:枢機卿 1503年11月29日~
       任命した教皇:ユリウス2世
概要
 フランソワ・ギヨーム・ド・カステルノウは、15世紀~16世紀の男性、聖職者、枢機卿。
外部リンク
 GCatholic.com
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia
参考文献
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』

ジョヴァンニ・バッティスタ・デッラ・ポルタ Giovanni Battista della Porta

生没:1535年10月~1615年2月4日
概要
 ジョヴァンニ・バッティスタ・デッラ・ポルタは、16世紀~17世紀の物理学者、劇作家。
年表
1535年10月
ナポリに生(1535年11月、1538年)。
別表記
 ジャンバッティスタ、ジャン・バッティスタ、ジャン・バティスタ、GiambattistaGiovambattista
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『錬金術』

ヘレナ・パレオロギナ Ἑλένη Παλαιολογίνα

生没:1428年2月3日 ~1458年4月11日
没地:ニコシア
父:テオドロス2世・パレオロゴス
母:クレオファ・マラテスタ
夫:ジャン2世・ド・リュジニャン
子:シャルロット・ド・リュジニャン
  クレオファ・ド・リュジニャン
概要
 ヘレナ・パレオロギナは、15世紀の女性。
別表記
 Helena Palaiologina
外部リンク
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンスの女たち』

ヨハネス5世・パレオロゴス Ιωάννης Ε' Παλαιολόγος

生没:1332年6月18日~1391年2月16日
父:アンドロニコス3世・パレオロゴス
母:ジョヴァンナ・ディ・サヴォイア
妻:ヘレネー・カンタクゼネ
子:アンドロニコス4世・パレオロゴス
  マヌエル2世・パレオロゴス
  ミカエル・パレオロゴス
  テオドロス1世・パレオロゴス
  エイレーネー・パレオロギナ
概要
 ヨハネス5世・パレオロゴスは、14世紀の男性。
外部リンク
 ウィキペディア
 Genealogy.EU

フアン・カルバハル Juan Carvajal

生没:1399/1400年~1469年10月6日
在位:枢機卿 1446年12月16日~1469年10月6日
       任命した教皇:エウゲニウス4世
概要
 フアン・カルバハルは、15世紀頃の男性、聖職者、枢機卿。ベルナルディーノ・カルバハルのおじ。
別表記
 Giovanni Carvajal
外部リンク
 GCatholic.com
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』

ルイ2世・ド・ブルボン Louis II de Bourbon

生没:1483年~1501年8月14日
没地:ナポリ
在位:モンパンシェ伯 1496年~1501年
    先代:ジルベール・ド・ブルボン
父:ジルベール・ド・ブルボン
母:キアラ・ゴンザーガ
概要
 ルイ2世・ド・ブルボンは、15世紀~16世紀の男性。
外部リンク
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンスの華』

マグリット・ド・ヴァロワ Marguerite de Valois

生没:1523年6月5日~1574年9月15日
出身:サン=ジェルマン=アン=レー
没地:トリノ
父:フランソワ1世
母:クロード・ド・フランス
夫:エマヌエレ・フィリベルト・ディ・サヴォイア
子:カルロ・エマヌエレ1世・ディ・サヴォイア
概要
 マグリット・ド・ヴァロワは、16世紀の女性。
年表
1550年
ベリー公となる。
別表記
 Marguerite de France
外部リンク
 ウィキペディア

マザッチオ Masaccio

生没:1401年12月21日~1428年秋
出身:サン・ジョヴァンニ・ヴァルダルノ(旧カステル・サン・ジョヴァンニ)
没地:ローマ
概要
 マザッチオは、画家。
別表記
 マザッチョ、マサッチオ
本名
 トンマーゾ・ディ・セル・ジョヴァンニ・ディ・モーネ・カッサーイ、Tommaso di ser Giovanni di Mone Cassai
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンス精神の深層』
 『The Life of Cesare Borgia

ニッコリーナ・ダ・ヴァラーノ Niccolina da Varano

生没:~1428年
出身:カメリーノ
没地:カメリーノ
父:リドルフォ3世・ダ・ヴァラーノ
母:コンスタンツァ・スメドゥッチ
夫:アンドレア・フォルテブラッチ
子:カルロ・フォルテブラッチ
概要
 ニッコリーナ・ダ・ヴァラーノは、15世紀頃のイタリアの女性。
別表記
 Nicolina da Varano
外部リンク
 Geneanet
 Wikipedia

オッタヴィアーノ・マリーア・スフォルツァ Ottaviano Maria Sforza

生没:1458年4月30日~1477年5月25日
父:フランチェスコ1世・スフォルツァ
母:ビアンカ・マリーア・ヴィスコンティ
概要
 オッタヴィアーノ・マリーア・スフォルツァは、15世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

ピエトロ・ボナヴェンチュリ Pietro Bonaventuri

生没:~1572年
父:ゼノビオ・ボナヴェンチュリ
母:コスタンツァ
妻:ビアンカ・カッペッロ
子:ペレグリーナ・ボナヴェンチュリ
概要
 ピエトロ・ボナヴェンチュリは、16世紀頃のイタリアの男性。
年表
1572年
暗殺。
別表記
 ピエトロ・デ・ブオナヴェンチュリ
外部リンク
 The Medici Archive Project
 Wikipedia
参考文献
 『愛の年代記』
 『世界悪女大全』
 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』

プッチョ・プッチ Puccio Pucci

生没:1389年9月1日~1449年5月7日
出身:フィレンツェ
父:アントーニオ・プッチ
子:アントーニオ・プッチ
概要
 プッチョ・プッチは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。
年表
1433年9月29日
バーリアは、メディチ家の追放を具体的に決める。メディチ派リーダーのジョヴァンニ・プッチと共にAquilaに10年間、追放処分となる。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ルドルフ2世 Rudolf II

生没:1552年~1612年
在位:神聖ローマ皇帝 1576年~1612年
    先代:マクシミリアン2世
    次代:マティアス
父:マクシミリアン2世
母:マリア・デ・アブスブルゴ
概要
 ルドルフ2世は、16世紀~17世紀の男性。
別表記
 ルードルフ2世
外部リンク
 ウィキペディア
 Genealogy.EU
参考文献
 『血の伯爵夫人エリザベート・バートリ』
 『ハプスブルク家』
 『ルネサンス宮廷大全』

タッデオ・マンフレディ Taddeo Manfredi

生没:1431年~1486年頃
在位:イーモラ領主 1448年~1473年
父:グイダントーニオ・マンフレディ
母:ビアンキーナ・トリンチ
子:タッデア・マンフレディ
  ツァッフィーラ・マンフレディ
概要
 タッデオ・マンフレディはイタリアの傭兵隊長。
外部リンク
 Condottieri di ventura
 Treccani
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家の人びと』

アンヌ・ド・ヴァロワ Anne de Valois

生没:1492年10月30日~1562年10月18日
夫:グリエルモ9世・パレオロゴ
子:マリーア・パレオロガ
  マルゲリータ・パレオロガ
  ボニファチオ4世・パレオロゴ
概要
 アンヌ・ド・ヴァロワは、15世紀~16世紀の女性。
別表記
 アンヌ・ダランソン
外部リンク
 ウィキペディア
 Genealogy.EU
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』

アントーニオ・ダ・ヴェナーフロ Antonio da Venafro

生没:1459年~1530年
概要
 アントーニオ・ダ・ヴェナーフロは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
年表
1502年9月末
パンドルフォ・ペトルッチの代理として、マジョーネの会合に出席。
1502年10月9日
マジョーネの会合、反ボルジア一族で共同行動を取ることなどを約定、攻守同盟を締結(1502年10月8日)。
別表記
 アントニオ・ダ・ヴェナフロ、Antonio Giordani da Venafro
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『君主論』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』

ベネデット・ヴァルキ Benedetto Varchi

生没:1503年3月19日~1565年12月18日
出身:フィレンツェ
没地:フィレンツェ
概要
 ベネデット・ヴァルキは、16世紀のイタリアの男性、人文主義者、歴史家。
別表記
 ベネデットー・ヴァルキ、ヴァルキィ
外部リンク
 Treccani.it
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『フィレンツェ史』
 『メディチ家の人びと』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『The Life of Cesare Borgia 生没:1512年12月21日~1530年6月6日
在位:モンフェッラート候 1518年~1530年
    先代:グリエルモ9世・パレオロゴ
    次代:ジョヴァンニ・ジョルジョ・パレオロゴ
父:グリエルモ9世・パレオロゴ
母:アンヌ・ド・ヴァロワ
概要
 ボニファチオ4世・パレオロゴは、16世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』

ボニファキウス9世 Bonifacius IX

生没:1350年~1404年10月1日
在位:第203代教皇 1389年~1404年
概要
 ピエトロ・トマチェッリは、14世紀~15世紀の男性、聖職者。第203代教皇ボニファキウス9世。
本名
 ピエトロ・トマチェリ、ピエトロ・トマセッリ、Pietro Tomacelli
別表記
 ボニファティウス9世
外部リンク
 ウィキペディア
 Find A Grave
参考文献
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『ルネサンスの歴史』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』

カルロ2世・マンフレディ Carlo II Manfredi

生没:1439年~1484年
出身:ファエンツァ
没地:リーミニ
在位:ファエンツァの君主 1468年~1477年
    先代:アストッレ2世・マンフレディ
    次代:ガレオット・マンフレディ
父:アストッレ2世・マンフレディ
母:ジョヴァンナ・ダ・バルビアーノ
妻:コンスタンツァ・ダ・ヴァラーノ
子:オッタヴィアーノ・マンフレディ
概要
 カルロ2世・マンフレディは、15世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Wikipedia

クリストフォロ・カスティリオーネ Cristoforo Castiglione

生没:1459年~1499年
出身:カザーティコ
父:バルダッサーレ・カスティリオーネ
母:ポリッセーナ・リスカ
妻:アロイジア・ゴンザーガ
子:バルダッサーレ・カスティリオーネ
  ジローラモ・カスティリオーネ
  フランチェスカ・カスティリオーネ
  ポリッセーナ・カスティリオーネ
  アンナ・カスティリオーネ
概要
 クリストフォロ・カスティリオーネは、15世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

ドメニコ・グリマーニ Domenico Grimani

生没:1461年~1523年8月27日
在位:枢機卿 1493年9月20日~1523年8月27日
       任命した教皇:アレクサンデル6世
父:アントーニオ・グリマーニ
概要
 ドメニコ・グリマーニは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、聖職者、枢機卿。
外部リンク
 GCatholic.com
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』

エレオノーラ・デステ Eleonora d'Este

生没:1515年7月4日~1575年7月15日
父:アルフォンソ1世・デステ
母:ルクレツィア・ボルジア
概要
 エレオノーラ・デステは、16世紀のイタリアの女性。
チェーザレ・ボルジア数
 母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
外部リンク
 世界帝王事典
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia

フリードリヒ1世 Friedrich I

生没:1123年~1190年6月10日
在位:ドイツ国王 1152年~1169年
   神聖ローマ皇帝 1152年~1190年(皇帝戴冠1155年)
   イタリア王 1155年~1190年
概要
 フリードリヒ1世は、12世紀の男性。
別表記
 フレデリック皇帝、Federico Barbarossa
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『世界大百科事典』
 『戦闘技術の歴史2 中世編』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『メディチ家』
 『傭兵の二千年史』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンス宮廷大全』

ジョヴァンニ1世・ベンティヴォーリオ Giovanni I Bentivoglio

生没:1358年頃~1402年6月26日
出身:ボローニャ
没地:ボローニャ
妻:エリザベッタ・ディ・チーノ
  マルゲリータ・グイドッティ
子:アントーニオ・ガレアッツォ・ベンティヴォーリオ
  エルコーレ・ベンティヴォーリオ
  ジョヴァンナ・ベンティヴォーリオ
概要
 ジョヴァンニ1世・ベンティヴォーリオは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Genealogie Online
 Wikipedia 生没:1488年1月20日~1533年4月3日
在位:モンフェッラート候 1530年~1533年
    先代:ボニファチオ4世・パレオロゴ
父:ボニファチオ3世・パレオロゴ
妻:ジューリア・ダラゴーナ
概要
 ジョヴァンニ・ジョルジョ・パレオロゴは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、モンフェッラート候。
外部リンク
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンスの華』

グレゴリウス9世 Gregorius IX

生没:1143年?~1241年8月22日
出身:アナーニ
没地:ローマ
在位:第178代教皇 1227年~1241年
    先代:ホノリウス3世
    次代:ケレスティヌス4世
概要
 ウゴリーノ・コンティは、12世紀~13世紀の男性、聖職者。第178代教皇グレゴリウス9世。
本名
 ウゴリーノ・ディ・コンティ、Ugolino di ContiUgolino dei Conti di Segni
外部リンク
 ウィキペディア
 Find A Grave
参考文献
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』

ルドヴィーコ・ディ・ルドヴィーコ・ディ・サヴォイア Ludovico di Savoia

生没:1436年4月1日/6月5日~1482年8月
父:ルドヴィーコ・ディ・サヴォイア
妻:シャルロット・ド・リュジニャン
概要
 ルドヴィーコ・ディ・サヴォイアは、15世紀の男性。
別表記
 ルイジ
外部リンク
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Treccani.it
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンスの女たち』

ルートヴィヒ4世 Ludwig IV

生没:1282年~1347年10月11日
在位:ドイツ王 1314年~1347年
   神聖ローマ皇帝 1328年~1347年
    先代:ハインリヒ7世
    次代:フリードリヒ3世
父:ルートヴィヒ2世
概要
 ルートヴィヒ4世は、13世紀~14世紀の男性。
外部リンク
 ウィキペディア
 世界帝王事典
参考文献
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

マルゲリータ・ゴンザーガ Margherita Gonzaga

生没:1418年~1439年
父:ジャンフランチェスコ1世・ゴンザーガ
母:パオラ・マラテスタ
夫:レオネッロ・デステ
子:ニッコロ・デステ
概要
 マルゲリータ・ゴンザーガは、15世紀のイタリアの女性。
外部リンク
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』

アンドレア・デル・カスターニョ Andrea del Castagno

生没:1421年頃~1457年8月19日
出身:カスターニョまたはコレッラ
没地:フィレンツェ
概要
 アンドレア・デル・カスターニョは、15世紀のイタリアの男性、画家。
年表
1421年
フィレンツェ近郊ムジェッロ地区のカスターニョまたはコレッラに生まれる。(1423年)
1457年8月19日
フィレンツェで死。
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『メディチ家』
 『傭兵の二千年史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』

アストッレ・バリオーニ Astorre Baglioni

生没:~1500年7月15日
出身:ペルージア
没地:ペルージア
父:グイド・バリオーニ
母:コスタンツァ・ダ・ヴァラーノ
妻:ラヴィーニア・コロンナ
概要
 アストッレ・バリオーニはイタリアの傭兵隊長。
外部リンク
 Condottieri di ventura
 Geni.com
 Treccani
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』

アッツォ8世・デステ Azzo VIII d'Este

生没:1263年~1308年1月31日
在位:フェッラーラモデナ、レッジョ領主 1293年~1308年
父:オビッツォ2世・デステ
母:ヤコピーナ・フィエスキ
妻:ジョヴァンナ・オルシーニ
  ベアトリーチェ・ダンジオ
子:コンスタンツァ・デステ
  フレスコ・デステ
概要
 アッツォ8世・デステは、13世紀~14世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 世界帝王事典
 Wikipedia
参考文献
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

ベアトリーチェ・バルボ・ラスカリス Beatrice Balbo Lascaris

生没:1372年~1418年
夫:ファチーノ・カーネ
  フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ
概要
 ベアトリーチェ・バルボ・ラスカリスは、14世紀~15世紀の女性。
外部リンク
 世界帝王事典
 Famille de Carné
 Wikipedia
別表記
 ベアトリーチェ・ディ・テンダ
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

カテリーナ・ダッピアーノ Caterina d'Appiano

生没:1398年~1451年12月19日
出身:ピオンビーノ
没地:ピオンビーノ
在位:ピオンビーノの君主 1445年~1451年
    先代:リナルド・オルシーニ
父:ゲラルド・ダッピアーノ
母:パオラ・コロンナ
夫:リナルド・オルシーニ
概要
 カテリーナ・ダッピアーノは、14世紀~15世紀のイタリアの女性。
外部リンク
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

チマブエ Cimabue

生没:1251年以前~1302年
出身:フィレンツェ
没地:フィレンツェ
弟子:ジョットー
概要
 チマブエは、ゴシック期のイタリアの画家。
別表記
 チマブーエ
外部リンク
 ウィキペディア
 Art cyclopedia
 Web Gallery of Art
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『服飾の中世』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『メディチ家』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスとは何であったか』
 『ルネッサンスの光と闇』

コルッチョ・サルターティ Coluccio Salutati

生没:1331年2月16日~1406年5月4日
在位:フィレンツェ共和国書記官長 1375年~
概要
 コルッチョ・サルターティは、14世紀~15世紀のイタリアの男性、人文主義者。政治的、文化的指導者。
年表
1375年
官僚の最重要地位であるフィレンツェ共和国書記官長に任命される。
別表記
 コッチオ・サルターティ、コルッチョ・ディ・ピエロ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『メディチ家』
 『ルネサンス宮廷大全』

フランチェスコ・マリーア・モルツァ Francesco Maria Molza

生没:1489年6月18日~1544年2月28日
出身:モデナ
没地:モデナ
概要
 フランチェスコ・マリーア・モルツァは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、人文主義者、詩人。
年表
1489年6月18日
モデナにて、生。
1544年2月28日
モデナにて、死。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イコノロジー研究
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ジュゼッペ・マリーア・スフォルツァ Giuseppe Maria Sforza

生没:1505年11月4日~1512年8月5日
出身:ペーザロ
没地:ペーザロ
父:ジョヴァンニ・スフォルツァ
母:ジネヴラ・ティエポロ
概要
 ジュゼッペ・マリーア・スフォルツァは、16世紀のイタリアの男性。
別表記
 Costanzo II
外部リンク
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『Lucretia Borgia

グイド・デッラ・トッレ Guido della Torre

生没:1259年9月27日~1312年夏
没地:クレモーナ
父:フランチェスコ・デッラ・トッレ
妻:ベアトリーチェ
子:シモーネ・デッラ・トッレ
概要
 グイド・デッラ・トッレは、13世紀~14世紀のイタリアの男性。
年表
1259年9月27日
生。
1312年夏
クレモーナで死(1311年11月27日以降)。
外部リンク
 Foundation for Medieval Genealogy
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『ルネサンスの歴史』

ハンス・ホルバイン Hans Holbein

生没:1460年~1524年
出身:ドイツ・バイエルン、アウグスブルク
没地:ドイツ・Elsaß(現フランス・Alsace)、Issenheim
概要
 ハンス・ホルバインは、画家。
年表
1460年
この年頃、ドイツ・バイエルンのアウグスブルクに生(1465年頃)。
1524年
ドイツ・Elsaß(現フランス・Alsace)のIssenheimで死。
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『ルネッサンスの光と闇』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』

ジャック2世・ド・リュジニャン Jacques II de Lusignan

生没:1438/1439/1440年頃~1473年7月10日
出身:ニコシア
没地:ファマグスタ
父:ジャン2世・ド・リュジニャン
妻:カテリーナ・コルネール
概要
 ジャック2世・ド・リュジニャンは、15世紀の男性。
別表記
 ジャコモ・イル・バスタルド、Jacob II
外部リンク
 Genealogy.EU
 Treccani.it
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンスの女たち』

ジャック・ド・サヴォワ Jacques de Savoie

生没:1531年10月12日~1585年6月15日
在位:ヌムール公 1533年~1585年
    先代:フィリップ・ド・サヴォワ
父:フィリップ・ド・サヴォワ
妻:アンナ・デステ
概要
 ジャック・ド・サヴォワは、16世紀の男性。
チェーザレ・ボルジア数
 妻アンナ・デステ→父エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
外部リンク
 ウィキペディア
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

ハイメ・セッラ・イ・カウ Jaime Serra y Cau

生没:1427年~1517年3月15日
在位:枢機卿 1500年9月28日~
       任命した教皇:アレクサンデル6世
概要
 ハイメ・セッラは、15世紀~16世紀の男性、聖職者、枢機卿。
別表記
 Petro IsuallesCardinal of S. ClementeCardinal of San Clemente
外部リンク
 GCatholic.com
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia
参考文献
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

フアナ・エンリケス Juana Enríquez

生没:1425年~1468年2月13日
父:ファドリケ・エンリケス
母:マリアナ・デ・コルドバ
夫:フアン2世・デ・アラゴン
子:フェルナンド2世・デ・アラゴン
  フアナ・ダラゴーナ
概要
 フアナ・エンリケスは、15世紀の女性。
チェーザレ・ボルジア数
 きょうだいエンリケ・エンリケス→子マリーア・エンリケス→夫フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
外部リンク
 ウィキペディア
 JDA's Family Tree

ラウドミア・ディ・ロレンツォ・デ・メディチ Laudomia de' Medici

父:ロレンツォ・イル・ポポラーノ
母:セミラミーデ・ダッピアーノ
夫:フランチェスコ・ディ・ジュリアーノ・サルヴィアーティ
子:ジュリアーノ・サルヴィアーティ
年表
1502年
フランチェスコ・ディ・ジュリアーノ・サルヴィアーティと結婚。
外部リンク
 世界帝王事典
 Wikipedia
参考文献
 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

マッフェオ・ゲラルディ Maffeo Gherardi

生没:1406年~1492年9月14日
在位:ヴェネツィア総大司教  1468年12月16~1492年9月14日
   枢機卿 1489年3月9日~
       任命した教皇:インノケンティウス8世
父:ジョヴァンニ・ゲラルディ
概要
 マッフェオ・ゲラルディは、15世紀のイタリアの男性、聖職者、枢機卿。
別表記
 ゲラルド
外部リンク
 GCatholic.com
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』

マルゲリータ・ディ・チェーザレ・ゴンザーガ Margherita Gonzaga

生没:1562年~1618年6月14日
出身:ローマ
没地:グアスタッラ
夫:ヴェスパシアーノ1世・ゴンザーガ
概要
 マルゲリータ・ゴンザーガは、16世紀~17世紀のイタリアの女性。
外部リンク
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Treccani.it
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』

ペドロ・ゴンサレス・デ・メンドーサ Pedro González de Mendoza

生没:1428年5月3日~1495年1月11日
出身・没地:グアダラハラ
在位:枢機卿 1473年5月7日~
       任命した教皇:シクストゥス4世
父:イニーゴ・ロペス・デ・メンドーサ
概要
 ペドロ・ゴンサレス・デ・メンドーサは、15世紀の男性、聖職者、枢機卿。
別表記
 Gonzalo de Mendoza
外部リンク
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『The Life of Cesare Borgia

リッチャルダ・ダ・サルッツォ Ricciarda da Saluzzo

生没:1410年~1474年8月16日
父:トンマーゾ3世・ダ・サルッツォ
母:マルグリット・デ・ピエポン
夫:ニッコロ3世・デステ
子:エルコーレ1世・デステ
  シギスモンド・ディ・ニッコロ・デステ
概要
 リッチャルダ・ダ・サルッツォは、15世紀のイタリアの女性。
外部リンク
 Famille de Carné
 JDA's Family Tree
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンス宮廷大全』

アルフォンソ2世・ダヴァーロス Alfonso II d'Avalos

生没:1465年~1495年
在位:ペスカーラ侯
父:イニーゴ1世・ダヴァーロス
妻:ディアナ・デ・カルドーナ
子:フェルナンド・フランチェスコ・ダヴァーロス
概要
 アルフォンソ2世・ダヴァーロスは、15世紀のイタリアの男性。
関連項目
 1467年1月4日の同盟
別表記
 アルフォンソ・ディ・ダヴォーレス、DavolesDavalos
外部リンク
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『フィレンツェ史』
 『イタリア史』
 『Lucretia Borgia

アントーニア・マラテスタ Antonia Malatesta

父:アンドレア・マラテスタ
夫:ジョヴァンニ・マリーア・ヴィスコンティ
チェーザレ・ボルジア数
 夫ジョヴァンニ・マリーア・ヴィスコンティ→きょうだいヴァレンティーナ・ディ・ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
外部リンク
 kleio.org
 Wikipedia
参考文献
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

ジャンフランチェスコ1世・ピコ Gianfrancesco I Pico

生没:1420年頃~1467年11月8日
父:ジョヴァンニ・ピコ
妻:ジューリア・ボイアルド
子:ガレオット・ピコ
  アントーニオ・マリーア・ピコ
  カテリーナ・ピコ
  ジューリア・ピコ
  ルクレツィア・ピコ
  ジョヴァンニ・ピコ
  メリアドゥーゼ・ピコ
概要
 ジャンフランチェスコ・ピコは、15世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree
 Wikipedia

グレゴリウス7世 Gregorius VII

生没:1020年?~1085年
在位:第157代教皇 1073年~1085年
    先代:アレクサンデル2世
    次代:ウィクトル3世
概要
 ヒルデブランドは、11世紀のイタリアの男性、聖職者。第157代教皇グレゴリウス7世。
本名
 ヒルデブランド
外部リンク
 ウィキペディア
 世界帝王事典
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ローマ教皇検死録』
 『世界大百科事典』
 『修道院』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『ルネサンス宮廷大全』

イニーゴ・ロペス・デ・メンドーサ Íñigo López de Mendoza

生没:1398年8月19日~1458年3月25日
出身:Carrión de los Condes
没地:グアダラハラ
在位:第1代サンティリャーナ侯
子:ペドロ・ゴンサレス・デ・メンドーサ
概要
 イニーゴ・ロペス・デ・メンドーサは、14世紀~15世紀の男性、人文主義者、詩人、サンティリャーナ侯爵。
年表
1398年
スペインのCarrión de los Condesにて、生。
1458年3月25日
スペイン中部グアダラハラにて、死。
別表記
 イニゴ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ルチアーノ・ラウラーナ Luciano Laurana

生没:1420年頃~1479年
出身:ダルマチア、ザーラ
没地:ペーザロ
概要
 ルチアーノ・ラウラーナは、15世紀の建築家。
設計
 コスタンツァ要塞
 ロヴェレスカ要塞
年表
1420~1425年
ダルマチアのザーラに生まれる。
1479年
ペーザロにて、死。
別表記
 ルチャーノ
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

ルクレツィア・ディ・エルコーレ2世・デステ Lucrezia d'Este

生没:1535年12月16日~1598年
父:エルコーレ2世・デステ
夫:フランチェスコ・マリーア2世・デッラ・ローヴェレ
概要
 ルクレツィア・デステは、16世紀のイタリアの女性。
チェーザレ・ボルジア数
 父エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
外部リンク
 Find A Grave
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『Lucretia Borgia

マラテスタ1世・バリオーニ Malatesta I Baglioni

生没:1389年~1437年
父:パンドルフォ・バリオーニ
妻:ヤコパ・フォルテブラッチ
子:ブラッチョ1世・バリオーニ
  グイド・バリオーニ
  リドルフォ1世・バリオーニ
  カルロ1世・バリオーニ
  スフォルツァ1世・バリオーニ
概要
 マラテスタ1世・バリオーニは、14世紀~15世紀の男性。
外部リンク
 Geni.com
 Google Books
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』

マリーア・ディ・ピエロ・デ・メディチ Maria de' Medici

生没:1445年~1470年
父:ピエロ・イル・ゴットーソ
夫:リオネット・デ・ロッシ
子:ルイジ・デ・ロッシ
概要
 マリーア・デ・メディチは、15世紀のイタリアの女性。
肖像
 東方三博士の旅
外部リンク
 世界帝王事典
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『フィレンツェ史』
 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ニッコロ・フォルテゲッラ Niccolò Fortiguerra

生没:1419年10月7日~1473年12月21日
在位:枢機卿 1460年3月5日~1473年12月21日
       任命した教皇:ピウス2世
概要
 ニッコロ・フォルテゲッラは、15世紀のイタリアの男性、聖職者、枢機卿。
別表記
 フォルテグエッリ(Forteguerri)、ニッコロー・フォルティグエラ
外部リンク
 GCatholic.com
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ルネサンス精神の深層』

オットーネ・ヴィスコンティ Ottone Visconti

生没:1213年~1295年8月8日
在位:ミラノ大司教 1262年~1288年
   ミラノ領主 1277年~1278年、1282年~1295年
父:ウベルト・ディ・ルッジェーロ・ヴィスコンティ
概要
 オットーネ・ヴィスコンティは、13世紀のイタリアの男性、聖職者。
外部リンク
 世界帝王事典
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『ルネサンスの歴史』

パオラ・マラテスタ Paola Malatesta

生没:1393年~1449年/1453年
父:マラテスタ4世・マラテスタ
母:エリザベッタ・ヴァラーノ・キアヴェッリ
夫:ジャンフランチェスコ1世・ゴンザーガ
子:ルドヴィーコ3世・ゴンザーガ
  カルロ・ゴンザーガ
  マルゲリータ・ゴンザーガ
  アレッサンドロ・ゴンザーガ
概要
 パオラ・マラテスタは、14世紀~15世紀のイタリアの女性。
外部リンク
 JDA's Family Tree
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』

ピッカルダ・ブエリ Piccarda Bueri

生没:1368年~1432/1433年
父:オドアルド・ブエリ
夫:ジョヴァンニ・ディ・ビッチ・デ・メディチ
子:コジモ・イル・ヴェッキオ
  ロレンツォ・イル・ヴェッキオ
概要
 ピッカルダ・ブエリは、14世紀~15世紀のイタリアの女性。
別表記
 ナンニーナ、ピッカルダ・ブエーリ、de' Bueri
外部リンク
 Wikipedia
 JDA's Family Tree
 RootsWeb.com
参考文献
 『メディチ家の人びと』
 『フィレンツェ史』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ポリッセーナ・スフォルツァ Polissena Sforza

生没:1428年~1449年
父:フランチェスコ1世・スフォルツァ
夫:シギスモンド・マラテスタ
子:ガレオット・マラテスタ
  ジョヴァンナ・マラテスタ
概要
 ポリッセーナ・スフォルツァは、15世紀のイタリアの女性。
外部リンク
 世界帝王事典
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』

ケルビ・フアン・デ・サンテーリャス Querubí Juan de Centelles

生没:~1522年
在位:アイオラの君主
父:フランセスク・ジラベルト・デ・サンテーリャス
妻:フアナ・ヴィオランテ・フェルナンデス・デ・エレディア
子:マルガリーダ・ケルビーナ・デ・サンテーリャス
  フランセスク・ジラベルト・ヒメネス・デ・サンテーリャス
概要
 ケルビ・フアン・デ・サンテーリャスは、16世紀頃の男性。
別表記
 ケルビーノ・ホアン・デ・センテレス、Cherubino Juan de CentellesJoan
外部リンク
 Viquipèdia
参考文献
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

セラフィーノ・アクイラーノ Serafino Aquilano

生没:1466年~1500年8月10日
出身:アクイラ
没地:ローマ
概要
 セラフィーノ・アクイラーノは宮廷詩人。
年表
1466年
アブルッツォアクイラに生。
1500年8月10日
ローマで死。
別表記
 Serafino de' CiminelliSerafino Cimino da Aquila
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia

アゴスティーノ・バルバリーゴ Agostino Barbarigo

生没:1419年~1501年9月20日
在位:ヴェネツィア共和国ドージェ 1486年~1501年
概要
 アゴスティーノ・バルバリーゴは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
献呈された著作
 マリン・サヌード著『La spedizione di Carlo VIII(シャルル8世のイタリア遠征)』
別表記
 バルバディゴ
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia

アロイジア・ゴンザーガ Aloisia Gonzaga

生没:1458年~1542年
父:アントーニオ・ゴンザーガ
夫:クリストフォロ・カスティリオーネ
子:バルダッサーレ・カスティリオーネ
  ジローラモ・カスティリオーネ
  フランチェスカ・カスティリオーネ
  ポリッセーナ・カスティリオーネ
  アンナ・カスティリオーネ
概要
 アロイジア・ゴンザーガは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。
別表記
 Luigia
外部リンク
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンスの華』

アンジェロ・カプラーニカ Angelo Capranica

生没:1415年頃~1478年7月3日
在位:枢機卿 1460年3月5日~1478年7月3日
       任命した教皇:ピウス2世
父:ニッコロ・カプラーニカ
母:ヤコベッラ
概要
 アンジェロ・カプラーニカは、15世紀のイタリアの男性、聖職者、枢機卿。
年表
1415年頃
生(1410年頃)。
別表記
 アンジェロ・カプラニカ
外部リンク
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Treccani
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

アンナ・デステ Anna d'Este

生没:1531年~1607年
父:エルコーレ2世・デステ
母:ルネ・ド・フランス
夫:フランソワ1世・ド・ロレーヌ
  ジャック・ド・サヴォワ
子:アンリ・ド・ギーズ
概要
 アンナ・デステは、16世紀~17世紀の女性。
チェーザレ・ボルジア数
 父エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
別表記
 アンヌ・デスト
外部リンク
 ウィキペディア
 世界帝王事典
参考文献
 『メディチ家の人びと』

アントーニオ・プッチ Antonio Pucci

生没:1418年~1484年
父:プッチョ・プッチ
妻:ピエラ・マネッティ
子:ロレンツォ・プッチ
  ジャンノッツォ・プッチ
  プッチョ・ダントーニオ・プッチ
概要
 アントーニオ・プッチは、15世紀のイタリアの男性。
別表記
 エ・アントーニオ・ディ・プッチョ(e Antonio di Puccio)
外部リンク
 Images and identity in fifteenth-century Florence
 Wikipedia
参考文献
 『フィレンツェ史』
 『Lucretia Borgia

デメトリオ・カルコンディラス Demetrio Calcondilas

生没:1424年~1511年
出身:ギリシアAthenae
概要
 デメトリオ・カルコンディラスは人文主義者、ギリシア語学者。
年表
1493年
Erotemata(ギリシア語文法)を執筆。
1494年
Erotemata、ミラノで刊。
1511年
ミラノで死。
肖像
 洗礼者ヨハネの生涯
別表記
 カルコンディラ、Demetrius Chalcondyles
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『フィレンツェ史』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ルネサンス精神の深層』
 『ルネサンスの華』

ジャンフランチェスコ・ディ・リドルフォ・ゴンザーガ Gianfrancesco Gonzaga

生没:1488年2月2日~1524年12月18日
出身:ルッツァーラ
父;リドルフォ・ゴンザーガ
母:カテリーナ・ピコ
妻:ラウラ・パッラヴィチーノ
子:マッシミリアーノ・ゴンザーガ
  エリザベッタ・ゴンザーガ
  マルゲリータ・ゴンザーガ
  アンジェラ・ゴンザーガ
  イッポリータ・ゴンザーガ
  グリエルモ・ゴンザーガ
  ガレアッツォ・ゴンザーガ
  リドルフォ・ゴンザーガ
概要
 ジャンフランチェスコ・ゴンザーガは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

ジョヴァンニ・ダンジオ Giovanni d'Angiò

生没:1294年~1336年4月5日
在位:グラヴィーナ伯 1315年~1336年
   ドゥラッツォ公 1332年~1336年
父:カルロ2世・ダンジオ
子:ルイジ・ダンジオ
概要
 ジョヴァンニ・ダンジオは、13世紀~14世紀の男性。
別表記
 ジャン・ダンジュー(Jean d'Anjou)
外部リンク
 ウィキペディア
 世界帝王事典
 Genealogy.EU

ジュゼッペ・ヴィスコンティ Giuseppe Visconti

生没:1879年11月10日~1941年12月16日
出身:ミラノ
没地:ミラノ
父:グイド・ディ・ウベルト・ヴィスコンティ
母:イーダ・レンジ
妻:チェルノッビオ
  カルラ・エルバ
子:グイド・ヴィスコンティ
  アンナ・ヴィスコンティ
  ルイジ・ヴィスコンティ
  ルキノ・ディ・ジュゼッペ・ヴィスコンティ
  エドアルド・ヴィスコンティ
  イーダ・ヴィスコンティ
  ウベルタ・ヴィスコンティ
概要
 ジュゼッペ・ヴィスコンティは、19世紀~20世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Geni.com
 Wikipedia

グイド1世・トレッリ Guido I Torelli

生没:1379年~1449年7月8日
没地:ミラノ
父:マルシリオ・トレッリ
母:エレーナ・ダルコ
妻:オルシーナ・ヴィスコンティ
子:ピエトロ・トレッリ
  クリストフォロ1世・トレッリ
  ピエトロ・グイド1世・トレッリ
  アントーニア・トレッリ
概要
 グイド1世・トレッリは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ギヨーム・デストゥトヴィル Guillaume d'Estouteville

生没:1403年~1483年1月22日
在位:枢機卿 1439年12月18日~1483年1月22日
       任命した教皇:エウゲニウス4世
概要
 ギヨーム・デストゥトヴィルは、15世紀の男性、聖職者、枢機卿。
外部リンク
 GCatholic.com
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Treccani.it
 Wikipedia
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

ジェイムス1世 James I

生没:1566年~1625年
母:メアリー・スチュアート
妻:アン
子:エリザベス
  チャールズ1世
概要
 ジェイムス1世は、16世紀~17世紀の男性。
年表
1566年6月19日
従弟で旧教徒ダーンリー卿Henry StewartStuart:1545年~1567年)と結婚していた(1565年7月~)メアリー・スチュアート、男子ジェイムス1世を出産(1566年~1625年)。
外部リンク
 ウィキペディア
 Find A Grave
参考文献
 『オーランドー』
 『ルネサンス百科事典』
 『魔女狩り』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『西洋拷問刑罰史』

レオノール・デ・トラスタマラ・イ・エヴルー Leonor de Trastámara

生没:1426年2月2日~1479年2月12日
出身:オリテ
没地:トゥデラ
在位:ナヴァーラ王国摂政 1455年~1479年
   ナヴァーラ王 1479年
父:フアン2世・デ・アラゴン
母:ブランカ1世・デ・エヴルー
夫:ガストン4世・ド・フォワ
  ガストン・ド・フォワ
  ピエール・ド・フォワ
  ジャン・ド・フォワ
  ジャック・ド・フォワ
  マリー・ド・フォワ
  ジャンヌ・ド・フォワ
  カトリーヌ・ド・フォワ
  マルグリット・ド・フォワ
  イザベル・ド・フォワ
  エレオノール・ド・フォワ
  アンヌ・ド・フォワ
概要
 レオノール・デ・トラスタマラは、15世紀のナヴァーラ王国の女性、ナヴァーラ王。
外部リンク
 ウィキペディア

ルイジ・ディ・ピエロ・ディ・ギーノ・グィッチャルディーニ Luigi Guicciardini

生没:~1402年
在位:正義の旗手 1378年
妻:コンスタンツァ・ストロッツィ
子:ニッコロ・グィッチャルディーニ
  ピエロ・ディ・ルイジ・ディ・ピエロ・グィッチャルディーニ
  ジョヴァンニ・グィッチャルディーニ
  マルゲリータ・グィッチャルディーニ
  カテリーナ・グィッチャルディーニ
  テッサ・グィッチャルディーニ
  マリーア・グィッチャルディーニ
概要
 ルイジ・グィッチャルディーニは、14世紀~15世紀のイタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『フィレンツェ史』
 『イタリア史』

マリーア・ディ・アルフォンソ・ダラゴーナ Maria d'Aragona

生没:1425年~1449年12月9日
没地:フェッラーラ
父:アルフォンソ5世・デ・アラゴン
母:グエラルドーナ・カルリーノ
夫:レオネッロ・デステ
概要
 マリーア・ダラゴーナは、15世紀の女性。
年表
1444年4月20日
レオネッロ・デステと結婚。
1449年12月9日
フェッラーラにて死。
外部リンク
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『Lucretia Borgia

ミゲル・デ・セルバンテス Miguel de Cervantes

生没:1547年9月29日~1616年4月23日
出身:アルカラ・デ・エナーレス
概要
 ミゲル・デ・セルバンテスは小説家。
年表
1547年9月29日/10月9日
マドリード近郊アルカラ・デ・エナーレスに生。
著作
 『才知溢れる郷土ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』(Elingenioso hidalgo Don Quixote de la Mancha)、第1部1605年、第2部1615年、共にマドリードで刊。
別表記
 Miguel de Cervantes Saavedra
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『イコノロジー研究
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネッサンスの光と闇』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

ニッコロ・ダ・トレンティーノ Niccolò da Tolentino

生没:1350年頃~1435年3月20日
出身:トレンティーノ
没地:ボルゴ・ヴァル・ディ・ターロ
子:ジョヴァンニ・ダ・トレンティーノ
  バルドヴィーノ・ダ・トレンティーノ
  クリストフォロ・ダ・トレンティーノ
概要
 ニッコロ・ダ・トレンティーノはイタリアの傭兵隊長。
肖像
 フィレンツェ軍を率いるニッコロ・ダ・トレンティーノ
別表記
 ニッコロ・ダ・トレンティノ、Niccolò MauruzziMauruzi
外部リンク
 Condottieri di ventura
 Wikipedia
参考文献
 『君主論』
 『戦闘技術の歴史2 中世編』
 『メディチ家』
 『ルネッサンス夜話』

ラッファエーレ・ペトルッチ Raffaele Petrucci

生没:1472年~1522年12月11日
出身:シエナ
没地:ローマ
在位:枢機卿 1517年7月1日~
       任命した教皇:レオ10世
父:ヤコポ・ペトルッチ
概要
 ラッファエーレ・ペトルッチは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、聖職者、枢機卿。
別表記
 ラファエロ・ペトルッチ
外部リンク
 GCatholic.com
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ロドモンテ・ゴンザーガ Rodomonte Gonzaga

生没:1500年8月16日~1532年12月2日
出身:マントヴァ
没地:ヴィコヴァーロ
父:ルドヴィーコ・ディ・ジャンフランチェスコ・ゴンザーガ
子:ヴェスパシアーノ1世・ゴンザーガ
概要
 ロドモンテ・ゴンザーガはイタリアの傭兵隊長。
別表記
 Ludovico
外部リンク
 Condottieri di ventura
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』

シギスモンド・ディ・エルコーレ・デステ Sigismondo d'Este

生没:1480年9月~1524年8月9日
父:エルコーレ1世・デステ
母:エレオノーラ・ダラゴーナ
概要
 シギスモンド・デステは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
チェーザレ・ボルジア数
 きょうだいアルフォンソ1世・デステ→妻ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
別表記
 シジスモンド
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia 生没:1364年~1418年4月26日
出身:カザーレ
没地:モンカルヴォ
在位:モンフェッラート辺境伯 1381年~1418年
    次代:ジャン・ヤコポ・パレオロゴ
父:ジョヴァンニ1世・パレオロゴ
母:イザベッラ・ダラゴーナ
妻:アルジェンティーナ・マラスピーナ
  ジャンヌ・ド・バル
子:ジャン・ヤコポ・パレオロゴ
  シビラ・パレオロゴ
  ソフィア・パレオロガ
概要
 テオドーロ2世・パレオロゴは、14世紀~15世紀の男性。
外部リンク
 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』

ウェルギリウス Vergilius

生没: 紀元前70年10月15日~紀元前19年
概要
 ウェルギリウスは、紀元前1世紀の男性。
著作
 『アエネイス
 『田園詩』
 『農耕詩』
正式名
 プブリウス・ウェルギリウス・マロ、Publius Vergilius Maro
別表記
 ヴィルジリオ、VirgilVergil
関連項目
 The Borgias: 104
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『ルネッサンスの光と闇』
 『ルネサンス精神の深層』
 『イコノロジー研究
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia

ヴィットーリア・ファルネーゼ Vittoria Farnese

生没:1521年~1602年9月13日
父:ピエル・ルイジ・ファルネーゼ
母:ジローラマ・ディ・ルドヴィーコ・オルシーニ
夫:グイドバルド2世・デッラ・ローヴェレ
子:フランチェスコ・マリーア2世・デッラ・ローヴェレ
  イザベッラ・デッラ・ローヴェレ
  ラヴィニア・デッラ・ローヴェレ
概要
 ヴィットーリア・ファルネーゼは、16世紀~17世紀のイタリアの女性。
外部リンク
 GeneAll.net
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree
 Wikipedia

ジグムント1世・ヤギェウォ Zygmunt I Jagiełło

生没:1467年1月1日~1548年4月1日
在位:ポーランド王 1506年8月19日~1548年
   リトアニア大公 1506年~1548年
妻:ボーナ・スフォルツァ
概要
 ジグムント1世・ヤギェウォは、15世紀~16世紀の男性。
年表
1506年8月19日
Aleksander Jagiełłończyk死、ポーランド王となる。
外部リンク
 ウィキペディア
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』

アゴスティーノ・フレゴーソ Agostino Fregoso

生没:1442年~1486年
出身:ジェノヴァ
没地:メルカート・サン・セヴェリーノ
父:ルドヴィーコ・フレゴーソ
妻:ジェンティーレ・ダ・モンテフェルトロ
子:オッタヴィアーノ・フレゴーソ
  フェデリーコ・フレゴーソ
概要
 アゴスティーノ・フレゴーソは、15世紀のイタリアの男性。
別表記
 アゴスティーノ・ダ・カンポフレゴーソ、Agostino da Campofregoso
外部リンク
 Genealogy.EU
 Malta Genealogy
 Wikipedia
参考文献
 『フィレンツェ史』

アルドブランディーノ3世・デステ Aldobrandino III d'Este

生没:1335年~1361年
在位:フェッラーラ候 1352年~1361年
    先代:オビッツォ3世・デステ
    次代:ニッコロ2世・デステ
父:オビッツォ3世・デステ
概要
 アルドブランディーノ3世・デステは、14世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 世界帝王事典
 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia

アルフォンソ・トデスキーニ Alfonso Todeschini

生没:~1503年頃
在位:第2代アマルフィ公 1493年~1498年
    先代:アントーニオ・トデスキーニ
    次代:アルフォンソ2世・トデスキーニ
父:アントーニオ・トデスキーニ
母:マリーア・ディ・ジャンフランチェスコ・ダ・マルツァーノ
妻:ジョヴァンナ・ディ・エンリコ・ダラゴーナ
子:アルフォンソ2世・トデスキーニ
  イザベッラ・トデスキーニ
概要
 アルフォンソ・トデスキーニは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 JDA's Family Tree
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

アンナ・ディ・サヴォイア Anna di Savoia

生没:1455年6月1日~1480年3月9日
没地:sepolta a Chambéry
父:アメーデオ9世・ディ・サヴォイア
母:ヨランド・ド・ヴァロワ
夫:フェデリーコ・ダラゴーナ
概要
 アンナ・ディ・サヴォイアは、15世紀の女性。
年表
1455年6月1日
誕生。
1478年9月11日
フェデリーコ・ダラゴーナと結婚。
1480年3月9日
sepolta a Chambéryで没。
外部リンク
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

アントーニオ・ダ・サンガッロ・イル・ジョーヴァネ Antonio da Sangallo il Giovane

生没:1484年4月12日~1546年8月3日
出身:フィレンツェ
没地:テルニ
概要
 アントーニオ・ダ・サンガッロ・イル・ジョーヴァネは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、建築家。
年表
1484年4月12日
フィレンツェにて、生(1483年)。
1546年8月3日
ウンブリアのテルニにて、死。
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンスの華』

バルトロメ・マルティ Bartolomé Martí

生没:1430/1440年~1500年3月25日
没地:ローマ
在位:枢機卿 1496年2月19日~1500年3月25日
       任命した教皇:アレクサンデル6世
概要
 バルトロメ・マルティは、15世紀~16世紀の男性、聖職者、枢機卿。
別表記
 Bartolommeo MartiMartiniCardinal Martinus of Segovia
外部リンク
 Enciclopèdia.cat
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia
参考文献
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

ベルナルド・タッソー Bernardo Tasso

生没:1493年11月11日~1569年9月5日
子:トルクワト・タッソー
概要
 ベルナルド・タッソーは詩人。
年表
1493年11月11日
ヴェネツィアに生(~1569年)。
1560年末
叙事詩集Amadigi(アマーディジ)をヴェネツィアで刊行。
1569年9月5日
マントヴァ近郊オスティーリアで死(1493年~)。
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンスの女たち』
 『Lucretia Borgia

シャルロット・ド・リュジニャン Charlotte de Lusignan

生没:1444年6月28日~1487年7月16日
父:ジャン2世・ド・リュジニャン
夫:ルドヴィーコ・ディ・ルドヴィーコ・ディ・サヴォイア
概要
 シャルロット・ド・リュジニャンは、15世紀の女性。
年表
1463年
ローマに逃亡。ローマボルゴ地区に住み、そこを宮廷とする。
別表記
 カルロッタ・ルジニャーノ
外部リンク
 Genealogy.EU
 Treccani.it
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンスの女たち』
 『Lucretia Borgia

フランチェスカ・サルヴィアーティ Francesca Salviati

生没:1505年8月23日~1536年6月11日以降
出身:フィレンツェ
父:ヤコポ・ディ・ジョヴァンニ・サルヴィアーティ
母:ルクレツィア・ディ・ロレンツォ・デ・メディチ
夫:ピエロ・グァルテロッティ
  オッタヴィオ・デ・メディチ
子:マリーア・グァルテロッティ
  レオ11世
概要
 フランチェスカ・サルヴィアーティは、16世紀のイタリアの女性。
外部リンク
 Famille de Carné
 Geneanet
 Genealogy.EU
 Wikipedia

フランチェスコ・コロンナ Francesco Colonna

生没:1433年~1525年
出身:トレヴィーゾ
没地:ヴェネツィア
概要
 フランチェスコ・コロンナは、15世紀~16世紀の男性、著作家、ドミニコ会修道士。
著作
 『ポリフィーロの夢
年表
1433年
トレヴィーゾに誕生。(1434年)
1499年
ポリフィーロの夢ヴェネツィアで刊行。
1525年
ヴェネツィアで死(1527年)。
別表記
 フランチェスコ・デ・コロンナ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネッサンスの光と闇』

フランチェスコ・フィレルフォ Francesco Filelfo

生没:1398年~1481年7月31日
出身:トレンティーノ
概要
 フランチェスコ・フィレルフォは、14世紀~15世紀のイタリアの男性、人文主義者
年表
1398年
アンコーナ近郊トレンティーノにて、生。
1481年7月31日
フィレンツェにて、死。
別表記
 フィエルフォ
外部リンク
 Treccani
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』

フランチェスコ・フランチア Francesco Francia

生没:1450年頃~1517年1月5日
出身:ボローニャ
没地:ボローニャ
概要
 フランチェスコ・フランチアは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、画家、彫金家。
年表
1450年
この年頃、ボローニャに生(1460年)。
1517年1月5日
ボローニャで死。
本名
 フランチェスコ・ライボリーニ(Francesco di Marco di Giacomo Raibolini)
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネッサンスの光と闇』
 『ルネサンスの華』

ジョヴァンナ1世・ダンジオ Giovanna I d'Angiò

生没:1327年~1382年5月12日
在位:ナポリ王 1343年~1382年
    先代:ロベルト・ダンジオ
    次代:カルロ3世・ダンジオ
父:カルロ・ダンジオ
概要
 ジョヴァンナ1世・ダンジオは、14世紀の女性、ナポリ王。
別表記
 ジャンヌ・ダンジュー(Jeanne d'Anjou)
外部リンク
 ウィキペディア
 Genealogy.EU
 Treccani.it
参考文献
 『イタリア史』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの歴史』

ジョヴァンニ・バッティスタ・ゼノ Giovanni Battista Zeno

生没:1439/1440年~1501年5月8日
没地:ローマ
在位:枢機卿 1468年11月21日~1501年5月8日
       任命した教皇:パウルス2世
概要
 ジョヴァンニ・バッティスタ・ゼノは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、聖職者、枢機卿。
外部リンク
 GCatholic.com
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

ジュリアーノ・ディ・ピエルフランチェスコ・デ・メディチ Giuliano de' Medici

生没:1520年~1588年7月28日
父:ピエルフランチェスコ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチ
母:マリーア・ソデリーニ
概要
 ジュリアーノ・デ・メディチは、16世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 世界帝王事典
 Famille de Carné
 GCatholic.com
 Wikipedia
参考文献
 『フィレンツェ史』
 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

グァリーノ・ダ・ヴェローナ Guarino da Verona

生没:1374年~1460年12月4日
出身:ヴェローナ
没地:フェッラーラ
子:バッティスタ・グァリーノ
概要
 人文主義者、古典学者。
作品
 ホメロス伝
別表記
 グアリーノ、ジョヴァンニ・グァリーノ
外部リンク
 エステ大辞典
 Treccani.it
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』
 『ルネサンス百科事典』
 『Lucretia Borgia

イッポーリタ・マリーア・スフォルツァ Ippolita Maria Sforza

生没:1493年1月26日~1501年
出身:ミラノ
没地:イスキア
父:ジャン・ガレアッツォ・スフォルツァ
母:イザベッラ・ダラゴーナ
概要
 イッポーリタ・マリーア・スフォルツァは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。
年表
1493年1月26日
ミラノで生(1494年2月13日)。
1501年
イスキアまたはバーリで死。
外部リンク
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

イザベッラ・ボスケッティ Isabella Boschetti

生没:1500年頃~1560年
父:ヤコポ・ボスケッティ
母:ポリッセーナ・カスティリオーネ
夫:フランチェスコ・カウッツィ・ゴンザーガ
  フィリッポ・トルニエッリ
男:フェデリーコ2世・ゴンザーガ
子:アレッサンドロ・ディ・フェデリーコ・ゴンザーガ
  エミーリア・カウッツィ・ゴンザーガ
概要
 イザベッラ・ボスケッティは、16世紀頃のイタリアの女性。
年表
1542年
フィリッポ・トルニエッリと結婚。
別表記
 ラ・ボスケッタ
外部リンク
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 SAN CESARIO.NET
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』

フアン・デ・ボルハ・イ・カストロ Juan de Borja

生没:1533~1606年9月3日
出身:ベイプッチ
父:フランシスコ・デ・ボルハ
母:レオノール・デ・カストロ
妻:ロレンサ・デ・オナス
  フランシスカ・デ・アラゴン
子:レオノール・デ・ボルハ
  マグダレーナ・デ・ボルハ
  フランシスカ・デ・ボルハ
  フアナ・デ・ボルハ
  フランシスコ・デ・ボルハ・イ・アラゴン
  アントーニオ・デ・ボルハ
  カルロス・デ・ボルハ
  フェルナンド・デ・ボルハ
  ロドリゴ・デ・ボルハ
概要
 フアン・デ・ボルハは、16世紀~17世紀のスペインの男性。
チェーザレ・ボルジア数
 父フランシスコ・デ・ボルハ→父フアン・デ・ボルハ・イ・エンリケス→父フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
外部リンク
 Wikipedia

フアン・デ・トルクマーダ Juan de Torquemada

生没:1388年~1468年
在位:枢機卿 1439年12月18日~1468年
       任命した教皇:エウゲニウス4世
概要
 ローマ近郊スビアーコのベネディクト会S. Scolastica修道院院長。
年表
1464年
自身が招いたドイツ人印刷業者Conrad SweynheimArnold Pannartzが、イタリアに初めて聖なる技術、活版印刷術を伝える。
外部リンク
 GCatholic.com
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ロレンツォ・チーボ Lorenzo Cibo

生没:1500年7月28日~1549年3月14日
父:フランチェスケット・チーボ
母:マッダレーナ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチ
妻:リッチャルダ・マラスピーナ
子:アルベリーコ・チーボ
  エレオノーラ・チーボ
  ジューリオ・チーボ
  チェーザレ・チーボ
  ジューリア・チーボ
  オッタヴィオ・チーボ
概要
 ロレンツォ・チーボは、16世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ルドヴィーコ・ディ・ジャンフランチェスコ・ゴンザーガ Ludovico Gonzaga

生没:1480年?~1540年6月
出身:ボッツォーロ
没地:サッビオネータ
父:ジャンフランチェスコ・ゴンザーガ
子:イッポーリタ・ディ・ルドヴィーコ・ゴンザーガ
  ジューリア・ゴンザーガ
概要
 ルドヴィーコ・ゴンザーガはイタリアの傭兵隊長。
外部リンク
 Condottieri di ventura
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

マリオ・エクイコーラ Mario Equicola

生没:1470年~1525年7月26日
出身:アルヴィート
没地:マントヴァ
概要
 マリオ・エクイコーラは人文主義者、著作家。
年表
1470年
この年頃、ラツィオのフロジノーネ近郊アルヴィートに生(~1524年)。
1525年
De natura de amore(愛の本質について)をヴェネツィアで刊行。
1525年7月26日
マントヴァで死。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia

マルシリオ・トレッリ Marsilio Torelli

生没:~1489年8月15日
出身:モンテキアルーゴロ
没地:キエーティ
父:クリストフォロ1世・トレッリ
母:タッデア・ピオ
妻:パオラ・セッコ
子:クリストフォロ2世・トレッリ
  フランチェスコ1世・トレッリ
  バルバラ・トレッリ
  オルシーナ・トレッリ
  エットーレ・トレッリ
概要
 マルシリオ・トレッリはイタリアの傭兵隊長。
別表記
 モンテキァルゴロ伯マルシーリオ・ディ・クリストフォロ・トレッリ
外部リンク
 Condottieri di ventura
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

ニッコロ2世・デステ Niccolò II d'Este

生没:1338年~1388年3月26日
在位:フェッラーラ候 1361年~1388年3月26日
    先代:アルドブランディーノ3世・デステ
    次代:アルベルト5世・デステ
父:オビッツォ3世・デステ
妻:ヴェルデ・デッラ・スカーラ
概要
 ニッコロ2世・デステは、14世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『Lucretia Borgia

ピエトロ・ダル・ヴェルメ Pietro dal Verme

生没:1445年~1485年10月17日
父:ルイジ・ダル・ヴェルメ
母:ルキナ・ブッソーネ
妻:カミッラ・デル・マイーノ
  キアラ・スフォルツァ
子:フランチェスコ・ダル・ヴェルメ
概要
 ピエトロ・ダル・ヴェルメはイタリアの傭兵隊長。
年表
1468年
カミッラ・デル・マイーノと結婚。
1480年
キアラ・スフォルツァと結婚。
外部リンク
 Condottieri di ventura
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

ラッファエーレ・デ・パッツィ Raffaele de' Pazzi

生没:1471年9月10日~1512年4月11日
出身:フィレンツェ
没地:ラヴェンナ
父:ジョヴァンニ・デ・パッツィ
母:ベアトリーチェ・ボッロメオ
概要
 ラッファエーレ・デ・パッツィはイタリアの傭兵隊長。
別表記
 Raffaele dei Pazzi
外部リンク
 Condottieri di ventura
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Treccani
 Wikipedia
参考文献
 『The Life of Cesare Borgia

リナルド・オルシーニ Rinaldo Orsini

生没:?~1450年7月13日
没地:ピオンビーノ
在位:ピオンビーノの君主 1445年~1450年
    次代:カテリーナ・ダッピアーノ
父:ヤコポ・オルシーニ
母:イザベッラ・ダ・マルツァーノ
妻:カテリーナ・ディ・フィリッポ・サンセヴェリーノ
  カテリーナ・ダッピアーノ
概要
 リナルド・オルシーニはイタリアの傭兵隊長。
外部リンク
 Condottieri di ventura
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ガスパーレ・サンセヴェリーノ Gaspare Sanseverino

生没:1455年~1519年5月
没地:ローマ
父:ロベルト・サンセヴェリーノ
母:ジョヴァンナ・ダ・コッレッジオ
妻:マルゲリータ・ピオ
子:ジャンフランチェスコ・サンセヴェリーノ
概要
 ガスパーレ・サンセヴェリーノはイタリアの傭兵隊長。
年表
1481年~1483年
フェッラーラエステ家ロンバルディアではミラノ公国と敵対するヴェネツィア共和国に雇われる。
別表記
 グァスパッリ、フラカッサ、フラカッソ、GuasparriFracassaGasparo Sanseverino
外部リンク
 Condottieri di ventura
 kleio.org
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Treccani
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア史』
 『フィレンツェ史』
 『The Life of Cesare Borgia

ロベルト・ディ・ジョヴァンニ・サンセヴェリーノ Roberto Sanseverino

生没:1430年頃~1474年12月2日
在位:サレルノの君主 1460年~
父:ジョヴァンニ・サンセヴェリーノ
妻:ライモンディーナ・オルシーニ・デル・バルツォ
子:アントネッロ・サンセヴェリーノ
  ジョヴァンナ・サンセヴェリーノ
概要
 ロベルト・サンセヴェリーノは、15世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア史』

ステファノ・コロンナ・イル・ジョーヴァネ Stefano Colonna

生没:~1347年
父:ステファノ・コロンナ・イル・ヴェッキオ
子:ジョヴァンニ・コロンナ
  ステファネッロ・コロンナ
  ヤコポ・コロンナ
  ピエトロ・コロンナ
概要
 ステファノ・コロンナは、14世紀頃のイタリアの男性。
別表記
 Stefano Colonna the Younger
外部リンク
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Treccani
 Wikipedia
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンスの歴史』

ステファノ・ヴィスコンティ Stefano Visconti

生没:1282年~1337年7月4日
父:マッテオ1世・ヴィスコンティ
妻:ヴァレンティーナ・ドーリア
子:マッテオ2世・ヴィスコンティ
  ガレアッツォ2世・ヴィスコンティ
  ベルナボ・ヴィスコンティ
概要
 ステファノ・ヴィスコンティは、13世紀~14世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 世界帝王事典
 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

フラ・カルネヴァーレ Fra Carnevale

生没:1420/1425年頃~1484年
出身:ウルビーノ
没地:ウルビーノ
概要
 フラ・カルネヴァーレは、イタリアの画家。
外部リンク
 Wikipedia

ジローラモ・マッツォラ・ベドリ Girolamo Mazzola Bedoli

生没:1500年~1569年
概要
 ジローラモ・マッツォラ・ベドリは、イタリアの画家。
外部リンク
 Wikipedia

ヴィットーレ・ベルリニアーノ Vittore Belliniano

生没:1456年頃~1529年
概要
 ヴィットーレ・ベルリニアーノは、ルネサンス期のイタリアの画家。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルネッサンスの光と闇』

バルトロメオ・ディ・ジョヴァンニ Bartolomeo di Giovanni

生没:1458年~1501年頃
出身:フィレンツェ
概要
 バルトロメオ・ディ・ジョヴァンニは、イタリアの画家。
外部リンク
 Wikipedia

ザネット・ブガット Zanetto Bugatto

概要
 ザネット・ブガットは、宮廷肖像画家。
別表記
 ブガッティ
外部リンク
 kleio.org
 Wikipedia
参考文献
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』

バスティアーノ・ダ・サンガッロ Bastiano da Sangallo

生没:1481年~1551年5月31日
概要
 バスティアーノ・ダ・サンガッロは、イタリアの彫刻家、画家。
別表記
 バスティアーノ・ディ・サン・ガッロ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家の人びと』
 『銀色のフィレンツェ』
 『ルネサンス宮廷大全』

ヒエロニムス・ボス Hieronymus Bosch

生没:1450年頃~1516年8月9日
出身:ネーデルランド、ス・ヘルトーヘンボス
没地:ネーデルランド・ブラバント、スヘルトーヘンボス(現オランダ)
概要
 ヒエロニムス・ボスは、画家。
本名
 Hieronymus van Aeken
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ジョヴァンニ・サンティ Giovanni Santi

生没:1435年頃~1494年8月1日
子:ラッファエッロ
概要
 ジョヴァンニ・サンティは、15世紀のイタリアの画家。
別表記
 ジョヴァンニ・サンツィ
外部リンク
 Art cyclopedia
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

ダマスコのイオアン Ιωάννης Δαμασκήνος

生没:676年頃~749年12月4日
概要
 ダマスコのイオアンは、7世紀~8世紀の男性。
作品
 Sacra Parallela
別表記
 Iohannes Damascenus
外部リンク
 ウィキペディア

プラクシテレス Πραξιτέλης

父:大ケフィソドトス
概要
 プラクシテレスは、紀元前4世紀のアッティカの男性、彫刻家。
 大理石の質感を活かして女性像を優美に表現することに長けていたと言われ、初めて等身大の裸体の女神像を制作した彫刻家でもあった。
作品
 クニドスのアプロディテ
別表記
 Praxiteles
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『ルネサンス精神の深層』

ジュゼッペ・アルチンボルド Giuseppe Arcimboldo

生没:1527年~1593年
出身:ミラノ
概要
 ジュゼッペ・アルチンボルドは、画家。
作品
 四季
 四大元素
 ウェルトゥムヌスとしてのルドルフ2世
 司書
外部リンク
 ウィキペディア
 ヤン・シュヴァンクマイエルの食卓
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』

スティーヴン・ホーズ Stephen Hawes

生没:1474年頃~1523年
出身:サフォーク?
概要
 スティーヴン・ホーズは、15世紀~16世紀の男性。
著作
 『快楽の戯れ
外部リンク
 Wikipedia

プルデンティウス Prudentius

生没:348年~413年頃
概要
 プルデンティウスは、4世紀~5世紀の男性。
著作
 『霊魂の戦い
別表記
 アウレリウス・プルデンティウス、Aurelius Prudentius Clemens
外部リンク
 Wikipedia

フェリーチェ・ロマーニ Felice Romani

生没:1788年1月31日~1865年1月28日
概要
 フェリーチェ・ロマーニは、18世紀~19世紀の男性。
著作
 『ルクレツィア・ボルジア
外部リンク
 ウィキペディア

フェルディナンド・グレゴロヴィウス Ferdinand Gregorovius

著作
 『Lucretia Borgia
別表記
 グレゴロビウス
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『The Life of Cesare Borgia

ヘシオドス σοδος

生没:紀元前750年頃~650年頃
著作
 神統記
別表記
 Hesiod
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『世界大百科事典』

レオーネ・エブレオ Leone Ebreo

生没:1460年頃~1530年頃
出身:リスボン
没地:ナポリ
概要
 レオーネ・エブレオは、15世紀~16世紀の男性。
著作
 『愛の対話』
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンス精神の深層』

ヤコブス・ティポティウス Jacobus Typotius

生没:1540年~1601年
概要
 ヤコブス・ティポティウスは、16世紀~17世紀の男性。
著作
 『神と人間の象徴
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イコノロジー研究

ラバヌス・マウルス Rabanus Maurus

生没:780年頃~856年2月4日
出身:マインツ
没地:マインツ
概要
 ラバヌス・マウルスは、8世紀~9世紀の男性。
著作
 『百科全書
参考文献
 『イコノロジー研究
外部リンク
 Wikipedia

フランキーノ・ガッフーリオ Franchino Gaffurio

生没:1451年1月14日~1522年6月25日
出身:ローディ
没地:ミラノ
概要
 フランキーノ・ガッフーリオは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、音楽理論家。
著作
 『音楽提要
別表記
 ガフリウス、Franchinus Gaffurius
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ルネサンスの華』

プラウトゥス Plautus

生没:紀元前254年~紀元前184年
概要
 プラウトゥスは、紀元前3世紀~紀元前2世紀の男性。
著作
 『空論家』
関連項目
 The Borgias: 104
別表記
 プラウトゥース、プラウトウス
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia

ルクレティウス Lucretius

生没:紀元前99年頃~紀元前55年
概要
 ルクレティウスは、紀元前1世紀の男性、ローマ共和政末期の詩人、哲学者。
著作
 『事物の本性について
正式名
 ティトゥス・ルクレティウス・カルス、Titus Lucretius Carus
外部リンク
 ウィキペディア

ヴィンチェンツオ・カルターリ Vincenzo Cartari

生没:1531年~1571年頃
没地:レッジョ・エミリア
概要
 ヴィンチェンツオ・カルターリは、16世紀のイタリアの男性、神話学者、外交官。
著作
 『古代の神々の像について
別表記
 ヴィンツェンツォ
外部リンク
 Wikipedia

エウリピデス Ευριπίδης

生没:紀元前480年頃~紀元前406年頃
概要
 エウリピデスは、紀元前5世紀の男性。
著作
 メデイア
 アンドロマケ
 アウリスのイピゲネイア
別表記
 Euripides
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『サイレント・マイノリティ』
 『ルネサンスの華』

セバスティアーノ・セルリオ Sebastiano Serlio

生没:1475年9月6日~1554年頃
概要
 セバスティアーノ・セルリオは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
著作
 建築論
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』

レミギウス Remigius

生没:841年頃~908年
概要
 レミギウスは、9世紀~10世紀の男性。
著作
 『マルティアヌス・カペラについての注解
別表記
 RémiRémy
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『イコノロジー研究

エルヴィン・パノフスキー Erwin Panofsky

生没:1892年3月30日~1968年3月14日
概要
 エルヴィン・パノフスキーは、19世紀~20世紀の男性。
著作
 『イコノロジー研究』
関連項目
 『イコノロジー研究』図版集
外部リンク
 ウィキペディア
 成城大学大学院文学研究科

マイケル・スコット Michael Scot

生没:1175年~1232年頃
概要
 マイケル・スコットは、12世紀~13世紀の男性。
著作
 Astrologia cum Figuris
 Super Auctorem Spherae
 De Sole et Luna
 De Chiromantia
 De Physiognomia et de Hominis Procreatione
外部リンク
 ウィキペディア

ガイウス・プリニウス・セクンドゥス Gaius Plinius Secundus

生没:22/23年~79年8月24日
概要
 ガイウス・プリニウス・セクンドゥスは、1世紀の男性。
著作
 『博物誌
別表記
 大プリニウス、老プリニウス
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『ルネサンスの華』
 『ルネサンス精神の深層』

トマズィン・フォン・ツェルクラエレ Thomasîn von Zerclaere

生没:1186年頃~1245年頃
出身:フリウリ
没地:アクイレイア
概要
 トマズィン・フォン・ツェルクラエレは、12世紀~13世紀の男性。
著作
 『イタリア人客
別表記
 トマス・フォン・ツェルクラエレ、トマジン、トーマジン、トマスィン・フォン・ツィルクレーレ、Thomasin von Zerclaere
外部リンク
 Wikipedia

ヨハンネス・デ・サクロボスコ Johannes de Sacrobosco

生没:1195年頃~1236年頃
概要
 ヨハンネス・デ・サクロボスコは、12世紀~13世紀の男性。
著作
 『天球論
別表記
 ジョン・オブ・ハリウッド、ジョヴァンニ・デ・サクロ・ボスコ
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『ルネサンス宮廷大全』

ウィトルウィウス Vitruvius

生没:紀元前80年/70年~紀元前25年
概要
 ウィトルウィウスは、紀元前1世紀の男性。
著作
 『建築について
正式名
 マルクス・ウィトルウィウス・ポリオ(Marcus Vitruvius Pollio
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『イコノロジー研究
 『戦闘技術の歴史2 中世編』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンス精神の深層』

フランチェスコ・ダ・バルベリーノ Francesco da Barberino

生没:1264年~1348年
出身:バルベリーノ・ヴァル・デルサ
没地:フィレンツェ
概要
 フランチェスコ・ダ・バルベリーノは、13世紀~14世紀のイタリアの男性。
著作
 愛の神についての記録
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イコノロジー研究
 『ルネサンス宮廷大全』

フランチェスコ・ベルリンギエリ Francesco Berlinghieri

生没:1440年~1501年
概要
 フランチェスコ・ベルリンギエリは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
著作
 地誌
外部リンク
 corbis
 THE BORGIAS wiki
 Wikipedia

ヒッポのアウグスティヌス Augustine of Hippo

生没:354年11月13日~430年8月28日
概要
 ヒッポのアウグスティヌスは、4世紀~5世紀の男性。
著作
 『告白
 ?年~417年『三位一体論』
 ?年~419年『ヨハネ福音書注解』
 ?年~426年『神の国』
本名
 Aurelius Augustinus
関連項目
 The Borgias: 101, 106
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『西洋美術解読事典』
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンス精神の深層』
 『ルネサンスの華』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』
 『Eros the Bittersweet
 『Lucretia Borgia

カテリーナ・コロンナ Caterina Colonna

生没:~1438年
出身:フォンディ
父:ロレンツォ・オノフリオ・コロンナ
母:スヴェヴァ・カエターニ
夫:グイダントーニオ・ダ・モンテフェルトロ
子:ピエトロ・ダ・モンテフェルトロ
  アニェーゼ・ディ・グイダントーニオ・ダ・モンテフェルトロ
  オッダントーニオ・ダ・モンテフェルトロ
  ヴィオランテ・ダ・モンテフェルトロ
  スヴェヴァ・ダ・モンテフェルトロ
  ラッファエーレ・マリーア・ダ・モンテフェルトロ
概要
 カテリーナ・コロンナは、15世紀頃のイタリアの女性。
外部リンク
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

カテリーナ・ピコ Caterina Pico

生没:1454年~1501年
父:ジャンフランチェスコ1世・ピコ
母:ジューリア・ボイアルド
夫:レオネッロ・ピオ
  リドルフォ・ゴンザーガ
子:アルベルト3世・ピオ
  パオラ・ゴンザーガ
  ジャンフランチェスコ・ディ・リドルフォ・ゴンザーガ
  ルクレツィア・ゴンザーガ
  バルバラ・ゴンザーガ
  ジューリア・ゴンザーガ
  アロイジオ・ゴンザーガ
概要
 カテリーナ・ピコは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。
外部リンク
 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree
 Wikipedia

チェーザレ1世・ゴンザーガ Cesare I Gonzaga

生没:1530年~1575年2月15日
没地:グアスタッラ
在位:アマルフィ公 15??年~1575年
    先代:アルフォンソ2世・トデスキーニ
    次代:フェッランテ2世・ゴンザーガ
父:フェッランテ・ゴンザーガ
子:マルゲリータ・ディ・チェーザレ・ゴンザーガ
概要
 チェーザレ1世・ゴンザーガは、16世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 世界帝王事典
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Treccani.it
 Wikipedia

エレオノーラ・ディ・ヴィンチェンツォ・ゴンザーガ Eleonora Gonzaga

生没:1598年~1655年
父:ヴィンチェンツォ・ゴンザーガ
母:エレオノーラ・デ・メディチ
夫:皇帝フェルディナンド2世
概要
 エレオノーラ・ゴンザーガは、16世紀~17世紀の女性。
外部リンク
 ウィキペディア
 Find A Grave
 Find A Grave
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
参考文献
 『メディチ家の人びと』

エレオノーラ・デリ・アルビッツィ Eleonora degli Albizzi

生没:1543年~1634年3月19日
父:ルイジ・ディ・マーゾ・デリ・アルビッツィ
母:ナンニーナ・ソデリーニ
夫:カルロ・パンチァティキ
男:コジモ1世・デ・メディチ
子:ジョヴァンニ・ディ・コジモ・デ・メディチ
  コジモ・パンチァティキ
  バルトロメオ・パンチァティキ
概要
 コシモ・デ・メディチの愛人。カミッラ・マルテッリとは従姉妹同士。
年表
 1567年 カルロ・パンチァティキと結婚。
別表記
 レオノーラ
外部リンク
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』

フランチェスコ・デステ Francesco d'Este

生没:1516年11月1日~1578年2月22日
出身:フェッラーラ
没地:フェッラーラ
在位:マッサロンバルダ侯
父:アルフォンソ1世・デステ
母:ルクレツィア・ボルジア
妻:マリーア・ディ・カルドーナ
概要
 フランチェスコ・デステは、16世紀のイタリアの男性。
チェーザレ・ボルジア数
 母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
外部リンク
 世界帝王事典
 JDA's Family Tree
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia

フランチェスコ・タッデイ Francesco Taddei

在位:正義の旗手 1491年9月~10月、1502年5月~6月
父:アントーニオ・タッデイ
子:タッデオ・タッデイ
概要
 フランチェスコ・タッデイは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。
年表
1491年9月~10月
正義の旗手
1494年?
シャルル8世により、騎士に叙せられる。
1502年5月~6月
正義の旗手
別表記
 フランチェスコ・ダントーニオ・ディ・タッデオ、フランチェスコ・ディ・アントーニオ・タッデオ、タッデイ、Francesco d'Antonio di TaddeoFrancesco di Antonio Taddei
外部リンク
 Wikipedia - Taddei
参考文献
 『フィレンツェ史』

ジョルダーノ・ブルーノ Giordano Bruno

生没:1548年~1600年2月17日
概要
 ジョルダーノ・ブルーノは、16世紀~17世紀のイタリアの男性、哲学者、ドミニコ会修道士。
年表
1548年1月
この月?、ナポリ近郊ノーラに生。
1584年
De l' infinito universo e mondi(無限宇宙と諸世界について)をロンドンで刊。
1584年
De la causa, principio et uno(原因、原理及び一者について)をロンドンで刊。
1600年2月17日
異端としてローマで火刑死。
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』

ジョヴァンニ・カピストラーノ Giovanni Capistrano

生没:1386年~1456年10月23日
概要
 フランシスコ会修道士、説教師、神学者。
年表
1456年7月14日~7月21/22日
ハンガリー制圧を狙ってNándor Fehérvár(現ベオグラード)を襲撃してきたマホメッド2世指揮のオスマン・トルコの大軍に対し、教皇使節である自身らの呼びかけに応じて結集した貧農、貧民、学生らからなる大軍が、フンヤディ指揮の教会軍と共に十字軍を構成して勝利を収め、ハンガリーを防衛。
1456年8月11日
フンヤディ、ペストで死。
1456年10月23日
ペストで死。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『イタリア・ルネサンスの文化』

ジョヴァンニ・ディ・コジモ・デ・メディチ Giovanni de' Medici

生没:1567年5月13日~1621年7月19日
出身:フィレンツェ
没地:ムラーノ
父:コジモ1世・デ・メディチ
母:エレオノーラ・デリ・アルビッツィ
概要
 ジョヴァンニ・デ・メディチは、16世紀~17世紀のイタリアの男性。
肖像
 ジョヴァンニ・デ・メディチのメダル
チェーザレ・ボルジア数
 きょうだいルクレツィア・ディ・コジモ・デ・メディチ→夫アルフォンソ2世・デステ→父エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
外部リンク
 Genealogy.EU
 Wikipedia

ジョヴァンニ・コロンナ Giovanni Colonna

生没:1295年頃~1348年7月3日
在位:枢機卿 1327年12月18日~1348年7月3日
       任命した教皇:ヨハネス22世
父:ステファノ・コロンナ・イル・ヴェッキオ
概要
 枢機卿。フランチェスコ・ペトラルカが仕えたことで知られる。
外部リンク
 GCatholic.com
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia
参考文献
 『君主論』
 『ルネサンスの歴史』
 『イタリア・ルネサンスの文化』

ジョヴァンニ・デ・パッツィ Giovanni de' Pazzi

生没:1439年10月26日~1481年
父:アントーニオ・デ・パッツィ
母:ニコローサ・デリ・アレッサンドリ
妻:ベアトリーチェ・ボッロメオ
子:アンドレア・デ・パッツィ
  ガレオット・デ・パッツィ
  ラッファエーレ・デ・パッツィ
  オレッタ・デ・パッツィ
概要
 ジョヴァンニ・デ・パッツィは、15世紀のイタリアの男性。
年表
1439年10月26日
生。
1481年
ヴォルテッラの牢獄にて、没。
外部リンク
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『フィレンツェ史』
 『メディチ家の人びと』

ギヨーム・ブリソンネ Guillaume Briçonnet

生没:1445年~1514年12月14日
在位:枢機卿 1495年1月16日~1514年12月14日
       任命した教皇:アレクサンデル6世
概要
 ギヨーム・ブリソンネは、15世紀~16世紀の男性、フランス王シャルル8世の主席大臣サン・マロ枢機卿。
別表記
 グリエルモ・ブリソネット、Guglielmo BrissonetSan Malò
外部リンク
 GCatholic.com
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア史』
 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia

ルカ・ランドゥッチ Luca Landucci

生没:1436年?~1516年
出身:フィレンツェ
没地:フィレンツェ
父:アントーニオ・ランドゥッチ
妻:サルヴェストーラ・パーニ
概要
 ルカ・ランドゥッチは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、フィレンツェの薬種業者、年代記作家。祖父は同名のルカ・ランドゥッチ。
著作
 『フィレンツェ日誌』(Diario fiorentino
年表
1436年
この年?、フィレンツェに生(1435年)。
1516年6月2日
この日以前、、フィレンツェで死。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

マラテスタ4世・マラテスタ Malatesta IV Malatesta

生没:1370年~1429年12月19日
父:パンドルフォ2世・マラテスタ
母:パオラ・オルシーニ
妻:エリザベッタ・ダ・ヴァラーノ
子:ガレアッツォ・マラテスタ
  ガレオット・マラテスタ
  カルロ・マラテスタ
  パオラ・マラテスタ
  クレオファ・マラテスタ
  パンドルフォ・マラテスタ
  タッデア・マラテスタ
概要
 マラテスタ4世・マラテスタはイタリアの傭兵隊長。
別表記
 マラテスタ・デ・マラテスティ
外部リンク
 Condottieri di ventura
 Geneanet
 Wikipedia
参考文献
 『ルネッサンス夜話』

マヌエル2世・パレオロゴス Μανουήλ Β' Παλαιολόγος

生没:1350年6月27日~1425年7月21日
在位:東ローマ帝国皇帝 1391年~1425年
父:ヨハネス5世・パレオロゴス
母:ヘレネー・カンタクゼネ
妻:ヘレネ・ドラガシュ
子:ヨハネス8世・パレオロゴス
  コンスタンティノス・パレオロゴス
  テオドロス2世・パレオロゴス
  アンドロニコス・パレオロゴス
  コンスタンティノス11世・パレオロゴス
  ミカエル・パレオロゴス
  デメトリオス・パレオロゴス
  トマス・パレオロゴス
  ザビア・パレオロゴス
概要
 マヌエル2世・パレオロゴスは、14世紀~15世紀の男性。
外部リンク
 ウィキペディア
 Genealogy.EU

マグリット・ド・ナヴァール Marguerite de Navarre

生没:1492年~1549年
父:アングレーム伯シャルル・ドルレアン
夫:シャルル・ダランソン
  ナヴァール王アンリ・ダルブレ
子:ジャンヌ・ダルブレ
概要
 マグリット・ド・ナヴァールは、15世紀~16世紀の女性。人文主義者や宗教改革者の保護者(「フランス・ルネサンスの母」)で自らも人文主義者
年表
1492年4月11日
フランス中西部アングレームに生。
外部リンク
 ウィキペディア
 Genealogy.EU
参考文献
 『カトリーヌ・ド・メディシス』
 『世界大百科事典』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』

オッダントーニオ・ダ・モンテフェルトロ Oddantonio da Montefeltro

生没:1428年~1444年7月22日
出身:ウルビーノ
在位:ウルビーノ伯 1443年~1444年7月22日
    先代:グイダントーニオ・ダ・モンテフェルトロ
    次代:フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ
   グッビオ伯 1443年~1444年7月22日
父:グイダントーニオ・ダ・モンテフェルトロ
母:カテリーナ・コロンナ
妻:イゾッタ・デステ
概要
 オッダントーニオ・ダ・モンテフェルトロは、15世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

オッタヴィオ・デ・メディチ Ottavio de' Medici

生没:1484年7月11日~1546年5月28日
父:ロレンツォ・ディ・ベルナルデット・デ・メディチ
妻:バルトロメア・ジューニ
  フランチェスカ・サルヴィアーティ
子:ベルナルド・デ・メディチ
  レオ11世
  コンスタンツァ・デ・メディチ
概要
 オッタヴィオ・デ・メディチは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
年表
1533年
フランチェスカ・サルヴィアーティと結婚。
別表記
 オッタヴィアーノ、Ottaviano
外部リンク
 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『フィレンツェ史』
 『メディチ家』

パッラ・ストロッツィ Palla Strozzi

生没:1372年~1462年5月8日
出身:フィレンツェ
没地:パドヴァ
父:オノフリオ・ストロッツィ
母:アレッサンドラ・カヴァルカンティ
妻:マリーア・ストロッツィ
  ?・ブランカッチ
子:ロレンツォ・ストロッツィ
  オノフリオ・ストロッツィ
  ティータ・ストロッツィ
  ジャンフランチェスコ・ストロッツィ
  カルロ・ストロッツィ
  バルトロメオ・ストロッツィ
  マルゲリータ・ストロッツィ
  レーナ・ストロッツィ
  ジネヴラ・ストロッツィ
  ヤコパ・ストロッツィ
  タンチア・ストロッツィ
概要
 パッラ・ストロッツィは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Treccani.it
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『メディチ家』

ロベルト・ヴァルトゥリオ Roberto Valturio

生没:1405年~1475年
概要
 ロベルト・ヴァルトゥリオは著作家。
年表
1472年
印刷業者Giovanni da Verona、ヴェローナに開設した印刷所から初の印刷本、ロベルト・ヴァルトゥリオのDe re militari(軍事論:1460年執筆)を刊行。
外部リンク
 De re militari - Google Books
 Ingenious
 The Metropolitan Museum of Art
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

ロッソ・フィオレンティーノ Rosso Fiorentino

生没:1494年3月8日~1540年11月14日
出身:フィレンツェ
没地:フォンテーヌブロー
概要
 ロッソ・フィオレンティーノは、画家、装飾家。
年表
1494年3月8日
フィレンツェに生(1495年)。
1540年11月14日
パリ郊外フォンテーヌブローで死。
本名
 Giovanni Battista di Iacopo
別表記
 Il Rosso Fiorentino
外部リンク
 ウィキペディア
 Art cyclopedia
 Treccani.it
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

アルベルト5世・デステ Alberto V d'Este

生没:1347年2月27日~1393年7月30日
在位:フェッラーラ候 1388年~1393年7月30日
    先代:ニッコロ2世・デステ
    次代:ニッコロ3世・デステ
父:オビッツォ3世・デステ
子:ニッコロ3世・デステ
概要
 アルベルト5世・デステは、14世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 世界帝王事典
 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『Lucretia Borgia

バルバラ・トレッリ Barbara Torelli

生没:1475年頃~1533年11月7日
出身:モンテキアルーゴロ
没地:ボローニャ
父:マルシリオ・トレッリ
母:パオラ・セッコ
夫:エルコーレ・ベンティヴォーリオ
  エルコーレ・ストロッツィ
子:ジネヴラ・ベンティヴォーリオ
  コスタンツァ・ディ・エルコーレ・ベンティヴォーリオ
  ジューリア・ストロッツィ
概要
 バルバラ・トレッリは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。
外部リンク
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia

ベルナルド・ダ・ヴァラーノ Bernardo da Varano

生没:~1434年7月12日
父:リドルフォ3世・ダ・ヴァラーノ
子:ジョヴァンニ・フィリッポ・ダ・ヴァラーノ
  バルトロメオ・ダ・ヴァラーノ
  アンソヴィーノ・ダ・ヴァラーノ
概要
 ベルナルド・ダ・ヴァラーノは、15世紀頃のイタリアの男性。
年表
1433年
兄弟ジョヴァンニ2世・ダ・ヴァラーノを暗殺させる(1434年)。
1433年9月6日
兄弟ジェンティーレ・パンドルフォ・ダ・ヴァラーノと図って、レカナーティにて、兄弟ピエルジェンティーレ1世・ダ・ヴァラーノを暗殺させる(1434年)。
1434年7月12日
トレンティーノにて、民衆に殺される。
外部リンク
 Wikipedia - Eccidio dei Varano
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ルネッサンス夜話』

ボーナ・スフォルツァ Bona Sforza

生没:1494年2月2日~1557年11月19日
出身:ヴィジェヴァーノ
没地:バーリ
父:ジャン・ガレアッツォ・スフォルツァ
母:イザベッラ・ダラゴーナ
夫:ジグムント1世・ヤギェウォ
概要
 ボーナ・スフォルツァは、15世紀~16世紀の女性。
外部リンク
 ウィキペディア
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Treccani
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』

カルロ1世・ダンジオ Carlo I d'Angiò

生没:1226年3月21日~1288年
在位:シチリア王 1266年~1282年
    先代:マンフレディ
   ナポリ王 1266年~1285年
    次代:カルロ2世・ダンジオ
子:カルロ2世・ダンジオ
概要
 カルロ1世・ダンジオは、13世紀の男性。
別表記
 シャルル・ダンジュー(Charles d'Anjou)
外部リンク
 ウィキペディア
 歴史データベース
 Genealogy.EU
参考文献
 『イタリア史』
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『傭兵の二千年史』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの歴史』

エルンスト・フォン・ヴェッティン Ernst von Wettin

生没:1441年3月24日~1486年8月26日
在位:ザクセン選帝侯 1464年~1486年
概要
 エルンスト・フォン・ヴェッティンは、15世紀の男性。
年表
1480年3月22日
ブラウンシュヴァイク侯ヴィルヘルム1世とヴィルヘルム・フォン・ヘンネベルクと共に、2百の騎士を伴い、この日ローマに到着。パリオーネ地区の屋敷に宿泊し、教皇シクストゥス4世の歓待を受け、ジローラモ・リアリオからはマリアーナでの狩りが催される。
1480年4月14日
ローマ出発。
外部リンク
 ウィキペディア
 世界帝王事典
参考文献
 『Lucretia Borgia

フランチェスカ・カッチーニ Francesca Caccini

生没:1587年9月18日~
父:ジューリオ・カッチーニ
母:ルチア・ガニョランティ
概要
 フランチェスカ・カッチーニは、16世紀頃のイタリアの女性、作曲家、声楽家、リュート奏者、音楽教師。
別表記
 La Cecchina
外部リンク
 ウィキペディア
 Find A Grave
 Journal Publishing Services - Pompeo Caccini and Euridice
 Magnificat
 The Medici Archive Project
参考文献
 『Pompeo Caccini and Euridice

ジャン・ヴィンチェンツォ・ゴンザーガ Gian Vincenzo Gonzaga

生没:1540年9月8日~1591年12月23日
出身:パレルモ
没地:ローマ
在位:枢機卿 1578年2月21日~
       任命した教皇:グレゴリウス13世
父:フェッランテ・ゴンザーガ
概要
 ジャン・ヴィンチェンツォ・ゴンザーガは、16世紀のイタリアの男性、聖職者、枢機卿。
外部リンク
 GCatholic.com
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia
参考文献
 『Lost Girls

ヤコポ・アンマンナーティ Jacopo Ammannati

生没:1422年3月8日~1479年9月10日
出身:ペッシャ
没地:ボルセーナ
在位:枢機卿 1461年12月18日~1479年9月10日
       任命した教皇:ピウス2世
概要
 ヤコポ・アンマンナーティは、15世紀のイタリアの男性、聖職者、枢機卿。
年表
1460年6月8日
シエナテリアッチ宮殿の庭園で、ロドリゴ・ボルジア枢機卿が開いた乱痴気騒ぎの宴会に参加。
別表記
 Giacomo Ammannati Piccolomini
外部リンク
 GCatholic.org
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia
参考文献
 『The Life of Cesare Borgia

ルキナ・デッラ・ローヴェレ Luchina della Rovere

生没:1451年~1515年
父:ラッファエーレ・デッラ・ローヴェレ
母:テオドーラ・マニローロ
夫:ガブリエッロ・ガラ
  ジャンフランチェスコ・フランチオッティ
子:ルクレツィア・ガラ
  ニッコロ・フランチオッティ
  ラッファエッレ・フランチオッティ
  ガレオット・フランチオッティ
概要
 ルキナ・デッラ・ローヴェレは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。
別表記
 ルチーナ、Lucchina
外部リンク
 世界帝王事典
 JDA's Family Tree
 RootsWeb.com
 Wikipedia

ルドヴィーコ・ピコ Ludovico Pico

生没:1472年~1509年12月15日
出身:ミランドラ
在位:ミランドラの君主 1504年~1509年12月15日
父:ガレオット・ピコ
母:ビアンカ・マリーア・デステ
妻:フランチェスカ・トリヴルツィオ
子:ガレオット2世・ピコ
概要
 ルドヴィーコ・ピコはイタリアの傭兵隊長。
別表記
 ロドヴィーコ・ピーコ、Lodovico Pico della Mirandola
外部リンク
 Condottieri di ventura
 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ルネサンスの華』
 『The Life of Cesare Borgia

マルコ・ポーロ Marco Polo

生没:1254年9月15日~1324年1月8日
出身:ヴェネツィア
概要
 マルコ・ポーロは、13世紀~14世紀の男性、旅行家。
年表
1271年
東方旅行の出発(-95)
1295年
中国から帰国
1299年
『東方見聞録』
1477年
マルコ・ポーロの遺作Le divisament dou monde(世界の叙述=東方見聞録)の最初の印刷本(但しドイツ語訳)ニュルンベルクで刊。
1490年
この年頃、マルコ・ポーロの『世界の叙述(東方見聞録)』のラテン語訳、印刷、公刊。
別表記
 Il Milione(百万長者または百万虚言者)
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『服飾の中世』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

マリー・ド・ヴァロワ Marie de Valois

生没:1457年~1493年
父:シャルル1世・ド・ヴァロワ
母:マリア・フォン・クレーフェ
夫:ジャン・ド・フォワ
子:ジェルメーヌ・ド・フォワ
  ガストン・ド・フォワ
概要
 マリー・ド・ヴァロワは、15世紀の女性。
チェーザレ・ボルジア数
 きょうだいルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
別表記
 マリー・ドルレアン
外部リンク
 Famille de Carné
 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 Wikipedia

マーゾ・デリ・アルビッツィ Maso degli Albizzi

生没:1343年~1417年10月2日
在位:正義の旗手 1393年?月~?月、1411年?月~?月
父:ルカ・ディ・フィリッポ・デリ・アルビッツィ
妻:バルトロメア・バルデージ
子:リナルド・デリ・アルビッツィ
  リドルフォ・デリ・アルビッツィ
  ルカ・デリ・アルビッツィ
  ジョヴァンニ・デリ・アルビッツィ
  ルイーザ・デリ・アルビッツィ
  マリエッタ・デリ・アルビッツィ
  セルヴァッジア・デリ・アルビッツィ
概要
 マーゾ・デリ・アルビッツィは、14世紀~15世紀のイタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。
外部リンク
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『フィレンツェ史』
 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』

メルキオッレ・ラマッツォット Melchiorre Ramazzotto

生没:1464年~1539年
出身:スカリカラジーノ
没地:ピエトラマーラ
概要
 メルキオッレ・ラマッツォットはイタリアの傭兵隊長。
年表
1501年
ジョヴァンニ2世・ベンティヴォーリオにより、チェーザレ・ボルジア軍に対し防衛するためファエンツァに送られる。
1501年4月26日
ファエンツァ陥落。
1501年4月
チェーザレ・ボルジアに仕える。
1501年5月
兵1千でフィレンツオーラフィレンツェ共和国から奪おうとする。
外部リンク
 Condottieri di ventura
 Wikipedia

ピエール・ド・フォワ Pierre de Foix

生没:1386年12月13日~1464年12月13/30日
在位:枢機卿 1414年9月~1464年12月13/30日
       任命した教皇:ヨハネス23世
父:Archambaud de Grailly
母:イザベル・ド・フォワ
概要
 ピエール・ド・フォワは、14世紀~15世紀の男性、聖職者、枢機卿。
別表記
 ポール・ドゥ・フォワ
外部リンク
 Gallia christiana novissima. Histoire des archevêchés, évêques et abbayes de France.
 GCatholic.com
 Genealogy.EU
 HISTOIRE de CAROMB
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』

リッチャルダ・マラスピーナ Ricciarda Malaspina

生没:1497年~1553年6月15日
出身:マッサ
没地:バーニ・ディ・ルッカ
父:アントーニオ・アルベリーコ2世・マラスピーナ
母:ルクレツィア・ディ・シギスモンド・デステ
夫:スキピオーネ・フィエスキ
  ロレンツォ・チーボ
子:アルベリーコ・チーボ
  エレオノーラ・チーボ
  ジューリオ・チーボ
  チェーザレ・チーボ
概要
 リッチャルダ・マラスピーナは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。
年表
1517年
スキピオーネ・フィエスキと結婚。
1519年
父アントーニオ・アルベリーコ2世・マラスピーナ、死。
1520年
ロレンツォ・チーボと結婚。
外部リンク
 Famille de Carné
 JDA's Family Tree
 Wikipedia

シギスモンド・ゴンザーガ Sigismondo Gonzaga

生没:1469年~1525年10月3日
在位:枢機卿 1505年12月1日~
       任命した教皇:ユリウス2世
父:フェデリーコ1世・ゴンザーガ
概要
 シギスモンド・ゴンザーガは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、聖職者、枢機卿。
外部リンク
 GCatholic.com
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia
参考文献
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』

ティート・ヴェスパジアーノ・ストロッツィ Tito Vespasiano Strozzi

生没:1425年~1505年頃
出身:フェッラーラ
父:ナンネ・ストロッツィ
母:コスタンツァ・コスタビリ
妻:ドミティッラ・ランゴーニ
子:エルコーレ・ストロッツィ
  ロレンツォ・ディ・ティート・ストロッツィ
  グイド・ストロッツィ
概要
 ティート・ヴェスパジアーノ・ストロッツィは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
別表記
 ティート・ストロッツァ
外部リンク
 Treccani.it
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia

ヴェスパシアーノ1世・ゴンザーガ Vespasiano I Gonzaga

生没:1531年12月6日~1591年2月26日
出身:フォンディ
没地:サッビオネータ
父:ロドモンテ・ゴンザーガ
妻:ディアナ・デ・カルドーナ
  アンナ・デ・アラゴン
  マルゲリータ・ディ・チェーザレ・ゴンザーガ
子:イザベッラ・ゴンザーガ
概要
 ヴェスパシアーノ1世・ゴンザーガは、16世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 ウィキペディア
 世界帝王事典
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』

アニェーゼ・ディ・フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ Agnese da Montefeltro

生没:1470年~1522年
出身:グッビオ
没地:ローマ
父:フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ
母:バッティスタ・スフォルツァ
夫:ファブリツィオ・コロンナ
子:ヴィットーリア・コロンナ
  フェデリーコ・コロンナ
  アスカーニオ・コロンナ
概要
 アニェーゼ・ダ・モンテフェルトロは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。アルバーニ丘のマリーノの城に夫と共に住む。
別表記
 Agnesina
外部リンク
 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree
 Wikipedeia
参考文献
 『Lucretia Borgia

アレッサンドロ・ディ・ガレアッツォ・スフォルツァ Alessandro Sforza

生没:1465年~1523年9月29日
出身:パヴィア
没地:ミラノ
在位:フランカヴィッラ領主
父:ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァ
母:ルクレツィア・ランドリアーニ
妻:バルバーラ・バルビアーニ
子:カミッラ・スフォルツァ
概要
 アレッサンドロ・スフォルツァは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
年表
1490年頃
バルバーラ・バルビアーニと結婚。
外部リンク
 kleio.org
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『Dizionario di Erudizione Storico-Ecclesiastica
 『The Life of Cesare Borgia

アンドレア・アルチアーティ Andrea Alciati

生没:1492年5月8日~1550年1月12日
出身:アルツァーノ
没地:パヴィア
概要
 アンドレア・アルチアーティは、人文主義者、ローマ法学者。
著作
 エンブレマータ
年表
1492年5月8日
コモ地方アルツァーテに生。
1530年
Libellus de ponderibus et mensuris(度量衡論)をHagenau (Haguenau)で刊行。
1550年1月11日
パヴィアで死(1550年1月12日)。
1582年
Opere omnia(全著作集)全4巻、バーゼルで刊。
別表記
 アルチャーティ、Alciato
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』

アンドレア・デ・パッツィ Andrea de' Pazzi

生没:1372年~1445年10月19日
父:グリエルモ・デ・パッツィ
母:コスタンツァ・デ・バルディ
妻:カテリーナ・ディ・ヤコポ・ディ・アラマンノ・サルヴィアーティ
子:アントーニオ・デ・パッツィ
  ヤコポ・デ・パッツィ
  グリエルモ・デ・パッツィ
  ピエロ・デ・パッツィ
  アポッローニア・デ・パッツィ
  エレーナ・デ・パッツィ
  アルビエラ・デ・パッツィ
概要
 アンドレア・デ・パッツィは、14世紀~15世紀のフィレンツェの男性。
別表記
 ディ・パッツィ
外部リンク
 Geneanet
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『メディチ家の人びと』
 『ルネッサンス夜話』

アントーニオ・パノルミータ Antonio Panormita

生没:1394年~1471年
出身:パレルモ
没地:ナポリ
概要
 アントーニオ・パノルミータは、詩人、人文主義者、Accademia Antoniana(アントニオ学園、後Accademia Pontaniana ポンターノ学園)の創立者。
年表
1425年9月
ラテン語詩Hermaphrodius(ヘルマフロディーテ)をボローニャで公表。
1455年
De dictis et facilis Alphonsi regis Aragonum(アラゴン王アルフォンソ誌)を完成。
1471年1月19日
ナポリで死。
1485年
De dictis et facilis Alphonsi regis Aragonum、ピサで刊。
本名
 Antonio Beccadelli
別表記
 Il Panormita
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『君主論』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ベネディクトゥス13世 Benedictus XIII

生没:1328年11月25日~1423年5月23日
在位:対立教皇 1394年9月~1417年
出身:イジュエカ
没地:ペニスコラ
概要
 ペドロ・マルティネス・デ・ルーナは、14世紀~15世紀の男性、聖職者。対立教皇ベネディクトゥス13世。
年表
1423年5月23日
ペニスコラにて、死(1422年)。
本名
 ペドロ・デ・ルーナ、Pedro Martínez de Luna y Pérez
別表記
 月光法王、ペドロ・マルティネス・ド・ルナ、ベネディクト13世
関連項目
 The Borgias: 108
外部リンク
 ウィキペディア
 世界帝王事典
参考文献
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ルネサンスの歴史』
 『メディチ家』

ベルナルディーノ・コリオ Bernardino Corio

生没:1459年3月8日~1519年
出身:ミラノ
概要
 ベルナルディーノ・コリオは歴史家。
著作
 『祖国の歴史』(La patria historiaHistoria di Milano
年表
1459年3月8日
ミラノに生。
1503年7月15日
La patria historia(祖国の歴史)をミラノで刊行。
1503~1512年
死。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの女たち』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』
 『April Blood
 『The Life of Cesare Borgia

ベルナルド・サルヴィアーティ Bernardo Salviati

生没:1492年~1568年
出身:フィレンツェ
没地:ローマ
父:ヤコポ・ディ・ジョヴァンニ・サルヴィアーティ
母:ルクレツィア・ディ・ロレンツォ・デ・メディチ
概要
 ベルナルド・サルヴィアーティは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
年表
1537年7月下旬
軍の編成に励み、ミランドラで決起したフィリッポ・ディ・フィリッポ・ストロッツィバッチオ・ヴァローリら亡命者たちに、数千の兵をピエロ・ストロッツィと共に指揮を任される。アペニンを越え、ピストイアとプラートの中間地モンテムルロに集結。
外部リンク
 Treccani
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネッサンス夜話』

カルロ2世・ダンジオ Carlo II d'Angiò

生没:1254年~1309年
在位:ナポリ王カルロ2世 1285年~1309年
    先代:カルロ1世・ダンジオ
    次代:ロベルト・ダンジオ
父:カルロ1世・ダンジオ
子:ロベルト・ダンジオ
  ジョヴァンニ・ダンジオ
概要
 カルロ2世・ダンジオは、13世紀~14世紀の男性。
別表記
 シャルル・ダンジュー(Charles d'Anjou)
外部リンク
 ウィキペディア
 世界帝王事典
 Genealogy.EU
 Treccani.it
参考文献
 『イタリア史』
 『ルネサンス宮廷大全』

カルロ・マルズッピーニ Carlo Marsuppini

生没:1398年~1453年4月24日
出身:アレッツォ
没地:フィレンツェ
在位:フィレンツェ共和国書記官長
    先代:レオナルド・ブルーニ
父:グレゴーリオ・マルズッピーニ
子:クリストフォロ・マルズッピーニ
  カルロ・マルズッピーニ
概要
 カルロ・マルズッピーニは、アレッツォの貴族出身の人文主義者
 レオナルド・ブルーニの同郷の友人で、彼の死後はフィレンツェ政庁書記官となる。
 カルロ・マルズッピーニ霊廟
別表記
 マルツッピーニ、Calro d'Arezzo
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス精神の深層』
 『ルネッサンス夜話』

カルロッタ・ダラゴーナ Carlotta d'Aragona

生没:1479/80年頃~1506年
父:フェデリーコ・ダラゴーナ
母:アンナ・ディ・サヴォイア
夫:ギー16世・ド・ラ・ローシュ
概要
 カルロッタ・ダラゴーナは、15世紀~16世紀の女性。
年表
1500年
ギー16世・ド・ラ・ローシュと結婚。
外部リンク
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア史』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『フィレンツェ史』
 『ルネサンスの女たち』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

エレオノーラ・ディ・トレド Eleonora di Toledo

生没:1553年~1576年
父:ガルシア・デ・トレド
夫:ピエトロ・ディ・コジモ・デ・メディチ
概要
 エレオノーラ・ディ・トレドは、16世紀の女性。
年表
1571年4月21日
結婚。
チェーザレ・ボルジア数
 父ガルシア・デ・トレド→きょうだいエレオノーラ・ディ・トレド→子ルクレツィア・ディ・コジモ・デ・メディチ→夫アルフォンソ2世・デステ→父エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
外部リンク
 世界帝王事典
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

フェリーチェ・デッラ・ローヴェレ Felice della Rovere

生没:1483年頃~1536年9月27日
父:ユリウス2世
母:ルクレツィア・ノルマンニ
夫:ジャン・ジョルダーノ・オルシーニ
概要
 フェリーチェ・デッラ・ローヴェレは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。
年表
1506年5月24日
ローマにて、ジャン・ジョルダーノ・オルシーニと結婚。
外部リンク
 ウィキペディア
 JDA's Family Tree
 Google Books - The Pope's Daughter: The Extraordinary Life of Felice della Rovere
参考文献
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニ Francesco di Giorgio Martini

生没:1439年9月23日~1501年11月29日
出身・没地:シエナ
概要
 フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニは、画家・彫刻家・建築家。
年表
1439年9月23日
シエナに生。
1501年6月
セニガッリアの要塞を訪れる。
1501年11月29日
シエナで死(1502年2月9日以前)。
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

ガルツィア・デ・メディチ Garzia de' Medici

生没:1547年7月1日~1562年12月12日
父:コジモ1世・デ・メディチ
母:エレオノーラ・ディ・トレド
概要
 ガルツィア・デ・メディチは、16世紀のイタリアの男性。
年表
1562年12月12日
病死。
チェーザレ・ボルジア数
 きょうだいルクレツィア・ディ・コジモ・デ・メディチ→夫アルフォンソ2世・デステ→父エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
外部リンク
 世界帝王事典
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ジャン・アントーニオ・オルシーニ・デル・バルツォ Gian Antonio Orsini del Balzo

生没:1393年~1463年12月26日
父:ライモンデッロ・オルシーニ・デル・バルツォ
母:マリーア・ダンギャン
妻:アンナ・コロンナ
子:カテリーナ・オルシーニ・デル・バルツォ
  マリーア・コンクエスタ・オルシーニ・デル・バルツォ
  マルゲリータ・オルシーニ・デル・バルツォ
  フランチェスカ・オルシーニ・デル・バルツォ
  ベルトルド・オルシーニ・デル・バルツォ
概要
 ジャン・アントーニオ・オルシーニ・デル・バルツォは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。
別表記
 Giannantonio
外部リンク
 JDA's Family Tree
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Treccani
 Wikipedia

ジョヴァンニ・バッティスタ・サヴェッリ Giovanni Battista Savelli

生没:1422年頃~1498年9月18日
没地:ローマ
在位:枢機卿 1480年5月15日~
       任命した教皇:シクストゥス4世
父:ニコラ・サヴェッリ
概要
 ジョヴァンニ・バッティスタ・サヴェッリは、15世紀のイタリアの男性、聖職者、枢機卿。
別表記
 GianbattistaGianbattista Savelli
外部リンク
 GCatholic.com
 REQUIEM - DATENBANK
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia
参考文献
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『ルネサンスの女たち』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

ヤコポ・サンナザーロ Jacopo Sannazzaro

生没:1456年~1530年
概要
 ヤコポ・サンナザーロは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、詩人。
年表
1456年7月28日
ナポリに生。
1504年
田園詩Arcadia(アルカディア)を刊行。
1530年4月24日
ナポリで死。
別表記
 Iacopo SannazzaroSanazzaro
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『君主論』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『メディチ家』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンスの女たち』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

マッテオ・バンデッロ Matteo Bandello

生没:1485年~1561年
出身:カステルヌオーヴォ・スクリーヴィア
没地:アジャン
概要
 マッテオ・バンデッロは、15世紀~16世紀の男性、小説家。
年表
1485年
トルトーナのCastel Scriviaに生。
1554年
Novelle(短編小説集)、第1~3巻をルッカで刊行。(第4巻、1573年リヨンで刊)
1561年9月13日
この日?、フランス南西部アジャンで死。
別表記
 マテオ、マッテーオ・バンデロ
外部リンク
 Treccani.it
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』

ナンニーナ・デ・メディチ Nannina de' Medici

生没:1448年2月14日~1493年5月14日
出身:フィレンツェ
父:ピエロ・イル・ゴットーソ
夫:ベルナルド・ルチェッライ
子:パッラ・ルチェッライ
  ジョヴァンニ・ディ・ベルナルド・ルチェッライ
  コジモ・ディ・ベルナルド・ルチェッライ
  ルクレツィア・ルチェッライ
概要
 ナンニーナ・デ・メディチは、15世紀のイタリアの女性。
肖像
 東方三博士の旅
別表記
 ルクレツィア
外部リンク
 世界帝王事典
 Wikipedia
参考文献
 『フィレンツェ史』
 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』

ピエトロ・アレティーノ Pietro Aretino

生没:1492年4月20日~1556年10月21日
概要
 ピエトロ・アレティーノは詩人、散文家、劇作家。
年表
1492年4月20日
アレッツォに生。
1525年
喜劇La Cortigiana(遊女)を執筆。(1534年刊行。1537年初演)。
1534年4月
Ragionamenti(艶話)第1巻を刊行。
1536年
Ragionamenti(艶話)第2巻を刊行。
1546年
悲劇Orazia(オラツィア)を刊行。
1556年10月21日
ヴェネツィアで死。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia

レナート・デ・パッツィ Renato de' Pazzi

生没:1442年9月6日~1478年4月
父:ピエロ・デ・パッツィ
母:フィアンメッタ・ジューニ
妻:フランチェスカ・マルティーニ
概要
 レナート・デ・パッツィは、15世紀のイタリアの男性。
年表
1442年9月6日
生。
1463年
フランチェスカ・マルティーニと結婚。
1478年
メディチ家の倒産、没落は近いと判断し、パッツィ家の陰謀に参加せず。
1478年4月
フィレンツェにて、絞首刑。
別表記
 ベルフォルテ・リナート
外部リンク
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家の人びと』
 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

タッデオ・タッデイ Taddeo Taddei

生没:1470年1月23日~1528年3月5日
出身:フィレンツェ
没地:プラート
在位:正義の旗手 1523年1月~2月
父:フランチェスコ・タッデイ
概要
 タッデオ・タッデイは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
年表
1470年1月23日
フィレンツェにて、生。
1523年1月~2月
正義の旗手
1528年3月5日
プラートにて、死(1529年)。
別表記
 タッデオ・ディ・フランチェスコ・タッデイ
外部リンク
 Grove Art
 IASblog
 Wikipedia

トンマーゾ・インギラーミ Tommaso Inghirami

生没:1470年~1516年9月5日
出身:ヴォルテッラ
没地:ローマ
概要
 トンマーゾ・インギラーミは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。
年表
1498年1月16日
ナヴォーナ広場のサン・ヤコポ・デリ・スパニョーリ教会にて、インファンテ・ロマーノのために演説を行う。
別表記
 フェードラ・インギラミ、PhaedraPhaedrusFedra
外部リンク
 Google Books - Contemporaries of Erasmus
 Treccani.it
 Wikipedia
参考文献
 『Lucretia Borgia

トゥッリア・ダラゴーナ Tullia d'Aragona

生没:1510年~1556年3月12日
出身:ローマ
没地:ローマ
父:ルドヴィーコ・ダラゴーナ
概要
 トゥッリア・ダラゴーナは、15世紀のイタリアの女性、詩人。
年表
1510年
この年頃、ローマに生(1508年)。
1547年
抒情詩集Rime(リーメ)をヴェネツィアで刊行。
1549年
Dialogo della infintà di amore(愛の無限性についての対話)を刊行。
1556年3月12日
ローマで死(1556年3月13日)。
1560年
遺作・伝承詩集Guerino(グエリーノ)、ヴェネツィアで刊。
別表記
 トゥルリア・ダラゴーナ
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ウルグ・アリ 'Ulūg 'Alī

生没:1519年~1587年
出身:カステッラ
概要
 ウルグ・アリは、16世紀のオスマン・トルコの男性。
年表
1519年
カステッラにて、生(1520年)。名前は、ジョヴァンニ・ディオニジ・ガレーニ。
1560年6月
ニースの港を襲撃し、エマヌエレ・フィリベルト・ディ・サヴォイア軍の守備を破り、貴族たちを捕虜にする。
多額の身代金で捕虜を返すことに同意し、マグリット・ド・ヴァロワに目通りする名誉を欲する。
しかし、ウルグ・アリが会ったのは、実際にはマグリット・ド・ヴァロワと偽ったパオラ・コスタである。
1574年8月
オスマン・トルコ水軍を指揮し、1573年10月フェリペ2世軍により奪還されたチュニスを再奪還。以後、オスマン・トルコのチュニス支配続く(~1881年)。
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ヴィンチェンツォ・コッリ Vincenzo Colli

生没:1460年頃~1508年
没地:ローマ
概要
 ヴィンチェンツォ・コッリは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、詩人、文芸評論家。
年表
1500年7月16日
トンマーゾ・アルバネーゼを匿っていたヴィンチェンツォ・コッリは、この頃、ウルビーノ公爵夫人エリザベッタ・ゴンザーガ宛てに手紙を書く。アルフォンソ・ダラゴーナ暗殺未遂事件について。
1503年1月
チェーザレ・ボルジアコッミッサーリオとしてフェルモに派遣される。
別表記
 イル・カルメータ、ヴィンチェンツォ・カルメータ、Vincenzo Calmetail Calmeta
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンスの華』
 『The Life of Cesare Borgia

ウィリアム・シェイクスピア William Shakespeare

生没:1564年4月26日~1616年
出身:ストラトフォード・アポン・エイヴォン
没地:ストラトフォード・アポン・エイヴォン
概要
 ウィリアム・シェイクスピアは、詩人、劇作家。
著作
 冬物語
 ルークリースの凌辱
 夏の夜の夢
 ロミオとジュリエット
年表
1564年4月26日
イングランド中部ストラトフォード・アポン・エイヴォンに生。
外部リンク
 ウィキペディア
参考文献
 『イコノロジー研究
 『サイレント・マイノリティ』
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの女たち』
 『ローマ教皇検死録』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』
 『Lucretia Borgia

アニェーゼ・ヴィスコンティ Agnese Visconti

生没:1363年~1391年2月7日
出身:ミラノ
没地:マントヴァ
父:ベルナボ・ヴィスコンティ
母:ベアトリーチェ・デッラ・スカーラ
夫:フランチェスコ1世・ゴンザーガ
子:アルダ・ゴンザーガ
概要
 アニェーゼ・ヴィスコンティは、14世紀のイタリアの女性。
チェーザレ・ボルジア数
 きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ディ・ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
外部リンク
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

アントーニオ・デ・サンテーリャス Antonio de Centelles

生没:1400年頃~
在位:コトローネ侯 1462年~
    先代:エンリチェッタ・ルッフォ
    次代:アントーニオ・ディ・アントーニオ・デ・サンテーリャス
父:ジルベルト・デ・サンテーリャス
妻:エンリチェッタ・ルッフォ
  コンスタンツァ・モラーノ
子:アントーニオ・ディ・アントーニオ・デ・サンテーリャス
  ジョヴァンナ・デ・サンテーリャス
  ポリッセーナ・デ・サンテーリャス
概要
 アントーニオ・デ・サンテーリャスは、15世紀頃の男性。
別表記
 Antonio di Centiglia
外部リンク
 Comune di Collesano
 Treccani.it
 Treccani.it
 Wikipedia

アヴェラルド・デット・ビッチ Averardo detto Bicci

生没:?~1363年
父:サルヴェストロ・ディ・アヴェラルド・デ・メディチ
母:リーサ・ドナーティ
妻:Giovanna de' Bonaguisi
  ジャコマ・ディ・フランチェスコ・スピーニ
子:フランチェスコ・ディ・ビッチ・デ・メディチ
  ジョヴァンニ・ディ・ビッチ・デ・メディチ
概要
 アヴェラルド・デ・メディチは、14世紀頃のイタリアの男性。
別表記
 アヴェラルド3世、アヴェラルド・デッリ・ビッチ
外部リンク
 世界帝王事典
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree
 RootsWeb.com
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』

コスタンツァ・ダ・ヴァラーノ Costanza da Varano

生没:1428年~1447年
出身:カメリーノ
没地:ペーザロ
父:ピエルジェンティーレ1世・ダ・ヴァラーノ
母:エリザベッタ・ディ・ガレアッツォ・マラテスタ
夫:アレッサンドロ・スフォルツァ
子:バッティスタ・スフォルツァ
  コスタンツォ1世・スフォルツァ
  ジョヴァンナ・スフォルツァ
概要
 コスタンツァ・ダ・ヴァラーノは、15世紀のイタリアの女性。
別表記
 コンスタンツァ・ダ・ヴァラリーノ
外部リンク
 Academia.edu
 Famille de Carné
 Geni.com
 JDA's Family Tree
 Renaissance Italy
 Wikipedia
参考文献
 『Lucretia Borgia

ドンニーナ・ディ・ランチェッロット・ヴィスコンティ Donnina Visconti

父:ランチェッロット・ヴィスコンティ
夫:アンニーバレ1世・ベンティヴォーリオ
子:アントーニア・ベンティヴォーリオ
  ジョヴァンニ2世・ベンティヴォーリオ
チェーザレ・ボルジア数
 父ランチェッロット・ヴィスコンティ→きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ディ・ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
外部リンク
 Genealogy
 Geneanet
 Wikipedia

エリザベッタ・ディ・ベルナボ・ヴィスコンティ Elisabetta Visconti

父:ベルナボ・ヴィスコンティ
母:ベトラメーダ・カッサ
夫:ルートヴィヒ・フォン・ランド
子:エーベルハルト6世・フォン・ランド
  コンラード8世・フォン・ランド
チェーザレ・ボルジア数
 きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ディ・ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
別表記
 Isotta
外部リンク
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

フランシスコ・デ・ボルハ・イ・アラゴン Francisco de Borja

生没:1577年~1658年10月25日
出身:ジェノヴァ
没地:マドリード
父:フアン・デ・ボルハ・イ・カストロ
母:フランシスカ・デ・アラゴン
妻:アンナ・ボルジア
子:フアン・デ・ボルハ
  マリーア・フランシスカ・デ・ボルハ
  フランシスカ・マリーア・デ・ボルハ
概要
 フランシスコ・デ・ボルハ・イ・アラゴンは、16世紀~17世紀の男性。
チェーザレ・ボルジア数
 父フアン・デ・ボルハ・イ・カストロ→父フランシスコ・デ・ボルハ→父フアン・デ・ボルハ・イ・エンリケス→父フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
 妻アンナ・ボルジア→父ピエトロ・ボルジア→父ジョヴァンニ・バッティスタ・ボルジア→父フランチェスコ・ボルジア→父ホフレ・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『Lucretia Borgia

ガレアッツォ1世・ヴィスコンティ Galeazzo I Visconti

生没:1277年~1328年
在位:ミラノの君主 1322年~1327年
    先代:マッテオ1世・ヴィスコンティ
    次代:アッツォーネ・ヴィスコンティ
父:マッテオ1世・ヴィスコンティ
妻:ベアトリーチェ・ディ・オビッツォ・デステ
子:アッツォーネ・ヴィスコンティ
概要
 ガレアッツォ1世・ヴィスコンティは、13世紀~14世紀のイタリアの男性。
別表記
 ガレアッソ・ヴィスコンティ
外部リンク
 ウィキペディア
 世界帝王事典
 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 Treccani.it
参考文献
 『ルネサンスの歴史』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『馬車の文化史』

ジョヴァンナ・ダラゴーナ Giovanna d'Aragona

生没:1478年~1518年
父:フェッランテ・ダラゴーナ
母:フアナ・ダラゴーナ
夫:フェッランディーノ・ダラゴーナ
概要
 ジョヴァンナ・ダラゴーナは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。
チェーザレ・ボルジア数
 母フアナ・ダラゴーナ→母フアナ・エンリケス→きょうだいエンリケ・エンリケス→子マリーア・エンリケス→夫フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
外部リンク
 Genealogy.EU
 kleio.org
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア史』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンスの華』 生没:1420年7月19日~1483年2月27日
在位:モンフェッラート候 1464年~1483年
    次代:ボニファチオ3世・パレオロゴ
父:ジャン・ヤコポ・パレオロゴ
母:ジョヴァンナ・ディ・サヴォイア
妻:マリー・ド・フォワ
  エリザベッタ・スフォルツァ
  ベルナルデ・デ・ブロッセ
子:ジョヴァンナ・パレオロガ
  ルクレツィア・パレオロガ
  ビアンカ・パレオロガ
  アンニーバレ・パレオロゴ
概要
 グリエルモ8世・パレオロゴはイタリアの傭兵隊長。
外部リンク
 Condottieri di ventura
 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 Treccani.it
 Wikipedia
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』

ヤコポ3世・ダッピアーノ Jacopo III d'Appiano

生没:1422年~1474年3月22日
出身:ピオンビーノ
没地:ピオンビーノ
在位:ピオンビーノの君主 1457年~1474年
    次代:ヤコポ4世・ダッピアーノ
父:エマヌエレ・ダッピアーノ
妻:バッティスティーナ・フレゴーソ
子:ヤコポ4世・ダッピアーノ
  ゲラルド・ダッピアーノ
  ベリザーリオ・ダッピアーノ
  セミラミーデ・ダッピアーノ
  エマヌエレ・ダッピアーノ
概要
 ヤコポ3世・ダッピアーノは、15世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 Geneanet
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia
参考文献
 『メディチ家』

レオナルド・デッラ・ローヴェレ Leonardo della Rovere

生没:1390年頃~1430年頃
没地:サヴォーナ
妻:ルキーナ・モンレオーネ
  セルヴァッジア・ヴァルディターロ
子:シクストゥス4世
  ルキーナ・デッラ・ローヴェレ
  フランチェッタ・デッラ・ローヴェレ
  ペッリーナ・デッラ・ローヴェレ
  マリーア・デッラ・ローヴェレ
  ビアンカ・デッラ・ローヴェレ
  バルトロメオ・デッラ・ローヴェレ
  ラッファエーレ・デッラ・ローヴェレ
概要
 レオナルド・デッラ・ローヴェレは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 世界帝王事典
 Genealogy
 JDA's Family Tree
 RootsWeb.com
 Wikipedia

ルドヴィーコ2世・ゴンザーガ Ludovico II Gonzaga

生没:1334年~1382年10月4日
在位:マントヴァ市民隊長 1369年~1382年
    先代:グイド・ゴンザーガ
    次代:フランチェスコ1世・ゴンザーガ
父:グイド・ゴンザーガ
母:ベアトリクス・フォン・バル
妻:アルダ・デステ
子:フランチェスコ1世・ゴンザーガ
  エリザベッタ・ディ・ルドヴィーコ・ゴンザーガ
  フェボ・ゴンザーガ
概要
 ルドヴィーコ2世・ゴンザーガは、14世紀のイタリアの男性。
別表記
 ルイジ2世
外部リンク
 ウィキペディア
 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Treccani.it
参考文献
 『ルネサンス宮廷大全』

マルコ・ディ・ベルナボ・ヴィスコンティ Marco Visconti

生没:1353年11月~1382年1月3日
出身:ミラノ
没地:ミラノ
父:ベルナボ・ヴィスコンティ
母:ベアトリーチェ・デッラ・スカーラ
妻:エリザベス・フォン・バイエルン
概要
 マルコ・ヴィスコンティは、14世紀のイタリアの男性。
チェーザレ・ボルジア数
 きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ディ・ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
外部リンク
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

マッテオ2世・ヴィスコンティ Matteo Visconti

生没:1319年~1355年
在位:ミラノの君主 1354年~1355年
    先代:ジョヴァンニ・ディ・マッテオ・ヴィスコンティ
    次代:ガレアッツォ2世・ヴィスコンティ
  ベルナボ・ヴィスコンティ
父:ステファノ・ヴィスコンティ
妻:ジグリオラ・ゴンザーガ
子:カテリーナ・ヴィスコンティ
  アンドレオラ・ヴィスコンティ
概要
 マッテオ2世・ヴィスコンティは、14世紀のイタリアの男性。
別表記
 マテオ2世
外部リンク
 ウィキペディア
 世界帝王事典
 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 Treccani.it
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『君主論』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

オビッツォ3世・デステ Obizzo III d'Este

生没:1294年7月14日~1352年3月20日
在位:フェッラーラ候 1317年~1352年3月20日
    次代:アルドブランディーノ3世・デステ
父:アルドブランディーノ・デステ
母:アルダ・ランゴーニ
妻:エリザベス・フォン・ザクセン=ヴィッテンベルク
  リッパ・アリオスト
子:ベアトリーチェ・デステ
  アルダ・デステ
  リナルド2世・デステ
  アルドブランディーノ3世・デステ
  アリジア・デステ
  ニッコロ2世・デステ
  アッツォ・デステ
  コンスタンツァ・デステ
  ウーゴ・デステ
  アルベルト5世・デステ
  リナルド・デステ
概要
 オビッツォ3世・デステは、13世紀~14世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 ウィキペディア
 世界帝王事典
 Famille de Carné
 Genealogy.EU

オリヴィエーロ・カラーファ Oliviero Carafa

生没:1430年~1511年1月20日
在位:枢機卿 1467年9月18日~1511年1月20日
       任命した教皇:パウルス2世
父:フランチェスコ・カラーファ
概要
 オリヴィエーロ・カラーファは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、聖職者、枢機卿。
別表記
 オリヴィエーリ・カラファ、ウルヴィエリ・カラッファ、Ulvieri CaraffaCardinal of Naples
外部リンク
 GCatholic.com
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia
参考文献
 『イタリア史』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ボルジア家の黄金の血』
 『メディチ家』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンスの女たち』
 『The Life of Cesare Borgia

アッツォーネ・ヴィスコンティ Ozzone Visconti

生没:1301年~1339年
在位:ミラノの君主 1329年~1339年
    先代:ガレアッツォ1世・ヴィスコンティ
    次代:ジョヴァンニ・ディ・マッテオ・ヴィスコンティ
  ルキノ・ディ・マッテオ・ヴィスコンティ
父:ガレアッツォ1世・ヴィスコンティ
母:ベアトリーチェ・ディ・オビッツォ・デステ
妻:カテリーナ・ディ・サヴォイア
概要
 アッツォーネ・ヴィスコンティは、14世紀のイタリアの男性。
外部リンク
 世界帝王事典
 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 Treccani.it
 Wikipedia
参考文献
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

パンドルフォ3世・マラテスタ Pandolfo III Malatesta

生没:1370年1月2日~1427年10月3日
没地:ファーノ
父:ガレオット1世・マラテスタ
子:ガレオット・ロベルト・マラテスタ
  シギスモンド・マラテスタ
  ドメニコ・マラテスタ
概要
 パンドルフォ3世・マラテスタは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。
チェーザレ・ボルジア数
 きょうだいアンドレア・マラテスタ→子アントーニア・マラテスタ→夫ジョヴァンニ・マリーア・ヴィスコンティ→きょうだいヴァレンティーナ・ディ・ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
外部リンク
 Wikipedia
参考文献
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

レンガルダ・マラテスタ Rengarda Malatesta

生没:1380年頃~1423年
出身:リーミニ
没地:ウルビーノ
父:ガレオット1世・マラテスタ
母:ジェンティーレ・ダ・ヴァラーノ
夫:グイダントーニオ・ダ・モンテフェルトロ
概要
 レンガルダ・マラテスタは、14世紀~15世紀のイタリアの女性。
チェーザレ・ボルジア数
 きょうだいアンドレア・マラテスタ→子アントーニア・マラテスタ→夫ジョヴァンニ・マリーア・ヴィスコンティ→きょうだいヴァレンティーナ・ディ・ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
別表記
 Ricciarda
外部リンク
 Geneanet
 Wikipedia

リドルフォ3世・ダ・ヴァラーノ Ridolfo III da Varano

生没:~1424年5月2日
没地:ベルディレット
父:ジェンティーレ3世・ダ・ヴァラーノ
母:テオドーラ・サリンベーニ
妻:エリザベッタ・ディ・パンドルフォ・マラテスタ
  コスタンツァ・スメドゥッチ
子:トーラ・ダ・ヴァラーノ
  ジローラマ・ダ・ヴァラーノ
  ピエルジェンティーレ1世・ダ・ヴァラーノ
  ジョヴァンニ2世・ダ・ヴァラーノ
  ニッコリーナ・ダ・ヴァラーノ
  ベルナルド・ダ・ヴァラーノ
  ジェンティーレ・パンドルフォ・ダ・ヴァラーノ
概要
 リドルフォ3世・ダ・ヴァラーノはイタリアの傭兵隊長。
外部リンク
 Condottieri di ventura
 JDA's Family Tree
 Geneanet
 Wikipedia

ロベルト・ダンジオ Roberto d'Angiò

生没:1277年~1343年
在位:ナポリ王 1309年~1343年
    先代:カルロ2世・ダンジオ
    次代:ジョヴァンナ1世・ダンジオ
父:カルロ2世・ダンジオ
母:マリーア・ドゥンゲリア
妻:ヨランダ・ダラゴーナ
  サンチャ・デ・アラゴン
子:カルロ・ダンジオ
  ルドヴィーコ・ダンジオ
  フィアンメッタ・ダンジオ
概要
 ロベルト・ダンジオは、13世紀~14世紀の男性、ナポリ王。
別表記
 ロベール・ダンジュー、ロベルト善良王
外部リンク
 ウィキペディア
 世界帝王事典
 Genealogy.EU
 Treccani.it
参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『メディチ家』

ヴァレンティーナ・ディ・ベルナボ・ヴィスコンティ Valentina Visconti

生没:1357年~1393年
出身:ミラノ
没地:キプロス
父:ベルナボ・ヴィスコンティ
母:ベアトリーチェ・デッラ・スカーラ
夫:ピエール・ド・リュジニャン
概要
 ヴァレンティーナ・ヴィスコンティは、14世紀の女性。
チェーザレ・ボルジア数
 きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ディ・ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
外部リンク
 Genealogy.EU
 Wikipedia
参考文献
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

記載日

 2005年5月29日以前