Gonfaloniere di Giustizia

ゴンファロニエーレ・ディ・ジュスティーツィア

バルトロメオ・オルランディーニ Bartolomeo Orlandini

概要

 バルトロメオ・オルランディーニは、イタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1438年5月~6月、1441年9月~10月

参考文献

 『フィレンツェ史』

ニッコロ・サッケッティ Niccolò Sacchetti

マッテオ・サッケッティ
概要

 ニッコロ・サッケッティは、イタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1502年9月~10月

参考文献

 『フィレンツェ史』

ピエロ・レンツィ Piero Lenzi

概要

 ピエロ・レンツィは、イタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1496年11月~12月

参考文献

 『フィレンツェ史』

ニッコロ・コッキ Niccolò Cocchi

概要

 ニッコロ・コッキは、イタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1434年9月~10月、1438年1月~2月

参考文献

 『フィレンツェ史』

フランチェスコ・ゲラルディ Francesco Gherardi

概要

 フランチェスコ・ゲラルディは、イタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1494年9月~10月、1499年5月~6月

参考文献

 『フィレンツェ史』

パオロ・ファルコニエーリ Paolo Falconieri

概要

 パオロ・ファルコニエーリは、イタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1499年1月~2月

別表記

 パゴロ、Pagolo

参考文献

 『フィレンツェ史』

ロベルト・リオーニ Roberto Lioni

概要

 ロベルト・リオーニは、イタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1466年9月~10月

関連項目

 ピッティ陰謀事件

参考文献

 『フィレンツェ史』

フランチェスコ・デッロ・スカルファ Francesco Sarfa

概要

 フランチェスコ・デッロ・スカルファは、イタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1494年11月~12月

別表記

 Scarfi

参考文献

 『フィレンツェ史』

フィリッポ・コルビッツィ Filippo Corbizzi

概要

 フィリッポ・コルビッツィは、イタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1495年1月~2月

年表

1496年4月26日
ジローラモ・サヴォナローラ・反メディチの貴族200名余が参画し、官職候補者55名の名簿が秘密裡に回覧されていることが発覚。首謀者であるフィリッポ・コルビッツィを含む3名が逮捕・拘留される。

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

アニョーロ・デッラ・ストゥファ Agnolo della Stufa

概要

 アニョーロ・デッラ・ストゥファは、イタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1455年1月~2月、1471年1月~2月

年表

1476年4月19日
フィレンツェにて、ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァ宛書簡をしたためる。ルイジ・プルチを非常に奇妙な使者と評している。

別表記

 アニョロ・デッラ・ストゥファ、アニョーロ・デッラ・ストゥーファ、Angelo della Stufa

参考文献

 『メディチ家の人びと』
 『フィレンツェ史』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

ピエロ・ポポレスキ Piero Popoleschi

概要

 ピエロ・ポポレスキは、イタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1498年3月~4月

年表

1498年2月26日
3月~4月期の正義の旗手ジローラモ・サヴォナローラに強い敵意を抱く彼が選出され、新シニョーリアの選出で反ジローラモ・サヴォナローラ派が半数を占める。但しシニョーリアの決議に必要な6名にはなお1名及ばず。

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ドメニコ・バルトリ Domenico Bartoli

概要

 ドメニコ・バルトリは、イタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家、ジローラモ・サヴォナローラに忠実な人物。

在職

 正義の旗手 1497年7月~8月

年表

1497年7月1日~8月
シニョーリアの選出でジローラモ・サヴォナローラ派が多数を占め、正義の旗手に選出される。
以後1498年2月末まで親ジローラモ・サヴォナローラ派が多数を占めるシニョーリアが続き、教皇庁にジローラモ・サヴォナローラ破門の撤回を求め続ける。

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ニッコロ・ダ・ウッツァーノ Niccolò da Uzzano

生没
1359年~1431年
出身
フィレンツェ
没地
フィレンツェ
概要

 ニッコロ・ダ・ウッツァーノは、14世紀~15世紀のイタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手

別表記

 ニッコロ・ダ・ウッザーノ、ニコロ・ウザーノ

外部リンク

 Wikipedia

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『フィレンツェ史』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』

ミケーレ・ディ・ランド Michele di Lando

生没
1343年頃~?
出身
フィレンツェ
没地
ルッカ
概要

 ミケーレ・ディ・ランドは、イタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。
 梳毛(そもう)工で、正義の旗手に任命された人物。
 小手工業者と下層労働者の市政参加を保証するために、3つのアルテを新設。しかしチオンピの過激化に恐れをなした穏健派の中小市民層の離反と敵対によって、反乱はたちまち鎮圧されてしまう。

在職

 正義の旗手

関連項目

 チオンピの乱

外部リンク

 Treccani.it
 Wikipedia

参考文献

 『メディチ家の人びと』
 『ルネッサンス巷談集』
 『フィレンツェ史』
 『メディチ家』
 『マキァヴェッリ 忘恩、運命、野心、好機』

ロレンツォ・レンツィ Lorenzo Lenzi

生没
1444年7月27日~1517年
出身
フィレンツェ
アンフリオーネ・レンツィ
レーナ・デッラ・ストゥファ
マリーア・ソデリーニ
概要

 ロレンツォ・レンツィは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1495年7月~8月

年表

1499年10月12日
アラマンノ・サルヴィアーティフランチェスコ・グァルテロッティと共に、使節としてミラノでルイ12世と折衝し、フィレンツェがルイ12世にそのナポリ攻略のための資金と軍隊を提供する代償に彼はフィレンツェにそのピサ攻略を支援することを約定。

外部リンク

 Treccani

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ベルナルド・ジューニ Bernardo Giugni

生没
1396年11月19日~1466年7月5日
出身
フィレンツェ
没地
フィレンツェ
フィリッポ・ジューニ
アントーニア・サピティ
概要

 ベルナルド・ジューニは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

在職

 正義の旗手 1451年5月~6月

年表

1396年11月19日
フィレンツェのサンタ・クローチェ地区にて、生。
1466年3月8日
フランチェスコ1世・スフォルツァが没し、ミラノで政変が起こる可能性が危惧されたため、ルイジ・グィッチャルディーニと共にミラノへ派遣される。無事に新ミラノ公となったガレアッツォ・マリーア・スフォルツァと外交折衝し、ミラノ公国の最も安定した収入源を提供することを担保に貸付金を送るよう要請する書簡をピエロ・イル・ゴットーソに届ける。
1466年6月17日
1466年7月5日
フィレンツェにて、死。

外部リンク

 Treccani

参考文献

 『フィレンツェ史』

タッデオ・タッデイ Taddeo Taddei

生没
1470年1月23日~1528年3月5日
出身
フィレンツェ
没地
プラート
フランチェスコ・タッデイ
概要

 タッデオ・タッデイは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。

在職

 正義の旗手 1523年1月~2月

年表

1470年1月23日
フィレンツェにて、生。
1523年1月~2月
1528年3月5日
プラートにて、死(1529年)。

別表記

 タッデオ・ディ・フランチェスコ・タッデイ

外部リンク

 Grove Art
 IASblog
 Wikipedia

バルトロメオ・スカーラ Bartolomeo Scala

生没
1430年5月17日~1497年7月24日
出身
コッレ・ディ・ヴァル・デルザ
没地
フィレンツェ
概要

 バルトロメオ・スカーラは、15世紀のイタリアの男性、歴史家、人文主義者、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1486年5月~6月
 フィレンツェ第一書記局首席書記官
  後任:マルチェッロ・ヴィルジーリオ・アドリアーニ

年表

1430年5月17日
シエナ近郊コッレ・ディ・ヴァル・デルザに生(1428年)。

別表記

 バルトロメオ・スカラ、Bartolomeo della Scala

外部リンク

 Wikipedia

参考文献

 『逆光のメディチ』
 『フィレンツェ史』
 『マキアヴェリ』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス精神の深層』
 『ルネッサンス夜話』

ピエロ・デリ・アルベルティ Piero degli Alberti

概要

 ピエロ・デリ・アルベルティは、15世紀のイタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家、アッラビアーティの代表的人物の1人。

在職

 正義の旗手 1497年5月~6月

年表

1497年5月~1497年6月
正義の旗手に選出される。
こうして、主要官職を反ジローラモ・サヴォナローラ派が占め始める。

外部リンク

 Treccani

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ジョヴァキーノ・グァスコーニ Giovacchino Guasconi

生没
1438年4月30日~1521年4月8日
出身
アンコーナ
没地
フィレンツェ
ビアジオ・グァスコーニ
ナンナ・マチンギ
フランチェスカ・リドルフィ
ラッファエーレ・グァスコーニ
ナンナ・グァスコーニ
ジュリアーノ・グァスコーニ
アレッサンドラ・グァスコーニ
概要

 ジョヴァキーノ・グァスコーニは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1499年9月~10月

別表記

 Gioacchino

外部リンク

 Treccani

参考文献

 『フィレンツェ史』

ネロ・カンビ Nero Cambi

ステファノ・カンビ
トンマーザ・デッラ・パッラ
バルトロメア・パンチァティキ
ジョヴァンニ・カンビ
ステファノ・カンビ
ランベルト・カンビ
マルコ・カンビ
ジョヴァンニ・カンビ
ステファノ・カンビ
バルトロメオ・カンビ
ランベルト・カンビ
概要

 ネロ・カンビは、イタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1488年11月~12月

年表

1456年
プリオリ。
1488年11月~12月
1490年
公職追放が解ける。プリオリ。
1496年
プリオリ。

外部リンク

 Treccani

参考文献

 『フィレンツェ史』

フランチェスコ・ペピ Francesco Pepi

概要

 フランチェスコ・ペピは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家、法学博士、フランチェスコ・グィッチャルディーニの民法の師。

在職

 正義の旗手 1500年1月~2月、1513年5月~6月

年表

1501年11月4日
「教皇アレクサンデル6世は、万霊節の時にはカタルにかかったことを理由としてサン・ピエトロ大聖堂にも礼拝堂にも姿を見せなかったが、万聖節前日の日曜日の夜には、またもや遊女や娼婦を館に呼んでおいたチェーザレ・ボルジアと共に夜半過ぎまで過ごし、ダンスやその他の楽しみに耽った」と記す。
1505年

外部リンク

 Google Books - Machiavelli and Empire

参考文献

 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ベルナルド・グァダーニ Bernardo Guadagni

生没
1367年~1434年9月
概要

 ベルナルド・グァダーニは、14世紀~15世紀のイタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1433年9月~10月

年表

1433年9月初め
1433年4月26日、フェッラーラでフィレンツェ使節として和を結んだコジモ・イル・ヴェッキオは、ムジェッロで休養中、シニョーリアから緊急召喚状を受け取る。
着実に人望を深め威信を高めながら政治力を増してきたコジモ・イル・ヴェッキオに警戒を強めていたリナルド・デリ・アルビッツィは、強い反メディチ感情を抱くベルナルド・グァダーニ正義の旗手に就任させた上、彼と6名の反メディチ派プリオリと共に、1433年4月のフェッラーラでの和への市内各層の不満を、この和の調印者コジモ・イル・ヴェッキオに転嫁することによって一挙にメディチ一族を排斥する企図の実行に立つ。
1433年9月4日
政庁宮に出頭したコジモ・イル・ヴェッキオと面会、3日後に重大決定と通告する。
1433年9月9日
シニョーリアは、シニョーリア広場にパルラメントを招集し、メディチ派の参加を排しながら、1433年9月7日のシニョーリアの決定、及びプリオリにより選出される200名からなる国制改革のバーリア(非常大権委員会)の設置を承認。

別表記

 グアダーニ

外部リンク

 Guadagni Family

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ベルナルド・デル・ネロ Bernardo del Nero

生没
1426年~1497年
概要

 ベルナルド・デル・ネロは、15世紀のイタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1497年3月~4月

年表

1497年3~4月
フランチェスコ・ヴァローリに代わり、メディチ派(=Bigi)で反ジローラモ・サヴォナローラ感情の極めて強い彼が正義の旗手に選出される。
1497年8月5日
メディチ派の陰謀。メディチ家復辟の陰謀が発覚し、官職の指導的地位を占める有力者を含む多数の者が逮捕される。
陰謀の首謀者として死刑を宣告されたベルナルド・デル・ネロ、ニッコロ・リドルフィジャンノッツォ・プッチロレンツォ・トルナブオーニジョヴァンニ・カンビの5名、1495年3月19日の法によりコンシーリオ・マッジョーレへ提訴。
緊迫した険悪な空気が広まる中で市民の陰謀への恐怖と首謀者への憎悪募り、その提訴権の否認、反逆者への復讐の声が高まる。

別表記

 ベルナルド・デル・ネッロ

外部リンク

 Treccani
 Treccani
 Treccani
 Wikipedia

参考文献

 『メディチ家の人びと』
 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス精神の深層』

タナイ・デ・ネルリ Tanai de' Nerli

生没
1427年4月18日~1498年7月27日
没地
フィレンツェ
フランチェスコ・デ・ネルリ
ディアノーラ・マラボッティーニ
ジョヴァンナ・カッポーニ
ベネデット・デ・ネルリ
ジョヴァンニ・デ・ネルリ
フランチェスコ・デ・ネルリ
フィリッポ・デ・ネルリ
ベルナルド・デ・ネルリ
ネリ・デ・ネルリ
ヤコポ・デ・ネルリ
バルトロメオ・デ・ネルリ
ピエロ・デ・ネルリ
シモーネ・デ・ネルリ
カテリーナ・デ・ネルリ
ディアノーラ・デ・ネルリ
概要

 タナイ・デ・ネルリは、15世紀のイタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1472年7月~8月、1495年3月~4月

年表

1459年
フィレンツェのプリオレ、
1468年
フィレンツェのプリオレ、
1472年7月~1472年8月
1475年
フィレンツェのプリオレ、
1495年3月~1495年4月

外部リンク

 Geneanet
 Treccani

参考文献

 『フィレンツェ史』

フランチェスコ・タッデイ Francesco Taddei

アントーニオ・タッデイ
タッデオ・タッデイ
概要

 フランチェスコ・タッデイは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1491年9月~10月、1502年5月~6月

年表

1491年9月~10月
1494年?
シャルル8世により、騎士に叙せられる。
1502年5月~6月

別表記

 フランチェスコ・ダントーニオ・ディ・タッデオ、フランチェスコ・ディ・アントーニオ・タッデオ、タッデイ、Francesco d'Antonio di TaddeoFrancesco di Antonio Taddei

外部リンク

 Wikipedia - Taddei

参考文献

 『フィレンツェ史』

ピエロ・アラマンニ Piero Alamanni

生没
1434年~1519年
出身
フィレンツェ
フランチェスコ・アラマンニ



ジネヴラ・パガネッリ
ルイジ・アラマンニ
概要

 ピエロ・アラマンニは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、ミラノ駐在フィレンツェ共和国大使。

在職

 正義の旗手 1490年9月~10月、1513年3月~4月

年表

1489年7月22日
ロレンツォ・イル・マニーフィコ宛てに手紙を書く。ルドヴィーコ・イル・モーロはピエロ・アラマンニに次のように話した。
 レオナルド・ダ・ヴィンチ師は天才だが、全て天才がそうであるように、恐ろしいまでに疲れ知らずだ。当地ではもう何年にもなるが、父君に捧げる大型の騎馬の記念像を実現するよう任務を受けていて、提出されたデッサンは彼のヴィジョンの壮大さを窺わせる。ところが、今現在、作業は進展しておらず、レオナルド・ダ・ヴィンチの気まぐれを承知しているだけに、これはもうインスピレーションが決定的に途切れたと信じる他ない。しかし、彼のデザインは残っていることだし、計画の実現に欠けていると言えば、恐らく実行に移す手だけなので、余としては馬の像の計画を仕上げてくれるような巨匠を誰か、ロレンツォ・イル・マニーフィコが向こうの宮廷から推薦してくれればと思う。
1491年1月23日
1494年7月
ピエロ・イル・ファトゥオ宛てに手紙を書く。1494年7月13日アレクサンドリアでのルドヴィーコ・イル・モーロルイ2世・ドルレアンの会見を見たピエロ・アラマンニは、ルイ2世・ドルレアンが「小さな頭であまり脳が詰まっておりません。ルドヴィーコはすぐに出し抜くでしょう。」

別表記

 Pietro Alamanni

外部リンク

 Google Books - Istoria genealogica delle famiglie nobili toscane, et vmbre
 Google Books
 Project Gutenberg - Beatrice d'Este, Duchess of Milan, 1475-1497 by Julia Cartwright
 Wikipedia

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』

フィリッポ・ブォンデルモンティ Filippo Buondelmonti

生没
1434年8月18日~1522年
ロレンツォ・ブォンデルモンティ
コンスタンツァ・パレンティ
トンマーゾ・ブォンデルモンティ
ベネデット・ブォンデルモンティ
ロレンツォ・ブォンデルモンティ
カテリーナ・ブォンデルモンティ
概要

 フィリッポ・ブォンデルモンティは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1512年11月~12月

年表

1512年11月1日
アッコピアトーリの選出したシニョーリアの新プリオリが就任し、2ヶ月任期の新正義の旗手にはバーリアによりフィリッポ・ブォンデルモンティ(1434年~1522年)が選出される。
1513年3月
ジョヴァンニ・デ・メディチの教皇即位の祝賀行事が市を挙げて盛大かつ華麗に繰り広げられる。
新教皇レオ10世に祝意と恭順の意を表する使節を派遣することにし、教皇の弟ジュリアーノ・デ・メディチ、大司教コジモ・デ・パッツィGiovanni Tornabuoniジョヴァンニ・バッティスタ・リドルフィベルナルド・ルチェッライフィリッポ・ブォンデルモンティベネデット・デ・ネルリピエロ・グィッチャルディーニロレンツォ・モレッリネリ・カッポーニ(1452年~1519年)、ルカ・ダントーニオ・デリ・アルビッツィ、ルイジ・デッラ・ストゥファの12名が選出される。

外部リンク

 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ヤコポ・ジャンフィリアッツィ Jacopo Gianfigliazzi

生没
1477年7月16日~1549年4月25日
出身
フィレンツェ
没地
フィレンツェ
ボンジャンニ・ジャンフィリアッツィ
マッダレーナ・パレンティ
スメラルダ・パンドルフィーニ
ボンジャンニ・ジャンフィリアッツィ
ロレンツォ・ジャンフィリアッツィ
ピエルフィリッポ・ジャンフィリアッツィ
ルイジ・ジャンフィリアッツィ
概要

 ヤコポ・ジャンフィリアッツィは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1514年11月~12月

年表

1477年7月16日
フィレンツェにて、生(1470年7月16日)。
1532年4月4日
バーリア、クレメンス7世の命に従い、12名(フランチェスコ・グィッチャルディーニフランチェスコ・ヴェットーリロベルト・アッチャイウオリ、マッテオ・ストロッツィ、バッチオ・ヴァローリMatteo NiccoliniRobert Pucciパッラ・ルチェッライヤコポ・ジャンフィリアッツィ(1470年~1549年)、Agostino Diniジョヴァンニ・リドルフィGiuliano Capponi)のRiformatori(改革者)を選出し、政体変改の権限を与える。この12名と現正義の旗手Gianfrancesco de' Nobili、新政体について協議を開始。
1537年1月9日
早朝、四十八人評議会召集、開催され、フランチェスコ・グィッチャルディーニらの主導によりコジモ1世・デ・メディチを、Ducaとしてではなく、カール5世によってアレッサンドロ・デ・メディチに承認された(1531年)Capo della Repubblica Fiorentinaの正統後継者として承認。同時にそのConsigliereとしてフランチェスコ・グィッチャルディーニフランチェスコ・ヴェットーリ、マッテオ・ストロッツィ、ロベルト・アッチャイウオリMatteo Niccoliniヤコポ・ジャンフィリアッツィGiuliano CapponiRaffaello de' Mediciの8名を指名。

外部リンク

 Google Books
 Treccani

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ロレンツォ・モレッリ Lorenzo Morelli

概要

 ロレンツォ・モレッリは、イタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1514年9月~10月

年表

1513年3月
ジョヴァンニ・デ・メディチの教皇即位の祝賀行事が市を挙げて盛大かつ華麗に繰り広げられる。
新教皇レオ10世に祝意と恭順の意を表する使節を派遣することにし、教皇の弟ジュリアーノ・デ・メディチ、大司教コジモ・デ・パッツィGiovanni Tornabuoniジョヴァンニ・バッティスタ・リドルフィベルナルド・ルチェッライフィリッポ・ブォンデルモンティベネデット・デ・ネルリピエロ・グィッチャルディーニ、ロレンツォ・モレッリ、ネリ・カッポーニ(1452年~1519年)、ルカ・ダントーニオ・デリ・アルビッツィ、ルイジ・デッラ・ストゥファの12名が選出される。
1523年
ジューリオ・デ・メディチの教皇即位の祝賀行事、市を挙げて盛大かつ華麗に繰り広げられる。
新教皇クレメンス7世に祝意と恭順の意を表する使節を派遣することにし、フランチェスコ・ミネルベッティフランチェスコ・ヴェットーリロレンツォ・モレッリヤコポ・サルヴィアーティ、ジョヴァンニ・トルナブオーニ、ロレンツォ・ストロッツィ、パッラ・ルチェッライロベルト・アッチャイウオリ、アントーニオ・デ・パッツィ、ガレオット・メディチ、アレッサンドロ・プッチの11名が選出される。

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ルイジ・デッラ・ストゥファ Luigi della Stufa

生没
1453年~1535年
Guglielmina Schianteschi
Prinzivalle della Stufa
概要

 ルイジ・デッラ・ストゥファは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1515年1月~2月

年表

1502年7月
ピエロ・ソデリーニフランチェスコ・グァルテロッティルイジ・デッラ・ストゥファ(1453年~1535年)の3名、使節としてアスティでルイ12世と会見し、そのフィレンツェ支持の意図を再確認。
1510年12月29日
ピエロ・ソデリーニ、自身の暗殺の陰謀についてコンシーリオ・マッジョーレに報告し、共和政の護持を訴える。コンシーリオ・マッジョーレは、Prinzivalle della Stufaの父ルイジ・デッラ・ストゥファに反逆罪で禁固5年の刑を宣告。
1513年3月
ジョヴァンニ・デ・メディチの教皇即位の祝賀行事が市を挙げて盛大かつ華麗に繰り広げられる。
新教皇レオ10世に祝意と恭順の意を表する使節を派遣することにし、教皇の弟ジュリアーノ・デ・メディチ、大司教コジモ・デ・パッツィGiovanni Tornabuoniジョヴァンニ・バッティスタ・リドルフィベルナルド・ルチェッライフィリッポ・ブォンデルモンティベネデット・デ・ネルリピエロ・グィッチャルディーニロレンツォ・モレッリネリ・カッポーニ(1452年~1519年)、ルカ・ダントーニオ・デリ・アルビッツィ、ルイジ・デッラ・ストゥファの12名が選出される。

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『メディチ家の人びと』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ジョヴァンニ・ダメリゴ・ベンチ Giovanni d'Amerigo Benci

生没
1394年~1455年7月
出身
フィレンツェ
アメリゴ・ディ・シモーネ・ベンチ
ジネヴラ・ペルッツィ
アメリゴ・ベンチ
フランチェスコ・ベンチ
概要

 ジョヴァンニ・ダメリゴ・ベンチは、コジモ・イル・ヴェッキオの最も信頼するメディチ銀行総支配人。

在職

 メディチ銀行総支配人 1435年~1455年
  後任:ジョヴァンニ・デ・メディチ
 正義の旗手 1443年11月~12月

年表

1431年
ジネヴラ・ペルッツィと結婚。
1435年
メディチ銀行再編成。フランチェスコ・サルターティと共に総支配人となる。以後20年、コジモ・イル・ヴェッキオの統率の下で興隆を続ける。
1439年9月~10月
フィレンツェ共和国のプリオーレを務める。
1443年
メディチ銀行総支配人フランチェスコ・サルターティ死。単独の支配人となり、コジモ・イル・ヴェッキオの信頼を得て銀行の発展に尽力。
1443年11月~12月
正義の旗手を務める。
1444年
妻ジネヴラ・ペルッツィ、死。
1455年7月
死。
コジモ・イル・ヴェッキオ、次子ジョヴァンニ・デ・メディチをメディチ銀行の総支配人とする。
メディチ銀行の隆盛この頃をもって終わる。

外部リンク

 Google Books
 Treccani

参考文献

 『逆光のメディチ』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネッサンス夜話』

ランフレディーノ・ランフレディーニ Lanfredino Lanfredini

生没
1456年11月11日~1520年10月20日
ヤコポ・ランフレディーニ
ジネヴラ・アンティノーリ
セルヴァッジア・トルナクインチ
フランチェスカ・バルトリーニ
ジョヴァンニ・ランフレディーニ
バルトロメオ・ランフレディーニ
概要

 ランフレディーノ・ランフレディーニは、イタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1501年11月~12月、1517年3月~4月

年表

1485年
セルヴァッジア・トルナクインチと結婚。
1500年
フランチェスカ・バルトリーニと結婚。

外部リンク

 Treccani

参考文献

 『フィレンツェ史』

ヤコポ・ランフレディーニ Jacopo Lanfredini

生没
14??年~
オルシーノ・ランフレディーニ
ジネヴラ・カッポーニ
ジネヴラ・アンティノーリ
ランフレディーノ・ランフレディーニ
概要

 ヤコポ・ランフレディーニは、15世紀頃のイタリアの男性。

在職

 正義の旗手 1477年11月~12月

年表

1480年

別表記

 Iacopo d'Orsino Lanfredini

外部リンク

 Google Books - Istoria genealogica delle famiglie nobili toscane, et vmbre

参考文献

 『フィレンツェ史』

ピエロ・コルシーニ Piero Corsini

生没
1441年6月1日~1499年4月25日
没地
フィレンツェ
ベルトルド・コルシーニ
概要

 ピエロ・コルシーニは、15世紀のイタリアの男性。

在職

 正義の旗手 1491年3月~4月

外部リンク

 Internet Archive - Genealogia e storia della famiglia Corsini descritta da Luigi Passerini
 Treccani

参考文献

 『フィレンツェ史』

ベルトルド・コルシーニ Bertoldo Corsini

生没
1415年11月28日~1497年12月19日
ゲラルド・コルシーニ
ピエロ・コルシーニ
ルカ・コルシーニ
概要

 ベルトルド・コルシーニは、15世紀頃のイタリアの男性。

在職

 正義の旗手 1467年11月~12月

外部リンク

 Internet Archive - Genealogia e storia della famiglia Corsini descritta da Luigi Passerini
 Treccani

ジョヴァンニ・コルシ Giovanni Corsi

生没
1472年~1547年7月17日
出身
フィレンツェ
没地
フィレンツェ
バルド・コルシ
フランチェスカ・テバルディ
概要

 ジョヴァンニ・コルシは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1522年1月~2月

外部リンク

 The Life of Marsilio Ficino by Giovanni Corsi
 Treccani
 Wikipedia

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『メディチ家』

記載日

 2005年5月29日以前

更新日

 2019年11月3日