Manfredi

マンフレディ家

アストッレ3世・マンフレディ Astorre III Manfredi

生没
1485年6月20日~1502年6月2日
出身
ファエンツァ
没地
ローマ
ガレオット・マンフレディ
フランチェスカ・ベンティヴォーリオ
ビアンカ・リアリオ

概要

 アストッレ3世・マンフレディは、15世紀~16世紀のイタリアの男性。

在位

 ファエンツァの君主 1488年~1501年

年表

1485年6月20日

ファエンツァにて、生(1485年1月19日、1485年1月20日)。

1488年5月31日

ファエンツァの君主ガレオット・マンフレディは、妻フランチェスカ・ベンティヴォーリオの主導により謀殺される。フランチェスカ・ベンティヴォーリオの父、ボローニャの君主ジョヴァンニ2世・ベンティヴォーリオは、フランチェスカ・ベンティヴォーリオを支援しファエンツァを支配しようと急ぎファエンツァに入る。

しかしファエンツァの民衆は、ガレオット・マンフレディの幼子アストッレ3世・マンフレディを擁してフィレンツェに支援を求め、間もなくフィレンツェ軍がファエンツァを制圧。ジョヴァンニ2世・ベンティヴォーリオフランチェスカ・ベンティヴォーリオ父娘はボローニャに逃げ、ファエンツァを事実上、配下に入れたフィレンツェは自領の境界を固める。

1494年

ビアンカ・リアリオと結婚。

1499年12月

ビアンカ・リアリオの母親はカテリーナ・スフォルツァだが、クリストフォロ・モーロを通じてヴェネツィア共和国からの保護を確保した上で、フォルリに向かうチェーザレ・ボルジア軍を歓迎。

1500年1月31日

手紙をしたためる。「Queste povere città Forlì ed Imola sono rimaste sbattute e percosse; tuttavia quando repensano essere usciti di tanta servitù remangono consolati

1500年8月8日

アレクサンデル6世により、破門される。

1501年4月26日

ファエンツァ、降伏(1501年4月25日)。夜、チェーザレ・ボルジアと会見。

自ら進んでチェーザレ・ボルジアの軍将としてその指揮下に入る。

1501年6月

チェーザレ・ボルジアに従い、ローマ到着。

1501年

チェーザレ・ボルジアにより、ローマサンタンジェロ城に投獄される。

1502年6月2日

暗殺される。

1502年6月9日(木)

テヴェレ川で絞殺死体が発見される。15歳くらいと25歳くらいの若者が腕で縛られ、1人の女性とその他の人々の死体も発見される。

別表記

 シニョーレ・アストッルレ・ディ・ファエンツァ、アストッレ・マンフレーディ、アストール・マンフレディ、アストーレ3世、Astorgio III Manfredi

外部リンク

 De Re Militari
 Historia Faentina
 Treccani
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア史』
 『君主論』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『フィレンツェ史』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

マンフレド・マンフレディ Manfredo Manfredi

生没
14??年~15??年

概要

 マンフレド・マンフレディは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、フェッラーラ大使。

年表

1492年8月22日

フィレンツェにて、フェッラーラ公妃エレオノーラ・ダラゴーナ宛てに手紙を書く。ピサ大学に通うチェーザレ・ボルジアが、教皇アレクサンデル6世の命により、昨日の朝出立し、スポレートの城へ向かった。

1497年8月

手紙を書く。フアン・ボルジアを暗殺したのはバルトロメオ・ダルヴィアーノ

1498年10月2日

エルコーレ1世・デステ宛てに手紙を書く。

1501年11月22日

フィレンツェにて、フェッラーラエルコーレ1世・デステ宛てに手紙を書く。

1501年11月24日

フィレンツェにて、エルコーレ1世・デステ宛てに手紙を書く。

1504年8月20日

フィレンツェにて、エルコーレ1世・デステ宛てに手紙を書く。ユリウス2世フィレンツェ人に、チェーザレ・ボルジアフィレンツェに送った金、銀、そしてそれに似た高価なものを返還するよう要求。シニョーリアはこれに関係がないと拒否。

1507年1月

フランスにて、フェッラーラアルフォンソ1世・デステ宛てに手紙を書く。チェーザレ・ボルジアが、元執事のハイメ・デ・レクェゼンツをパンプローナからフランス王ルイ12世のもとへ送り、王に仕えることを申し出るが、耳を貸されなかった。ヴァレンティノワ公を名乗ることと、以前得ていた歳入を要求すると、断固たる拒絶を受けた。

参考文献

 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

タッデオ・マンフレディ Taddeo Manfredi

生没
1431年~1486年頃
グイダントーニオ・マンフレディ
ビアンキーナ・トリンチ
マルサビーリア・ピオ
シジスモンド・マンフレディ
グイダッチオ・マンフレディ
タッデア・マンフレディ
ツァッフィーラ・マンフレディ

概要

 タッデオ・マンフレディは、15世紀のイタリアの男性、傭兵隊長。

在位

 イーモラ領主 1448年~1473年

年表

1460年1月16日

ミラノ公フランチェスコ1世・スフォルツァに年3千フィオリーノで雇われる。

1460年5月6日

ティベルト・ブランドリーニの支援を得て、5日から6日にかけての夜、ファエンツァを攻撃。

1473年5月5日

トルトーナと引き換えにイーモラガレアッツォ・マリーア・スフォルツァに売却する協定に署名。

外部リンク

 Condottieri di ventura
 Treccani
 Wikipedia

参考文献

 『メディチ家の人びと』

レータ・マンフレディ Leta Manfredi

グイダントーニオ・マンフレディ
ビアンキーナ・トリンチ
グイド・ヴィスコンティ
アントーニオ・ヴィスコンティ
テオバルド・ヴィスコンティ
ガレアッツォ・ヴィスコンティ

概要

 レータ・マンフレディは、15世紀頃のイタリアの女性。

外部リンク

 Geneanet

レンガルダ・マンフレディ Rengarda Manfredi

生没
~1457年以降
グイダントーニオ・マンフレディ
カルロ・ゴンザーガ
ウゴロット・ゴンザーガ
チェチーリア・ゴンザーガ
パオラ・ゴンザーガ

概要

 レンガルダ・マンフレディは、15世紀のイタリアの女性。

年表

1445年

カルロ・ゴンザーガと結婚。

別表記

 Ringarda Manfredi

オッタヴィオ・マンフレディ Ottavio Manfredi

ガレオット・マンフレディ

別表記

 Ottaviano

参考文献

 『Lucretia Borgia

カルロ2世・マンフレディ Carlo II Manfredi

生没
1439年~1484年
出身
ファエンツァ
没地
リーミニ
アストッレ2世・マンフレディ
ジョヴァンナ・ダ・バルビアーノ
コスタンツァ・ダ・ヴァラーノ
オッタヴィアーノ・マンフレディ

概要

 カルロ2世・マンフレディは、15世紀のイタリアの男性。

在位

 ファエンツァの君主 1468年~1477年

外部リンク

 Wikipedia

ジャン・ガレアッツォ1世・マンフレディ Gian Galeazzo I Manfredi

生没
1375年頃~1417年10月16日
出身
ファエンツァ
没地
ファエンツァ
アストッレ1世・マンフレディ
レーダ・ダ・ポレンタ
ジェンティーレ・マラテスタ
カルロ・マンフレディ
グイダントーニオ・マンフレディ
ジャン・ガレアッツォ2世・マンフレディ
マルツィア・マンフレディ
アストッレ2世・マンフレディ
ジネヴラ・マンフレディ

概要

 ジャン・ガレアッツォ1世・マンフレディは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

年表

1397年

ジェンティーレ・マラテスタと結婚(1396年)。

外部リンク

 Geneanet
 Google Books
 Google Books
 Wikipedia

グイダントーニオ・マンフレディ Guidantonio Manfredi

生没
1407年~1448年6月22日
出身
ファエンツァ
没地
テルメ・ディ・ペトリオーロ
ジャン・ガレアッツォ1世・マンフレディ
ジェンティーレ・マラテスタ
ビアンキーナ・トリンチ
アニェーゼ・ダ・モンテフェルトロ
タッデオ・マンフレディ
レータ・マンフレディ
レンガルダ・マンフレディ
コルネーリア・マンフレディ

概要

 グイダントーニオ・マンフレディは、15世紀のイタリアの男性、傭兵隊長。

在位

 ファエンツァの君主 1417年~1424年、1426年~1448年

年表

1407年

ファエンツァにて、生。

1425年3月末

この頃、ミラノ公フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティとの友好を断って、フィレンツェ共和国と友好関係を作る。

1441年

妻ビアンキーナ・トリンチ、死。

1442年

アニェーゼ・ダ・モンテフェルトロと結婚。

1448年6月22日

テルメ・ディ・ペトリオーロにて、死(1448年6月18日、1448年6月20日)。

外部リンク

 Condottieri di ventura
 Geneanet
 Treccani
 Wikipedia

参考文献

 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

マルツィア・マンフレディ Marzia Manfredi

ジャン・ガレアッツォ1世・マンフレディ
ジェンティーレ・マラテスタ
トンマーゾ・フレゴーソ

概要

 マルツィア・マンフレディは、15世紀頃のイタリアの女性。

アストッレ2世・マンフレディ Astorre II Manfredi

生没
1412年12月8日~1468年3月12日
出身
ファエンツァ
ジャン・ガレアッツォ1世・マンフレディ
ジェンティーレ・マラテスタ
ジョヴァンナ・ダ・バルビアーノ
カルロ2世・マンフレディ
ガレオット・マンフレディ
フェデリーコ・マンフレディ
エリザベッタ・マンフレディ
ランチッロット・マンフレディ
バルバーラ・マンフレディ

概要

 アストッレ2世・マンフレディは、15世紀のイタリアの男性、傭兵隊長。

在位

 イーモラ領主 1439年~1448年
 ファエンツァ領主 1448年~1468年

年表

1417年~1448年

ファエンツァを兄弟と共同支配。

1448年~1468年

ファエンツァを単独支配。

1449年

ジョヴァンニ・ダ・オリオーロに描かせた娘エリザベッタ・マンフレディバルバーラ・マンフレディの肖像画を受け取る。

1458年8月9日

ルカ・ピッティ、アストッレ2世・マンフレディにその騎兵、歩兵を率いて市内を固めさせる。

関連項目

 1467年1月4日の同盟

別表記

 Astorgio II Manfredi

外部リンク

 Condottieri di ventura
 Treccani
 Wikipedia

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ・マンフレディ Giovanni Evangelista Manfredi

生没
1482年~1502年
没地
ローマ
ガレオット・マンフレディ
カッサンドラ・パヴォーニ

概要

 ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ・マンフレディは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、聖職者。父ガレオット・マンフレディの死後、ファエンツァのドメニコ修道士になる。

年表

1500年11月13日

城主ニッコロ・カスタニーニに向けられた降伏が記された紙をつけた矢が発見され、ファエンツァアンツィアーニはニッコロ・カスタニーニを逮捕、財産を没収。評議会議員4人とジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ・マンフレディを要塞に配置。

1501年6月

チェーザレ・ボルジアに従い、ローマ到着。

1501年

チェーザレ・ボルジアにより、ローマサンタンジェロ城に投獄される。

別表記

 Gianevangelista

参考文献

 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『The Life of Cesare Borgia

ツァッフィーラ・マンフレディ Zaffira Manfredi

生没
14??~1473年
タッデオ・マンフレディ
マルサビーリア・ピオ
ピーノ3世・オルデラッフィ

概要

 ツァッフィーラ・マンフレディは、15世紀のイタリアの女性。

バルバーラ・マンフレディ Barbara Manfredi

生没
1444年4月3日~1466年10月7日
出身
ファエンツァ
没地
フォルリンポーポリ
アストッレ2世・マンフレディ
ジョヴァンナ・ダ・バルビアーノ
ピーノ3世・オルデラッフィ

概要

 バルバーラ・マンフレディは、15世紀のイタリアの女性。

年表

1451年3月2日

ピーノ3世・オルデラッフィとの結婚が決められる。

1456年1月25日

エリザベッタ・マンフレディフランチェスコ4世・オルデラッフィと結婚した日、ピーノ3世・オルデラッフィとの結婚が確約される。

1462年5月16日

ピーノ3世・オルデラッフィと結婚。

1463年1月

体調が優れない夫ピーノ3世・オルデラッフィと共にファエンツァへ行く。

1466年

フォルリで疫病が流行り、フォルリンポーポリに避難。

1466年10月7日

フォルリンポーポリにて、盲腸炎の悪化よって死。

1466年

サン・ビアージオ教会に埋葬される。

1953年

遺体が発掘されて臨床調査にかけられ、毒物の痕跡はなく盲腸炎が死因であることが判明。

外部リンク

 Facebook - Storia e storie di Forlì
 Treccani
 Wikipedia

エリザベッタ・マンフレディ Elisabetta Manfredi

生没
~1469年6月
没地
ファエンツァ
アストッレ2世・マンフレディ
ジョヴァンナ・ダ・バルビアーノ
フランチェスコ4世・オルデラッフィ
チア・オルデラッフィ
アントーニオ・マリーア・オルデラッフィ
フランチェスコ・オルデラッフィ
ジューリア・オルデラッフィ
ジョヴァンナ・オルデラッフィ
カテリーナ・オルデラッフィ

概要

 エリザベッタ・マンフレディは、15世紀のイタリアの女性。

年表

1456年1月25日

ファエンツァにて、フランチェスコ4世・オルデラッフィと結婚が祝われる。

1457年2月

フォルリへ嫁ぐ。

1459年

チア・オルデラッフィを出産。

1460年5月3日

アントーニオ・マリーア・オルデラッフィを出産。

1461年

フランチェスコ・オルデラッフィを出産。

1462年

ジューリア・オルデラッフィを出産。

14??年

ジョヴァンナ・オルデラッフィを出産。

14??年

カテリーナ・オルデラッフィを出産。

1466年

義弟ピーノ3世・オルデラッフィにより、夫フランチェスコ4世・オルデラッフィ、子アントーニオ・マリーア・オルデラッフィと共に監禁される。

1466年4月22日

フランチェスコ4世・オルデラッフィ、死。

1469年4月

子供たちと共に、ファエンツァへ行く。

1469年6月

ファエンツァにて、死。

外部リンク

 Wikipedia

ガレオット・マンフレディ Galeotto Manfredi

生没
1440年~1488年5月31日
アストッレ2世・マンフレディ
ジョヴァンナ・ダ・バルビアーノ
フランチェスカ・ベンティヴォーリオ
カッサンドラ・パヴォーニ
スキピオーネ・マンフレディ
ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ・マンフレディ
オッタヴィオ・マンフレディ
フランチェスコ・マンフレディ
アストッレ3世・マンフレディ

概要

 ガレオット・マンフレディは、15世紀のイタリアの男性、傭兵隊長。

在位

 ファエンツァの君主 1477年~1488年5月31日

年表

1440年

生。

1451年

バルバーラ・マンフレディピーノ3世・オルデラッフィの結婚祝賀に参列。

1452年

カルロ2世・マンフレディと共に父アストッレ2世・マンフレディについてボローニャに赴き、そこでフリードリヒ3世に謁見し、騎士に叙爵される。

1462年~1463年

ロマーニャにおける対ドメニコ・マラテスタ軍事行動に父アストッレ2世・マンフレディと共に参加。

1467年

アストッレ2世・マンフレディの代理として、ヴェネツィア共和国軍最高指揮官バルトロメオ・コッレオーニと契約を結ぶ。

1468年3月12日

アストッレ2世・マンフレディ、死。ガレオット・マンフレディは年4千リラを受け取る権利を得る。

1468年~1469年

ヴェネツィア共和国に仕える。

1476年

義弟ピーノ3世・オルデラッフィの助けにより、まずラヴェンナに、次にフェッラーラに、最後にフォルリに避難。

1477年10月18日

ロレンツォ・イル・マニーフィコの支援を受けて、ファエンツァ領に侵入し、グラナローロを占領。

1477年11月16日

ファエンツァ入城。

カルロ2世・マンフレディと特に弟フェデリーコ・マンフレディに対する暴動発生。

1477年11月17日

ファエンツァ領主として迎えられる。

1477年12月7日~1477年12月8日

カルロ2世・マンフレディが要塞明け渡しを飲み、ガレオット・マンフレディがファエンツァ領主に就任。

1480年

ミラノ公国フィレンツェ共和国、ナポリ王国が締結した同盟と、1万8千ドゥカートで契約。。

1481年7月1日

カファッジョーロのメディチ家別荘にてロレンツォ・イル・マニーフィコと会い、彼を代理人としてジョヴァンニ2世・ベンティヴォーリオの娘との結婚と持参金の交渉を任せる。

1481年7月9日

フランチェスカ・ベンティヴォーリオとの結婚を公式に発表。

1481年7月11日

フランチェスカ・ベンティヴォーリオとの結婚誓約書に署名。持参金は総額1万ドゥカート

1485年5月5日

ロレンツォ(ロレンツォ・イル・マニーフィコ?)から手紙。ジローラモ・リアリオ暗殺計画が発覚したアントーニオ・マリーア・オルデラッフィを排除するよう促される。

1485年6月7日

フィレンツェ共和国オットー・ディ・プラティカから手紙。ジローラモ・リアリオとの和議を勧められる。

1487年3月12日~1487年3月13日

夜、ジョヴァンニ2世・ベンティヴォーリオファエンツァが襲撃され、妻フランチェスカ・ベンティヴォーリオと息子アストッレ3世・マンフレディボローニャへ連れ去られる。

1487年9月

ロレンツォ・イル・マニーフィコの助力により、妻フランチェスカ・ベンティヴォーリオと息子アストッレ3世・マンフレディファエンツァに戻る。

1488年4月

オルシの陰謀において、ロマーニャの君主の中でただ1人アントーニオ・マリーア・オルデラッフィを支持し、ヴェネツィア共和国に傾く。

1488年4月20日

ファエンツァにて、ロレンツォ・イル・マニーフィコ宛てに手紙をしたためる。フォルリの民意について、教皇代理を恐れ、教会よりオルデラッフィを望んでいると伝える。

1488年5月31日

フランチェスカ・ベンティヴォーリオの主導により謀殺される。

外部リンク

 Condottieri di ventura
 Google Books - Caterina Sforza Volume III
 Treccani
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア史』
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『The Life of Cesare Borgia

記載日

 2005年5月29日以前

更新日

 2020年2月26日