Visconti

ヴィスコンティ家

アントーニオ・ヴィスコンティ Antonio Visconti

生没
1476年頃~
グイド・ヴィスコンティ
レータ・マンフレディ
マッダレーナ・トリヴルツィオ
バッティスタ・ヴィスコンティ
ヴィットーリア・ヴィスコンティ
概要

 アントーニオ・ヴィスコンティは、15世紀頃のイタリアの男性。

外部リンク

 Geni.com

ヴェルチェッリーノ・ヴィスコンティ Vercellino Visconti

ウベルト・ヴィスコンティ
アントーニオ・ヴィスコンティ
概要

 ヴェルチェッリーノ・ヴィスコンティは、14世紀頃のイタリアの男性。

外部リンク

 Geni.com
 JDA's Family Tree

ニッコロ・ヴィスコンティ Niccolò Visconti

生没
1656年~1731年5月22日
アントーニオ・コリオラーノ・ヴィスコンティ
マッダレーナ・ドゥリーニ
テレザ・モドローニ
フィリッポ・ヴィスコンティ
カルロ・ヴィスコンティ・ディ・モドローネ
概要

 ニッコロ・ヴィスコンティは、17世紀~18世紀の男性。

外部リンク

 Geni.com

コリオラーノ・ヴィスコンティ Coriolano Visconti

生没
~1601年
バッティスタ・ヴィスコンティ
ヴィットーリア・ヴィスコンティ
ガウデンツィア・ソラーリ
アントーニオ・コリオラーノ・ヴィスコンティ
概要

 コリオラーノ・ヴィスコンティは、16世紀~17世紀のイタリアの男性。

外部リンク

 Geni.com

アントーニオ・コリオラーノ・ヴィスコンティ Antonio Coriolano Visconti

生没
~1663年
コリオラーノ・ヴィスコンティ
ガウデンツィア・ソラーリ
マッダレーナ・ドゥリーニ
ニッコロ・ヴィスコンティ
概要

 アントーニオ・コリオラーノ・ヴィスコンティは、17世紀頃の男性。

外部リンク

 Geni.com

フィリッポ・ヴィスコンティ Filippo Visconti

生没
1695年頃~1768年1月28日
ニッコロ・ヴィスコンティ
テレザ・モドローニ
カテリーナ・チコーニャ
ガエターノ・ヴィスコンティ
概要

 フィリッポ・ヴィスコンティは、17世紀~18世紀の男性。

外部リンク

 Geni.com

ガエターノ・ヴィスコンティ Gaetano Visconti

生没
1731年~1813年9月26日
フィリッポ・ヴィスコンティ
カテリーナ・チコーニャ
アウレリア・ゴンザーガ
ウベルト・ヴィスコンティ・ディ・モドローネ
概要

 ガエターノ・ヴィスコンティは、18世紀~19世紀の男性。

外部リンク

 Geni.com

ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィスコンティ Giovanni Battista Visconti

アントーニオ・ヴィスコンティ
フランチェスコ・ヴィスコンティ
グイド・ヴィスコンティ
外部リンク

 Geni.com
 JDA's Family Tree

バッティスタ・ヴィスコンティ Battista Visconti

生没
~1563年
没地
シエナ
アントーニオ・ヴィスコンティ
マッダレーナ・トリヴルツィオ
ヴィットーリア・ヴィスコンティ
コリオラーノ・ヴィスコンティ
概要

 バッティスタ・ヴィスコンティは、16世紀頃のイタリアの男性。

外部リンク

 Geni.com

ウベルト・ヴィスコンティ Uberto Visconti

生没
~1315年
グレゴリウス10世
アナスタシア・ピロヴァーノ
ヴェルチェッリーノ・ヴィスコンティ
オットーロノ・ヴィスコンティ
概要

 ウベルト・ヴィスコンティは、13世紀~14世紀のイタリアの男性。

外部リンク

 Geni.com
 JDA's Family Tree

アントーニオ・ヴィスコンティ Antonio Visconti

ヴェルチェッリーノ・ヴィスコンティ
ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィスコンティ
外部リンク

 Geni.com
 JDA's Family Tree

フランチェスコ・ベルナルディーノ・ヴィスコンティ 
Francesco Bernardino Visconti

生没
1464年?~1514年
サグラモーロ・ヴィスコンティ
クレメンティーナ・セッコ
マッダレーナ・パッラヴィチーニ
ベルナボ・ヴィスコンティ
カテリーナ・ヴィスコンティ
パッラヴィチーノ・ヴィスコンティ
アントーニア・ヴィスコンティ
概要

 フランチェスコ・ベルナルディーノ・ヴィスコンティは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、ミラノのギベリン党の指導者。

在位

 ブリニャーノ領主

外部リンク

 Geneanet

参考文献

 『イタリア史』

ガレアッツォ・ヴィスコンティ Galeazzo Visconti

生没
14??年~15??年
概要

 ガレアッツォ・ヴィスコンティは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、ルドヴィーコ・イル・モーロの信頼する外交官。

年表

1490年11月26日
ルドヴィーコ・イル・モーロベアトリーチェ・デステの婚姻の最終調整を終えて、この日フェッラーラを出発。
1491年2月11日(金)
イザベッラ・デステ宛てに手紙を書く。
 金曜日の今朝、10刻にベアトリーチェ・デステ公妃と女官たち全員と共に馬でクザーゴへ向かいました。殿下に十分楽しんでいただくためにまず申しておかなければなりませんことに、公妃とディオーダ(道化師ディオダート)と一緒の馬車に乗り、25曲以上の歌を3人の声に合わせて歌いました。つまり、ディオーダがテノールで、公妃がソプラノで、私が時にバスで時にソプラノで歌って度々ふざけ回ったので、ディオーダよりもおかしかったかもしれないと本気で思っています。今夜はこれでお終いにして、夏に殿下がお越しになる時にもっとお楽しみいただけるように、改良に努めるつもりでございます。
1491年2月1?日
イザベッラ・デステ宛てに手紙を書く。
 クザーゴに着きまして、川で釣りを体験し、鱒、鮭、八目鰻、蟹の他おいしい小さな魚がたくさん取れました。そしてその後すぐ、もうこれ以上口に入れられなくなるまで食べました。消化に良いように、夕食の直後に元気いっぱい球技を行い、しばらく遊んで後宮殿に向かいました。チェルトーザ・ディ・パヴィアの新しい作品と同じように素晴らしい大理石の彫刻が施された扉がついた、実に美しい宮殿です。次に、遊漁の結果を宮殿の前に並べて吟味し、自分たちで食べられる分の八目鰻と蟹は取って置き、八目鰻を数匹ジャン・ガレアッツォ・スフォルツァ公爵閣下に送りました。それが終わると、別の宮殿へ行き、大きな鮭を千匹以上も釣り上げ、贈り物と私たち自身の聖なる喉のために最良のものを選び出し、残りは水の中へ投げ戻しました。それから、また馬に乗り、殿下がパヴィアでご覧になった私の優秀な鷹を数羽飛ばして、川辺で何羽かの鳥を仕留めました。その頃はすでに4刻になっておりました。雄鹿と子鹿を狩りに出かけ、22頭を追い詰めて雄鹿2頭と子鹿2頭を殺し、帰路について日没1時間後ミラノに到着し、我が主バーリルドヴィーコ・イル・モーロ閣下に1日の獲物を贈りました。我が高名なる主は私たちの活動の全てをお聞きになって、むしろ実際ご自分で体験されるよりも、たいそうお喜びになりました。ルドヴィーコ・イル・モーロ様が美しく価値あるクザーゴをお与えになるでしょうから、ベアトリーチェ・デステ公妃は大きな恩恵をお受け取りになることと思います。ところが私は、靴はばらばらになり服は破れ、挙句の果てには道化役まで致しまして、それが貴婦人たちにお仕えして得られる報奨なのでございます。しかしながら、私が生死にかかわらず尽くす所存の公妃がためなのですから耐え忍ぶつもりです。
1491年3月30日
ヴィジェヴァーノにて、イザベッラ・デステ宛てに手紙を書く。
 ・・・・そして、懺悔と悔恨の時でありますので、オルランドに対する本当の信奉と献身を殿下がお取戻しになるように、もう1度懇願し、お祈りいたします。ベアトリーチェ・デステ公妃の良い例をご覧になったではありませんか。あなた様の妹君は誤りをお認めになり、善良なキリスト教徒としてオルランドの誠実な支持者になり、今許しを得るためミラノへ行かれました。
あなた様の最も謙虚で献身的な僕
Galeaz Sfortia Vicecomes
Armorum Capitaneus
1492年3月29日
フランスのシャルル8世のもとへ大使として派遣され、この日ラテン語で演説。
1493年
149?年
1495年
対フランス神聖同盟結成後、ルドヴィーコ・イル・モーロによりコッミッサーリオに任命される。
1507年5月27日
フランス王ルイ12世から給料と領地をもらう。

外部リンク

 Internet Archive - Delle relazioni di Isabella d' Este Gonzaga con Ludovico e Beatrice Sforza

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』

イザベッラ・ヴィスコンティ Isabella Visconti

生没
13??年~14??年
ルキノ・ノヴェッロ・ヴィスコンティ
マッダレーナ・ストロッツィ
ガレオット・ブランカレオーニ
ジョヴァンニ8世・マラテスタ
カルロ3世・マラテスタ
マラテスタ・マラテスタ
概要

 イザベッラ・ヴィスコンティは、14世紀~15世紀のイタリアの女性。

外部リンク

 Geneanet
 Foundation for Medieval Genealogy
 Histoire de l'Europe

マッダレーナ・ヴィスコンティ Maddalena Visconti

生没
13??年~1438年
ルキノ・ノヴェッロ・ヴィスコンティ
マッダレーナ・ストロッツィ
フランチェスコ・グイディ
ルドヴィーカ・グイディ
概要

 マッダレーナ・ヴィスコンティは、14世紀~15世紀のイタリアの女性。

年表

1405年10月8日
フランチェスコ・グイディと結婚。

外部リンク

 Foundation for Medieval Genealogy
 Histoire de l'Europe

イゾッタ・ヴィスコンティ Isotta Visconti

ベルナボ・ヴィスコンティ
カルロ・ダ・フォリアーノ
チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

グイド・ヴィスコンティ Guido Visconti

生没
~1477年頃
没地
ジェノヴァ
ジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィスコンティ
レゴーラ・ガレアッツィ
エレオノーラ・ロターリオ
レータ・マンフレディ
アントーニオ・ヴィスコンティ
概要

 グイド・ヴィスコンティは、15世紀頃のイタリアの男性。

別表記

 Guido di Giambattista Visconti

外部リンク

 Geni.com
 Geneanet
 JDA's Family Tree

オビッツォ・ヴィスコンティ Obizzo Visconti

生没
?~1266年以降
ウベルト・ヴィスコンティ
フィオリーナ・マンデッリ
グレゴリウス10世
概要

 オビッツォ・ヴィスコンティは、13世紀頃のイタリアの男性。

外部リンク

 世界帝王事典
 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree

参考文献

 『ミラノ――ヴィスコンティ家の物語――』

エンリカ・ヴィスコンティ Enrica Visconti

ベルナボ・ヴィスコンティ
フランキーノ・ルスカ
チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Genealogy.EU

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

リッチャルダ・ヴィスコンティ Ricciarda Visconti

生没
~1392年3月3日
ベルナボ・ヴィスコンティ
リシャール・ド・ラ・サル
概要

 リッチャルダ・ヴィスコンティは、14世紀の女性。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記

 リカルダ

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

ランチェッロット・ヴィスコンティ Lancellotto Visconti

生没
~1441年
ベルナボ・ヴィスコンティ
ドンニーナ・ポッロ
ドンニーナ・ヴィスコンティ
概要

 ランチェッロット・ヴィスコンティは、15世紀頃のイタリアの男性。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記

 Lancillotto Visconti

外部リンク

 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy

マッダレーナ・ヴィスコンティ Maddalena Visconti

生没
1360年~1404年7月17日
没地
ブルクハウゼン
ベルナボ・ヴィスコンティ
ベアトリーチェ・デッラ・スカーラ
フリードリヒ・フォン・バイエルン
ハインリヒ4世・フォン・バイエルン
エリザベス・フォン・バイエルン
マルガレーテ・フォン・バイエルン
マグダレーネ・フォン・バイエルン
ヨハン・フォン・バイエルン
概要

 マッダレーナ・ヴィスコンティは、14世紀~15世紀の女性。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Genealogy.EU

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

オットーネ・ヴィスコンティ Ottone Visconti

生没
1213年~1295年8月8日
ウベルト・ヴィスコンティ
概要

 オットーネ・ヴィスコンティは、13世紀のイタリアの男性、聖職者。

在位

 ミラノ大司教 1262年~1288年
 ミラノ領主 1277年~1278年、1282年~1295年

外部リンク

 世界帝王事典
 Genealogy.EU
 Wikipedia

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『ルネサンスの歴史』

ジュゼッペ・ヴィスコンティ Giuseppe Visconti

生没
1879年11月10日~1941年12月16日
出身
ミラノ
没地
ミラノ
グイド・ヴィスコンティ
イーダ・レンジ
チェルノッビオ
カルラ・エルバ
グイド・ヴィスコンティ
アンナ・ヴィスコンティ
ルイジ・ヴィスコンティ
ルキノ・ヴィスコンティ
エドアルド・ヴィスコンティ
イーダ・ヴィスコンティ
ウベルタ・ヴィスコンティ
概要

 ジュゼッペ・ヴィスコンティは、19世紀~20世紀のイタリアの男性。

外部リンク

 Geni.com
 Wikipedia

ステファノ・ヴィスコンティ Stefano Visconti

生没
1282年~1337年7月4日
マッテオ1世・ヴィスコンティ
ヴァレンティーナ・ドーリア
マッテオ2世・ヴィスコンティ
ガレアッツォ2世・ヴィスコンティ
ベルナボ・ヴィスコンティ
概要

 ステファノ・ヴィスコンティは、13世紀~14世紀のイタリアの男性。

外部リンク

 世界帝王事典
 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 Wikipedia

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

アニェーゼ・ヴィスコンティ Agnese Visconti

生没
1363年~1391年2月7日
出身
ミラノ
没地
マントヴァ
ベルナボ・ヴィスコンティ
ベアトリーチェ・デッラ・スカーラ
フランチェスコ1世・ゴンザーガ
アルダ・ゴンザーガ
概要

 アニェーゼ・ヴィスコンティは、14世紀のイタリアの女性。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Genealogy.EU
 Wikipedia

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

ドンニーナ・ヴィスコンティ Donnina Visconti

ランチェッロット・ヴィスコンティ
アンニーバレ1世・ベンティヴォーリオ
アントーニア・ベンティヴォーリオ
ジョヴァンニ2世・ベンティヴォーリオ
チェーザレ・ボルジア数

 父ランチェッロット・ヴィスコンティ→きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Genealogy
 Geneanet
 Wikipedia

エリザベッタ・ヴィスコンティ Elisabetta Visconti

ベルナボ・ヴィスコンティ
ベトラメーダ・カッサ
ルートヴィヒ・フォン・ランド
エーベルハルト6世・フォン・ランド
コンラード8世・フォン・ランド
チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記

 Isotta

外部リンク

 Genealogy.EU

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

マルコ・ヴィスコンティ Marco Visconti

生没
1353年11月~1382年1月3日
出身
ミラノ
没地
ミラノ
ベルナボ・ヴィスコンティ
ベアトリーチェ・デッラ・スカーラ
エリザベス・フォン・バイエルン
概要

 マルコ・ヴィスコンティは、14世紀のイタリアの男性。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Genealogy.EU
 Wikipedia

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

マッテオ2世・ヴィスコンティ Matteo Visconti

生没
1319年~1355年
ステファノ・ヴィスコンティ
ジグリオラ・ゴンザーガ
カテリーナ・ヴィスコンティ
アンドレオラ・ヴィスコンティ
概要

 マッテオ2世・ヴィスコンティは、14世紀のイタリアの男性。

在位

 ミラノ領主 1354年~1355年

別表記

 マテオ2世

外部リンク

 ウィキペディア
 世界帝王事典
 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 Treccani.it

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『君主論』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ Valentina Visconti

生没
1357年~1393年
出身
ミラノ
没地
キプロス
ベルナボ・ヴィスコンティ
ベアトリーチェ・デッラ・スカーラ
ピエール・ド・リュジニャン
概要

 ヴァレンティーナ・ヴィスコンティは、14世紀の女性。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Genealogy.EU
 Wikipedia

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

マルコ・ヴィスコンティ Marco Visconti

生没
1289年~1329年
マッテオ1世・ヴィスコンティ
ボナコッサ・ボッリ
概要

 マルコ・ヴィスコンティは、13世紀~14世紀のイタリアの男性、傭兵隊長。

外部リンク

 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 Treccani.it
 Wikipedia

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

グイド・ヴィスコンティ Guido Visconti

生没
1838年7月19日~1902年2月5日
出身
ミラノ
没地
ミラノ
ウベルト・ヴィスコンティ・ディ・モドローネ
ジョヴァンナ・グロパッロ
イーダ・レンジ
ウベルト・ヴィスコンティ
ジョヴァンニ・ヴィスコンティ
ジュゼッペ・ヴィスコンティ
グイド・カルロ・ヴィスコンティ
概要

 グイド・ディ・ウベルト・ヴィスコンティは、19世紀~20世紀のイタリアの男性。

外部リンク

 Geni.com
 Wikipedia

マルゲリータ・ヴィスコンティ Margherita Visconti

生没
~1341年
没地
ミラノ
ウベルト・ヴィスコンティ
フランチェスケット・プステルラ
概要

 マルゲリータ・ヴィスコンティは、13世紀~14世紀のイタリアの女性。

外部リンク

 Project Gutenberg
 Storia di Milano
 Treccani.it

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

ブルツィオ・ヴィスコンティ Brizio Visconti

生没
1347/48年~1357年
ルキノ・ヴィスコンティ
概要

 ブルツィオ・ヴィスコンティはイタリアの傭兵隊長。

外部リンク

 Condottieri di ventura
 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 Storia di Milano
 Treccani.it

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

ルキノ・ノヴェッロ・ヴィスコンティ Luchino Novello Visconti

生没
1346年~1400年10月1日
出身
ミラノ
没地
ヴェネツィア共和国チヴィダーレ
ルキノ・ヴィスコンティ
イザベッラ・フィエスキ
ルイーザ・アドルノ
マッダレーナ・ストロッツィ
マリーア・ヴィスコンティ
カテリーナ・ヴィスコンティ
オルシーナ・ヴィスコンティ
イザベッラ・ヴィスコンティ
マッダレーナ・ヴィスコンティ
概要

 ルキノ・ノヴェッロ・ヴィスコンティは、14世紀のイタリアの男性。

年表

1372年
マッダレーナ・ストロッツィと結婚。
1400年10月1日
チヴィダーレにて、死(1399年)。

外部リンク

 Foundation for Medieval Genealogy
 Histoire de l'Europe
 Treccani.it

ガブリエーレ・マリーア・ヴィスコンティ Gabriele Maria Visconti

生没
?~1408年
ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ
アニェーゼ・マンテガッツァ
概要

 ガブリエーレ・マリーア・ヴィスコンティは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

在位

 ピサの君主 1402年~1405年

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記

 ガブリエールマリア・ヴィスコンティ(Gabrielmaria Visconti)

外部リンク

 Genealogy.EU
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア史』
 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ルドヴィーコ・ヴィスコンティ Ludovico Visconti

生没
~1404年3月7日
ベルナボ・ヴィスコンティ
ヴィオランテ・ヴィスコンティ
概要

 ルドヴィーコ・ヴィスコンティは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

年表

1381年4月18日

チェーザレ・ボルジア数

 妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

アントーニア・ヴィスコンティ Antonia Visconti

生没
1360年頃~1405年3月26日
出身
ミラノ
没地
シュトゥットガルト
ベルナボ・ヴィスコンティ
ベアトリーチェ・デッラ・スカーラ
フェデリーコ3世・デ・バルセロナ
エヴェラード3世・フォン・ヴュッテンベルク
エヴェラード4世・フォン・ヴュッテンベルク
概要

 アントーニア・ヴィスコンティは、14世紀~15世紀の女性。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Genealogy.EU
 Wikipedia

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

カルロ・ヴィスコンティ Carlo Visconti

生没
1359年11月~1403年8月
出身
ミラノ
ベルナボ・ヴィスコンティ
ベアトリーチェ・デッラ・スカーラ
ベアトリクス・ダルマニャック
マルコ・ヴィスコンティ
ヴェルデ・ヴィスコンティ
ボーナ・ヴィスコンティ
ジャン・カルロ・ヴィスコンティ
概要

 カルロ・ヴィスコンティは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Genealogy.EU
 Wikipedia

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

タッデア・ヴィスコンティ Taddea Visconti

生没
1352年~1381年9月28日
没地
ミュンヘン
ベルナボ・ヴィスコンティ
ベアトリーチェ・デッラ・スカーラ
シュテファン3世・フォン・バイエルン=インゴルシュタット
ルートヴィヒ8世・フォン・バイエルン=インゴルシュタット
エリザベス・フォン・バイエルン=インゴルシュタット
概要

 タッデア・ヴィスコンティは、14世紀の女性。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 Wikipedia

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

アントーニア・ヴィスコンティ Antonia Visconti

フランチェスコ・ブッソーネ
ルキナ・ブッソーネ
概要

 アントーニア・ヴィスコンティは、14~15世紀頃のイタリアの女性。フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティの遠い親類。

年表

1417年2月14日

埋葬地

 サン・フランチェスコ・グランデ教会

サグラモーロ・ヴィスコンティ Sagramoro Visconti

生没
13??年~1385年
ベルナボ・ヴィスコンティ
モンタニーナ・デ・ラッツァーリ
アキッレッタ・マルリアーニ
レオナルド・ヴィスコンティ
概要

 サグラモーロ・ヴィスコンティは、14世紀のイタリアの男性、庶子。

在位

 ブリニャーノ領主

別表記

 Sagromoro Visconti

外部リンク

 Foundation for Medieval Genealogy
 Geneanet

レオナルド・ヴィスコンティ Leonardo Visconti

生没
13??年~1414年
サグラモーロ・ヴィスコンティ
アキッレッタ・マルリアーニ
マルゲリータ・カイミ
サグラモーロ・ヴィスコンティ
ピエトロ・フランチェスコ・ヴィスコンティ
概要

 レオナルド・ヴィスコンティは、14世紀~15世紀のイタリアの男性、傭兵隊長。

在位

 パガッツァーノ・ブリニャーノ領主

外部リンク

 Geneanet

サグラモーロ・ヴィスコンティ Sagramoro Visconti

生没
~1472年
レオナルド・ヴィスコンティ
マルゲリータ・カイミ
クレメンティーナ・セッコ
フランチェスコ・ベルナルディーノ・ヴィスコンティ
フランチェスカ・ヴィスコンティ
アウレリア・ヴィスコンティ
概要

 サグラモーロ・ヴィスコンティは、15世紀頃のイタリアの男性。

在位

 ブリニャーノ領主

別表記

 Sagramoro II ViscontiSagromoro Visconti

外部リンク

 Geneanet

ベルナボ・ヴィスコンティ Bernabò Visconti

生没
1323年~1385年12月15日
ステファノ・ヴィスコンティ
ベアトリーチェ・デッラ・スカーラ
モンタニーナ・デ・ラッツァーリ
ドンニーナ・ポッロ
タッデア・ヴィスコンティ
ヴェルデ・ヴィスコンティ
ルチア・ヴィスコンティ
カルロ・ヴィスコンティ
ルドヴィーコ・ヴィスコンティ
カテリーナ・ヴィスコンティ
マッダレーナ・ヴィスコンティ
アニェーゼ・ヴィスコンティ
マルコ・ヴィスコンティ
アントーニア・ヴィスコンティ
ジャンマスティーノ・ヴィスコンティ
エリザベッタ・ヴィスコンティ
ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ
アングレシア・ヴィスコンティ
ナグレリア・ヴィスコンティ
アンブロジオ・ヴィスコンティ
エストーレ・ヴィスコンティ
イゾッタ・ヴィスコンティ
サグラモーロ・ヴィスコンティ
ドニーナ・ヴィスコンティ
ベルナルダ・ヴィスコンティ
パラメド・ヴィスコンティ
ランチェッロット・ヴィスコンティ
ジネヴラ・ヴィスコンティ
ソヴラナ・ヴィスコンティ
エリザベッタ・ヴィスコンティ
リッチャルダ・ヴィスコンティ
エンリカ・ヴィスコンティ
ヴァレンティア・ヴィスコンティ
ルドルフォ・ヴィスコンティ
ダミジェラ・ヴィスコンティ
ヴィジィナ・ヴィスコンティ
エットーレ・ヴィスコンティ
ガレオット・ヴィスコンティ
ドンニーナ・ヴィスコンティ
概要

 ベルナボ・ヴィスコンティは、14世紀のイタリアの男性。

在位

 ミラノ領主 1354年~1385年

性格

 残忍、残虐、奇行。政治家としては有能、注意深い。

年表

1350年9月27日
ヴェローナにてベアトリーチェ・デッラ・スカーラと結婚。
1354年
1355年
1378年
ガレアッツォ2世・ヴィスコンティの没後、ミラノを単独統治。
1385年12月
甥のジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティに捕らえられ、毒殺される。ミラノの政権は甥の手へ渡る。

肖像

チェーザレ・ボルジア数

 子ルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記

 ベルナボ・ダ・ミラーノ卿、バルナボ、ベルナボー、Bernabo Visconti

外部リンク

 世界帝王事典
 Foundation for Medieval Genealogy
 Find A Grave
 Genealogy.EU
 kleio.org
 Treccani.it
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『君主論』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの歴史』

ビアンカ・マリーア・ヴィスコンティ Bianca Maria Visconti

生没
1425年3月31日~1468年10月28日
出身
パヴィア
没地
マリニャーノ
フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ
アニェーゼ・デル・マイーノ
フランチェスコ1世・スフォルツァ
ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァ
イッポーリタ・スフォルツァ
フィリッポ・マリーア・スフォルツァ
スフォルツァ・マリーア・スフォルツァ
ルドヴィーコ・イル・モーロ
アスカーニオ・マリーア・スフォルツァ
エリザベッタ・スフォルツァ
オッタヴィアーノ・マリーア・スフォルツァ
概要

 ビアンカ・マリーア・ヴィスコンティは、15世紀のイタリアの女性。

年表

1425年3月31日
パヴィアのセッティーモにて、生。
1432年2月23日
1441年10月25日
1450年3月25日
1468年7月6日
息子ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァボーナ・ディ・サヴォイアの結婚式に参列(1468年7月7日)。
1468年
ジェノヴァ経由でナポリに帰るイッポーリタ・スフォルツァをセッラヴァッレまで見送り、クレモーナに向かう。
1468年8月18日
マリニャーノ到着。
1468年8月
マリニャーノ到着の数日後、罹患し、高熱を発する。
1468年10月28日
マリニャーノ(現メレニャーノ)にて、死(1468年10月23日クレモーナ)。
1468年
荘厳な葬儀が執り行われる。ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァに依頼されたフランチェスコ・フィレルフォが弔辞を書く。

肖像

 ビアンカ・マリーア・ヴィスコンティの肖像
 ビアンカ・マリーア・ヴィスコンティの肖像

埋葬地

 サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

チェーザレ・ボルジア数

 父フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ→きょうだいヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
 父フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ→母カテリーナ・ヴィスコンティ→きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記

 ビアンカ・マリア・ヴィスコンティ

外部リンク

 ウィキペディア
 世界帝王事典
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree
 kleio.org
 RootsWeb.com
 Treccani

参考文献

 『イタリア史』
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『君主論』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンス舞踊紀行』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

カルロ・ヴィスコンティ Carlo Visconti

生没
?~1477年1月2日
概要

 カルロ・ヴィスコンティは、15世紀のミラノの男性、ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァ暗殺者の1人。
 妹を陵辱したガレアッツォ・マリーア・スフォルツァに不満を抱いていたカルロ・ヴィスコンティは、ジョヴァンニ・アンドレア・ランプニャーニジローラモ・オルジアーティの陰謀に参加した。

年表

1473年9月13日
トリーアにて、フリードリヒ3世シャルル・ル・テメレールが会見。この時、カルロ・ヴィスコンティは皇帝宮廷駐在ミラノ大使として列席。
1476年12月26日
ミラノのサント・ステファノ教会に3人は集まる。この日はサント・ステファノの日であり、ここでミサが執り行われることになっていた。ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァ一行が到着すると、3人は彼の前に出、一言二言交わした後、まずジョヴァンニ・アンドレア・ランプニャーニが刺し、カルロ・ヴィスコンティ、ジローラモ・オルジアーティと、ジョヴァンニ・アンドレア・ランプニャーニの使用人フランツォーネがそれに続いた。
ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァが殺され、人々は恐慌状態となり、教会から逃げ出す。ジョヴァンニ・アンドレア・ランプニャーニは教会の女性側に向かって逃走を試みたが、ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァの護衛に捕らえられてその場で惨殺された。他の共犯者3人は、群集の間に強引に入り込み、逃走に成功する。
1476年12月27日
フランツォーネが捕まり、共犯者を自白。
1476年12月29日
カルロ・ヴィスコンティは、怯えた親族によって引き渡される。
1477年1月2日
カルロ・ヴィスコンティ、ジローラモ・オルジアーティとフランツォーネは死刑に処せられ、死体は警告として曝された。
ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァは冷酷な君主として知られていたにもかかわらず、民衆が彼の暗殺に呼応することはなかった。

外部リンク

 Google Books
 The Assassin's Creed Wiki
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの女たち』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』
 『April Blood

カテリーナ・ヴィスコンティ Caterina Visconti

生没
1360年~1404年10年17日
ベルナボ・ヴィスコンティ
ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ
ジョヴァンニ・マリーア・ヴィスコンティ
フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ
概要

 カテリーナ・ヴィスコンティは、14世紀~15世紀のイタリアの女性。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記

 Caterina di Bernabò Visconti

外部リンク

 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 kleio.org
 Wikipedia

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ドンニーナ・ヴィスコンティ Donnina Visconti

生没
1360年~1406年
ベルナボ・ヴィスコンティ
モンタニーナ・デ・ラッツァーリ
ジョヴァンニ・アクート
フランチェスコ・カスティリオーニ
概要

 ドンニーナ・ヴィスコンティは、14世紀~15世紀のイタリアの女性。

年表

1360年
誕生。
1377年
1394年
1396年1月26日
フランチェスコ・カスティリオーニと結婚。
1406年
没する。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 世界帝王事典
 Genealogy.EU

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

ガレアッツォ2世・ヴィスコンティ Galeazzo II Visconti

生没
1320年3月14日~1378年8月4日
出身
ミラノ
没地
パヴィア
ステファノ・ヴィスコンティ
ヴァレンティーナ・ドーリア
ビアンカ・ディ・サヴォイア
ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ
マリーア・ヴィスコンティ
ヴィオランテ・ヴィスコンティ
概要

 ガレアッツォ2世・ヴィスコンティは、14世紀のイタリアの男性。

在位

 ミラノ領主 1354年~1378年

チェーザレ・ボルジア数

 子ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 ウィキペディア
 世界帝王事典
 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 kleio.org
 Treccani.it

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『君主論』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『ルネサンス宮廷大全』

ルキノ・ヴィスコンティ Luchino Visconti

生没
1906年11月2日~1976年3月17日
出身
ミラノ
没地
ローマ
ジュゼッペ・ヴィスコンティ
カルラ・エルバ
概要

 ルキノ・ヴィスコンティは、20世紀のイタリアの男性、映画監督。

監督作品

 1942年『郵便配達は二度ベルを鳴らす』
 『揺れる大地』
 『ベリッシマ』
 『われら女性』
 『夏の嵐』
 『白夜』
 『若者のすべて』
 『ボッカチオ’70』
 『山猫』
 『熊座の淡き星影』
 『異邦人』
 『華やかな魔女たち』
 『地獄に堕ちた勇者ども』
 1971年『ベニスに死す』
 『ルードヴィヒ神々の黄昏』
 1974年『家族の肖像』
 1975年『イノセント』

外部リンク

 ウィキペディア
 Find A Grave
 Geni.com
 NNDB
 Treccani.it

ルキノ・ヴィスコンティ Luchino Visconti


生没
1292年~1349年
マッテオ1世・ヴィスコンティ
ボナコッサ・ボッリ
ヴィオランテ・ディ・サルッツォ
カテリーナ・スピノーラ
イザベッラ・フィエスキ
ブルツィオ・ヴィスコンティ
ルキネット・ヴィスコンティ
ボルソ・ヴィスコンティ
ルキノ・ノヴェッロ・ヴィスコンティ
概要

 ルキノ・ヴィスコンティは、13世紀~14世紀のイタリアの男性。

在位

 ミラノ領主 1339年~1349年

別表記

 ルキーノ・ヴィスコンティ、Lucchino

外部リンク

 ウィキペディア
 世界帝王事典
 Famille de Carné
 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 Treccani.it

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『ルネサンスの歴史』

マッテオ1世・ヴィスコンティ Matteo Visconti

生没
1250年8月15日~1322年6月22日
グレゴリウス10世
アナスタジア・ピロヴァーノ
ボナコッサ・ボッリ
ガレアッツォ1世・ヴィスコンティ
ルキノ・ヴィスコンティ
ステファノ・ヴィスコンティ
マルコ・ヴィスコンティ
ジョヴァンニ・ヴィスコンティ
カテリーナ・ヴィスコンティ
ザッカリーナ・ヴィスコンティ
概要

 マッテオ1世・ヴィスコンティは、13世紀~14世紀のイタリアの男性。

在位

 ミラノ領主 1313~1322年

別表記

 マテオ

外部リンク

 世界帝王事典
 Famille de Carné
 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 Treccani.it
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア史』
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『マキアヴェリ』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『ルネサンスの歴史』

ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ Valentina Visconti

生没
1366年~1408年
ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ
イザベッラ・ディ・ヴァロワ
ルイ1世・ド・ヴァロワ
シャルル1世・ド・ヴァロワ
ジャン・ダングレーム
概要

 ヴァレンティーナ・ヴィスコンティは、14世紀~15世紀の女性。

チェーザレ・ボルジア数

 子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記

 ヴァランティーヌ・ヴィスコンティ

外部リンク

 世界帝王事典
 Famille de Carné
 Find A Grave
 Find A Grave
 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 kleio.org
 Treccani.it
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア史』
 『快楽の中世史』
 『君主論』
 『フィレンツェ史』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの歴史』
 『The Life of Cesare Borgia

ヴェルデ・ヴィスコンティ Verde Visconti

生没
1352年~1414年3月1日
出身
ミラノ
ベルナボ・ヴィスコンティ
ベアトリーチェ・デッラ・スカーラ
レオポルト3世・フォン・ハプスブルク
ウィルヘルム・フォン・ハプスブルク
レオポルト4世・フォン・ハプスブルク
エルンスト1世・フォン・ハプスブルク
エリザベス・フォン・ハプスブルク
フリードリヒ4世・フォン・ハプスブルク
カタリーナ・フォン・ハプスブルク
概要

 ヴェルデ・ヴィスコンティは、14世紀~15世紀の女性。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 Wikipedia

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

ヴィオランテ・ヴィスコンティ Violante Visconti

生没
1354年~1386年
出身
パヴィア
没地
パヴィア
ガレアッツォ2世・ヴィスコンティ
ビアンカ・ディ・サヴォイア
ライオネル・プランタジネット
セコンドット・パレオロゴ
ルドヴィーコ・ヴィスコンティ
概要

 ヴィオランテ・ヴィスコンティは、14世紀の女性。

年表

1368年5月28日
ライオネル・プランタジネットと結婚。
1377年8月2日
1381年4月18日

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 kleio.org
 Wikipedia

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『ルネサンス宮廷大全』

ウベルト・ヴィスコンティ・ディ・モドローネ
Uberto Visconti di Modrone

生没
1802年6月12日~1850年1月18日
ガエターノ・ヴィスコンティ
アウレリア・ゴンザーガ
ジョヴァンナ・グロパッロ
ライモンド・ヴィスコンティ
グイド・ヴィスコンティ
概要

 ウベルト・ヴィスコンティ・ディ・モドローネは、19世紀の男性。

外部リンク

 Geni.com

グレゴリウス10世 Gregorius X

生没
?~1274年
オビッツォ・ヴィスコンティ
アナスタシア・ピロヴァーノ
マッテオ1世・ヴィスコンティ
ウベルト・ヴィスコンティ
概要

 テオバルド・ヴィスコンティは、13世紀のイタリアの男性、聖職者。第184代教皇グレゴリウス10世。

在位

 第184代教皇 1271年~1276年

本名

 テオバルド・ヴィスコンティ、テバルド、Teobaldo Visconti

外部リンク

 ウィキペディア
 世界帝王事典
 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 Geni.com
 JDA's Family Tree

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『ルネサンスの歴史』

ガスパーレ・ヴィスコンティ Gaspare Visconti

生没
~1434年
ピエトロ・ヴィスコンティ
カテリーナ・カスティリョーニ
ジョヴァンナ・ヴィスコンティ
エリザベッタ・ヴィスコンティ
アッツォーネ・ヴィスコンティ
アニェーゼ・ヴィスコンティ
概要

 ガスパーレ・ヴィスコンティは、15世紀頃のイタリアの男性。

在位

 カロンノ共同領主

別表記

 Giacomo

外部リンク

 Geneanet

エリザベッタ・ヴィスコンティ Elisabetta Visconti

ガスパーレ・ヴィスコンティ
カテリーナ・カスティリョーニ
チッコ・シモネッタ
ジャン・ヤコポ・シモネッタ
マルゲリータ・シモネッタ
アントーニオ・シモネッタ
シジスモンド・シモネッタ
ルドヴィーコ・シモネッタ
イッポーリタ・シモネッタ
チェチーリア・シモネッタ
年表

1452年
チッコ・シモネッタと結婚(1451年頃)。
1453年~1464年
8人の子供を出産。
1480年1月19日
ミラノでロレンツォ・イル・マニーフィコ宛書簡をしたためる。夫チッコ・シモネッタの窮状を訴える手紙だが、夫の投獄に苦悩するあまり気が狂ったと言われているので、実は牢獄から逃げ出していた息子のジャン・ヤコポ・シモネッタが書いた可能性もある。ロレンツォ・イル・マニーフィコはこの手紙への返事を書いていない。

外部リンク

 Storia di Milano

参考文献

 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

ガスパーレ・アンブロージョ・ヴィスコンティ 
Gaspare Ambrogio Visconti

生没
1461年~1499年3月8日
出身
ミラノ
没地
ミラノ
ガスパーレ・ヴィスコンティ
マルゲリータ・アルチアーティ
チェチーリア・シモネッタ
カミッロ・ヴィスコンティ
ガレアッツォ・ヴィスコンティ
ヤコポ・ヴィスコンティ
パオロ・ヴィスコンティ
アルカンジェラ・ガブリエッラ・ヴィスコンティ
ルチア・ヴィスコンティ
ジローラモ・ヴィスコンティ
ジャンガスパーレ・ヴィスコンティ
概要

 ガスパーレ・アンブロージョ・ヴィスコンティは、15世紀のイタリアの男性、詩人。

別表記

 Gasparo Visconti

外部リンク

 Geneanet
 Project Gutenberg - Beatrice d'Este, Duchess of Milan, 1475-1497 by Julia Cartwright
 Storia di Milano
 Treccani
 Wikipedia

ウベルト・ヴィスコンティ Uberto Visconti

生没
?~1248年以前
ルッジェーロ・ヴィスコンティ
ベルタ・ピロヴァーナ
オットーネ・ヴィスコンティ
アッツォーネ・ヴィスコンティ
アンドレオット・ヴィスコンティ
オビッツォ・ヴィスコンティ
ベアトリーチェ・ヴィスコンティ
マルゲリータ・ヴィスコンティ
ガスパーレ・ヴィスコンティ
概要

 ウベルト・ヴィスコンティは、13世紀頃のイタリアの男性。

別表記

 ウーベルト・ヴィスコンティ

外部リンク

 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree
 Wikipedia

ガスパーレ・ヴィスコンティ Gaspare Visconti

ウベルト・ヴィスコンティ
ベルタ・ピロヴァーナ
ピエトロ・ヴィスコンティ
概要

 ガスパーレ・ヴィスコンティは、13世紀頃のイタリアの男性。

外部リンク

 Genealogy.EU
 Geneanet

ピエトロ・ヴィスコンティ Pietro Visconti

ガスパーレ・ヴィスコンティ
アンティオーキア・クリヴェッリ
ガスパーレ・ヴィスコンティ
アンティオーキア・ヴィスコンティ
ロドリージオ・ヴィスコンティ
概要

 ピエトロ・ヴィスコンティは、13~14世紀頃のイタリアの男性。

外部リンク

 Geneanet

ガスパーレ・ヴィスコンティ Gaspare Visconti

生没
~1359年以降
ピエトロ・ヴィスコンティ
アンティオーキア・クリヴェッリ
アッツォ・ヴィスコンティ
ジョヴァンニ・ヴィスコンティ
アントーニオ・ヴィスコンティ
概要

 ガスパーレ・ヴィスコンティは、14世紀頃のイタリアの男性。

外部リンク

 Geneanet

アッツォ・ヴィスコンティ Azzo Visconti

ガスパーレ・ヴィスコンティ
イザベッラ・ヴィスコンティ
ピエトロ・ヴィスコンティ
概要

 アッツォ・ヴィスコンティは、14世紀頃のイタリアの男性。

外部リンク

 Geneanet

ピエトロ・ヴィスコンティ Pietro Visconti

生没
13??年~1402年以降
アッツォ・ヴィスコンティ
ガスパーレ・ヴィスコンティ
アントーニア・ヴィスコンティ
概要

 ピエトロ・ヴィスコンティは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

外部リンク

 Geneanet

ジョヴァンニ・ヴィスコンティ Giovanni Visconti

ガスパーレ・ヴィスコンティ
ウベルト・ヴィスコンティ
概要

 ジョヴァンニ・ヴィスコンティは、14世紀頃のイタリアの男性。

外部リンク

 Geneanet

ウベルト・ヴィスコンティ Uberto Visconti

生没
13??年~1404年以降
ジョヴァンニ・ヴィスコンティ
ガスパーレ・ヴィスコンティ
概要

 ウベルト・ヴィスコンティは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

外部リンク

 Geneanet

ガスパーレ・ヴィスコンティ Gaspare Visconti

生没
13??年~1434年8月30日
ウベルト・ヴィスコンティ
オレッタ・ベッカーリア
マリーア・アニェーゼ・ベゾッツィ
ピエトロ・ヴィスコンティ
フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ
ソプラーナ・ヴィスコンティ
概要

 ガスパーレ・ヴィスコンティは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

外部リンク

 Geneanet

ピエトロ・ヴィスコンティ Pietro Visconti

生没
~1461年
ガスパーレ・ヴィスコンティ
オレッタ・ベッカーリア
ガスパーレ・ヴィスコンティ
ジャンフランチェスコ・ヴィスコンティ
ジャナゴスティーノ・ヴィスコンティ
ジャンピエトロ・ヴィスコンティ
ルチア・ヴィスコンティ
概要

 ピエトロ・ヴィスコンティは、15世紀頃のイタリアの男性。

外部リンク

 Geneanet

ガスパーレ・ヴィスコンティ Gaspare Visconti

ピエトロ・ヴィスコンティ
マルゲリータ・アルチアーティ
ガスパーレ・アンブロージョ・ヴィスコンティ
概要

 ガスパーレ・ヴィスコンティは、15世紀頃のイタリアの男性。

別表記

 Gaspero

外部リンク

 Geneanet

ガレアッツォ1世・ヴィスコンティ Galeazzo I Visconti

生没
1277年~1328年
マッテオ1世・ヴィスコンティ
ベアトリーチェ・デステ
アッツォーネ・ヴィスコンティ
概要

 ガレアッツォ1世・ヴィスコンティは、13世紀~14世紀のイタリアの男性。

在位

 ミラノ領主 1322年~1327年

別表記

 ガレアッソ・ヴィスコンティ

外部リンク

 ウィキペディア
 世界帝王事典
 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 Treccani.it

参考文献

 『ルネサンスの歴史』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『馬車の文化史』

アッツォーネ・ヴィスコンティ Ozzone Visconti

生没
1302年12月7日~1339年8月16日
出身
フェッラーラ
没地
ミラノ
ガレアッツォ1世・ヴィスコンティ
ベアトリーチェ・デステ
カテリーナ・ディ・サヴォイア
概要

 アッツォーネ・ヴィスコンティは、14世紀のイタリアの男性。

在位

 ミラノ領主 1329年~1339年

年表

1302年12月7日
フェッラーラにて、生(1301年)。

外部リンク

 世界帝王事典
 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 Treccani.it
 Wikipedia

参考文献

 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』

ジョヴァンニ・ヴィスコンティ Giovanni Visconti

生没
1290年頃~1354年10月5日
出身
ミラノ
没地
ミラノ
マッテオ1世・ヴィスコンティ
ボナコッサ・ボッリ
レオナルド・ヴィスコンティ
マルゲリータ・ヴィスコンティ
概要

 ジョヴァンニ・ヴィスコンティは、13世紀~14世紀のイタリアの男性。

在位

 ミラノ領主 1339年~1354年
 ミラノ大司教 1342年~1354年

外部リンク

 世界帝王事典
 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 Treccani.it
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『君主論』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『ルネサンスの歴史』

ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ Gian Galeazzo Visconti

生没
1350年~1402年9月3日
ガレアッツォ2世・ヴィスコンティ
ビアンカ・ディ・サヴォイア
イザベッラ・ディ・ヴァロワ
カテリーナ・ヴィスコンティ
アニェーゼ・マンテガッツァ
ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ
アッツォーネ・ヴィスコンティ
カルロ・ヴィスコンティ
ジョヴァンニ・マリーア・ヴィスコンティ
フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ
ガブリエーレ・マリーア・ヴィスコンティ
概要

 ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

在位

 ミラノ領主 1378年~1395年
 初代ミラノ公 1395年~1402年
 パヴィア伯 1395年~1402年
  次代:ジョヴァンニ・マリーア・ヴィスコンティ

年表

1385年5月6日
ミラノの実権を握る。
1387年10月19日
ヴェローナを奪う。
1388年11月24日
パドヴァを奪う。
1390年6月19日
ミラノがパドヴァを失う。
1392年4月11日
ボローニャ同盟が結成される。
1395年5月11日
ジャン・ガレッツォが、ローマヴェンツェルからミラノ大公位を買収する。ヴィスコンティ家の公国が始まる。
1396年9月28日
フィレンツェが、ミラノ公国に対抗してフランスと同盟を結ぶ。
1396年11月27日
ジェノヴァが、フランス軍に占領される。
1398年5月11日
ミラノ公ジャン・ガレアッツォがマントヴァ侯フランチェスコ・ゴンザーガと10年間の休戦協定を結ぶ。
1399年2月19日
ミラノ公が、ピザを取得する。
1399年9月06日
シエナがミラノ公国の支配下に入る。
1400年3月21日
ミラノ公国が、ヴェネツィアと和平する。
1402年6月26日
ミラノ公国が、フィレンツェとボローニャ軍を破る。
1402年6月27日
ボローニャが、ミラノ公国に降伏する。
1402年9月3日
ジャン・ガレアッツォ没。ミラノ公。ジョヴァンニ・マリーアが後継となる。

埋葬地

 パヴィア修道院

チェーザレ・ボルジア数

 子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記

 ジャンガレアッツォ、ヴィルトゥ伯、ヴィルテュ公、コンテ・ディ・ヴィルトゥ、美徳公、Viscontea

外部リンク

 ウィキペディア
 世界帝王事典
 歴史データベース
 Foundation for Medieval Genealogy
 Genealogy.EU
 Medieval Memory
 kleio.org
 Treccani.it

参考文献

 『イタリア史』
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『君主論』
 『世界大百科事典』
 『世界の歴史12 ルネッサンス』
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『フィレンツェ史』
 『マキアヴェリ』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの歴史』
 『ルネッサンス夜話』

ジョヴァンニ・マリーア・ヴィスコンティ Giovanni Maria Visconti

生没
1389年~1412年5月16日
ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ
カテリーナ・ヴィスコンティ
アントーニア・マラテスタ
概要

 ジョヴァンニ・マリーア・ヴィスコンティは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

在位

 第2代ミラノ公 1402年~1412年
 パヴィア伯 1402年~1412年
  先代:ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ
  次代:フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
 母カテリーナ・ヴィスコンティ→きょうだいルドヴィーコ・ヴィスコンティ→妻ヴィオランテ・ヴィスコンティ→きょうだいジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ→子ヴァレンティーナ・ヴィスコンティ→子シャルル1世・ド・ヴァロワ→子ルイ12世→子ルネ・ド・フランス→夫エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記

 ジョヴァン・マリア、ジョヴァン・マリーア、Giovann Maria

外部リンク

 ウィキペディア
 世界帝王事典
 歴史データベース
 Genealogy.EU
 kleio.org

参考文献

 『イタリア史』
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『フィレンツェ史』
 『マキアヴェリ』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンスの歴史』

記載日

 2005年5月29日以前

更新日

 2021年2月22日