Borgia

ボルジア家

フアナ・デ・ボルハ・イ・エスクリヴァ Juana de Borja

ロドリゴ・ジル・デ・ボルハ・イ・フェノリェト
シビリャ・エスクリヴァ・イ・プロイシタ
バルトロメオ・セラ
概要

 フアナ・デ・ボルハは、14~15世紀頃の女性。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいホフレ・デ・ボルハ→子アレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Genealogy.EU

エステバン・デ・ボルハ Esteban de Borja

概要

 エステバン・デ・ボルハは、13世紀頃のスペインの男性。

在位

 ハティバ領主 1238年~

外部リンク

 Cuadernos Medievales
 Diario Borja-Borgia

参考文献

 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』

フェリペ・マヌエル・デ・ボルハ Felipe Manuel de Borja

生没
1530年頃~1587年9月15日
没地
メッシーナ
フアン・デ・ボルハ・イ・エンリケス
マリーア・フランシスカ・デ・カストロ
概要

 フェリペ・マヌエル・デ・ボルハは、16世紀の男性。

チェーザレ・ボルジア数

 父フアン・デ・ボルハ・イ・エンリケス→父フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記

 フェリーペ

参考文献

 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』

ロドリゴ・ジル・デ・ボルハ Rodrigo Gil de Borja

ゴンサロ・ジル・デ・ボルハ
フランチェスカ・デ・フェノリェト
ロドリゴ・ジル・デ・ボルハ・イ・フェノリェト
概要

 ロドリゴ・ジル・デ・ボルハは、14世紀頃のスペインの男性。

チェーザレ・ボルジア数

 子ロドリゴ・ジル・デ・ボルハ・イ・フェノリェト→子ホフレ・デ・ボルハ→子アレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Google Books

ドミンゴ・デ・ボルハ Domingo de Borja

カテリーナ
ドミンゴ・デ・ボルハ・イ・ドンセル
概要

 ドミンゴ・デ・ボルハは、14世紀頃の男性。

チェーザレ・ボルジア数

 子ドミンゴ・デ・ボルハ・イ・ドンセル→子イサベル・デ・ボルハ・イ・マルティ→子アレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

外部リンク

 世界帝王事典
 Google Books

ガルセラン・デ・ボルハ・イ・モンカーダ Galcerán de Borja

ガルセラン・デ・ボルハ・イ・エスクリヴァ
イサベル・デ・モンカーダ
妻;テクラ・ナヴァッロ
イサベル・デ・ボルハ・イ・ナヴァッロ
概要

 ガルセラン・デ・ボルハ・イ・モンカーダは、スペインの男性。

チェーザレ・ボルジア数

 父ガルセラン・デ・ボルハ・イ・エスクリヴァ→きょうだいホフレ・デ・ボルハ→子アレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Geni.com

ガルセラン・デ・ボルハ・イ・エスクリヴァ Galcerán de Borja

ロドリゴ・ジル・デ・ボルハ・イ・フェノリェト
シビリャ・エスクリヴァ・イ・プロイシタ
イサベル・デ・モンカーダ
ガルセラン・デ・ボルハ・イ・モンカーダ
概要

 ガルセラン・デ・ボルハは、14世紀~15世紀頃のスペインの男性。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいホフレ・デ・ボルハ→子アレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

別表記

 ガルセラノ・デ・ボルハ

外部リンク

 Geni.com

ベアトリース・デ・ボルハ Beatriz de Borja

ホフレ・デ・ボルハ
イサベル・デ・ボルハ・イ・マルティ
Ximenez Perez de Arenos
概要

 ベアトリース・デ・ボルハは、15世紀頃の女性。

年表

1492年8月
きょうだいアレクサンデル6世として教皇に即位した少し後、ヴァレンシアにて彼宛ての手紙をしたためる。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいアレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

別表記

 Beatriu

外部リンク

 Genealogy.EU

参考文献

 『Lucretia Borgia

イサベル・デ・ボルハ・イ・ナヴァッロ Isabel de Borja

ガルセラン・デ・ボルハ・イ・モンカーダ
テクラ・ナヴァッロ
Perot-Jàfer de Lloris
フランシスコ・ガルセラン・デ・ロリス
概要

 イサベル・デ・ボルハは、15世紀頃のスペインの女性。

チェーザレ・ボルジア数

 父ガルセラン・デ・ボルハ・イ・モンカーダ→父ガルセラン・デ・ボルハ・イ・エスクリヴァ→きょうだいホフレ・デ・ボルハ→子アレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

外部リンク

 GENEALOGÍAS HISPANAS
 Geni.com

カテリーナ・デ・ボルハ Caterina de Borja

生没
~1468年
ドミンゴ・デ・ボルハ・イ・ドンセル
フランシスカ・マルティ
フアン・デル・ミラ
ペレ・デル・ミラ
ダミアータ・デル・ミラ
ルイス・フアン・デル・ミラ
ルイス・デル・ミラ
カタリーナ・デル・ミラ
概要

 カテリーナ・デ・ボルハは、15世紀の女性。

年表

1447年
1468年
死。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいイサベル・デ・ボルハ・イ・マルティ→子アレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Google Books
 JDA's Family Tree

参考文献

 『Lucretia Borgia

イサベル・デ・ボルハ・イ・マルティ Isabel de Borja

生没
~1468年
ドミンゴ・デ・ボルハ・イ・ドンセル
フランシスカ・マルティ
ホフレ・デ・ボルハ
ペドロ・ルイス・デ・ボルハ
アレクサンデル6世
ベアトリース・デ・ボルハ
テクラ・デ・ボルハ
フアナ・デ・ボルハ・イ・ボルハ
概要

 イサベル・デ・ボルハは、15世紀頃のスペインの女性。

チェーザレ・ボルジア数

 子アレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

別表記

 イザベッラ・デ・ボルハ、Isabella de Borja

外部リンク

 世界帝王事典
 Famille de Carné
 JDA's Family Tree

参考文献

 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia

フアン・デ・ボルハ・イ・カストロ Juan de Borja

生没
1533~1606年9月3日
出身
ベイプッチ
フランシスコ・デ・ボルハ
レオノール・デ・カストロ
ロレンサ・デ・オナス
フランシスカ・デ・アラゴン
レオノール・デ・ボルハ
マグダレーナ・デ・ボルハ
フランシスカ・デ・ボルハ
フアナ・デ・ボルハ
フランシスコ・デ・ボルハ・イ・アラゴン
アントーニオ・デ・ボルハ
カルロス・デ・ボルハ
フェルナンド・デ・ボルハ
ロドリゴ・デ・ボルハ
概要

 フアン・デ・ボルハは、16世紀~17世紀のスペインの男性。

チェーザレ・ボルジア数

 父フランシスコ・デ・ボルハ→父フアン・デ・ボルハ・イ・エンリケス→父フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Wikipedia

フランシスコ・デ・ボルハ・イ・アラゴン Francisco de Borja

生没
1577年~1658年10月25日
出身
ジェノヴァ
没地
マドリード
フアン・デ・ボルハ・イ・カストロ
フランシスカ・デ・アラゴン
アンナ・ボルジア
フアン・デ・ボルハ
マリーア・フランシスカ・デ・ボルハ
フランシスカ・マリーア・デ・ボルハ
概要

 フランシスコ・デ・ボルハ・イ・アラゴンは、16世紀~17世紀の男性。

チェーザレ・ボルジア数

 父フアン・デ・ボルハ・イ・カストロ→父フランシスコ・デ・ボルハ→父フアン・デ・ボルハ・イ・エンリケス→父フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
 妻アンナ・ボルジア→父ピエトロ・ボルジア→父ジョヴァンニ・バッティスタ・ボルジア→父フランチェスコ・ボルジア→父ホフレ・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Wikipedia

参考文献

 『Lucretia Borgia

テクラ・デ・ボルハ Tecla de Borja

生没
1435年~1459年
出身
ガンディア、サフォル
没地
ヴァレンシア
ホフレ・デ・ボルハ
イサベル・デ・ボルハ・イ・マルティ
Vidal de Villanova
概要

 テクラ・デ・ボルハは、15世紀のスペインの女性。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいアレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Genealogy.EU
 Wikipedia

参考文献

 『Lucretia Borgia

イサベル・デ・ボルハ・イ・エンリケス Isabel de Borja

生没
1498年1月15日~1557年10月28日
出身
ガンディア
没地
バリャドリッド
フアン・ボルジア
マリーア・エンリケス
概要

 イサベル・デ・ボルハは、15世紀~16世紀のスペインの女性。

年表

1498年1月15日
ガンディアで生。
1557年10月28日
バリャドリッドにて、死(1537年)。

チェーザレ・ボルジア数

 父フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Wikipedia

参考文献

 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

カルロス・デ・ボルハ Carlos de Borja

生没
1530年~1592年6月16日
出身
マドリード
没地
カステロ・デ・ルガト
フランシスコ・デ・ボルハ
レオノール・デ・カストロ・イ・メロ
マグダレーナ・デ・サンテーリャス
概要

 カルロス・デ・ボルハは、16世紀のスペインの男性。

年表

1548年11月21日
バルセロナにて、マグダレーナ・デ・サンテーリャスと結婚。

チェーザレ・ボルジア数

 父フランシスコ・デ・ボルハ→父フアン・デ・ボルハ・イ・エンリケス→父フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Famille de Carné
 Wikipedia

参考文献

 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『Lucretia Borgia

ドミンゴ・デ・ボルハ・イ・ドンセル Domingo de Borja

生没
1340?年~1428年
ドミンゴ・デ・ボルハ
カテリーナ・ドンセル
フランシスカ・マルティ
カリストゥス3世
イサベル・デ・ボルハ・イ・マルティ
フアナ・デ・ボルハ
カテリーナ・デ・ボルハ
フランシスカ・デ・ボルハ
概要

 ドミンゴ・デ・ボルハは、14世紀~15世紀のスペインの男性。

在位

 ハティバ領主

チェーザレ・ボルジア数

 子イサベル・デ・ボルハ・イ・マルティ→子アレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

別表記

 Juan Domingo de Borja y Doncel

外部リンク

 世界帝王事典
 Famille de Carné
 JDA's Family Tree
 Wikipedia

参考文献

 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

フアナ・デ・ボルハ・イ・ボルハ Juana de Borja

ホフレ・デ・ボルハ
イサベル・デ・ボルハ・イ・マルティ
ペドロ・ギーエン・ランソル
ホフレ・ランソル
フアン・ランソル・イ・ボルハ
イサベル・ランソル
概要

 フアナ・デ・ボルハは、15世紀頃の女性。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいアレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア
 子イサベル・ランソル→夫フアン・デル・ミラ→父ペレ・デル・ミラ→母カテリーナ・デ・ボルハ→きょうだいイサベル・デ・ボルハ・イ・マルティ→子アレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

別表記

 Giovanna

外部リンク

 世界帝王事典
 Famille de Carné
 Genealogy.EU

参考文献

 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『Lucretia Borgia

ジローラモ・ボルジア Girolamo Borgia

生没
1501年頃~
チェーザレ・ボルジア
エリザベッタ・ピッツァベカッリ
エリザベッタ・カプリ
イッポリータ・ボルジア
ルクレツィア・ボルジア
概要

 ジローラモ・ボルジアは、16世紀のイタリアの男性。フェッラーラで暮らしていた。

別表記

 ジェロニモ

外部リンク

 Genealogy.EU

参考文献

 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia

フランチェスコ・ボルジア Francesco Borgia

生没
1505年頃~
ホフレ・ボルジア
マリーア・デル・ミラ
イザベッラ・トデスキーニ
イザベッラ・マリアーノ
ジョヴァンニ・バッティスタ・ボルジア
アントーニア・ボルジア
概要

 フランチェスコ・ボルジアは、16世紀のイタリアの男性。

在位

 スクイッラーチェ

チェーザレ・ボルジア数

 父ホフレ・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Genealogy.EU

参考文献

 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia

ロドリゴ・ボルジア Rodorigo Borgia

生没
1503年~1527年
アレクサンデル6世
概要

 ロドリゴ・ボルジアは、16世紀のイタリアの男性。

年表

1518年
この時、サレルノで教師の保護を受けている。エリザベッタとその娘ジューリアが後見人。異母姉ルクレツィア・ボルジアが母親のような役目を果たしていたらしい。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 世界帝王事典
 Genealogy.EU

参考文献

 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンスの女たち』
 『Lucretia Borgia

ジョヴァンニ・バッティスタ・ボルジア Giovanni Battista Borgia

フランチェスコ・ボルジア
イザベッラ・トデスキーニ
エレオノーラ・マルッリ
ピエトロ・ボルジア
概要

 ジョヴァンニ・バッティスタ・ボルジアは、16世紀頃のイタリアの男性。

在位

 スクイッラーチェ

チェーザレ・ボルジア数

 父フランチェスコ・ボルジア→父ホフレ・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
 子ピエトロ・ボルジア→子アンナ・ボルジア→夫フランシスコ・デ・ボルハ・イ・アラゴン→父フアン・デ・ボルハ・イ・カストロ→父フランシスコ・デ・ボルハ→父フアン・デ・ボルハ・イ・エンリケス→父フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

イザベッラ・ボルジア Isabella Borgia

生没
1467年?~1541年
アレクサンデル6世
ピエトロ・マトゥッツィ
概要

 イザベッラ・ボルジアは、15世紀~16世紀のイタリアの女性。

年表

1467年
生(1471年)。
1483年4月1日

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 世界帝王事典
 Genealogy.EU

参考文献

 『イタリア史』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ボルジア家の黄金の血』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia

アンナ・ボルジア Anna Borgia

生没
~1644年2月2日
ピエトロ・ボルジア
ルクレツィア・デ・カルデナス
フランシスコ・デ・ボルハ・イ・アラゴン
フアン・デ・ボルハ
マリーア・フランシスカ・デ・ボルハ
フランシスカ・マリーア・デ・ボルハ
概要

 アンナ・ボルジアは、16~17世紀頃の女性。

在位

 スクイッラーチェ

チェーザレ・ボルジア数

 父ピエトロ・ボルジア→父ジョヴァンニ・バッティスタ・ボルジア→父フランチェスコ・ボルジア→父ホフレ・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
 夫フランシスコ・デ・ボルハ・イ・アラゴン→父フアン・デ・ボルハ・イ・カストロ→父フランシスコ・デ・ボルハ→父フアン・デ・ボルハ・イ・エンリケス→父フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

参考文献

 『Lucretia Borgia

ピエトロ・ボルジア Pietro Borgia

ジョヴァンニ・バッティスタ・ボルジア
エレオノーラ・マルッリ
イザベッラ・ピニャテッリ
エレオノーラ・カラーファ
ルクレツィア・デ・カルデナス
アンナ・ボルジア
ジョヴァンナ・ボルジア
概要

 ピエトロ・ボルジアは、15世紀頃のイタリアの男性。

在位

 スクイッラーチェ

チェーザレ・ボルジア数

 父ジョヴァンニ・バッティスタ・ボルジア→父フランチェスコ・ボルジア→父ホフレ・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
 子アンナ・ボルジア→夫フランシスコ・デ・ボルハ・イ・アラゴン→父フアン・デ・ボルハ・イ・カストロ→父フランシスコ・デ・ボルハ→父フアン・デ・ボルハ・イ・エンリケス→父フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

カミッラ・ルクレツィア・ボルジア Camilla Lucrezia Borgia

生没
1502年頃~1573年
出身
フェッラーラ
没地
フェッラーラ
チェーザレ・ボルジア
ドゥルシッラ
概要

 カミッラ・ルクレツィア・ボルジアは、16世紀のイタリアの女性、チェーザレ・ボルジアの庶子、聖職者。母親はたぶんルクレツィア・ボルジアの侍女ドゥルシッラという名の女性。

年表

1502年頃
フェッラーラにて、生。
15??年
修道女になる。
1509年
認知される。
1510年
ルクレツィア・ボルジアが購入した、フェッラーラのコルソ・デッラ・ジョヴェッカ通りにあるキアラ会のサン・ベルナルディーノ修道院に、コルプス・ドミニ修道院から21人の修道女と共に移る。
1545年~1573年
サン・ベルナルディーノ修道院長となる。
1573年
フェッラーラにて、死。

別表記

 カミッラ・ボルジア、ルクレツィア・ボルジア

外部リンク

 Genealogy.EU
 Sunelweb

参考文献

 『ルネサンス宮廷大全』
 『Lucretia Borgia

フランチェスコ・ボルジア Francesco Borgia

生没
1432年頃~1511年11月4日
出身
ハティバ
没地
レッジョ・エミリア
概要

 フランチェスコ・ボルジアは、15世紀~16世紀の男性、聖職者、枢機卿。

在位

 テアーノ司教 1495年8月19日~1508年6月5日
 コゼンツァ大司教 1499年11月6日~1511年11月4日
 枢機卿 1500年9月28日~1511年10月24日
     任命した教皇:アレクサンデル6世

年表

1432~1441年
ハティバにて、生。
1499年9月4日
ルクレツィア・ボルジア名義で、ネピの所有権を得る。
1501年
教皇アレクサンデル6世により、ジョヴァンニ・アントーニオ・サンジョルジョ枢機卿、フランチェスコ・ボルジア枢機卿他4名が、ロドリゴ・ダラゴーナインファンテ・ロマーノの後見人に選ばれる。
1502年1月16日(日)
グッビオ到着。ルクレツィア・ボルジア一行を離れ、ローマに戻る。

別表記

 Francisco de Borja y Navarro de AlpicatCosentino

外部リンク

 GCatholic.com
 Biblioteca Virtual Miguel de Cervantes
 Enciclopèdia.cat
 Institut Internacional d'Estudis Borgians
 Museo Bellas Artes de Valencia
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Treccani
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア史』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

フランシスコ・デ・ボルハ Francisco de Borja


生没
1510年10月28日~1572年9月30日
出身
ガンディア
没地
ローマ
フアン・デ・ボルハ・イ・エンリケス
フアナ・デ・トラスタマラ・イ・グレア
レオノール・デ・カストロ・イ・メロ
カルロス・デ・ボルハ
イザベル・デ・ボルハ
フアン・デ・ボルハ・イ・カストロ
アルヴァロ・デ・ボルハ
フェルナンド・デ・ボルハ
アルフォンソ・デ・ボルハ
フアナ・デ・ボルハ
ドロテア・デ・ボルハ
概要

 フランシスコ・デ・ボルハは、16世紀の男性。

在位

 ロンベイ侯 1529年~
 第4代ガンディア公 1542~1551年
  先代:フアン・デ・ボルハ・イ・エンリケス
  次代:カルロス・デ・ボルハ
 カタロニア副総督 1539年~1543年
 イエズス会修道士 1551年~1566年
 イエズス会第3代総長 1566~1572年

年表

1529年
1550年
フェッラーラに3日間滞在。
1550年
イエズス会入信のためにローマへ。

チェーザレ・ボルジア数

 父フアン・デ・ボルハ・イ・エンリケス→父フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記

 フランチェスコ・ボルジア

外部リンク

 ウィキペディア
 世界帝王事典
 そらのお城
 ボルジア解体新書
 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 Google Books
 kleio.org
 THE BORGIAS wiki

参考文献

 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

ジローラマ・ボルジア Girolama Borgia

生没
1469年?~1483年
アレクサンデル6世
ジャナンドレア・チェザリーニ
概要

 ジローラマ・ボルジアは、15世紀のイタリアの女性。

年表

1482年1月
ロドリゴ・ボルジア枢機卿の娘として認知される。
14??年

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記

 ジロラーマ・ボルジア、ジェロニーマ、Jirolama

外部リンク

 世界帝王事典
 Genealogy.EU

参考文献

 『イタリア史』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンスの女たち』
 『Casa Cesarini. Ricerche e documenti
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

ホフレ・デ・ボルハ Jofré de Borja

生没
1390年頃~1437年
出身
ヴァレンシア
没地
ヴァレンシア
ロドリゴ・ジル・デ・ボルハ・イ・フェノリェト
シビリャ・エスクリヴァ・イ・プロイシタ
イサベル・デ・ボルハ・イ・マルティ
ペドロ・ルイス・デ・ボルハ
ダミアータ・デ・ボルハ
アレクサンデル6世
ベアトリース・デ・ボルハ
テクラ・デ・ボルハ
フアナ・デ・ボルハ・イ・ボルハ
フランシスコ・デ・ボルハ
概要

 ホフレ・デ・ボルハは、14世紀~15世紀のスペインの男性、裕福なハティバの貴族。

年表

1436年
カプデトの城主。
1437年
没(1441年)。

チェーザレ・ボルジア数

 子アレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

別表記

 ホフレ・ボルジア、ホフレ・デ・ボルハ・イ・オムス、Giuffre de Borja
 Jofre de Borja y DomsJofre de Borgia Lanzol

外部リンク

 世界帝王事典
 Famille de Carné
 Genealogy
 Genealogy.EU
 Malta Genealogy
 Wikipedia

参考文献

 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

フアン・デ・ボルハ・イ・エンリケス Juan de Borja

生没
1494年11月~1543年
フアン・ボルジア
マリーア・エンリケス
フアナ・デ・トラスタマラ・イ・グレア
マリーア・フランシスカ・デ・カストロ
フランシスコ・デ・ボルハ
フェリペ・マヌエル・デ・ボルハ
概要

 フアン・デ・ボルハは、15世紀~16世紀の男性。

在位

 第3代ガンディア公 1497年~1542年
  先代:フアン・ボルジア
  次代:フランシスコ・デ・ボルハ
 セッサ公 1497年~1506年
  先代:フアン・ボルジア
  次代:スペイン領→ゴンザロ・デ・コルドバ
 テアーノ、カリーノラ、モンテフスコロの君主 1497年~1506年
  先代:フアン・ボルジア

年表

1506年
テッラ・ディ・ラヴォーロ、セッサ、テアーノ、カリーノラ、モンテフスコロ(現トッレ・レ・ノチェッレ)、フィウーメなどの南イタリアの領地を、スペイン王フェルナンド2世・デ・アラゴンに売却。

チェーザレ・ボルジア数

 父フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

別表記

 ホアン

外部リンク

 世界帝王事典
 そらのお城
 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 Viquipèdia

参考文献

 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

ルイーズ・ボルジア Louise Borgia

生没
1500年5月17日~1553年
チェーザレ・ボルジア
シャルロット・ダルブレ
ルイ2世・ド・ラ・トレモイユ
ビュッセ男爵フィリップ・ド・ブルボン
クロード・ド・ブルボン
マルグリット・ド・ブルボン
アンリ・ド・ブルボン
カトリーヌ・ド・ブルボン
ジャン・ド・ブルボン
ジェローム・ド・ブルボン
概要

 ルイーズ・ボルジアは、16世紀のフランスの女性。

在位

 ヴァレンティノワ公 1507年~1553年

年表

1500年5月17日
生。
1507年3月11日
チェーザレ・ボルジア、死。ヴァレンティノワ公となり、母シャルロット・ダルブレが摂政を務める。
1514年3月11日
ルイ12世の母マリー・ド・クレーヴが後見人となる。
1517年4月7日
1525年2月24日
1530年2月3日
ビュッセ男爵フィリップ・ド・ブルボンと結婚。
ビュッセ城に居住。
1531年10月18日
クロード・ド・ブルボンを出産。
1532年10月10日
マルグリット・ド・ブルボンを出産。
1533年
アンリ・ド・ブルボンを出産。
1534年10月14日
カトリーヌ・ド・ブルボンを出産。
1537年9月2日
ジャン・ド・ブルボンを出産。
1543年10月19日
ジェローム・ド・ブルボンを出産。
1553年
死。

チェーザレ・ボルジア数

 父チェーザレ・ボルジア

別表記

 Louise de Valentinois, Luisa

外部リンク

 世界帝王事典
 そらのお城
 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree
 Wikipedia

参考文献

 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

ペドロ・ルイス・デ・ボルハ Pedro Louis de Borja

生没
1425年~1458年9月26日
没地
チヴィタヴェッキア
ホフレ・デ・ボルハ
イサベル・デ・ボルハ・イ・マルティ
概要

 ペドロ・ルイス・デ・ボルハは、15世紀の男性。

在位

 スポレート
 教会軍総司令官 1455年~
 教会の旗手 ?~1458年
 テッラチーナ教皇代理
 ベネヴェント教皇代理

年表

1455年
教会軍総司令官(サンタンジェロ城司令官)。
1457年
ローマ総督。
1458年8月6日
母方の伯父教皇カリストゥス3世死。
ロドリゴ・ボルジア枢機卿とピエトロ・バルボ枢機卿に手助けされ、ローマから逃亡。
1458年9月26日
チヴィタヴェッキアにて、死(1458年12月)。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいアレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

別表記

 ピエトロ・ボルジア、Pere-LluísPierluigiPier Lodovico

外部リンク

 世界帝王事典
 チェーザレ・ボルジアとその周辺
 Genealogy.EU
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア史』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンスの女たち』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

ロドリゴ・ジル・デ・ボルハ・イ・フェノリェト Rodrigo Gil de Borja

生没
13??年~1407/20年
ロドリゴ・ジル・デ・ボルハ
フランチェスカ・デ・フェノリェト
シビリャ・エスクリヴァ・イ・プロイシタ
ホフレ・デ・ボルハ
ジル・デ・ボルハ
フアン・デ・ボルハ
ロドリゴ・デ・ボルハ
ガルセラン・デ・ボルハ・イ・エスクリヴァ
フアナ・デ・ボルハ・イ・エスクリヴァ
概要

 ロドリゴ・ジル・デ・ボルハは、14世紀~15世紀のスペインの男性。

チェーザレ・ボルジア数

 子ホフレ・デ・ボルハ→子アレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

別表記

 ロドリーゴ・ジル・デ・ボルハ、Rodrigo Gil de BorjaRoderic-Gil de BorjaRodrigo Gil de Borja i de Fennolet

外部リンク

 世界帝王事典
 Genealogy.EU
 Geni.com
 Google Books
 JDA's Family Tree
 Katholische Erwachsenen
 Wikipedia

参考文献

 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』

ペドロ・ルイス・デ・ボルハ Pedro Louis de Borja

生没
1458年~1488年9月3日
アレクサンデル6世
概要

 ペドロ・ルイス・デ・ボルハは、15世紀の男性、初代ガンディア公。

在位

 初代ガンディア公 1485年12月20日~1488年9月3日
  次代:フアン・ボルジア

年表

1458年
生(1460年、1462年、1467年、1468年)。
1481年11月5日
シクストゥス4世により嫡出の勅書が発せられる。「Adolescens Romanas」と書かれている。
1482年
公証人の文書に「adolescens」と書かれている。
1482年
マリーア・エンリケスと婚約。22歳。
1483年1月29日
異母弟フアン・ボルジアの後見人として指名される。後見人は20歳以上でなければならない。
1483年2月4日
シクストゥス4世により、以前に許可された父ロドリゴ・ボルジアがその子供たちに教会のものを含む財産を遺贈する権限を追認する勅書が発せられる。ロドリゴ・ボルジアからガンディア購入のための5万フィオリーノをもらう。
1485年
活動の自由とヴァレンシアの財産の完全な管理を認められる。
1485年
グラナダの戦いに従軍。兵を率いて沿岸に向かいロンダ郊外で初陣。
1485年5月28日
ロンダにて、フェルナンド2世・デ・アラゴンにより、ペドロ・ルイス・デ・ボルハとチェーザレ・ボルジアフアン・ボルジアEgregioの称号が与えられる。
1485年12月3日
ヴァレンシア貨幣6万3千121timbresでガンディアを購入。
1485年12月20日
フェルナンド2世・デ・アラゴンにより、ガンディア公の称号を与えられる。
1488年8月14日
居宅にて父ロドリゴ・ボルジアの同席の下、遺言書をしたためる。フアン・ボルジアをガンディア公後継者とし、その他の財産、称号を与えること。若年のためロドリゴ・ボルジアを後見人とすること。また、妹ルクレツィア・ボルジアに持参金1万フィオリーノを与えること。
1488年9月3日
死(1482年、1492年)。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 世界帝王事典
 チェーザレ・ボルジアとその周辺
 Genealogy.EU
 Google Books
 Google Books
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア史』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『ボルジア家の黄金の血』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンスの女たち』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

記載日

 2005年5月29日以前