——Alfonso V d'Aragona——
アルフォンソ5世・ダラゴーナ
生没年:1396年〜1458年6月27日
出身:メディナ・デル・カンポ
没地:ナポリ
在位:アラゴン王アルフォンソ5世 1416年〜1458年
   シチリア・サルデーニャ王 1420年〜1458年
   ナポリ王アルフォンソ1世 1443年2月〜1458年
    先代:ルネ・ダンジュー
    次代:フェッランテ・ダラゴーナ
父:フェルディナンド・ダラゴーナ
妻:マリーア・ディ・カスティーリア
女:ルクレツィア・ダラーニョ
  イッポーリタ・デ・ジューディチ
子:フェッランテ・ダラゴーナ
  コーリア・ダラゴーナ
  マリーア・ダラゴーナ
  エレオノーラ・ディアーナ・ダラゴーナ
記載日:2006年10月27日以前

年表
 1396年 メディナ・デル・カンポで生。
 1425年3月末 この頃、フィレンツェ、ファエンツァの君主グイダントーニオ・マンフレディを、フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティとの友好を断たせて自陣に引き入れたのを初め、サルザーナの君主でフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティによる支配以前のジェノヴァのドージェ、トンマーゾ・フレゴーソ及びアラゴン・シチリア・サルデーニャ王アルフォンソ5世・ダラゴーナ(1396年〜1458年:アラゴン王在位1416年〜:シチリア・サルデーニャ王在位1420年〜)と友好関係を作り、それぞれに反ヴィスコンティの態勢を取らせる。

 1425年4月24日 ジェノヴァの前ドージェのトンマーゾ・フレゴーソ派と共に水軍でジェノヴァ攻撃を試みるが、市内に期待したフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティに対する決起は起こらず、失敗に終わる。
 1435年2月2日 ジョヴァンナ2世・ダンジオ死。
           すでに後継ナポリ王としてジョヴァンナ2世・ダンジオより、ルネ・ダンジュー(1409年〜1480年:アンジュー公・プロヴァンス伯1439年〜1480年:バル公1430年〜1480年:ロレーヌ公1431年〜1453年)が指名されていた(1434年11月)ものの、それ以前に同じく後継ナポリ王として2度指名され(1421年7月、1432年4月)ながらその都度取り消された(1423年、1433年)アルフォンソ5世・ダラゴーナ、王位を要求。
           加えてエウゲニウス4世もナポリは教会領であるとの回告を発し、ナポリ内部はルネ・ダンジューアルフォンソ5世・ダラゴーナエウゲニウス4世の3派に分裂して前2者の間で戦闘始まる(〜1442年)。
 1435年8月5日 ガエータを包囲していたアルフォンソ5世・ダラゴーナ軍、フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティの指示と仲介でガエータ支援に来ていた(1435年7月下旬)ジェノヴァ軍によりポンツァ島で大破され、アルフォンソ5世・ダラゴーナ自身も捕虜となる。
           アルフォンソ5世・ダラゴーナフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティのもとに送られる。
 1435年10月8日 フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ、捕虜アルフォンソ5世・ダラゴーナからイタリアにおけるフランスの勢力増大の危険性、ミラノ及びジェノヴァ攻略の可能性を説かれて納得し、秘密の協定を結んでアルフォンソ5世・ダラゴーナを釈放。

 1436年2月2日 アルフォンソ5世・ダラゴーナ、ガエータに上陸しナポリ領に入る。以後、自ら戦闘を指揮。

 1437年春〜夏 エウゲニウス4世アルフォンソ5世・ダラゴーナから求められたナポリ王位継承の公認を行なわず、ルネ・ダンジュー支持の態度を明らかにすると共に以後、ルネ・ダンジューに援軍を派遣。これに対しアルフォンソ5世・ダラゴーナ、バーゼル分離公会議派にローマ占領を呼びかける。

 1440年6月末 この頃、ロンバルディアとナポリで戦闘激化。前者ではフランチェスコ1世・スフォルツァ指揮のヴェネツィア軍がフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ軍を破ってブレッシャを制圧し、後者ではルネ・ダンジューアルフォンソ5世・ダラゴーナ軍の戦いが続き、アルフォンソ5世・ダラゴーナフランチェスコ1世・スフォルツァの勢力失墜を願うフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティと結んでナポリ王国内部のフランチェスコ1世・スフォルツァの所領を占領すると共にナポリ市内を包囲。ルネ・ダンジューは急ぎエウゲニウス4世に支援を求める。

 1442年1月 フランチェスコ1世・スフォルツァアルフォンソ5世・ダラゴーナに占領された自領を奪還し、さらにナポリを制圧すべくフィレンツェとヴェネツィアから資金を得て進軍態勢を整える。
         この進軍を止めたいアルフォンソ5世・ダラゴーナと、フランチェスコ1世・スフォルツァの勢力のこれ以上の増大を止めたいフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティは、エウゲニウス4世フランチェスコ1世・スフォルツァからマルケを奪うよう働きかけ、フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティニッコロ・ピッチニーノ指揮の軍を提供。
 1442年3月3日 ニッコロ・ピッチニーノ指揮の軍は、ボローニャに到着。さらに南下し、フランチェスコ1世・スフォルツァの領有するトーディを占領。
           エウゲニウス4世は、間もなくニッコロ・ピッチニーノ教会の旗手に任命し、アルフォンソ5世・ダラゴーナの側に立つ。
           フランチェスコ1世・スフォルツァは、ナポリ遠征を断念。
 1442年6月2日 ナポリ市包囲を狭めてきたアルフォンソ5世・ダラゴーナ軍、市内に突入。アルフォンソ5世・ダラゴーナ自身も市内に入る。
           エウゲニウス4世に見捨てられたルネ・ダンジューは、改めてエウゲニウス4世に支援を求めるべくジェノヴァ水軍の艦船でフィレンツェに逃げる。
           以後この年内にアルフォンソ5世・ダラゴーナは、ナポリ全土を制圧し、ナポリとシチリアを再統合。
 1442年11月30日 この日?、アルフォンソ5世・ダラゴーナフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ及びニッコロ・ピッチニーノ、反フランチェスコ1世・スフォルツァ・ヴェネツィア・フィレンツェの同盟を締結。

 1443年2月26日 ナポリ全土を制圧したアルフォンソ5世・ダラゴーナ、配下の主な領主たちを従え、改めてナポリ市に凱旋。
            間もなく、アルフォンソ5世・ダラゴーナニッコロ・ピッチニーノフランチェスコ1世・スフォルツァの領国マルケの攻略を目指して共に戦うことで合意。
 1443年6月14日 フランチェスコ1世・スフォルツァからマルケを奪還するためにアルフォンソ5世・ダラゴーナを利用したいエウゲニウス4世と、フランチェスコ1世・スフォルツァ追討に加えてエウゲニウス4世からのナポリの正式封与を実現したいアルフォンソ5世・ダラゴーナアルフォンソ5世・ダラゴーナエウゲニウス4世を正統な教皇と認め、エウゲニウス4世アルフォンソ5世・ダラゴーナを正統なナポリ王と認めること、などを協定。
            間もなくフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティは、エウゲニウス4世にマルケ攻撃のための援軍を送る。
 1443年7月15日 エウゲニウス4世アルフォンソ5世・ダラゴーナをナポリ王として承認する勅書を発す。
            アルフォンソ5世・ダラゴーナ、ナポリ王としてAlfonso Iを名乗る(在位〜1458年)。
 1443年8月〜1443年9月 ナポリ王アルフォンソ5世・ダラゴーナの軍とニッコロ・ピッチニーノ指揮の教会軍、マルケを攻撃し、フランチェスコ1世・スフォルツァを圧倒してフェルモ、アスコリ、Rocca Contrada(現アルチェーヴィア)などを除くほぼ全域を制圧。
 1443年9月8日 マルケにおけるフランチェスコ1世・スフォルツァ軍のあまりの劣勢を見、フランチェスコ1世・スフォルツァがマルケ全領土を失うことは自身にとっても危険だと判断したフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ、この日頃ヴェネツィアに使者を送り、ヴェネツィア及びフィレンツェと共にフランチェスコ1世・スフォルツァを支援することを提案。
           他方でこの頃フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティアルフォンソ5世・ダラゴーナにも使者を送り、フランチェスコ1世・スフォルツァ攻撃の中止を提案。

 1444年8月半ば エウゲニウス4世自身とアルフォンソ5世・ダラゴーナから兵と資金を得て増強されながらも指揮官ニッコロ・ピッチニーノフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティによりミラノに呼び戻されたため、その子フランチェスコ・ピッチニーノ(?〜1449年)が指揮を執る教会軍、モントルモでフランチェスコ1世・スフォルツァ軍の攻撃を受け、完敗。
           フランチェスコ1世・スフォルツァ軍の反撃、続く。

 1445年8月10日 アスコリがフランチェスコ1世・スフォルツァの支配に反乱を起こし、教会の支配を受容。
            エウゲニウス4世アルフォンソ5世・ダラゴーナはマルケ奪還、制圧の好機と見て大軍をマルケに送り始め、これに呼応してフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティも軍を送ってフランチェスコ1世・スフォルツァを挟撃する態勢をとる。
 1445年10月半ば〜1445年11月 1445年10月15日Rocca Contradaが、1445年11月20/26日フェルモが、フランチェスコ1世・スフォルツァの支配に反乱を起こし、エウゲニウス4世アルフォンソ5世・ダラゴーナ軍を受け入れるなど、フランチェスコ1世・スフォルツァの支配、マルケ全域で動揺。

 1447年3月6日 枢機卿トンマーゾ・パレントゥチェリ(1397年〜1455年:在位1446年〜1447年)、教皇に即位し、ニコラウス5世を名乗る(在位1447年〜1455年)。
           ニコラウス5世、直ちに、ヴェネツィア、フィレンツェフランチェスコ1世・スフォルツァフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティアルフォンソ5世・ダラゴーナらに和平を提唱。
 1447年3月24日 アルフォンソ5世・ダラゴーナニコラウス5世に恭順の意を表し、ニコラウス5世は前教皇エウゲニウス4世アルフォンソ5世・ダラゴーナから奪った全ての権限を承認すると共に、その庶子フェッランテ・ダラゴーナ(1431年頃〜1494年:ナポリ王1458年〜1494年)のナポリ王位継承権をも承認。
 1447年8月18日 内部で君主政維持派と共和政樹立派の対立していたミラノ臨時政府は、後者の優勢下でアンブロジアーナ共和国の樹立を宣言(〜1450年)。
            しかしこの頃フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ死の報が広まるに連れ、領内のコモ、アレッサンドリア、ノヴァーラ、パルマ、トルトーナなどの都市がミラノへの服属を拒否して独立の動きを見せ、領国解体の兆しが見え始める。
            この混乱を好機としてヴェネツィアはローディ、ピアチェンツァなどを配下に入れ、さらに広くミラノ領を制圧する気配を見せる。
            フランチェスコ1世・スフォルツァは無論アルフォンソ5世・ダラゴーナフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティから後継者として指名するとの遺言を得ていたとしてミラノの制圧を狙い、加えてサヴォイア公ルドヴィーコ・ディ・サヴォイアフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティの寡婦マリーア・ディ・サヴォイアが自分の妹であることを、シャルル1世・ド・ヴァロワ(1394年〜1465年:オルレアン公在位1407年〜1465年)は自分の母ヴァレンティーナ・ディ・ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ(1366年〜1408年)がフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティの姉であることを、モンフェッラート候ジョヴァンニ(?〜1465年:在位1445年〜1465年)はサヴォイア公ルドヴィーコ・ディ・サヴォイアの娘マルゲリータ・ディ・サヴォイア(1439年〜1483年)が妻であることを理由にそれぞれミラノの継承権を主張。
 1447年9月 ミラノ領進攻、制圧を目指すアルフォンソ5世・ダラゴーナ、その道を拓くべくトスカーナに侵入しフィレンツェ領攻撃を開始。

 1448年1月 アルフォンソ5世・ダラゴーナ、シエナ領に陣を敷き、まずフィレンツェ配下のピオンビーノ攻略を狙う。
 1448年5月 アルフォンソ5世・ダラゴーナ軍、ピオンビーノを包囲。
 1448年7月15日 この日頃、フィレンツェ軍は、アルフォンソ5世・ダラゴーナ軍に包囲されたピオンビーノへの補給に失敗。
 1448年9月 1448年夏を通してピオンビーノ包囲攻撃を続けてきたアルフォンソ5世・ダラゴーナ、折から蔓延中のペストのためもあってついに攻略を断念し、軍を撤退させナポリに帰る。
 1450年3月25日 フランチェスコ1世・スフォルツァ、妻ビアンカ・マリーア・ヴィスコンティ、子ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァ(1444年〜1476年:ミラノ公在位1466年〜1476年)及び弟、ペーザロの君主アレッサンドロ・スフォルツァ(1409年〜1473年:在位1445年〜1473年)を伴い、改めてミラノに入城。市民の大歓声の中、正式にミラノ公位に就く(在位〜1466年)。
            この就任式典に、フランチェスコ1世・スフォルツァを支援してきたフィレンツェを初め、ヴェネツィアとアルフォンソ5世・ダラゴーナを除くイタリアの主な都市、君侯の祝賀使節が参列。
            ヴェネツィア・フィレンツェ同盟、事実上、破れ(1425年〜)、両国は同盟関係の全面的転換を図る。
 1450年6月29日 アルフォンソ5世・ダラゴーナとフィレンツェは、ニコラウス5世の仲介により、アルフォンソ5世・ダラゴーナが1448年以来獲得しようとしていたピオンビーノの君主リナルド・オルシーニ(?〜1450年間もなくペストで死:在位?〜)より毎年、貢納金を得ることで和を結ぶ。1450年7月18日公表。
 1450年7月2日 アルフォンソ5世・ダラゴーナとヴェネツィアは、レオネッロ・デステの仲介により、フェッラーラで和を結ぶ。
 1450年 アラゴン王アルフォンソ5世・ダラゴーナ、バルセロナ大学を設立。
 1451年3月6日 この日?、ヴェネツィアとナポリアルフォンソ5世・ダラゴーナは、同盟を結び、反ミラノ、反フィレンツェの方針をさらに進め、それぞれの領国からのフィレンツェ商人の追放も決める。間もなくこの同盟にサヴォイア公ルドヴィーコ・ディ・サヴォイア、モンフェッラート候ジョヴァンニ及びシエナが加入。
 1452年2月21日 シャルル7世、1451年12月以来のフィレンツェの呼びかけに応じ、(1)フィレンツェがその対ヴェネツィア戦争終了後ルネ・ダンジューの対アルフォンソ5世・ダラゴーナ戦、ナポリ奪還に協力することを条件にフィレンツェ・フランチェスコ1世・スフォルツァ・ジェノヴァ・マントヴァ同盟に加わり、(2)自分の対イングランド戦終了後ルネ・ダンジュー軍をイタリアに送ることを約束。1452年4月9日公表。
 1452年6月上旬 アルフォンソ5世・ダラゴーナ、フィレンツェに宣戦し近郊ヴァルディキアーナ地区などの攻撃を始める。
 1452年7月14日 対アルフォンソ5世・ダラゴーナ戦のため、ジャノッツォ・パンドルフィーニ、ルカ・ピッティ、ピエロ・ルチェッライ、ベルナルド・リドルフィらを委員とする新十人委員会を編成。さらに1452年8月、この委員の任期を5年間に延長。
 1452年 フィレンツェ生まれの政治家、人文主義者ジァノッツォ・マネッティ(1396年〜1459年)、『人間の尊厳と優越について』を完成(1451年〜1452年)し、アルフォンソ5世・ダラゴーナに献呈。(1532年バーゼルで刊)。
 1454年4月9日 ローディの和ニコラウス5世の召集したイタリア諸国、諸君主の和平交渉がローマで続けられながらも成果を得られないでいる中、ニコラウス5世の使節アウグスティヌス会修道士シモーネ・ダ・カメリーノの精力的な仲介によってフランチェスコ1世・スフォルツァとヴェネツィアの交渉が妥結し、この間の戦争で奪い合った領地を相互に返還すること、各自の同盟者をこの同意に加えていくことなどを、コジモ・イル・ヴェッキオフィレンツェ首脳を除く他の戦争当事者も存知するに至らない内、この日ローディで協定。5日後、フィレンツェが加入すると共に、この和が公表される。
           突然、和平の成立を知らされたアルフォンソ5世・ダラゴーナ、これに加わることを強く拒否し、戦闘継続を宣言。
 1454年8月30日 イタリア同盟:1454年4月9日のローディの和による和平の更なる強化をフィレンツェの支援の下で試みてきたフランチェスコ1世・スフォルツァ、この日、自身とフィレンツェとヴェネツィアによる25年間の同盟をヴェネツィアで締結することに成功。さらにこの同盟への加盟をイタリア各国、各権力者に求める。ボルソ・デステおよびサンテ・ベンティヴォーリオが直ちに加盟。
            間もなくニコラウス5世は、このイタリア同盟に加盟。さらに使節として枢機卿ドメニコ・カプラニカ(1400年〜1458年:在位1430年〜1458年)をアルフォンソ5世・ダラゴーナの元に送り、ヴェネツィア、フィレンツェなどの使節と共に、同盟への加盟を強く勧奨、説得させる。
 1455年1月21日 イタリア同盟に、この同盟がジェノヴァを除外しかつジェノヴァに対する自身の権利を留保することなどを条件として加盟。
            これによりイタリアに小国分立、相互均衡、抑制に基づく一応の平和が生じ(〜1494年)、各国、各権力者はそれぞれの支配体制の強化と国内での文化の展開、深化に努める。
 1456年12月5日 イタリア南部、ナポリを中心に大地震に見舞われ、ナポリで2〜3万などの全体で10万に及ぶ死者が出る。
 1458年6月27日 ナポリで死。
            遺言により、ナポリ王位は先にエウゲニウス4世及びニコラウス5世から正統継承者として認承された(1444年、1447年)庶出の長子フェッランテ・ダラゴーナに、アラゴン、シチリア、サルデーニャ王位は次弟ナヴァーラ王フアン・ダラゴーナに継承される。

献呈された著作
 人間の尊厳と優越について

関連項目
 ローディの和
 イタリア同盟

チェーザレ・ボルジア
 子フェッランテ・ダラゴーナ→妻フアナ・ダラゴーナ→母フアナ・エンリケス→きょうだいエンリケ・エンリケス→子マリーア・エンリケス→夫フアン・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア
 きょうだいフアン・ダラゴーナ→子アロンソ・デ・トラスタマラ・イ・エスコバル→子レオノール・デ・トラスタマラ→夫ハイメ・デル・ミラ→父ルイス・フアン・デル・ミラ→母カテリーナ・デ・ボルハ→きょうだいイザベッラ・デ・ボルハ→子アレクサンデル6世→子チェーザレ・ボルジア

別表記
 大アルフォンソ、el Magnánimo、高潔王、寛大王

外部リンク
 ウィキペディア
 世界帝王事典
 歴史データベース
 Genealogy.EU
 kleio.org
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 MEDIEVAL LANDS

参考文献
 『イタリア史』
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『君主論』
 『世界大百科事典』
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『フィレンツェ史』
 『服飾の中世』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『傭兵の二千年史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの歴史』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』
 『Lucretia Borgia
トラスタマラ家
歴史人物辞典
そこそこアレな感じで