René d'Anjou

ルネ・ダンジュー

生没:1409年1月16日~1480年7月10日
在位:ナポリ王 1435年~1442年
    先代:ジョヴァンナ2世・ダンジオ
    次代:アルフォンソ5世・デ・アラゴン
   ロレーヌ公 1431年~1453年(イザベルと共同統治)
    次代:ジャン・ダンジュー
   バル公 1431年~1480年
   アラゴン王・バルセロナ伯 1466年~1472年
   アンジュー公・プロヴァンス伯 1434年~1480年
   ギーズ伯 1417年~1425年
父:ルイ・ダンジュー
子:ジャン・ダンジュー

概要

 ルネ・ダンジューは、15世紀の男性。

年表

1435年2月2日
ジョヴァンナ2世・ダンジオ死。
すでに後継ナポリ王としてジョヴァンナ2世・ダンジオより、ルネ・ダンジュー(1409年~1480年:アンジュー公・プロヴァンス伯1439年~1480年:バル公1430年~1480年:ロレーヌ公1431年~1453年)が指名されていた(1434年11月)ものの、それ以前に同じく後継ナポリ王として2度指名され(1421年7月、1432年4月)ながらその都度取り消された(1423年、1433年)アルフォンソ5世・デ・アラゴン、王位を要求。
加えてエウゲニウス4世もナポリは教会領であるとの回告を発し、ナポリ内部はルネ・ダンジューアルフォンソ5世・デ・アラゴンエウゲニウス4世の3派に分裂して前2者の間で戦闘始まる(~1442年)。
1435年
ブルゴーニュ公フィリップ・ル・ボンの捕虜となっていた(1431年~1432年、1435年~)ルネ・ダンジューに代わり、その妻Isabella(?~1453年)、ナポリに入る。
1437年春~夏
エウゲニウス4世アルフォンソ5世・デ・アラゴンから求められたナポリ王位継承の公認を行なわず、ルネ・ダンジュー支持の態度を明らかにすると共に以後、ルネ・ダンジューに援軍を派遣。これに対しアルフォンソ5世・デ・アラゴン、バーゼル分離公会議派にローマ占領を呼びかける。
1438年5月19日
フィリップ・ル・ボンから釈放された(1437年)ルネ・ダンジュー、小軍と共にようやく海路ナポリ領に入る。
1440年6月末
この頃、ロンバルディアとナポリで戦闘激化。前者ではフランチェスコ1世・スフォルツァ指揮のヴェネツィア軍がフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ軍を破ってブレッシャを制圧し、後者ではルネ・ダンジューアルフォンソ5世・デ・アラゴン軍の戦いが続き、アルフォンソ5世・デ・アラゴンフランチェスコ1世・スフォルツァの勢力失墜を願うフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティと結んでナポリ王国内部のフランチェスコ1世・スフォルツァの所領を占領すると共にナポリ市内を包囲。ルネ・ダンジューは急ぎエウゲニウス4世に支援を求める。
1442年6月2日
ナポリ市包囲を狭めてきたアルフォンソ5世・デ・アラゴン軍、市内に突入。アルフォンソ5世・デ・アラゴン自身も市内に入る。
エウゲニウス4世に見捨てられたルネ・ダンジューは、改めてエウゲニウス4世に支援を求めるべくジェノヴァ水軍の艦船でフィレンツェに逃げる。
以後この年内にアルフォンソ5世・デ・アラゴンは、ナポリ全土を制圧し、ナポリとシチリアを再統合。
1451年12月
フィレンツェ、フランチェスコ1世・スフォルツァ、ジェノヴァ及びマントヴァ候ルドヴィーコ3世・ゴンザーガ、同盟を締結。さらにフランス王シャルル7世に、対ヴェネツィア戦終結後はルネ・ダンジューの対アルフォンソ5世・デ・アラゴン戦、ナポリ奪還を支援することなどを挙げて同盟加入を働きかける。
1452年2月21日
シャルル7世、1451年12月以来のフィレンツェの呼びかけに応じ、(1)フィレンツェがその対ヴェネツィア戦争終了後ルネ・ダンジューの対アルフォンソ5世・デ・アラゴン戦、ナポリ奪還に協力することを条件にフィレンツェ・フランチェスコ1世・スフォルツァ・ジェノヴァ・マントヴァ同盟に加わり、(2)自分の対イングランド戦終了後ルネ・ダンジュー軍をイタリアに送ることを約束。1452年4月9日公表。
1452年10月
フィレンツェは、使節としてアニョーロ・アッチャイウオリシャルル7世の元に送り、ルネ・ダンジュー軍のイタリア派遣を要請して受諾される。
1453年9月初め
ルネ・ダンジュー、軍を率いてイタリアに入る。まずモンフェッラートを攻撃し、さらにクレモーナ、ブレッシャなどの周辺からヴェネツィア軍を撃退。
1454年1月初め
ルネ・ダンジューは、イタリアでの生活に絶えられず、フランチェスコ1世・スフォルツァに申し出た上、軍と共にフランスに帰る。来るべき春にルネ・ダンジュー軍を加えてヴェネツィアに総反撃をとの企図崩れる。
1458年5月初め
シャルル7世アルフォンソ5世・デ・アラゴンのジェノヴァ攻略を阻むべく、彼によりナポリから放逐されたルネ・ダンジューの子ジャン・ダンジュー(1426年頃~1470年:カラブリア公在位1434年~1443年:ロレーヌ公在位1453年~1470年)を総督としてジェノヴァに派遣。1458年5月11日頃からジャン・ダンジューはジェノヴァを統治し軍を指揮。
1458年11月10日
ピウス2世、前月の協定の旨の勅書を、ルネ・ダンジューをナポリ王となすべきとするフランス人枢機卿たちの反対を押さえて、発する。
1459年11月14日
ルネ・ダンジューの使節マントヴァに到着。間もなくフリードリヒ3世の使節も到着。
1459年11月30日
ルネ・ダンジューの使節、ピウス2世の面前で対オスマン・トルコ問題について語るより先にフェッランテ・ダラゴーナへのナポリ王位承認を非難し、その撤回とルネ・ダンジューへの王位授与を要求。後日ピウス2世、これを却ける。
1461年7月前半
シャルル7世の送った軍が陸路、ルネ・ダンジュー指揮の水軍が海路ジェノヴァに到着し、総攻撃。フランチェスコ1世・スフォルツァ軍と共にジェノヴァ市民、反撃。
1480年7月10日
ルネ・ダンジュー、後継子を残さず死(1409年~:アンジュー公・プロヴァンス伯在位1434年~:バル公在位1430年~:ロレーヌ公在位1431年~1453年)——プロヴァンス伯領と名目上のナポリ王位請求権は甥Charles de Maine (d'Anjou)が継承し、他の遺領は王領に併合される。

別表記

 レナート、le Bon

外部リンク

 ウィキペディア
 世界帝王事典

参考文献

 『イタリア史』
 『フィレンツェ史』
 『ミラノ―ヴィスコンティ家の物語』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』

記載日

 2006年5月4日以前