Basilica di Santa Maria del Popolo

サンタ・マリア・デル・ポポロ教会

所在地
イタリア共和国ラツィオローマ県ローマ
地区
カンポ・マルツィオ

概要

 サンタ・マリア・デル・ポポロ教会は、ローマの北の入口であるポポロ門(フラミニア門)を入ってすぐの左手にある建物。
 伝説によれば、この場所には皇帝ネロを埋葬するドミティアヌス家の墓があり、そこに生えている胡桃の木に悪魔が住みついていると人々に恐れられていた。そこで教皇パスカリス2世は、夢に現れた聖母マリアのお告げ通りに胡桃の木を切り倒し、ネロの遺体を焼いてその遺灰をテヴェレ川に流したところ、それ以後悪魔は現れなくなった。それを感謝して1099年にパスカリス2世が聖母マリアに捧げる教会を建てたのが始まりと言われている。その建設資金を市民(popolo)が負担したので、サンタ・マリア・デル・ポポロの名が冠せられたのである。
 教会は13世紀初期に再建され、さらに1472年にローヴェレ家出身の教皇シクストゥス4世により再度再建されて、現在見るような簡素にして明解なルネサンス様式の教会となった。
 教会の格としてはローマにおける七大聖堂に次ぐもので、1625年の聖年には城壁外で疫病が流行ったために、サン・セバスチャーノ教会の代わりを務めたこともある。

1、ローヴェレ礼拝堂
2、チーボ礼拝堂
3、バッソ・デッラ・ローヴェレ礼拝堂
4、コスタ礼拝堂
5、ルドヴィーコ・ポドカタロ枢機卿の霊廟
6、エリザベト訪問
7、チカーダ礼拝堂
8、フェオーリ礼拝堂
9、主祭壇
10、天井
11、ジローラモ・バッソ・デッラ・ローヴェレの霊廟
12、イエスの幼少時代
13、円蓋
14、アスカーニオ・マリーア・スフォルツァ霊廟
15、聖母マリアの生涯
16、チェラージ礼拝堂
17、テオドーリ礼拝堂
18、聖家族
20、チーボ・ソデリーニ礼拝堂
21、メッリーニ礼拝堂
22、キージ礼拝堂
23、モンテミラービレ礼拝堂
24、廊下
25、聖具室
26、ヴァノッツァ・デイ・カッタネイの洗面台

 教会の内部は三廊式になっている。後にジャン・ロレンツォ・ベルニーニによってバロック風の装飾が加えられたものの、ラテン十字形の平面プラン、身廊の交差天井、翼廊の両端の円形の礼拝堂など、ルネサンス的色彩は強く残っている。

1、ローヴェレ礼拝堂 Cappella della Rovere



 正面入口のすぐ右側にあるローヴェレ家の礼拝堂。天井までびっしりと聖母子伝で飾られており、これらは全てピントゥリッキオとその弟子たちの手になるものである。ピントゥリッキオ作「キリスト降誕」がある。

2、チーボ礼拝堂 Cappella Cibo

3、バッソ・デッラ・ローヴェレ礼拝堂 Cappella Basso Della Rovere

4、コスタ礼拝堂 Cappella Costa

 聖カタリナを祀るこの礼拝堂は初めドメニコ・デッラ・ローヴェレ枢機卿に属していたが、修道院に高額の寄付をしたジョルジョ・コスタが1488年に取得。


 半円部にジョルジョ・コスタ枢機卿の紋章が描かれている。
ジョルジョ・コスタ枢機卿の霊廟 Monumento di Jorge da Costa
 コスタ礼拝堂の左壁にジョルジョ・コスタ枢機卿の霊廟がある。1508年頃アンドレア・ブレーニョ工房が制作。

5、ルドヴィーコ・ポドカタロ枢機卿の霊廟
6、エリザベト訪問

7、チカーダ礼拝堂 Cappella Cicada
8、フェオーリ礼拝堂 Cappella Feoli

 ヴァノッツァ・デイ・カッタネイが所有していた、聖ルチアを祀るボルジア礼拝堂があった。
 1484年にジョルジョ・デッラ・クローチェが礼拝堂を購入。妻のヴァノッツァ・デイ・カッタネイは裕福な実業家で、アウグスティヌス修道院の庇護者となった。修道会長ガウディエンティオ・ディ・バルジは1500年2月24日に主祭壇右側の第1礼拝堂の取得と、自由に装飾する許可を与えた。1501年3月4日、彼女はアンドレア・ブレーニョとジョヴァンニ・ディ・ラリゴに礼拝堂と祭壇の設計を依頼。また、聖ルチアの絵も発注した。その祭壇画にはおそらくヴァノッツァ・デイ・カッタネイの肖像が描かれていたものと思われ、1658年に取り壊されるまで飾られていた。
 1485年又は1486年にジョルジョ・デッラ・クローチェが、1488年ペドロ・ルイス・デ・ボルハが、1497年にフアン・ボルジアがここに埋葬される。
 1527年のローマ劫掠でボルジア家の墓はおそらく壊されたが、ヴァノッツァ・デイ・カッタネイの墓は早くとも1576年までは残存していた。

9、主祭壇 Coro di Santa Maria del Popolo

10、天井

 ピントゥリッキオが「天井画」を描いている。

11、ジローラモ・バッソ・デッラ・ローヴェレの霊廟 Monumenti funebri dei cardinali Girolamo Basso Della Rovere

12、イエスの幼少時代 Bambino Gesù

13、円蓋 Cupola

14、アスカーニオ・マリーア・スフォルツァ霊廟 Monumenti funebri dei cardinali Ascanio Maria Sforza

15、聖母マリアの生涯 Storie della Vergine

16、チェラージ礼拝堂 Capella Cerasi

17、テオドーリ礼拝堂 Cappella Theodoli

18、聖家族 Sacra Famiglia

20、チーボ・ソデリーニ礼拝堂 Cappella Cibo-Soderini

21、メッリーニ礼拝堂 Cappella Mellini



 ジョヴァンニ・ダルマータ作とされているジャンバッティスタ・メッリーニの霊廟部分。

22、キージ礼拝堂 Cappella Chigi

設計
ラッファエッロ
建築
ロレンツェット、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ

 1507年、教皇ユリウス2世アゴスティーノ・キージの礼拝堂取得に同意。1512~1514年頃ラッファエッロが設計し、ロレンツェットが建築的装飾と彫像を手がけ、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニが完成させた。

アゴスティーノ・キージの霊廟 Tomba di Agostino Chigi

23、モンテミラービレ礼拝堂 Cappella Montemirabile

24、廊下 Corridore

25、聖具室 Sacrestia

 ロドリゴ・ボルジアが作らせたボルジア祭壇が、現在は聖具室に置かれている。

26、ヴァノッツァ・デイ・カッタネイの洗面台



 ボルジア礼拝堂に隣接する小さな部屋にある大理石の洗面台。これは、サンタ・マリア・デル・ポポロ教会の庇護者であるヴァノッツァ・デイ・カッタネイを想起させる唯一のものである。基部に見える紋章は左上がボルジア家の牡牛、右下がカタルーニャのドムス家の縞模様、右上と左下はヴァノッツァ・デイ・カッタネイと夫カルロ・カナーレのものである。宿屋ヴァッカと同様の紋章である。

所蔵品

被葬者

 ジャンバッティスタ・メッリーニ
 ルドヴィーコ・ポドカタロ
 アスカーニオ・マリーア・スフォルツァ
 フアン・デ・カストロ
 ジョルジョ・コスタ

別表記

 サンタ・マリア・デル・ポポロ寺院

外部リンク

 チェーザレ・ボルジアとその周辺
 Google Maps
 Le pagine di Fabio P - 2.0
 YouTube
 Wikipedia

記載日

 2020年2月16日