——Raffaello——
ラッファエッロ
生没年:1483年4月6日~1520年4月6日
出身:ウルビーノ
父:ジョヴァンニ・サンティ
師:ティモテオ・ヴィティ
  ペルジーノ
弟子:ジューリオ・ロマーノ
作品:フランチェスコ会派聖人たちが描かれた宗教行列用十字架
   騎士の夢
   三美神
   アテナイの学堂
   聖体の論議
   Virtù Cardinali e Teologali
   ガラテアの勝利
   ユリウス2世の肖像
   ラ・ヴェラータ
   ビッビエーナ枢機卿の肖像
   レオ10世と枢機卿たち
記載日:2005年5月29日以前

年表
 1483年4月6日 ウルビーノに生(1483年3月28日)。
 1498年 画家ペルジーノの門に入る(1500年)。
 1504年秋/年末 フィレンツェに来て市内の文化に触れる。
 1508年 ブラマンテの仲介でユリウス2世によりローマに招かれる。
 1508~1511年 ヴァティカン宮殿Stanza della Segnaturaに「アテナイの学堂」などを描く。
 1514年 サン・ピエトロ大聖堂の改築主任になる。
 1520年4月6日 ラッファエッロ、ローマで死(1514年4月11日)。

別表記
 ラファエロ、ラファエルロ、Sanzio, Santi

外部リンク
 ウィキペディア
 Art cyclopedia
 Arthistory.CC
 Web Gallery of Art
 WebMuseum

参考文献
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『新世紀ビジュアル大辞典』
 『世界悪女大全』
 『世界大百科事典』
 『世界の歴史16 ルネサンスと地中海』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『マキアヴェリ』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの華』
 『ルネサンスとは何であったか』
 『ルネサンスの女たち』
 『ルネッサンスの光と闇』
 『ローマ教皇検死録』
 『Lucretia Borgia
芸術家
歴史人物辞典
そこそこアレな感じで