Piazza e Strada

広場・道

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ広場 Campo Santi Giovanni e Paolo

所在地
イタリア共和国ヴェネトヴェネツィア県ヴェネツィア
概要

 サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ広場は、ヴェネツィアにある広場。

所蔵品

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia

ベネデット・カイローリ広場 Piazza Benedetto Cairoli

所在地
イタリア共和国ラツィオローマ県ローマ
地区
レーゴラ
概要

 ベネデット・カイローリ広場は、ローマにある広場。

古名

 ブランカ広場、Piazza Branca

外部リンク

 060608.it
 Google Maps
 Rome Tour Guide, Italy

カンポ・デ・フィオーリ Campo de' Fiori

所在地
イタリア共和国ラツィオローマ県ローマ
地区
パリオーネレーゴラの間

概要

 カンポ・デ・フィオーリは、ローマにある広場。毎朝賑やかなメルカートが開かれることで有名。中央には異端の罪でここで火あぶりにされた哲学者ジョルダーノ・ブルーノ像が建っている。

名前の由来

 カンポ・デ・フィオーリとは「花の野」という意味で、元々はカンプス・フローラ(フローラの広場)と呼ばれていた。古代ローマの将軍グナエウス・ポンペイウスの愛人フローラの名前から来ているとも、15世紀以前は花咲く草原だったためとも言われている。現在でも午前中は花市が開かれるので、この場所に相応しい名である。

成立

 13世紀にオルシーニ家が南側に根差すが、15世紀まで荒地であった。1456年、教皇カリストゥス3世の下、ルドヴィーコ・スカランピ枢機卿がパリオーネの開発のために舗装した。すぐに宿屋や本屋が立ち並び、オルシーニ宮殿も建設された。
 この地域一帯に4つの宿屋を持っていたのが、チェーザレ・ボルジアの母親であるヴァノッツァ・デイ・カッタネイだった。

1740年代


 1889年に設置されたジョルダーノ・ブルーノ像はまだなく、カンチェッレーリア宮殿もカンポ・デ・フィオーリに面していた。

所蔵品


エットーレ・フェッラーリ
ジョルダーノ・ブルーノ像

周辺

 宿屋ヴァッカ
 ペッレグリーノ通り

別表記

 カンポ・ディ・フィオーリ、カンポ・デイ・フィオーリ、花の広場

外部リンク

 ボルジア解体新書
 Google Maps
 Wikipedia

スフォルツァ・チェザリーニ広場 Piazza Cesarini Sforza

所在地
イタリア共和国ラツィオローマ県ローマ
地区
ポンテ
概要

 ヴィットーリオ・エマヌエレ2世通りにある広場。入って正面にヴァノッツァ・デイ・カッタネイの住まいがあり、当時はピッツォ・ディ・メルロ広場と呼ばれていた。右手の北側には道路を挟んでスフォルツァ・チェザリーニ宮殿がある。

古名

 ピッツォ・ディ・メルロ広場、Pizzo di MerloAccetti

外部リンク

 Google Maps
 Thefamousblueraincoat's Blog

ミネルヴァ広場 Piazza della Minerva

所在地
イタリア共和国ラツィオローマ県ローマ
地区
ピーニャ
概要

 ミネルヴァ広場は、ローマにある広場。

外部リンク

 Google Maps
 Wikipedia


ナヴォーナ広場 Piazza Navona

所在地
イタリア共和国ラツィオローマ県ローマ
地区
パリオーネ
概要

 ナヴォーナ広場は、ローマにある広場。

所蔵品

外部リンク

 ウィキペディア
 Google Maps

ポポロ広場 Piazza del Popolo

所在地
イタリア共和国ラツィオローマ県ローマ
地区
カンポ・マルツィオ
概要



 ポポロ広場は、ローマにある広場。コルソ通りを真っ直ぐに北上した突き当たりにある。アルプスを越えて南国イタリアに来る旅行者はフラミニア街道から南下し、ローマの北の城門フラミニア門(通称ポポロ門)から市内に入った。正面にオベリスク、双子教会、広場からのびる右からリペッタ、コルソ、バブイーノの3本の通り。フラミニアのオベリスクは1589年にシクストゥス5世によりこの場所に移設され、双子教会は17世紀に建設されたものである。当時のローマの表玄関だったポポロ広場は、視覚効果を意識した配置となっている。最終的に仕上げたのはジャン・ロレンツォ・ベルニーニ。まさにバロックの劇場空間である。

外部リンク

 ウィキペディア
 Google Maps

シニョーリア広場 Piazza della Signoria

所在地
イタリア共和国トスカーナフィレンツェ県フィレンツェ
概要

 シニョーリア広場は、フィレンツェにある広場。 政庁であるヴェッキオ宮殿前の広場で、フィレンツェの政治の中心地。フィレンツェの大事は、ほとんどがこの広場で起こった。

ジローラモ・サヴォナローラ処刑記念碑

 1497年2月7日と1498年2月27日にジローラモ・サヴォナローラがシニョーリア広場で虚栄の焼却を行わせ、祝祭用の衣装や仮面、豪華な装身具、化粧品、遊興具、楽器、俗悪な書物や官能的な絵画が山のように積み上げられて焼却される。その中にはボッティチェッリの絵や『デカメロン』も含まれている。
 1498年4月7日、フランチェスコ会がフランチェスコ・ダッシジの例に倣って火の試練が準備されるも、実施されず、ジローラモ・サヴォナローラへの民衆の不満が高まる。
 1498年5月23日、ジローラモ・サヴォナローラが、シニョーリア広場の特設舞台で首をくくられて火あぶりに処される。
 記念碑は1898年4百周忌に青銅製のものが設置されたが、消耗が激しいために、その後1901年に現在の大理石の銘板になった。元の青銅の方はサン・マルコ修道院にある。

芸術作品

所蔵品

別表記

 シニョリーア広場、政庁舎広場、政庁前広場、ピアッツァ・デッラ・シニョーリア

外部リンク

 ウィキペディア
 とーるブロ
 Google Maps

サン・マルコ広場 Piazza San Marco

所在地
イタリア共和国ヴェネトヴェネツィア県ヴェネツィア
概要

 サン・マルコ広場は、ヴェネツィアにある広場。

絵画

外部リンク

 ウィキペディア
 Google Maps

サン・ピエトロ広場 Piazza San Pietro

所在地
イタリア共和国ラツィオローマ県ローマ
概要

 サン・ピエトロ広場は、ローマにある広場。




外部リンク

 ウィキペディア
 Google Maps
 Wikipedia

ペッレグリーノ通り Via del Pellegrino

所在地
イタリア共和国ラツィオローマ県ローマ
概要

 ペッレグリーノ通りは、ローマにある道。教皇アレクサンデル6世が開いた道で、カンポ・デ・フィオーリからヴァティカンに向かって伸びている。ペッレグリーノとは巡礼者という意味。

紋章


 通りの一角には現在でも教皇アレクサンデル6世の紋章が残っている。

銘板

 「このペッレグリーノ通りを偉大なる教皇アレクサンデル6世が作った」

外部リンク

 チェーザレ・ボルジアとその周辺
 Google Maps
 Honors Program in Rome

記載日

 2009年1月3日

更新日

 2020年1月7日