Pucci

プッチ家

アントーニオ・プッチ Antonio Pucci

生没
1350年頃~1416年以降
プッチョ・プッチ
バルトロメア・デル・ジョコンド
ルチア・オルランディーニ
プッチョ・プッチ
ジョヴァンニ・プッチ
ニッコロ・プッチ
ベニンテンディ・プッチ

概要

 アントーニオ・プッチは、14世紀から15世紀のイタリアの男性。

年表

1384年

バルトロメア・デル・ジョコンドと結婚。

1401年

ルチア・オルランディーニと結婚。

外部リンク

 Wikipedia

プッチョ・プッチ Puccio Pucci

生没
1389年9月1日~1449年5月7日
出身
フィレンツェ
アントーニオ・プッチ
バルトロメア・デル・ジョコンド
アントーニオ・プッチ
ディオニージオ・プッチ

概要

 プッチョ・プッチは、14世紀から15世紀のイタリアの男性。

在職

 正義の旗手 1447年9月~10月

年表

1433年9月29日

バーリアは、メディチ家の追放を具体的に決める。メディチ派リーダーのジョヴァンニ・プッチ、プッチョ・プッチをアクイラに10年追放とする。

外部リンク

 Wikipedia

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ジョヴァンニ・プッチ Giovanni Pucci

アントーニオ・プッチ
バルトロメア・デル・ジョコンド
フランチェスコ・プッチ
ヤコポ・プッチ

概要

 ジョヴァンニ・プッチは、14~15世紀頃のイタリアの男性、メディチ派リーダー。

年表

1433年9月29日

バーリアは、メディチ家の追放を具体的に決める。メディチ派リーダーのジョヴァンニ・プッチ、プッチョ・プッチアクイラに10年追放とする。

参考文献

 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

アントーニオ・プッチ Antonio Pucci

生没
1418年3月8日~1484年11月
没地
ピサ
プッチョ・プッチ
ナンナ・マッテイ
マッダレーナ・ジーニ
ピエラ・マネッティ
ルクレツィア・プッチ
ジョヴァンニ・プッチ
セルヴァッジア・プッチ
プッチョ・プッチ
アレッサンドロ・プッチ
オレッタ・プッチ
ロレンツォ・プッチ
ジャンノッツォ・プッチ
ロベルト・プッチ
ピエロ・プッチ
レーナ・プッチ
ナンニーナ・プッチ
アレッサンドラ・プッチ

概要

 アントーニオ・プッチは、15世紀のイタリアの男性。

在職

 正義の旗手 1463年1月~2月、1481年1月~2月

年表

1458年8月

妻マッダレーナ・ジーニ、ロレンツォ・プッチ出産時に死。

1459年

ピエラ・マネッティと結婚。

別表記

 エ・アントーニオ・ディ・プッチョ、e Antonio di Puccio

外部リンク

 Images and identity in fifteenth-century Florence
 Treccani
 Wikipedia

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『Lucretia Borgia

プッチョ・プッチ Puccio Pucci

生没
1453年4月5日~1494年8月31日
出身
フィレンツェ
没地
ローマ
アントーニオ・プッチ
マッダレーナ・ジーニ
ジローラマ・ファルネーゼ

概要

 プッチョ・プッチは、15世紀のイタリアの男性、フィレンツェ共和国の弁護士。

年表

1453年4月5日

フィレンツェにて、生(1460年10月)。

サン・ジョヴァンニ地区の父の家に住む。

1483年

ジローラマ・ファルネーゼと結婚。

1485年

この頃から父から受け継いだ不動産管理を、兄弟ロレンツォ・プッチアレッサンドロ・プッチと共に共同で行う。

1492年8月11日

教皇アレクサンデル6世即位。

妻の妹ジューリア・ファルネーゼの教皇との関係から、この後すぐフィレンツェ共和国により、教皇に恭順を示すための全権大使として派遣される。

1493年春

ファエンツァコッミッサーリオとして派遣され、アストッレ3世・マンフレディ政権を維持するためファエンツァ政府を監視。

1493年5月21日

フォルリラヴァルディーノ要塞にて、カテリーナ・スフォルツァに謁見。

ファエンツァにて、ピエロ・イル・ファトゥオ宛てに手紙を書く。謁見室に入ると、ヤコポ・フェオが窓台に腰掛けており、真紅の絹の上着に錦の外套を羽織り、明るい茶色の巻き毛が襟にかかっていた。カテリーナ・スフォルツァは背もたれの広い玉座に座し、白いダマスク織の絹を着て、黒い襟巻が彼女の白磁のような肌を強調。「2人だけの世界といった様子でした」。ベルナルディーノ・カルロ・フェオと跳ね回っていたフランチェスコ・スフォルツィーノ・リアリオがこけて膝と頭にけがを負い、ユダヤ人医師ラザルスに運ばれていった。

1493年5月22日

夜3刻、ファエンツァにて、ピエロ・イル・ファトゥオ宛てに手紙を書く。カテリーナ・スフォルツァは恋人ヤコポ・フェオと一緒にいられるなら全てを犠牲にするつもりである。「カテリーナ・スフォルツァ伯爵夫人はヤコポ・フェオを失うくらいなら、子供たち、友好国、財産を葬り、悪魔に魂を売り、トルコに国を売ってしまうことでしょう。」

1493年5月24日

ファエンツァにて、ピエロ・イル・ファトゥオ宛てに手紙を書く。カテリーナ・スフォルツァを取り巻く政治状況について考察。

1493年5月25日

夜7刻、ファエンツァにて、ピエロ・イル・ファトゥオ宛てに手紙を書く。ヤコポ・フェオのせいで陥ったカテリーナ・スフォルツァの惨めな状況。何らかの事件が不可避。

1494年1月13日

この頃か少し以前、ローマへの大使に任命される。

1494年6月16日

ローマにて、ピエロ・イル・ファトゥオ宛てに手紙を書く。

1494年7月13日

ピエロ・イル・ファトゥオ宛てに手紙を書く。

1494年8月11日

ローマにて、ピエロ・イル・ファトゥオ宛てに手紙を書く。

1494年8月23日

この日まで、里帰りしている妻ジローラマ・ファルネーゼの実家を訪問。

ローマに帰り、病床に就く。

1494年8月29日

ペストに罹患していることが明白となったため、遺言書を作成。弟ロレンツォ・プッチジャンノッツォ・プッチを相続人に指名。

1494年8月31日

ローマにて、死(1494年9月)。

外部リンク

 Google Books - The Tigress of Forlì
 the borgias ITALIA
 Treccani

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『Lucretia Borgia

アレッサンドロ・プッチ Alessandro Pucci

生没
145?年~
アントーニオ・プッチ
マッダレーナ・ジーニ
シビッラ・サッセッティ
ラッファエーレ・プッチ
フランチェスコ・プッチ
アントーニオ・プッチ

概要

 アレッサンドロ・プッチは、15~16世紀頃のイタリアの男性。

年表

1481年

シビッラ・サッセッティと結婚。

ロレンツォ・プッチ Lorenzo Pucci

生没
1458年8月18日~1531年9月16日
アントーニオ・プッチ
マッダレーナ・ジーニ

概要

 ロレンツォ・プッチは、15世紀から16世紀のイタリアの男性、聖職者、枢機卿。

在位

 ピストイア司教補佐 1509年2月15日~1518年9月17日
 教皇庁掌璽院長 1511年~1513年9月
 メルフィ教区長 1513年8月12日~1528年3月16日
 枢機卿 1513年9月23日~1531年9月16日
 サンティ・クアットロ・コロナティ司祭枢機卿 1513年9月29日~1524年6月15日
 ヴァンヌ教区長 1513年11月21日~1514年
 アマルフィ教区長 1516年~1517年
 ジョヴィナッツォ教区長 1517年4月1日~1517年8月21日
 ピストイア司教 1518年9月17日~1518年11月5日
 モンテフィアスコーネ教区長 1519年3月23日~1519年4月13日
 内赦院長 1520年9月28日~1529年10月1日
 カパッチョ教区長 1522年9月10日~1523年6月12日
 アルバーノ司教枢機卿 1524年6月15日~1524年7月24日
 パレストリーナ司教枢機卿 1524年7月24日~1531年9月16日

年表

1493年12月23日

ローマにて弟ジャンノッツォ・プッチ宛てに手紙をしたためる。

 アレッサンドロ・ファルネーゼ枢機卿にローマの降誕祭へ招かれ、同行。馬でヴィテルボから、枢機卿の親類サヴェッリ家のリニャーノへ行き、公式に歓迎される。その後ローマへの旅を続ける途上で枢機卿と交わした内密の会話、ラウラ・ミリオラーティの結婚について。ピエロ・イル・ファトゥオは自身の娘をアストッレ3世・マンフレディに嫁がせることを望んでいるが、ファルネーゼ家ラウラ・ミリオラーティをと望んでいる。これは彼とフィレンツェ共和国双方に有利であり、教皇アレクサンデル6世との関係を深めることになると、枢機卿はピエロ・イル・ファトゥオを説得したいという。教皇とピエロ・イル・ファトゥオがお互いに納得の上だという風に事は運ばれるだろう。アレクサンデル6世ジューリア・ファルネーゼは同意するだろうし、アドリアーナ・デル・ミラの影響も期待できる。「猊下、教皇は娘をその紳士に与えるでしょう。その子はルクレツィア・ボルジアと同じように教皇の娘なのだと私は信じていますし、猊下の姪なのですから」「教皇の娘で、枢機卿の姪で、オルシーノ・ミリオラーティの想定上の娘である彼女に、教皇はヴァザネッロ近くの城を3つか4つ与えるつもりでおられる。加えて、枢機卿はおっしゃった。兄アンジェロ・ファルネーゼがもし相続者を持たないままでいたなら、この子が相続人となるだろう。兄にとって大切な彼女のことであるし、すでに兄はそのことを検討中だ。すなわち、この永続的な恩義のために、高名なピエロ・イル・ファトゥオは、枢機卿の援助を受けることになると」。ローマに弟プッチョ・プッチが来てくれれば、アドリアーナ・デル・ミラジューリア・ファルネーゼの影響力を通して、よい地位を得ることができるでしょうと、枢機卿にお願いしている。

1493年12月24日

ローマにてジャンノッツォ・プッチ宛てに手紙をしたためる。

 私のジャンノッツォ。昨晩私は上述のように書いた。降誕祭の前日の夜である今日、アレッサンドロ・ファルネーゼ枢機卿が晩課を行うためにヴァティカン宮殿に馬で向かうのに同行し、枢機卿が礼拝堂に入る前に、私はジューリア・ファルネーゼに会うためにサンタ・マリア・イン・ポルティコ宮殿を訪問した。私が伺った時、彼女はちょうど髪を洗い終えた後で、教皇の娘ルクレツィア・ボルジアアドリアーナ・デル・ミラと一緒に暖炉のそばに座っていた。私はお三方から心からの歓迎を受けた。ジューリア・ファルネーゼは私に隣に座るように言い、姉ジローラマ・ファルネーゼを家に連れてきたことを感謝し、また連れてきてくれるとうれしいとおっしゃった。アドリアーナ・デル・ミラは「カポディモンテとマルタに行くよりも、ここに来ることを禁じられているのは本当なの」と聞かれた。そんなことは何も知らないし、手紙で願われていたように、妻を連れてくることでジューリア・ファルネーゼが喜ぶならそれで私には十分で、これからは望んだようになるでしょうと答えました。適当と思うだけ姉と会うことを、その全ての機会に敏感なジューリア・ファルネーゼに任せたい。ジローラマ・ファルネーゼもそうであるように、姉の素晴らしさを見たいと思っているのですから。それについてジューリア・ファルネーゼは暖かく感謝し、幸福をもたらしてくれたとおっしゃった。それで、彼女が私のためにしてくださったことでどんなに恩義を受けているか、ジローラマ・ファルネーゼを連れてくる以上に謝意を表せることはないと言った。彼女はそんなつまらないことにお礼の必要はないとおっしゃった。もっとお力になればという彼女に、私はその時には彼女を訪ねるでしょうと。アドリアーナ・デル・ミラがそれに交じって、長官でもアントーニオ・プッチでも彼の代理人でもなく、ジューリア・ファルネーゼ自身に恩を売っておくことが有益なのだということをよくご存じなのでしょうと言われた。
 反論したりしないためにも、存じておりますと答え、再び感謝を示した。そこでジューリア・ファルネーゼプッチョ・プッチについてお聞きになり、「その内に大使としてここにやってくれば、努力にもかかわらずこれまで効果を得られなかったことが、それほど難しくなく成就させることができるでしょう」とおっしゃった。我々が旅中にしていた話を、昨夜枢機卿が持ちだしたことをおっしゃい、私に手紙を書くように強く勧められた。もし私が事を運ぶなら、高名なるピエロ・イル・ファトゥオは好意的になるとお考えなのだ。事はここまで進展している。その子と会ったが、すくすくと成長され、私には教皇に似ているように思われた。ジューリア・ファルネーゼはどういうわけか頑健になられ、最も美しくあられた。私の前で髪を下ろし、結われた。足まで届く長さで、これまで見たこともない最も美しい髪をお持ちだ。リネンのヘッド・ドレスの上から、金糸を編み込んだ空気のように軽いネットのようなものを着けていた。実際、太陽のように輝くのだよ。君がよく知りたがっていたことを自分の目で確かめられたらよかったのに。彼女はナポリで流行の裏打ちしたローブを纏っていて、ルクレツィア・ボルジアも同じ感じのものを着ていたが、着替えに出ていった。少し後に戻ってくると、紫のビロードを基調としたドレスだったよ。晩課が終わって枢機卿が出発する時、私は辞した。

1509年12月13日

司教に叙階される。

1512年7月11日

ユリウス2世の使節として、ピエロ・ソデリーニの解任と神聖同盟への加盟を求めるユリウス2世の書簡を持ってフィレンツェに到着。

1513年9月23日

レオ10世により、枢機卿に任命される。

外部リンク

 Catholic-Hierarchy
 GCatholic.com
 IDLE SPECULATIONS
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Wikipedia

参考文献

 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『メディチ家』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルネサンスの女たち』
 『Lucretia Borgia

ジャンノッツォ・プッチ Giannozzo Pucci

生没
1460年~1497年8月21日
アントーニオ・プッチ
ピエラ・マネッティ
スメラルダ・デル・モンテ・サンタ・マリア
ルクレツィア・ビーニ

概要

 ジャンノッツォ・プッチは、15世紀のイタリアの男性。

年表

1482年8月

妻スメラルダ・デル・モンテ・サンタ・マリア、死。

1483年

ルクレツィア・ビーニと結婚。

1497年8月5日

メディチ派の陰謀。メディチ家復辟の陰謀が発覚し、官職の指導的地位を占める有力者を含む多数の者が逮捕される。

陰謀の首謀者として死刑を宣告されたベルナルド・デル・ネロニッコロ・リドルフィ、ジャンノッツォ・プッチ、ロレンツォ・トルナブオーニジョヴァンニ・カンビの5名、1495年3月19日の法によりコンシーリオ・マッジョーレへ提訴。

緊迫した険悪な空気が広まる中で市民の陰謀への恐怖と首謀者への憎悪募り、その提訴権の否認、反逆者への復讐の声が高まる。

1497年8月17日

シニョーリアは、プラティカを開催し対策を諮問。プラティカで首謀者の提訴権につき賛否両論対立。

1497年8月21日

フラテスキの指導者フランチェスコ・ヴァローリの強硬発言によって提訴権否認、処刑にまとまり、答申。夜、首謀者5名処刑される。

別表記

 ジャンノッツォ・ディ・アントーニオ・プッチ、ジァノッツォ・プッチ、Giannozzo d Antonio di Puccio Pucci

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『Lucretia Borgia

ロベルト・プッチ Roberto Pucci

生没
1464年5月29日~1547年1月17日
出身
フィレンツェ
没地
ローマ
アントーニオ・プッチ
ピエラ・マネッティ
ディアノーラ・レンツィ
ジャンノッツォ・プッチ
パンドルフォ・プッチ
マリーア・プッチ
アントーニオ・プッチ

概要

 ロベルト・プッチは、15世紀から16世紀のイタリアの男性、聖職者、枢機卿。

在位

 ピストイア司教 1541年8月8日~1546年12月7日
 枢機卿 1542年6月2日~1547年1月17日
 サンティ・ネレオ・エ・アキレッオ司祭枢機卿 1542年6月12日~1544年10月17日
 サンティ・クアットロ・コロナティ司祭枢機卿 1544年10月17日~1547年1月17日
 内赦院長 1545年3月31日~1547年1月17日
 メルフィ司教 1546年12月7日~1546年12月10日
 ラポッラ司教 1546年12月7日~1546年12月10日

年表

1491年12月

ディアノーラ・レンツィと結婚。

1541年

司教に叙階される。

外部リンク

 GCatholic
 The Cardinals of the Holy Roman Church
 Treccani
 Wikipedia

パンドルフォ・プッチ Pandolfo Pucci

生没
1509年11月29日~1560年1月2日
出身
フィレンツェ
ロベルト・プッチ
ディアノーラ・レンツィ
ラウドミア・グイッチャルディーニ
カッサンドラ・ダ・ガリアーノ
オラツィオ・プッチ
ロベルト・プッチ
ディアノーラ・プッチ
ヴィルジーニア・プッチ
ポルツィア・プッチ・プッチ
エミリオ・プッチ・プッチ
アレッサンドロ・プッチ
アスカーニオ・プッチ
カッサンドラ・プッチ

概要

 パンドルフォ・プッチは、16世紀頃のイタリアの男性。

年表

1534年

ラウドミア・グイッチャルディーニと結婚(1533年)。

1543年4月18日

カッサンドラ・ダ・ガリアーノと結婚。

15??年

コジモ1世・デ・メディチの宮廷で、何らかの不道徳行為を指摘されて政界から追放される。一説には共和国制度の復活を訴えたためにコジモ1世・デ・メディチの反感を買ったとも言われる。

1559年

パウルス4世の死(1559年8月)後この頃までの間に、政界追放を根に持ち復讐するため、あるいは共和国政復活という政治イデオロギーに則ってコジモ1世・デ・メディチに対して陰謀を計画するが、露見。

1560年1月2日

絞首刑に処される。他、Stordo Cavalcantiら3名が斬首され、Bernardo CorbinelliIacopo Corbinelli兄弟が1560年叛徒として追放される。

外部リンク

 不埒な天国
 Treccani

参考文献

 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

エミリオ・プッチ Emilio Pucci

生没
1914年11月20日~1992年11月29日
ラウドミア・プッチ

概要

 エミリオ・プッチは、20世紀の男性。

外部リンク

 ウィキペディア
 Emilio Pucci

記載日

 2005年5月29日以前

更新日

 2024年2月25日