Guicciardini

グィッチャルディーニ家

ルイジ・グィッチャルディーニ Luigi Guicciardini

生没
1478年7月5日~1551年
出身
フィレンツェ
ピエロ・グィッチャルディーニ
シモーナ・ジャンフィリアッツィ
イザベッラ・サッケッティ
シモーナ・グィッチャルディーニ
ニッコロ・グィッチャルディーニ
ロレンツォ・グィッチャルディーニ
ピエロ・グィッチャルディーニ
マルゲリータ・グィッチャルディーニ
概要

 ルイジ・グィッチャルディーニは、15世紀~16世紀のイタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1527年3月~4月

年表

1478年
政治家、政論家、ニッコロ・マキアヴェッリの友人ルイジ・グィッチャルディーニ、フィレンツェに生(1478年~1551年)。
1527年4月26日
「金曜日の騒乱」
午前:反メディチ派が、シニョーリア広場に集合し、市民への武器貸与を求めて気勢を上げる。正義の旗手フランチェスコ・グィッチャルディーニの兄ルイジ・グィッチャルディーニは、市民が午後に規律を保ってシニョーリア広場に集まるなら武器を貸与すると布告。
コニャック同盟軍がフィレンツェ郊外に近づいたとの報が広まる。
正午:シルヴィオ・パッセリーニは、自身と同じくクレメンス7世の代理的地位を占める2人の枢機卿ニッコロ・リドルフィインノチェンツォ・チーボイッポーリト・デ・メディチを同道して市外の同盟軍のもとに駆けつけ支援を求める。
午後:市内にシルヴィオ・パッセリーニが逃亡したとの噂広まり、急進的な青年ら数百名に続いて多数の市民が政庁宮を急襲。
ニッコロ・カッポーニピエロ・サルヴィアーティらに率いられた市民の威圧の下で召集されたシニョーリアは、メディチ家の追放、全政治犯の赦免、解放、1512年以前の共和政への復帰を決議し布告。
夕刻~夜:1527年4月23日にフィレンツェに戻っていたフランチェスコ・グィッチャルディーニは、教皇の全権委員として、まず、同盟軍導入、叛徒攻撃の強硬意見を主張するFederico da Bozzoloに、強硬方針は事態をクレメンス7世にも同盟軍にも不利に導くと説き、人心を鎮静化する策をとることを認めさせる。次いで、彼と共にシルヴィオ・パッセリーニにも同様に説き、フランチェスコ・マリーア1世・デッラ・ローヴェレら同盟軍指揮官らの協力も得て、シルヴィオ・パッセリーニに人心鎮静策を認めさせる。
フランチェスコ・グィッチャルディーニが作成し、フランチェスコ・ヴェットーリが手を加えた、降伏を申し出る叛徒はその罪を問われないとする条項を、市外に待機する圧倒的に強大な同盟軍の前に非力さを覚える反乱貴族、市民も受諾し、ヴェッキオ宮殿から退出。市民の武装蜂起を恐れるメディチ派も条項を受諾。シルヴィオ・パッセリーニや同盟軍指揮官らが条項に署名。
シニョーリアは午前の決議、布告を取り消し、共和政はあえなく終息。
1534年6月27日
1534年

外部リンク

 Treccani.it

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『マキァヴェッリ 忘恩、運命、野心、好機』
 『メディチ家の人々』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『Lost Girls

ピエロ・グィッチャルディーニ Piero Guicciardini

生没
1454年6月9日~1513年12月21日
出身
フィレンツェ
没地
フィレンツェ
ヤコポ・グィッチャルディーニ
グリエルメッタ・デ・ネルリ
シモーナ・ジャンフィリアッツィ
ルイジ・グィッチャルディーニ
コスタンツァ・グィッチャルディーニ
マッダレーナ・グィッチャルディーニ
ヤコポ・グィッチャルディーニ
ボンジャンニ・グィッチャルディーニ
ボンジャンニ・グィッチャルディーニ
ジローラモ・グィッチャルディーニ
ディアノーラ・グィッチャルディーニ
フランチェスコ・グィッチャルディーニ
概要

 ピエロ・グィッチャルディーニは、1人息子。妻シモーナ・ジャンフィリアッツィとの間に10人の子をもうける。

年表

1475年
1502年
1509年10月下旬
ヴェローナに後退したマクシミリアン1世から軍資金を求められたため、彼のもとへ使節としてピエロ・ソデリーニの弟Giovanvittorio Soderiniとピエロ・グィッチャルディーニを派遣。1509年10月24日2度に渡って献金することで合意し、即日、第1回分を献納。次回は1509年11月15日、マントヴァで献納することとなる。
1513年3月
ジョヴァンニ・デ・メディチの教皇即位の祝賀行事が市を挙げて盛大かつ華麗に繰り広げられる。
新教皇レオ10世に祝意と恭順の意を表する使節を派遣することにし、教皇の弟ジュリアーノ・デ・メディチ、大司教コジモ・デ・パッツィGiovanni Tornabuoniジョヴァンニ・バッティスタ・リドルフィベルナルド・ルチェッライフィリッポ・ブォンデルモンティベネデット・デ・ネルリ、ピエロ・グィッチャルディーニ、ロレンツォ・モレッリネリ・カッポーニ(1452年~1519年)、ルカ・ダントーニオ・デリ・アルビッツィ、ルイジ・デッラ・ストゥファの12名が選出される。

外部リンク

 Treccani

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ヤコポ・グィッチャルディーニ Jacopo Guicciardini

生没
1480年10月2日~1552年
出身
フィレンツェ
没地
フィレンツェ
ピエロ・ディ・ヤコポ・ディ・ピエログィッチャルディーニ
シモーナ・ジャンフィリアッツィ
カミッラ・バルディ
マリーア・グィッチャルディーニ
イザベッラ・グィッチャルディーニ
アルジェンティーナ・グィッチャルディーニ
アニョーロ・グィッチャルディーニ
ジョヴァンニ・バッティスタ・グィッチャルディーニ
ロレンツォ・グィッチャルディーニ
ラッファエーレ・グィッチャルディーニ
ヴィンチェンツォ・グィッチャルディーニ
ルドヴィーコ・グィッチャルディーニ
ピエロ・グィッチャルディーニ
ロベルト・グィッチャルディーニ
概要

 ヤコポ・グィッチャルディーニは、次男。

年表

1504年
カミッラ・バルディと結婚。

外部リンク

 Treccani

参考文献

 『フィレンツェ史』

ヤコポ・グィッチャルディーニ Jacopo Guicciardini

生没
1422年1月23日~1490年5月17日
出身
フィレンツェ
没地
フィレンツェ
ピエロ・グィッチャルディーニ
アニョーラ・ブォンデルモンティ
グリエルメッタ・デ・ネルリ
ピエロ・グィッチャルディーニ
マッダレーナ・グィッチャルディーニ
概要

 ヤコポ・グィッチャルディーニは、15世紀のイタリアの男性。

年表

1422年1月23日
フィレンツェにて、生(1397年)。
1482年
フィレンツェに宮殿を購入。
1485年12月21日
フィレンツェ共和国により、ミラノ駐在大使に選出される。
1486年9月30日
この日までミラノに駐在。
148?年
ピエロ・ヴェットーリと共に、サルザーナのコッミッサーリオに任命される。
1487年6月22日
サルザーナがフィレンツェ共和国に降伏。

関連項目

 リーミニ攻囲戦

外部リンク

 Treccani
 Wikipedia

参考文献

 『逆光のメディチ』
 『フィレンツェ史』

シモーナ・グィッチャルディーニ Simona Guicciardini

生没
1512年4月14日~
フランチェスコ・グィッチャルディーニ
マリーア・サルヴィアーティ
ピエロ・カッポーニ
概要

 シモーナ・グィッチャルディーニは、16世紀頃のイタリアの女性。

年表

1528年
ピエロ・カッポーニと結婚(1527年)。

別表記

 シモーネ、Simona Margherita Romola

外部リンク

 Google Books - Storie fiorentine dal 1378 al 1509 - Francesco Guicciardini
 Google Books - Marietta de'Ricci ovvero Firenze al tempo dell'assedio racconto storico

エリザベッタ・グィッチャルディーニ Elisabetta Guicciardini

生没
1520年4月28日~
フランチェスコ・グィッチャルディーニ
マリーア・サルヴィアーティ
アレッサンドロ・カッポーニ
カッサンドラ・カッポーニ
ジュリアーノ・カッポーニ
ルカ・カッポーニ
ピエロ・カッポーニ
フランチェスコ・カッポーニ
概要

 エリザベッタ・グィッチャルディーニは、16世紀頃のフィレンツェの女性。

年表

1539年11月
アレッサンドロ・カッポーニと結婚(1537年)。

別表記

 Lisabetta

外部リンク

 Geneanet

ラウドミア・グィッチャルディーニ Laudomia Guicciardini

生没
15??年~1541年8月8日
フランチェスコ・グィッチャルディーニ
パンドルフォ・プッチ
オラツィオ・プッチ
ロベルト・プッチ
ディアノーラ・プッチ
ヴィルジーニア・プッチ
ポルツィア・プッチ
概要

 ラウドミア・グィッチャルディーニは、16世紀のイタリアの女性。

年表

1534年
パンドルフォ・プッチと結婚(1533年)。

ピエロ・グィッチャルディーニ Piero Guicciardini

生没
1376年~1441年
出身
フィレンツェ
ルイジ・ディ・ピエロ・グィッチャルディーニ
コスタンツァ・ストロッツィ
ラウドミア・アッチャイウオリ
ジョヴァンナ・ヴァローリ
アニョーラ・ブォンデルモンティ
ルイジ・グィッチャルディーニ
ヤコポ・グィッチャルディーニ
ニッコロ・グィッチャルディーニ
マッダレーナ・グィッチャルディーニ
ラウドミア・グィッチャルディーニ
コスタンツァ・グィッチャルディーニ
概要

 ピエロ・グィッチャルディーニは、14世紀~15世紀のイタリアの男性。

在職

 正義の旗手 1421年11月~12月、1435年11月~12月、1439年3月~4月

年表

1376年
フィレンツェにて、生(1370年)。
1395年
1399年
ジョヴァンナ・ヴァローリと結婚。
1410年
アニョーラ・ブォンデルモンティと結婚。

外部リンク

 Treccani
 Wikipedia

参考文献

 『フィレンツェ史』

ルイジ・グィッチャルディーニ Luigi Guicciardini

生没
1407年5月25日~1487年
出身
フィレンツェ
没地
フィレンツェ
ピエロ・グィッチャルディーニ
アニョーラ・ブオンデルモンティ
ニコローザ・ペルッツィ
ピッパ・パレンティ
ナンナ・ヴェスプッチ
ルドヴィーカ・ヴェンチュリ
コーザ・グィッチャルディーニ
アニョーラ・グィッチャルディーニ
ビアンカ・グィッチャルディーニ
リニエーリ・グィッチャルディーニ
概要

 ルイジ・グィッチャルディーニは、15世紀のイタリアの男性。

在職

 正義の旗手 1453年3月~4月、1457年11月~12月、1473年3月~4月

年表

1466年3月8日
フランチェスコ1世・スフォルツァが没し、ミラノで政変が起こる可能性が危惧されたため、ベルナルド・ジューニと共にミラノへ派遣される。無事に新ミラノ公となったガレアッツォ・マリーア・スフォルツァと外交折衝し、ミラノ公国の最も安定した収入源を提供することを担保に貸付金を送るよう要請する書簡をピエロ・イル・ゴットーソに届ける。
1426年
ニコローザ・ペルッツィと結婚。
1448年
ピッパ・パレンティと結婚。
14??年
ナンナ・ヴェスプッチと結婚。
1484年
ルドヴィーカ・ヴェンチュリと結婚。

埋葬

 フィレンツェ、サンタ・フェリーチタ教会

外部リンク

 Treccani

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ロレンツォ・デ・メディチ暗殺』

ルイジ・グィッチャルディーニ Luigi Guicciardini

生没
1346年頃~1403年2月3日
出身
フィレンツェ
没地
フィレンツェ
ピエロ・ディ・ギーノ・グィッチャルディーニ
テッサ・バルディ
コスタンツァ・ストロッツィ
ニッコロ・グィッチャルディーニ
ピエロ・グィッチャルディーニ
ジョヴァンニ・グィッチャルディーニ
マルゲリータ・グィッチャルディーニ
カテリーナ・グィッチャルディーニ
テッサ・グィッチャルディーニ
マリーア・グィッチャルディーニ
概要

 ルイジ・グィッチャルディーニは、14世紀~15世紀のイタリアの男性、フィレンツェ共和国の政治家。

在職

 正義の旗手 1378年7月~8月、1387年11月~12月、1401年

年表

1403年2月3日
フィレンツェにて、死(1402年)。

外部リンク

 Treccani
 Wikipedia

参考文献

 『フィレンツェ史』
 『イタリア史』

記載日

 2005年5月29日以前

更新日

 2020年2月21日