Gian Jacopo Trivulzio

ジャン・ヤコポ・トリヴルツィオ

生没:1440年~1518年12月5日
出身:ミラノ
没地:アルパジョン
父:アントーニオ・トリヴルツィオ
母:フランチェスカ・アイカルディ
妻:マルゲリータ・コッレオーニ
  ベアトリーチェ・ダヴァーロス
子:ジョヴァンニ・ニッコロ・トリヴルツィオ
  マリーア・カリータ・トリヴルツィオ
  アンブロージョ・トリヴルツィオ
  ルイジ・トリヴルツィオ
  エリザベッタ・トリヴルツィオ
  バルバラ・トリヴルツィオ
  カテリーナ・トリヴルツィオ
  フランチェスカ・トリヴルツィオ
  カミッロ・トリヴルツィオ

概要

 ジャン・ヤコポ・トリヴルツィオはイタリアの傭兵隊長。

年表

1440年
ミラノで生(1441年、1447年頃)。
1467年
フランチェスカ・コッレオーニと結婚。
1486年
ナポリにて、ベアトリーチェ・ダヴァーロスと結婚。
1499年7~8月
彼を名目上の指揮者とし、ロベール・スチュアート・ドオービニイを実質上の指揮者とするルイ12世軍は、アルプスを越えてイタリアに侵攻し、アスティに結集。
1499年9月11日
ルイ12世の名においてミラノに入る。ルドヴィーコ・イル・モーロは、マクシミリアン1世を頼ってティロルへ敗走。ルイ12世軍はミラノを制圧し、ヴェネツィアも盟約によりクレモーナ、Ghiara d'Addaを獲得。
1499年11月8日
ルイ12世によりミラノ総督に任命され、ルイ12世ミラノを去る。
1509年5月8~10日
シャルル・ダンボワーズと共にルイ12世に従い、軍を指揮してミラノから出撃。
1510年4~5月
シャルル・ダンボワーズとジャン・ヤコポ・トリヴルツィオの指揮するルイ12世軍、マクシミリアン1世軍、アルフォンソ1世・デステの率いるフェッラーラ軍、ヴェネツィアの占領地を再奪還し始める。
1510年5月24日
ルイ12世軍、ヴィチェンツァも奪回。
1511年2月11日
ルイ12世ミラノ総督、軍総指揮官シャルル・ダンボワーズ、死。その地位はジャン・ヤコポ・トリヴルツィオとガストン・ド・フォワが継承。
1511年5月上旬
フランス軍の新総指揮官として、大軍を率いて、ユリウス2世が宮廷を置いたボローニャに迫り、教皇軍・ヴェネツィア軍と対峙。
1511年5月21~23日
ボローニャアルフォンソ1世・デステとも通じた市民の反乱生じ、教皇代理フランチェスコ・アリドージ逃亡。フランス軍を率いて、ベンティヴォーリオ家と共にボローニャに入る。
1512年6月半ば
この頃?、ミラノルイ12世の支配に対する反乱発生。
指揮下のルイ12世軍は、ミラノからパヴィアに撤退。ミラノはスイス連邦軍が制圧。
1513年5月
Louis de la Trémouilleと共に指揮指揮するルイ12世軍は、ミラノを奪回すべくイタリアに侵攻し、アレッサンドリアなどを難なく制圧。
ジェノヴァもルイ12世軍に服し、Antoniotto Adornoルイ12世の総督になる。
バルトロメオ・ダルヴィアーノ指揮のヴェネツィア軍も出陣し、ヴァレッジョ、ペスキエーラを占領してクレモーナに入る。ベルガモ、ブレッシャもヴェネツィアに服し、マッシミリアーノ・スフォルツァ軍の入城を拒絶。
1518年12月5日
叛徒の汚名を着せられたまま、失意の内にパリ近郊アルパジョンで死。

別表記

 ジャン・ジャコーモ、ジャン・ガレアッツォ、Gian GiacomoGiangiacomo

外部リンク

 Condottieri di ventura
 Famille de Carné
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア史』
 『君主論』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『フィレンツェ史』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『ルネサンスの華』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

記載日

 2005年5月29日以前