Alba

アルバ家

エレオノーラ・ディ・トレド Eleonora di Toledo

生没
1553年~1576年
ガルシア・デ・トレド
ピエトロ・デ・メディチ
概要

 エレオノーラ・ディ・トレドは、16世紀の女性。

年表

1571年4月21日
結婚。

チェーザレ・ボルジア数

 父ガルシア・デ・トレド→きょうだいエレオノーラ・ディ・トレド→子ルクレツィア・デ・メディチ→夫アルフォンソ2世・デステ→父エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 世界帝王事典
 Wikipedia

参考文献

 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

ガルシア・デ・トレド García de Toledo

生没
1514年8月29日~1577年5月31日
ペドロ・デ・トレド
ヴィットリア・コロンナ
エレオノーラ・ディ・トレド
概要

 ガルシア・デ・トレドは、16世紀の男性。

年表

1553年頭
ペドロ・デ・トレドは、30隻のガレー船を率いてチヴィタヴェッキア経由リヴォルノに向かう。それと同時に、ペドロ・デ・トレドの命により、軍と共に教会領経由コルトーナに向かう。ユリウス3世は中立保持の姿勢を保ちながら彼とその軍の教会領通過を許可。
1553年2月上旬
この頃?、カール5世軍(スペイン軍)を指揮し、イタリアにおけるカール5世軍の指揮官の1人でペドロ・デ・トレドによりシエナ攻撃イタリア人歩兵隊指揮官に任じられたユリウス3世の甥Ascanio della Corniaコジモ1世・デ・メディチの同意を得て集めた歩兵隊と合流し、シエナ領に入る。

チェーザレ・ボルジア数

 きょうだいエレオノーラ・ディ・トレド→子ルクレツィア・デ・メディチ→夫アルフォンソ2世・デステ→父エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 Wikipedia

参考文献

 『メディチ家の人びと』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

エレオノーラ・ディ・トレド Eleonora di Toledo

生没
1522年~1562年12月17日
ペドロ・デ・トレド
コジモ1世・デ・メディチ
マリーア・ルクレツィア・デ・メディチ
フランチェスコ1世・デ・メディチ
イザベッラ・ロモーラ・デ・メディチ
ジョヴァンニ・デ・メディチ
ルクレツィア・デ・メディチ
アントーニオ・デ・メディチ
ピエロ・デ・メディチ
ガルツィア・デ・メディチ
フェルディナンド1世・デ・メディチ
概要

 エレオノーラ・ディ・トレドは、16世紀の女性。

年表

1539年3月
結婚。
1539年6月29日
1549年
コジモ1世・デ・メディチ、妻エレオノーラ・ディ・トレドの生活を快適にするため、アルノ河の対岸のピッティ宮殿を購入し大改造・拡張工事を始めさせる。
1553年2月
海路リヴォルノに着いたペドロ・デ・トレド、フィレンツェにコジモ1世・デ・メディチ及びその妻、自分の娘エレオノーラ・ディ・トレドを訪ねるが、この地で急死(1484年~)。
1562年12月17日
1561年の娘ルクレツィア・デ・メディチの死に続くこの年の家族3名の相次ぐ死を巡って、以後、ガルツィア・デ・メディチジョヴァンニ・デ・メディチを刺殺し、怒ったコジモ1世・デ・メディチガルツィア・デ・メディチを刺殺し、エレオノーラ・ディ・トレドは悲嘆・絶望のあまり医師の処方を拒んで死んだ、との「メディチ家の悲劇」伝説(虚偽)が生ずる。
1857年9月18日~1857年9月25日
発掘調査が行われる。
死に装束が修復され、ピッティ宮殿衣装博物館に展示される。

 メディチ家礼拝堂

肖像

 エレオノーラ・ディ・トレドと息子の肖像
 エレオノーラ・ディ・トレドの肖像

チェーザレ・ボルジア数

 子ルクレツィア・デ・メディチ→夫アルフォンソ2世・デステ→父エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 ウィキペディア
 世界帝王事典
 Famille de Carné
 The Medici Archive Project

参考文献

 『銀色のフィレンツェ』
 『メディチ家』
 『メディチ家の人びと』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『Lost Girls

ペドロ・デ・トレド Pedro de Toledo

生没
1484年7月13日~1553年2月21日
ガルシア・デ・トレド
エレオノーラ・ディ・トレド
概要

 ペドロ・デ・トレドは、15世紀~16世紀の男性。

在職

 ナポリ総督 1532年~1553年

年表

1532年
カール5世は、Villafranca候ペドロ・デ・トレドをナポリ総督に任命。
1541年2月25日
パウルス3世、対オスマン・トルコ軍事費のためとして加重した塩税の納入を拒否していた(1537年~)コロンナ家の統領Ascanio Colonna(1490年代~1557年)に、3日以内に出頭しその未納について弁明するよう命令。
しかしAscanio Colonna、これを拒否しコジモ1世・デ・メディチに支援を求める。これに対しパウルス3世、直ちにピエル・ルイジ・ファルネーゼ指揮の軍をローマに結集。
以後、ペドロ・デ・トレドがカール5世の特使としてローマに入って両者の仲介を、ヴィットーリア・コロンナローマに帰り両者の交渉の進展を、それぞれ試みるが実らず。
1541年5月26日
コロンナ家、ペドロ・デ・トレドにも支援を求めたものの、パウルス3世フランソワ1世側に追いやることは避けたいカール5世側の思惑からここでも聞き入れられず、この日、最後の拠点パリアーノの城塞も制圧され、全面的に敗北。
統領Ascanio Colonnaを初め一族はナポリに亡命し、所領は全てパウルス3世に没収される。
1547年5月16日
カール5世の意に従いそのナポリ総督ペドロ・デ・トレドが、スペインに設置されてきた(1480年~)のと同様の異端審問所を設置しようと試みたのに対し、ナポリの民衆、若干の貴族と共に抵抗し、武装反乱。同時にサレルノの君主Ferrante Sanseverino(1507年~1568年)らをのもとに送って異端審問所設置反対を直訴。しかしいれられず、ペドロ・デ・トレドへの服従を命じられる。
1547年8月12日
ペドロ・デ・トレド、スペイン式異端審問所の設置を断念し、一部首謀者以外の叛徒の罪は問わないと宣言。しかしカール5世のもとから戻ったサレルノの君主Ferrante Sanseverinoは追放される。
1550年6月28日
Barbarossaの後継者的な海賊Dragut(本名Torghud 'Ali Paşa:1485年~1565年)を先頭に南イタリア地中海沿岸諸都市で略奪・破壊を働き続けるSinan Paşa(?~1578年)総指揮のオスマン・トルコ水軍がこの春、占領したマーディアを奪還すると共にその海賊行為を断つべく、カール5世の指示により、アンドレア・ドーリアを総指揮官としてその軍及びカール5世のシチリア総督Juan de Vegaの軍にペドロ・デ・トレド及びコジモ1世・デ・メディチからの援軍を加えた大軍、この日アフリカ(マーディア)に上陸。
1552年8月13日
シエナからのアンリ2世軍の駆逐・シエナ奪還のためナポリで進軍の準備を始めたペドロ・デ・トレドがその途上ローマ劫掠を狙うとの噂が流れる中、1551年のパルマ争奪戦ですでに財政危機に陥っていたユリウス3世コジモ1世・デ・メディチの勧奨をいれて、シエナ出身の枢機卿Fabio Mignanelliを特使としてシエナに送り、アンリ2世軍の領内からの撤退・外国勢力の介入防止とそれによるシエナの自立と平穏の確保を勧告するが、失敗に終わる。
この頃?、コジモ1世・デ・メディチDiego Hurtado de MendozaFransicso Albaからシエナの反乱・離反はひとえにコジモ1世・デ・メディチの責任であるとの報告を受けていたカール5世のもとに特使Ippolito da CorreggioLeone Santiを送り、嫌疑を晴らすべく事態を説明すると共にいずれ無謀なシエナに制裁を加えると誓約。
1552年11月末
ユリウス3世ナポリのペドロ・デ・トレドのもとに特使ベルナルド・デ・メディチを送り、シエナへの進軍を待つよう説得。
1552年12月末
シエナを目指すペドロ・デ・トレド指揮のカール5世軍(スペイン軍)によるローマ劫掠の不安が強まる中、ユリウス3世、再びナポリのペドロ・デ・トレドのもとに特使Achille de' Grassiを送って和平を説くが失敗に終わる。
1553年頭
ペドロ・デ・トレド、30隻のガレー船を率いてチヴィタヴェッキア経由リヴォルノに向かう。同時に子ガルシア・デ・トレドを軍と共に教会領経由コルトーナに向かわせる。ユリウス3世は中立保持の姿勢を保ちながらガルシア・デ・トレドとその軍の教会領通過を許可。
1553年2月上旬
この頃?、ガルシア・デ・トレド指揮のカール5世軍(スペイン軍)、イタリアにおけるカール5世軍の指揮官の1人(1552年~)でペドロ・デ・トレドによりシエナ攻撃イタリア人歩兵隊指揮官に任じられたユリウス3世の甥Ascanio della CorniaCorgna:1513年~1571年)がコジモ1世・デ・メディチの同意を得て集めた歩兵隊と合流し、シエナ領に入る。
1553年2月
海路リヴォルノに着いたペドロ・デ・トレド、フィレンツェにコジモ1世・デ・メディチ及びその妻、自分の娘エレオノーラ・ディ・トレドを訪ねるが、この地で急死(1484年~)。
1539年6月29日
コジモ1世・デ・メディチカール5世ナポリ総督ペドロ・デ・トレドの娘エレオノーラ・ディ・トレド(1522年~1562年)と結婚。
1547年
コジモ1世・デ・メディチナポリのペドロ・デ・トレドへの援軍を準備するが派遣せず、これをシエナに向かわせる。

チェーザレ・ボルジア数

 子エレオノーラ・ディ・トレド→子ルクレツィア・デ・メディチ→夫アルフォンソ2世・デステ→父エルコーレ2世・デステ→母ルクレツィア・ボルジア→きょうだいチェーザレ・ボルジア

外部リンク

 世界帝王事典
 RootsWeb.com
 The Medici Archive Project
 Wikipedia

参考文献

 『メディチ家の人びと』
 『銀色のフィレンツェ』
 『メディチ家』
 『錬金術』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』

記載日

 2005年5月29日以前

更新日

 2020年2月21日