Palazzo Vecchio

ヴェッキオ宮殿

所在地
イタリア共和国トスカーナフィレンツェ県フィレンツェ
建築
1299年~1314年
設計
アルノルフォ・ディ・カンビオ

概要

 ヴェッキオ宮殿は、フィレンツェシニョーリア広場に面して建つゴシック風の建物。1299年から建築が開始され、アルノルフォ・ディ・カンビオが担当したと言われている。以前の建物を利用して建てられたため、塔の位置が中央ではない。アルノルフォ・ディ・カンビオの死後は2人の建築家に任され、1314年に完成された。塔の高さは94メートル。
 1302年3月26日(フィレンツェの暦で元旦)からシニョーリアの所在地となる。



アルノルフォの塔 Torre di Arnolfo

 塔にはアルベロゲットと呼ばれる小さな部屋が牢獄として使われており、1433年コジモ・イル・ヴェッキオが、1498年ジローラモ・サヴォナローラが収監された。

風見獅子

 アルノルフォの塔の頂上には獅子がついている。これは風見鶏ならぬ風見獅子で、現在でも動いている。しかしながら原作品は、ヴェッキオ宮殿の正面部から入って2番目の中庭に置かれている。
 獅子は大きな青銅の浮彫を2枚合わせた形になっており、中は空洞である。その上に金箔が貼られた。そして頑丈な金具で細長い柱に付けられている。柱の頂上にはフィレンツェ市の象徴である、菖蒲(百合)の花が付いている。
 この獅子、柱に挑みかかる姿に作られているが、フィレンツェ人には違った風に見えるらしい。獅子が風で南に向いている時、つまりアルノ川に向かっている時、フィレンツェは雨になる。これを称してフィレンツェでは、「ヴェッキオ宮殿の獅子がアルノ川におしっこするので、雨が降る」と言うとか。

第一中庭 Primo cortile

五百人広間 Salone dei Cinquecento



フランチェスコ1世・デ・メディチのストゥディオーロ Studiolo di Francesco I de' Medici

コジモ・イル・ヴェッキオの間 Sala di Cosimo il Vecchio

ロレンツォ・イル・マニーフィコの間 Sala di Lorenzo il Magnifico

ジョヴァンニ・デッレ・バンデ・ネーレの間 Sala di Giovanni delle Bande Nere



クレメンス7世の間 Sala di Clemente VII

百合の間 Sala dei Gigli

芸術作品

所蔵品

別表記

 政庁舎、シニョリーア宮殿、パラッツォ・ヴェッキオ、パラッツォ・デラ・シニョリーア

外部リンク

 ウィキペディア
 とーるブロ
 Google Maps
 Pinterest
 Web Gallery of Art

記載日

 2009年1月3日