Federico d'Aragona

フェデリーコ・ダラゴーナ

生没:1452年4月19日~1504年11月9日
在位:ナポリ王 1496年~1501年
    先代:フェッランディーノ・ダラゴーナ
    次代:ルイ12世
父:フェッランテ・ダラゴーナ
母:イザベッラ・ディ・キアロモンテ
妻:アンナ・ディ・サヴォイア
子:カルロッタ・ダラゴーナ
  フェルディナンド・ダラゴーナ
  ジューリア・ダラゴーナ
  アルフォンソ・ダラゴーナ

概要

 フェデリーコ・ダラゴーナは、15世紀~16世紀の男性。ナポリアルフォンソ2世・ダラゴーナの弟。アラゴン系の最後のナポリ王。
 スペインのカトリック王フェルナンド2世・デ・アラゴンがフランス王ルイ12世と結んだグラナダ協定によって、政体を失った。フランスに連れて行かれ、トゥールにて没する。

年表

1452年4月19日
生(1451年)。
1492年
フェッランテ・ダラゴーナの名代として教皇アレクサンデル6世に表敬するため、ローマに赴く。ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレ枢機卿の歓迎を受ける。妹ベアトリーチェ・ダラゴーナの夫であるハンガリー王ウラースロー2世・ヤギェウォの離婚の申し入れに特赦を与えないよう要請。
1493年6月末
フェッランテ・ダラゴーナの命により、アレクサンデル6世と協議するため、ローマに赴く。ヴィルジーニオ・オルシーニフランチェスケット・チーボから購入したアングィッラーラ、チェルヴェーテリなどの教会領は、その死に際し教会に返還されること。すでにフランチェスケット・チーボに支払った4万ドゥカートは教会に支払うこと。スクイッラーチェとカリアーティを持参金として、サンチャ・ダラゴーナホフレ・ボルジアを婚姻させることを決める。アスカーニオ・マリーア・スフォルツァ枢機卿の追放は拒否されるが、ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレ枢機卿との和解は受け入れられる。
1493年8月16日
サンチャ・ダラゴーナホフレ・ボルジアの代理人を立てて行われた、ヴァティカン宮殿でのの婚姻式に参列。花嫁を紹介。公正証書が読み上げられ、指輪の交換が行われている間に、ある花嫁の不安と興奮についての即席のパロディーを披露すると、教皇アレクサンデル6世その他の列席者は大口を開けて笑う。列席しているボルジア家の全員を抱擁。
1496年10月5日
フェッランディーノ・ダラゴーナ死。フェデリーコ・ダラゴーナ、ナポリ王に即位。
1499年1月
チェーザレ・ボルジアナポリ王女カルロッタ・ダラゴーナとの結婚問題について、父王フェデリーコ・ダラゴーナと直接、折衝。ルイ12世は、チェーザレ・ボルジアの意図を支持。しかしフェデリーコ・ダラゴーナカルロッタ・ダラゴーナに峻拒される。
1500年7月16日
アルフォンソ・ダラゴーナ負傷の知らせを受け、医師ガリアーノ・デ・アンナを派遣。
1501年
息子をタラントへ送った後、フランス軍に対し防衛するため、自軍の大半を率いさせて、ファブリツィオ・コロンナリヌッチョ・ダ・マルチアーノカプアに送る。
1501年
アヴェルサに数日いた後、プロスペロ・コロンナを連れてナポリへ避難。
1501年7月5日?~9月初旬
ゴンザロ・デ・コルドバ指揮のフェルナンド2世・デ・アラゴン軍、カラブリアのトロペーアに上陸。ナポリ分割のグラナダ協定の存在を知らなかったナポリフェデリーコ・ダラゴーナは、カラブリアの城塞を開けさせ、フェルナンド2世・デ・アラゴン軍を歓迎させる。フェルナンド2世・デ・アラゴン軍は、2ヶ月足らずでカラブリアを制圧。フェデリーコ・ダラゴーナの長子でカラブリア公フェルディナンド・ダラゴーナは捕らえられてスペインに送られる。
1501年8月1日
ルイ12世軍に降伏。
1501年8月3日
イスキアへの安全通行とそこで6か月間留まる条件で、全ての城塞を明け渡し降伏。動産と大砲を持っていく許可が下りたが、大砲は後日アレクサンデル6世に売る。
ナポリからイスキアに逃亡(1501年8月2日)。ヤコポ・サンナザーロも随行。
ナポリのアラゴン家王朝、事実上滅亡。
1501年9月6日
ルイ12世から安全を保証され、次子アルフォンソ・ダラゴーナを連れてフランスに行く。
1502年3月
ナポリ王位をルイ12世に譲り、代償に年金とアンジュー公領を与えられる。
1504年9月9日
フランス、トゥールで客死。

別表記

 フェデリーゴ2世、フェデリゴ、FederigoFederico I

外部リンク

 ウィキペディア
 世界帝王事典
 Genealogy.EU
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea

参考文献

 『イタリア史』
 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『君主論』
 『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
 『フィレンツェ史』
 『ボルジア家――悪徳と策謀の一族』
 『マキァヴェッリ 忘恩、運命、野心、好機』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルクレツィア・ボルジア―ルネッサンスの黄昏』
 『ルドヴィコ・イル・モーロ―黒衣の貴族』
 『Lucretia Borgia
 『The Life of Cesare Borgia

記載日

 2005年5月29日以前