Gianfrancesco I Gonzaga

ジャンフランチェスコ1世・ゴンザーガ

生没:1395年~1444年9月23日
在位:マントヴァ市民隊長 1407年~1433年
    先代:フランチェスコ1世・ゴンザーガ
   教会の旗手 1412年~?
   ヴェネツィア軍総指揮官 1432年~1438年
    先任:フランチェスコ・ブッソーネ
   第1代マントヴァ候 1433年~1444年
    次代:ルドヴィーコ3世・ゴンザーガ
父:フランチェスコ1世・ゴンザーガ
妻:パオラ・マラテスタ
子:ルドヴィーコ3世・ゴンザーガ
  カルロ・ゴンザーガ
  マルゲリータ・ゴンザーガ
  アレッサンドロ・ゴンザーガ

概要

 ジャンフランチェスコ1世・ゴンザーガはイタリアの傭兵隊長。

年表

1426年7月
ヴェネツィアと同盟を結び、ヴェネツィア・フィレンツェ陣営に加わる。
1432年5月5日
フランチェスコ・ブッソーネが、ヴェネツィアのサン・マルコ広場で斬首される。
後任のヴェネツィア軍総指揮官に就任。
1432年
神聖ローマ皇帝ジギスムント・フォン・ルクセンブルクよりマントヴァ候位を約束される。
1433年9月9日
ジギスムント・フォン・ルクセンブルクが、ローマからの帰途上マントヴァに入る。
1433年9月22日
ジギスムント・フォン・ルクセンブルク自身から、大聖堂で候位を受け、盛大な祝賀行事を繰り広げる。
1437年9月20日
ニッコロ・ピッチニーノ指揮のフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ軍、ロンバルディアでまたヴェネツィア軍を大破。
打ち続く敗戦でヴェネツィアの各層に総指揮官ジャンフランチェスコ1世・ゴンザーガの忠誠を疑う声、高まり、Senato(元老院)でその解任を求める声が出、フィレンツェフランチェスコ1世・スフォルツァの移籍を求める。
1438年7月3日
ジャンフランチェスコ1世・ゴンザーガ、契約期間満了と共にヴェネツィア軍総指揮官を辞任(在位1532年~)。間もなくフィリッポ・マリーア・ヴィスコンティと傭兵契約を結んでその配下に入り、ヴェネツィアを攻撃。
ヴェネツィアは後任の軍総指揮官に、1437年以降フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ軍との戦闘で成果を挙げていた傭兵隊長ガッタメラータ(1370年~1443年)をあてる(在位~1443年)。
1444年10月
ジャンフランチェスコ1世・ゴンザーガ死(1395年~:在位1433年~)——ルドヴィーコ3世・ゴンザーガ(1412/1414年~1478年)、マントヴァ候となる(在位1444年~1478年)。

別表記

 ジョヴァン・フランチェスコ・ゴンツァーガ、ジョヴァンニ・フランチェスコ

外部リンク

 世界帝王事典
 Condottieri di ventura
 Famille de Carné
 Genealogy.EU
 JDA's Family Tree
 Libro d'Oro della Nobiltà Mediterranea
 Treccani.it
 Wikipedia

参考文献

 『イタリア・ルネサンスの文化』
 『君主論』
 『読む年表・年譜 ルネサンス・フィレンツェ、イタリア、ヨーロッパ』
 『ルネサンス宮廷大全』
 『ルネサンスの華』
 『ルネッサンス夜話』

記載日

 2006年10月12日以前